おすすめのバレーボール漫画一覧ランキングベスト3!第1位はあの名作漫画!【感想・レビューあり】

Pocket

日本には数多くのジャンルの漫画がありますが、ここでは
私がおすすめするバレーボール漫画の一覧について
ランキング形式で紹介をしていきたいと思います。

また私が実際に読んでみた感想(レビュー)も語っていきたいと思います。

 

 

はじめに

日本は漫画大国というように言われていますが

「本当に漫画が多い!!」

私が子供の頃は週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデーなどの
メジャー雑誌しかないのかなと思っていましたが
今は当時(30年以上前)と比べて本当に漫画雑誌が多くなっていますし
なんなら「web漫画」なるものも出てきています。

なので、面白い漫画を読みたいと思っていても
本当に面白いと思える漫画に出会えない!

これが現状ですよね~

 

ネットで面白い漫画を調べようとググってみると
色々な漫画を紹介しているブログに出会いますが

「明らかに読んでないだろっ」と思われるブログが多すぎっ!!

正直、そんなブログを見ても内容が薄すぎて見る気にならないんですよね~

いやいや、そんな紹介だったら公式ホームページを見りゃ分かるよ。

と思ってしまうんですよね~。

「毒にも薬にもならぬ」とはこのこと

そんな記事読んでいて意味ありますかね?

せめて毒か薬になれよ!

と思ってしまう訳です。

 

このブログでは

“私が読んだ漫画しか載せません”

ですので、ランキングされている漫画の数は少なくなってしまうのですが
ちゃんと全巻を読んで、自分が率直に思った感想を交えたうえでランキングしたいんですよ。

ランキングって完全な主観なので、当然私の好みは出てしまいますが
このブログで紹介している漫画が客観的に見て
どんな人におすすめなのかという点についても書いていきたいと思います。

 

他のブログのようにバレーボール漫画にどんな漫画があるのかその一覧表を見たい

というような感じではなくて、

どんなところが面白いのか?

どのシーンに心がうごかされるのか?

この漫画を読んで学びになったことは何か?

みたいな事も書いていますので、
ランキングに掲載した漫画を読んでもらえたら嬉しいです。

 

逆にこんなバレーボール漫画も面白いよというものがあったら教えて下さい。

その漫画を読んでランキングに入れたいと思います。

 

それでは前置きが長くなりましたが
バレーボール漫画ランキングに行ってみましょう!!

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

第3位 ハリガネサービス

作者:荒達哉
出版社:秋田書店
掲載誌:週刊少年チャンピオン
掲載期間:2014年26月号~
巻数 20巻
(平成30年6月25日現在)

【あらすじ】

バレーボールが大好きな主人公の下平 鉋(しもだいら かんな)は
中学校時代にレギュラーを掴めずピンチサーバーという
役割にとどまっていましたが
豊瀬高校に入部して高校バレーでレギュラーを獲るべく燃えていました。


(主人公の 下平 鉋)

 

プロの世界ではピンチサーバーは試合の流れを変えることが出来る
サーブのスペシャリストの事をいいますが

中高生の部活では、ピンチサーバーという役割は
レギュラーでない者を試合に出場させる肩書だけのものなので
バレーボール部の先輩達は控えという認識しかありません。

 

しかし、下平の同学年には中学校の東京選抜に選ばれた
プレイヤーが3人も入部します。

 

ウイングスパイカーをやっていた 間白 譲治(ましら じょうじ)

セッターをやっていた 松方 一颯(まつかた いぶき)

リベロをやっていた 金田 進(かねだ すすむ)

 

レベルの高い3人が入部した事で豊瀬高校のバレーボール部は活気づきます。


(ウイングスパイカーの 間白 譲治)

 

豊瀬高校は公立の高校ですが
これまで無名の公立校を何度も全国大会に導いたことがある
名将 山縣 三郎(やまがた さぶろう)監督がいました。


(豊瀬高校の監督 山縣 三郎)

 

山縣監督は選手をスカウトしないことを
ポリシーとしていましたが、
その山縣監督が唯一スカウトしたのが下平鉋でした。

 

山縣監督は下平が入部する一年前の豊瀬高校も
東京3位の桐城高校と互角に戦っており
公立の中では強豪校となっていました。

 

下平、間白、松方、金田の4名は
レギュラーを奪うべく、正規の練習時間よりも早い時間に朝練を行います。

 

金田のレシーブ、松方のトス、間白のスパイクとレベルの高いプレイを見せる中で
レシーブの金田は下平のサーブが寸分の狂いもなく
自分の手元に来ることに違和感を感じます。

 

金田は下平に本気でサーブを打ってくるように要求します。

 

そこで下平はサーブをネットに当てて
コートインさせるという超人技を披露します。

 

この技を見て、1年の3人は下平を見る目が変わります。

 

果たして下平はサーブを武器にレギュラーを獲得出来るのか?

新入生の入った豊瀬高校はどこまで勝ち上がれるのか?

 

登場するキャラクターがそれぞれ個性的な必殺技を持ち
戦っていくバレーボール漫画

 

【感想】

「ハリガネサービス」は現実感無視の必殺技の応酬がゲームっぽくて最高な漫画です。

「ハリガネサービス」の主人公下平鉋は無敵ともいえるサーブを持っています。

もうこの時点で超人なんですよね~

 

自由にネットに当ててコートインさせるという技に始まり

無回転で不規則に変化するナックルのようなサーブ

そして何より決まった1点に100%落とすことの出来るサーブ

と、誰にも真似できない必殺技を持っています。

 

“あー、主人公が必殺技を持っているパターンね”

と、思って漫画を読み進めていくと

必殺技を持っているキャラクターのオンパレードになってきます。

 

ボールの反射角や軌道などを正確無比に計算出来て
その計算通りにボールを操ることが出来る

竜泉高校の 朧 幽哉(おぼろ ゆうや)

(竜泉高校の 朧 幽哉)

 

体が異様に柔らかく、どんな体制からでも
味方にトスを出すことが出来る

桐城高校の 倉光 円(くらみつ まどか)


(桐城高校の 倉光 円)

 

など、現実っぽく見せながら
全く現実味がない超人的な技のオンパレードです。

 

典型的な現実なんてくそくらえ系です(笑)

それぞれのパターンに良いところ、悪いところがあるのですが

「ハリガネサービス」のいいところは

“試合がアクション漫画っぽくて面白い”

という事です。

 

色々なキャラクターが出てきて
様々な技を披露してくれるわけですから

かなり派手な試合を展開してくれるんですよね~

 

野球とかを見ていても0対0の緊迫する投手戦よりも
ホームランが飛び交う派手な打撃戦の方が面白いですし

格闘技を見ていても地味な関節の取り合いを見るよりも
派手な打撃戦を見る方がインパクトに残ります。

ハリガネサービスの試合には派手なインパクトがあるので

楽しく試合を見ることが出来ますよ。

 

「ハリガネサービス」について書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「ハリガネサービス」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。




 

第2位 健太やります!

作者:満田拓也
出版社:小学館
掲載誌:週刊少年サンデー
掲載期間:1988年11月~1994年24号
巻数 全26巻

 

【あらすじ】

バレーボールが大好きな主人公の井口健太(いぐち けんた)は
中学時代は全国2位の名門校である西中に所属をしていましたが
補欠で試合に出る事は出来ませんでした。

高校ではレギュラーを取るべく坂見台高校のバレーボール部に入部します。


(主人公の 井口 健太)

 

同じ学年で入部した中では長身でバレーボールが上手い
前田隆彦(まえだ たかひこ)がいましたが

彼もまたバレーボールが大好きな人間でした。

(坂見台高校のエース 前田 隆彦)

しかし、坂見台高校のバレーボール部は
部員が試合を行える6名に満たず
締まりのない雰囲気でした。

 

前田と井口健太は入部初日に2年生の河野、原との対決に勝利します。

この練習試合で前田の実力を評価した河野たちは
膝の故障でバレーボールを休んでいるキャプテンの稲場に声をかけ
バレーボール部に戻ってくるようお願いをします。

前田の実力を確認した稲場はバレーボール部に戻ってきて
坂見台高校バレーボール部は6人が揃います。

果たして坂見台高校は6人でどこまで戦えるのか?

全国随一の実力を持つ誠陵学園高校に勝つことが出来るのか?

 

高校バレーを舞台として、王道のストーリーを描く、本格バレーボール漫画

 

【感想】

「健太やります!」という漫画の一番の特徴は

“感動できる”

という事に尽きます。

 

ちょっとネタバレ要素が出てきてしまいますが

キャプテンの稲場はヒザに爆弾を抱えており
試合中にその爆弾が破裂してしまうんですよね~

 

痛いヒザを抱えて、懸命にプレイする稲場

類まれなる気迫で怪我を感じさせないプレイぶりは
見ていて本当に感動するんですよ。

 

そして、稲場の卒業後にキャプテンになる健太は
先輩を差し置いてキャプテンに指名された事で
一生懸命に頑張りますが、その頑張りが空回り

先輩との軋轢を生み、チームがバラバラに空中分解してしまいますが

健太やマネージャーの近森、そして先輩達がチームの事を必死に考えて
再び坂見台高校バレーボール部が団結する姿も感動します。

 

これ以上、話すとストーリーをばらしまくりになってしまいますが

坂見台高校のエースであり、スーパーマンでもある
前田隆彦にもとてつもなく大きな試練が訪れますし

新部員として入部する宇都宮が入る際にも
感動のドラマが待ち受けています。

健太の先輩である佐々木や原にも感動のシーンがあり

後輩の緒方や世良にも感動のシーンがあり

 

彦摩呂風にいうと

「健太やります!」は感動のデパートや!!

という感じです(笑)

 

満田拓也さんの代表作である「MAJOR(メジャー)」とかでもそうですが

満田作品は感情を漫画に乗せるのが本当に上手くて
キャラクターの気持ちが痛いくらいに伝わってしまうんですよね~

 

もうねー、何度見ても目がウルウルしてしまうんですよ。

 

スポーツ漫画って基本的に感動を作りやすい漫画ですけど

「健太やります!」の感動ポイントの多さは特筆ものです。

「健太やります!」について書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「健太やります!」をすぐ読みたい方は
「サンデーうぇぶり」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「サンデーうぇぶり」は人気漫画を無料で読むことが出来ます!
しかも読めば読むほど、無料で読める漫画アプリです!

※ 無料で読める期間が過ぎている可能性がありますので、ご了承下さい。

もちろん「健太やります!」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】-サンデーうぇぶり-人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

【Android専用】ーサンデーうぇぶりー人気アニメが見られる無料動画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

王道にして超本格派の育成型戦略シミュレーションゲーム!
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

新三國志は深い戦略性と、圧倒的なやりこみ要素が存分に味わえるゲーム。
シミュレーションゲームの歴史を変える、文句なしの最高傑作が遂に登場しました。!

基本プレイは無料!(一部アプリ内課金あり)

是非、ダウンロードして遊んで下さいね!

【iOS専用】新三國志!!無料ゲームアプリ

【Android専用】新三國志!!無料ゲームアプリ

※ご利用機種や利用状況によっては、
アプリの動作が不安定になる場合がございます。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

第1位 ハイキュー!!

作者:古舘春一
出版社:集英社
掲載誌:週刊少年ジャンプ
掲載期間:2012年12月号~
巻数 33巻
(平成30年8月14日現在)

 

【あらすじ】

バレーボールが大好きな主人公の日向翔陽(ひなた しょうよう)は
街の電気屋で見たテレビの中のバレー選手に憧れを持ちます。

そのバレー選手は「小さな巨人」と言われており
身長が低い不利をジャンプ力でカバーして活躍している選手でした。

 

小さな巨人同様に背が低い日向翔陽ですが
小さな巨人に憧れてバレーボールを始めることを決意します。


(主人公の 日向 翔陽)

日向翔陽が中学時代に通っていた学校は
弱小バレーボールチームで、他の部員の掛け持ちと1年生でチームを組んでいました。

初戦の相手は、強豪校である北川第一中学校

この学校には“コート上の王様”という異名を持っている
影山飛雄(かげやま とびお)という人物がいました。


(影山 飛雄)

日向翔陽率いる雪ヶ谷中学と影山飛雄率いる北川第一中学の試合は
実力校である北川第一の圧勝

ボロ負けした日向翔陽。
その類まれなる運動能力を生かし切れずに
弱小チームしか作れなかった日向翔陽に影山飛雄は

「お前は、3年間 何やってたんだ!」

とキツイ一言を浴びます。

 

そして、試合後日向翔陽は影山飛雄に対して高校での
リベンジを近い宣戦布告をします。

 

高校生になり、宮城県立烏野高等学校に入った日向翔陽

そこに待っていたのは同じく烏野高等学校に入った影山飛雄でした。

影山飛雄は県内一の強豪校である白鳥沢高校に落ちて烏野高校へ入ってきましたが
そのストイックすぎる姿勢から周りのバレー部員と上手くプレイすることができず

孤独な“コート上の王様”

となっていました。

まだまだ未熟ながらもバレーボールへの強い気持ちを見せる日向翔陽

ピカ一のセンスと才能を持ち合わせながらも
精神的な未熟さがプレイの足を引っ張る影山飛雄

二人は衝突しながらも烏野高校のバレーボール部として切磋琢磨を続けます。

果たして日向翔陽は烏野高校のエースになる事が出来るのか?

名門復活を狙う烏野高校はどこまで勝ち上がる事が出来るのか?

 

高校バレーを舞台として、王道のストーリーを描く、本格バレーボール漫画

 

【感想】

「ハイキュー!!」という漫画の一番の特徴は

“等身大のストーリー”

だという事に尽きます。

 

スポーツ漫画に限らず、漫画ってどうしても

現実路線から離れていってしまうんですよね~

同じバレーボール漫画であるハリガネサービスとかは
主人公が魔球ともいえるサーブを操って10連続得点を挙げたり、
強豪校が25対0と完封試合で勝利したり

と、キャラクターを立たせるため、
そして、試合内容を盛り上げるために
漫画ならではの技などを披露してくれます。

 

「ハイキュー!!」はこういった漫画ならではのスーパーマンの要素が極めて薄い!

極端な連続ポイントを獲ったりもしないので
20対15くらいのスコアになったら普通に20点取っている方が勝つし
(実際の試合でも95%以上の確率でリードしている方が勝ちます)

どんなに強い相手だったとしてもエース以外のスパイクが決まらないという事もありません。

普通の漫画だとエース(物語の主役級のキャラ)の力を引き立てるために
それ以外のわき役は全く活躍できない

というような描き方をするんですが、「ハイキュー!!」はそんな事がないです。

極めて現実的な試合展開を描いていますし
強い高校でも25対0みたいな試合にはなりません。

 

これって普通に書いていますけど
かなり勇気のいる事だと思うんですよね~

だって、試合内容が普通だったら読者って離れていきそうじゃないですか

そして、漫画を書いていれば、そのキャラクターの凄さを演出したくて
どんどんプレイを盛りたくなるじゃないですか

いわゆる漫画家の“性”みたいな誘惑に負けずに
ひたすらに等身大のストーリーを描き続ける

 

億万長者になったのに月20万円で生活しているようなストイックさ

これを持っているのが「ハイキュー!!」という漫画です。

 

等身大のキャラクターを描き続けることで
キャラクターのスペックが飛躍していく一般のスポーツ漫画と
どんどん差別化されていき

“普通なのに、個性的な作品”

という形でエッジがたった作品に仕上がっています。

 

過去に色々な漫画を見てきましたが

これだけ等身大のストーリーを描いて人気を博している作品

を見た事がありません。

 

「ハイキュー!!」の見せてくれる世界は

“漫画の世界ではなく、現実の世界”

それだけに物語に入っていける作品に仕上がっている点は注目すべき点ですね。

「ハイキュー!!」について書いた熱いレビュー記事はコチラ

 

【購入方法】

「ハイキュー!!」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。




 

 

以上です。

 

いかがでしたか?

バレーボール漫画といっても色々な特徴と描き方があるんだなぁ

という事が改めてわかるランキングだったと思います。

順位については好みがありますからね。

下位にランキングしたからダメな漫画という訳ではないです。

どの漫画は本当に面白いので
バレーボール漫画が好きな人には是非見てほしいですね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

女性を口説くのは天性の才能が必要なのではなく
技術を身につければ、付き合う事が出来るようになる!!

意中の女性になかなか話しかけられない。

そんな事で困っている人は是非
この無料メールマガジンで女性を口説くノウハウを手に入れてください。

女性を口説く方法を知るならここをクリック

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR