福本伸行の隠れた名作「天」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、ラストはこうなった!

Pocket

近代麻雀ゴールドで1989年から連載されていた
人気漫画「天~天和通りの快男児~」(作者:福本伸行)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

赤木の死後、天とひろゆきはどうなったのか?

赤木の死はどのような影響を与えたのか?

などなど「天」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

近代麻雀ゴールドで1989年から連載されていた

「天」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

麻雀漫画「天」は福本伸行作品の最高傑作!読んでほしいなぁ

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「天」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「天」を無料で読むには

「天」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「天」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※ タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「天~天和通りの快男児~」と検索して下さいね。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「天」全編のあらすじ(ネタバレあり)

 

井川ひろゆき(いがわ ひろゆき)は合理的で明晰な頭脳の持ち主
その分析能力の高さから麻雀で負け知らず

学生でありながら雀荘で小遣いを稼ぐ日々が続いていました。


(井川 ひろゆき)

そんなひろゆきに手を焼いたお店の常連たちは
主人公である天貴志(てん たかし)を呼んで
外馬に乗る形でひろゆきとに勝負を挑みます。


(主人公の 天 貴志)

天はひろゆきの計算しつくされた麻雀の前に苦戦を強いられます

そして、最後は部屋を停電させた暗闇に乗じて

「天和・九蓮宝灯」

というバレバレのイカサマで勝利を飾ります。

 

天がこのようなイカサマバレバレの戦法で勝ちに行くには理由がありました。

それはイカサマで分かる勝ち方をして
相手に自分を殴ってもらう為

自分が相手から金銭を奪う見返りに自分も傷つく

相手に対してわずかながらの罪滅ぼしをするため
イカサマバレバレの勝ち方をしていました。

 

そのことに気づいたひろゆきは天に尊敬の念を抱くのでした。

 

天とひろゆきは沢田というヤクザを助けるため麻雀勝負を受けます。

この勝負に相手は天才を呼んできます。

その男の名前は 赤木しげる

裏麻雀界で敵なしと評判だった伝説の雀士でした。

天は苦戦を強いられますが
たった一回のチャンスを逃さず赤木を破ります。

 

この勝負を機にひろゆきは天と別れて
連絡が取れなくなりますが

健という人間から東西のヤクザ同士の抗争

「麻雀東西戦」

が行われるという事を聞きます。

東軍のリーダーはひろゆきが探していた天貴志

ひろゆきは赤木の口利きで東軍メンバーに入り
「麻雀東西戦」が開始されます。

西軍の大将は原田、そして裏麻雀界のドンだった僧我らを
相手に1回戦、2回戦、3回戦と戦っていき

最後は原田vs天の二人麻雀での戦いへ移行

大接戦の末、天が勝利するのでした。

 

東西戦が終了して9年が経ったころ
サラリーマンとして暮らしているひろゆきに

“赤木しげるの通夜を行う”

という案内が届きます。

不審な点を感じながらも赤木しげるの葬儀場に向かったひろゆき

すると、赤木は生きていました。

話を聞くと、アルツハイマーにかかっており
これから記憶や理性を失うだけの状態になってしまったので
今夜自らの手で命を絶つことを決めたことから
今日の通夜を開催したという事情を聴きます。

 

死を迎える赤木と対話を行う東西戦のメンバー

全員が赤木の決断に異を唱えて自殺を止めるように説得しますが
赤木は結局聞き入れることなく、その場で死を遂げます。

 

そして、物語は最終回へと向かいます。

 



 

2.最終回のストーリー

アカギが死んでから2年5ヶ月が過ぎた現在。

ひろゆきはあの告別式の後、会社を辞め天と共に行動せるようになっていました。

天の勧めでおじいちゃん、おばあちゃんに麻雀を教える講師。
その収入を軸に暮らすようになっていました。

しかし、たまに雀荘のオーナーに頼まれて、
面倒な客を追い払う為の勝負麻雀を行っていました。

勝負麻雀は短期間で大金を稼げますが、
依頼件数はそれほど多くなく、基本的にはいつもピーピーしていて、
周りから見れば定職に就かない雀ゴロもどきのろくでなし。

という状態でした。

しかし、ひろゆきは自分でこの道を選び、そして満足していたのでした。

 

赤木とと話して得た教訓。

人はいずれは死ぬのだ。
なら、可能な限り、自分の心に沿うべきだと。

 

ひろゆきはある場所へ向かっていました。
赤木が死んでから、ひろゆきは赤木の事を頻繁に考えるようになっていました。

ある場所へ向かう途中でひろゆきは天に出会い、二人は共に行動します。

二人が向かった場所は赤木のお墓でした。

 

郊外にある小さい墓に向かう途中で天はひろゆきに話し掛けます。

「あの時、俺は止められたんだよな」
「チューブを掴むなんて悠長な事はせずに、
針を引っこ抜いていれば、少なくともあの時死ぬ事はなかった」と

ひろゆきは

「いや、あれはあれで良かったんだと…」
「あの死に方は正真正銘赤木さんの意思だった」

天はひろゆきの意見に理解を示しながらも、心の整理がついていない事を告げます。

ただ、二人が赤木の事を思い返す時に

あまり笑った事のない赤木の笑顔を思い返していることから、
救われた気持ちになるのでした。

 

赤木の墓に着いた二人ですが、先に金光がお墓に向かい拝んでいました。

金光は癌で余命宣告されていた銀次がピンピンしている事を報告した上で、
お墓の石を削って持ち帰ろうとしていました。

天が注意するものの金光は削った石を持って帰ってしまいます。

 

赤木の死後、二年半でお墓は削られ、ボロボロになっていました。

何故かというと、博打打ちが御守りにするためにお墓を削り持ち帰っていたため。

呆れる天。

それに対してひろゆきは、死んでからも
こんなに慕われている赤木は幸せ者だと言います。

天も赤木の墓に向かって

「みんな、好きなんだ…、お前が…」
「許してやってくれ」

と言うのでした。

 

ひろゆきは

「ところで、天さんは例の欠片を持ってるんですか?」

と聞くと、少し間を空けて「持っている」と言います。

笑うひろゆきに対し、天は

「お前は?持ってるのか?持ってねぇのか?」

と問いただすと、ひろゆきは「持ってます」は白状します。

天は「バカばかりだ」と吐き捨てた後に心の中で

「赤木は笑ってるだろう…」

と想いを呟きます。

 

そして、赤木しげるのお墓と空想が描かれ

漫画「天」は終了となります。

 




 

「天」最終回の感想

「天」を最終回を読んでの率直な感想

「麻雀漫画から哲学漫画になってるじゃねーか!」

これですね。

 

福本伸行さんの漫画はとても面白い反面
途中で間延びしてしまうという悪癖もありますが

初期作品である「天」では最後まで
綺麗にまとめられていましたね。

特に最後の3巻くらいは

”麻雀漫画なのに、麻雀なし”

という異端のストーリーを見せてくれました。

 

ただ、この最後がとても面白かったんですよね。

「成功とは何か?」
「自由とは何か?」
「生きるとは何か?死ぬとは何か?」
「人生とは何か?」

という大きな哲学を見せてくれました。

 

最終巻ではこの哲学を偏らせることなく
しっかりまとめていて

「天才漫画家 福本伸行、ここに現れる」

というオーラが出ていましたね。

面白い漫画なので、是非読んで欲しいですね。

 

ちなみに「天」最終巻を完全無料で読む方法があるのを知っていましたか?

実は「U-NEXT」というところで無料で読むことが出来るんですよ。

「U-NEXT」は映画やドラマやアニメが無料で見られるサービスなんですが
漫画も1冊無料で読むことが出来るんです。

しかも、31日間無料サービスをやっています。
完全無料で利用できるのでオススメです。

こちらから読むことが出来るので
チェックしてみて下さい。

ちなみに最終巻の18巻は名言ラッシュですよ!

「天」最終巻を無料で読むのはコチラから>>

 

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選