漫画「DAYS(デイズ)」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、結末はこうなった!

Pocket

週刊少年マガジンで2013年から連載されていた
人気漫画「DAYS(デイズ)」(作者:安田剛士)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

聖蹟高校は全国優勝を果たすことが出来たのか??

つくしはサッカー部を退部してしまうのか??

などなど「DAYS(デイズ)」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは
週刊少年マガジンで2013年から連載されていた

「DAYS(デイズ)」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

感動を巻き起こす漫画「DAYS(デイズ)」の評価

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「DAYS(デイズ)」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「DAYS(デイズ)」を無料で読むには

「DAYS(デイズ)」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「DAYS(デイズ)」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「DAYS(デイズ)」と検索して下さいね。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「DAYS(デイズ)」全編のあらすじ(ネタバレあり)

 

主人公の柄本つくしは内気で自分を表現する事が苦手な少年でした。

そのため中学校時代もクラスメイトにいじめられて
パッとしない学生生活を送っていましたが
聖蹟高校に入学し、気分を一新して充実した高校生活を送ろうとしていました。

そんなつくしはいじめっ子に偶然出会い、絡まれますが
風間陣という一人の少年に助けられます。

風間はつくしを救い、フットサルに誘うと
今まで友人がいなかったつくしは喜んでフットサル場へ行き
つくしと風間に友情が生まれるのでした。

風間が聖蹟高校のサッカー部員であることを知ったつくしは
自らもサッカー部に加入します。

技術・体力が伴わずに他の部員に迷惑をかけるつくしですが
サッカーを心から楽しいと感じ、部を辞めたくないという想いから
練習量の多い聖蹟高校の中でも、人一倍努力をします。

つくしはキツイ合宿もなんとか乗り越えて
聖蹟サッカー部のベンチ入りメンバーに抜擢され、背番号を貰います。

 

そして、聖蹟高校は東京都大会へと挑みます。

決勝まで勝ち上がった聖蹟は桜木高校と対戦しますが
最後につくしがシュートを外してしまい
聖蹟は1対2で敗戦してしまいます。

聖蹟高校はこの敗戦の悔しさをバネに合同合宿へ参加をし
地力を強化した後に、秋の大会へ挑みます。

東京都大会の予選を勝ち上がる聖蹟は
決勝戦で東京都王者の東院学園と対戦します。

激戦を2対1で勝ち抜き、聖蹟は全国大会への出場を決めます。

 

全国大会へ進んだ聖蹟高校は激戦ブロックに入りながらも
1回戦の由比ヶ浜高校、2回戦の一星高校を破り
3回戦で優勝候補筆頭の梁山高校と対戦します。

圧倒的な力を持つ梁山高校に対して3対0とリードを奪われますが
つくしや水樹の活躍もあり、4対3と逆転して準々決勝へ進みます。

準々決勝では音羽学院を破り
準決勝で桜木高校と対戦します。

聖蹟高校と犬童を中心とした桜木高校はがっぷり四つで組み合いますが

リードされた聖蹟は後半10分、水樹のゴールで同点に追いつくと
最後はつくしがゴールを決めて3対2で勝利を収めます。

歓喜する聖蹟イレブンの中、
つくしは今までの蓄積した思いから
聖蹟サッカー部を辞めることを考えていましたが
まずは決勝戦を全力で頑張ろうと決意するのでした。

そして、物語は最終回へと向かいます。

 



 

2.最終回のストーリー

いよいよ決勝戦。

つくしと水樹はベンチ入りする中で

聖蹟高校vs沖縄中央高校 の試合が始まります。

水樹がいなくても早いボール回しを見せる聖蹟は
中央にボールを入れ込むと大柴が先制ゴールを挙げます。

開始早々先制点を取られた沖縄中央は攻め込みますが
猪原がゴールマウスを守り、得点を許しません。

逆に攻め込む聖蹟は来栖のキープによって
沖縄中央の反則を誘い、フリーキックを獲得します。

キッカーである君下が蹴りこんだボールは
ゴールに吸い込まれて、聖蹟は2点目を挙げ
ここで前半が終了となります。

ハーツタイムで生方が指示を出し、後半戦に臨む聖蹟。

開始早々風間がゴールを決めて3対0と差を広げます。

意地を見せたい沖縄中央は執念のヘディングシュートを見せて
1点を奪い、3対1と追い上げます。

ここで監督の中澤は水樹とつくしを投入します。

水樹はミドルシュートを放ち、ゴールを奪い
再び得点差を3点とします。

沖縄中央はPKを獲得しますが
猪原の代わりに出場した今帰仁がゴールを守ると
聖蹟は再び攻撃に出ます。

そして、最後はつくしがシュートを決めて、5対1として試合終了。

聖蹟高校は全国優勝を果たすのでした。

 

つくしのゴールと共に生方の心の声がナレーションで流れます。

きっかけは本当に些細なことでいいのかもしれない。

大切なのは何かを始めること、それを続けること
そして真摯に向き合うこと。

積み木のように崩れても、何度でも積みなおして
時に誰かの力を借りて、時には誰かを手伝って
一人でできないことも、仲間がいればできるんじゃないだろうか。

どんなに難しく不可能に思えることも
それが出来るのは決して特別な人間だけではなくて
あいつが証明したのは、そういうことなんだ。

 

全国優勝を果たして聖蹟高校サッカー部は解散となります。

生方はバカ騒ぎするサッカー部員に囲まれていましたが
駅で皆と別れて、一人になります。

一人になって様々な思いが込み上げてきた生方は
駅の中で号泣するのでした。

 

最後は生方の心の声がナレーションで流れます。

バラバラになっても、やがて時は過ぎ
脳が溶け、身体は腐り果てても
経験した者にしかわからない痛覚がある。

たとえ人生の一区間でも
そこであなたたちと過ごした日々は消えません。

だって確かに存在したから

またいつか、10年後でも20年後でも
会えば必ず笑い合えるから

私の大切な戦友たち

このナレーションをもって
「DAYS(デイズ)」は終了となります。

 




 

「DAYS(デイズ)」最終回の感想

「DAYS(デイズ)」の最終回は
聖蹟高校と沖縄中央高校の決勝戦が
ダイジェスト形式で描かれました。

決勝戦がダイジェストだったという事で
打ち切りを噂されるデイズの最終回でしたが
個人的にはいいシナリオだったと思います。

この漫画の最大の盛り上がりは梁山戦なので
梁山以外の試合はちょっと消化試合感があったので
いい形で大会を終えたのは素晴らしかったと思います。

長編でも読み進めていける作品に仕上がっていますので
是非一度読んでみて下さいね。

 

 

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【まんが王国】の方が安く手に入りますよ。