漫画「賭博破戒録カイジ」のあらすじ(ネタバレ)!パチンコ沼、チンチロでの大激闘を解説します!

Pocket

週刊ヤングマガジンで2000年から連載されていた
人気漫画「賭博破戒録カイジ」(作者:福本伸行)のネタバレ

カイジは地下収容所から抜け出すことが出来たのか??

パチンコ沼との戦いの結末は??

などなど「賭博破戒録カイジ」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「賭博破戒録カイジ」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「賭博破戒録カイジ」は読む人のレベルで感想が変わる作品

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「賭博破戒録カイジ」のあらすじについて話していきます。

 

 

「賭博破戒録カイジ」を無料で読むには

「賭博破戒録カイジ」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「賭博破戒録カイジ」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

 

1.プロローグ

日本有数の企業である「帝愛グループ」の総帥兵藤和尊

お金に対して異常なまでの執着を見せる兵藤に対して
グループ内の社員は神格化するほどに崇拝します。

兵藤は帝愛グループのナンバー2に黒崎義裕という人物を任命し
帝愛グループは盤石の体制を築いていました。

 

そんな中、本来ならばナンバー2になっていた利根川を失脚されられた
利根川派の社員である遠藤勇次は、利根川を失脚させた
伊藤カイジの事を恨んでいました。

そんな遠藤の前にカイジが現れます。

利根川を倒し、大金を手にしたはずのカイジでしたが
1000万円もの借金を抱えており
遠藤に新しいギャンブルを紹介するよう迫ります。

遠藤はカイジに「ギャンブルを紹介してやる」と言い
身柄を確保しますが、連れて行かれた場所は
地下にある強制労働を行う収容所でした。

強制労働を強いられるカイジは果たして逃げられるのか??

カイジに待ち受けるギャンブルとは一体何なのか??

 



 

2.班長とのチンチロ勝負!!

地下収容所に入れられたカイジは過酷な労働を課せられる事になります。

地下収容所内では円ではなく、ペリカという独自の通貨で
金品の交換がされていました(10ペリカ=1円)

週6日も過酷な労働をさせられる中で
借金の利息などの返済に充てられ
貰える給料は1ヶ月で約9万ペリカのみ

50万ペリカを貯めると1日外出権が手に入ることもあり
カイジは一刻も早い脱出を試みるため節約をしようとしますが

班長である大槻太郎が欲を誘導した事もあり
カイジはビールやつまみなどでペリカを消費してしまいます。

 

班長は自堕落になったカイジに目をつけて
「チンチロ」というギャンブルにカイジを誘います。

「チンチロ」とは3つのサイコロを振って
出た目によって役が作られ、勝敗を決めるゲームで
班長が有利になるようなローカルルールが設けられていました。

班長はカイジに負けたら給料から利息を抜いて
ピンハネをする形でお金の貸し付けを行います。

カイジの射幸心を煽った事で勝負がスタートします。

上限マックスの2万ペリカの大勝負に出たときに
班長は取り巻きの一人で二人で2倍の役を出し
カイジに貸したお金を全て奪い取ります。

これによりカイジは借金生活を強いられるようになります。

 

カイジは同じく班長から借金をして給料のペリカが
半額になってしまった通称45組と連携をして
班長から財産を奪い取ろうと目論みます。

サイコロの出目をメモしていた45組の三好の情報から
班長がイカサマをしている事に感づいたカイジ

仲間達と日頃の買い物を節制するよう団結し
勝負できるだけの資金を貯めながら班長を倒すための作戦を考えます。

 

地下収容所に入ってから3ヶ月

カイジは班長からの借金を返して、勝負できるだけの種銭
50万ペリカをもって、再び班長との勝負に挑みます。

収容所にいる人間全員が熱視線を送る中、勝負は始まります。

カイジは最初の勝負で2万ペリカを賭け
班長の取り巻きに負けてしまいます。

次の勝負で一気にレートを落とした事で
観客達はブーイングを送りますが
カイジは次の勝負で持ち金全てを賭けます。

カイジが一気に勝負に出たことで班長は
イカサマ用のサイコロを出してきます。

そのサイコロが出たことを察したカイジは
賽が振られた段階で、その現場を押さえ
班長のイカサマを暴くのでした。

 

屁理屈をこねる班長に対して、カイジはその言い分を聞きながら
自らが作ったイカサマサイコロを出せるようにルールを変更

班長は最高役である5倍払いの負けを続けて
長年、弱者から絞り続けた1800万ペリカを全て放出してしまいます。

チンチロ勝負はカイジの大勝に終わるのでした。

 




 

3.シャバに出たカイジ、一発逆転のギャンブルへ挑む!!

班長から奪い取った1800万ペリカを45組全員に
平等に分けようとするカイジですが

三好はカイジの博才を見込み、持ち金をカイジに全て預けて
全員分の借金を返すためのギャンブルをしてもらうよう依頼します。

かくしてカイジは20日間の外出権と80万円を手に
シャバの世界に戻ってきて、ギャンブルを探し始めます。

 

競馬、競輪、カジノなどギャンブルを探しているカイジを見て
坂崎孝太郎という人物が話しかけてきます。

坂崎は帝愛グループが運営する闇カジノをカイジに紹介します。

その中で、1玉4000円、大当たりが出れば数億円はくだらないと言われる
パチンコ台(通称:沼)で勝負することを告げます。

沼を攻略するために自作でパチンコ台で研究する坂崎

大当たりするためには真ん中の役物がある為のチャッカー(道)を通り、
真ん中にある役物を3段階でクリアして大当たりの穴に入る事が必要となります。

 

坂崎は沼を攻略するために全てを賭けていました。

全ての財産を投げ打って2000万円もの大金を集めており
この原資をタネ銭として勝負する事を決めたほか

カジノの店員を買収して、最も釘の設定が甘い日を割り出し
磁石の入った缶ビールを用意して、大当たりの穴に入れるように
玉を操作する準備もしていました。

坂崎はカイジに磁石付きの缶ビールと磁石なしの缶ビールを交換する役を頼み
自分が勤める警備会社の金庫から3000万円を抜き取り
タネ銭を5000万円の状態にして闇カジノに入店

従業員に沼のプレイを申請します。

 

沼の台に座った坂崎は最も甘い釘の設定を利して
真ん中のチャッカーにどんどん玉を放り込んでいきます。

大勝負する坂崎の姿に大盛り上がりするギャラリー

坂崎はチャンスを見計らって、
カイジと磁石付きのビール缶を交換する事に成功します。

1000万円を使ってもまだ大当たりはしませんが
大当たりを予感させる雰囲気から坂崎は連続で投資を行います。

 

しかし、この様子を見ていたカジノの店長である一条は
チャッカーを遠隔操作し、真ん中の役物に入りづらいよう細工をします。

台の異変に気付いた坂崎ですが、
既に1000万円を突っ込んでいるだけに引き下がれません。

右打ちを行い、なんとか真ん中の役物に玉を放り込んでいきますが
明らかにチャンスが少なくなった現状から焦燥の色が強くなってきます。

坂崎の資金が5000万円ある事に気付いた一条(カジノ側)は
玉を磁石に反応しない特殊な玉に変えて、さらに坂崎を追い詰めます。

一条は坂崎の企みを全て看破していました。

甘い釘の設定日を教えたことも、磁石付のビール缶を持っていて
すり替えた事も知ったうえで、坂崎の全財産を搾り取るために、
7億円当たる雰囲気を匂わせて沼に座らせていました。

結果は坂崎の惨敗、4400万円を負けてしまいます。

 


 

4.沼との対決に挑むカイジ!緻密な計画の内容は…

絶望に暮れて、人生が終わったように落ち込む坂崎。

カイジも打つ手なしと諦めかけましたが
坂崎が偶然に持ち帰っていたパチンコ玉1玉を見て閃きます。

カイジはカジノ店に行きパチンコ玉を換金するついでに一条に宣戦布告

その際に事務所のレイアウトなども調査をします。

 

カイジは自分で考えた案を実行するために力になれる人間を探し
自らを収容所を送りこんだ遠藤を頼ります。

遠藤と交渉したカイジはパチンコで大当たりした7億円の配分や
必要経費の借り入れをカイジと契約したところで、カイジの案を実行し始めます。

遠藤に様々な役割の手配をお願いする一方
カイジは坂崎と一緒にカジノへ向かいます。

坂崎が再び沼に座り、負ける事によって大騒ぎしてパチンコ台を破壊
その隙にカイジは事務所へ忍び込みますが
どちらも一条によって発見されて、カイジと坂崎はボコボコにされてしまいます。

ここからカイジと坂口はカジノに現れなくなり
一条はこれでカイジとの決着はついたと結論付けますが
この状況もカイジの作戦の一つでした。

 

カイジが地下収容所に戻らなくてはいけない期日

カイジは坂崎、遠藤ら他協力者を連れてカジノに現れ、沼での勝負を挑みます。

一条は何か策がある事を感じながらも入店させて、沼をやらせる事を承認し
カイジvs一条のラスト勝負が始まります。

 

一条はパチンコ台の設定が一番打ち手に厳しい「C設定」である事で
勝利を確信しますが、玉はどんどんチャッカーの方に寄っていきます。

不審に思った一条が設定に使っている道具を確認すると
カイジ達が確認道具に細工をしており
玉がチェッカーに寄りやすい状態に変えられていました。

一条はこの状況に危機を感じて、チャッカーに対して
玉が通過したら自動的に閉まるように裏でコントロールを始めます。

これによってチャッカーに向かう玉がどんどん弾かれていき
カイジはチャンスを失ったかに思われましたが
チャッカーが徐々に異変を見せていき、機能しなくなっていきます。

カイジは坂崎がパチンコ台を破壊した際に
パチンコ台を修理する業者に手を回して、チャッカーに細工を加えていました。

不良品で機能しないチャッカーをよそに玉は役物(三段クルーン)に入っていきます。

 

一条は追い詰められますが、三段目のクルーンには傾斜がついており
玉が大当たりに入らないという確信を持っていました。

しかし、クルーンでの玉の動きを見ていると傾斜がついた動きでない事に気付きます。

カイジは三段目のクルーンに傾斜がついている事にも気付いており
カジノがあるビルの地盤が脆弱である事に目をつけ
全体に大量の重しを載せる事でクルーンの傾斜を戻していました。

これによって大当たりに近づいていくカイジ

2000万円を失ったものの
更に1000万円を追加投資して大当たりを目指します。

 

傾斜が傾いたところで万事休すかと思われた一条でしたが
3段目のクルーンが当たりやすくなった反面

1段目、2段目のクルーンが通りづらくなったことで
カイジはなかなか3段目まで玉を入れる事が出来ません。

そして、とうとう資金が尽きてしまいます。

 

カイジは遠藤と交渉し、1000万円を更に借り入れて
再度、沼と対決を行います。

すると傾いた台で行われているパチンコ台に異変が現れます。

その異変とは、

クルーンの外れに入った玉が排出されずに
玉詰まりを起こして、外れに入らなくなった事

この現象によって攻勢をかけますが
なかなか3段目のクルーンは攻略できません。

 

ここで一条は奥の手を出します。

それは三段目のクルーンにある大当たりの穴の周りから空気を噴射して
玉を弾き飛ばすというルール無用の仕組みでした。

これによってどんな玉も弾き飛ばされてしまいますが
坂崎から更なる追加資金を貰ったカイジとひたすらに打ち続けます。

すると3段目のクルーンも外れ口に玉が詰まりはじめ
大量の玉が3段目のクルーンに溢れ出し
当たり口を狙って玉が大挙押し寄せます。

強烈な空気でなんとか防いでいたものの
遂に玉は大当たりの口に入り込み、カイジは沼を攻略するのでした。

 

 

5.エピローグ、カイジが得たものは?

出玉が止まらず歓喜に浸るカイジ、遠藤、坂崎。

 

一方、敗北し、落ち込む一条に対して、兵藤和尊は勝負に負けた一条を切り捨てます。

7億円の損害を出したことから1000年以上の刑期を言い渡され
地下収容所に行くよう伝えられます。

部下だった人間に捉えられて監禁されようとする一条に対して
カイジは「再び、這い上がって来い!」と激を飛ばし
一条はカイジとの対決を約束し、地下へ連れて行かれるのでした。

 

7億円以上のお金を持って坂崎ので祝杯を挙げる3人。

遠藤は必要経費とカイジへ課した利息を手に入れて
3億円以上を手に入れますが、坂崎、カイジも1億を超える大金を手にします。

夢見心地のまま酒を飲み続けますが、遠藤は沼の勝負でカイジに貸した
1000万円に10分で3割というとんでもない利息をつけていました。

遠藤は坂崎とカイジの酒に睡眠薬を入れて、眠らせた隙に
カイジに課した利息分を奪って逃げるように立ち去るのでした。

遠藤にお金を奪われたカイジ。

残金は6135万円のみとなってしまいます。

 

ショックを受けながらも激戦の疲れで眠り込んだカイジ。

起きると地下収容所の番人がやってきて
カイジに取り付けた発信機付時計を外します。

番人はカイジの地下収容所の仲間を救うのかを確認すると
カイジは即答で5人を助けると宣言します。

そして、5人の了承を得たうえで石田の息子も助けたいと伝えます。

無事に現実世界へ戻ってくる事が出来た5人と石田はカイジと再会します。

抱き合って喜ぶ7人。
石田は土下座してカイジに御礼を言うのでした。

そして皆「今度こそ真面目に働く」と誓うのでした。

 

出所祝いでバカ騒ぎする7人。

「オレたちは必ず成功するっ」と叫んで、楽しそうに飲みます。

最後にナレーションが流れます。

「そうとも…!、オレたちは放たれたっ…!
未来や…!、開かれた明日へ…!」

このナレーションを以てカイジは終了となります。

 

 

「賭博破戒録カイジ」の全体評

ここまでずっと「賭博破戒録カイジ」の
あらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

福本伸行作品特有のゆる~く長々とした展開はあったものの

ストーリーの面白さや沼を攻略するトリックなどの秀逸さは
福本伸行作品ならといったところでしょうか。

最後に遠藤にしてやられるあたりもカイジっぽさが出ていて良かったですし

どう考えても皆、真面目に働かずにまたグズグズするんだろうなぁ

というようなエンディングも面白かったですよね。

一気読みしたくなる漫画だと思いますので
気になった方は、是非一度読んでみて下さいね。

 

 

「賭博破戒録カイジ」を無料試し読み出来るサイト

「漫画を全巻揃えて楽しみたい」「どんな漫画か分からないから試し読みしたい」
という人は【まんが王国】がオススメです。

登録無料のまんが王国はコチラから

まんが王国では、今会員登録すると半額クーポンが必ずもらえます!

格安で漫画を楽しむことが出来るだけでなく
無料で読める漫画も2,500作品以上スタンバイ!

恋愛、バトル、ヒューマンドラマ、、、あなただけのお気に入りタイトルがきっと見つかる!?