漫画「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」はシンプルに勝負の面白さが伝わる作品【評価・感想】

Pocket

週刊ヤングマガジンで2013年から連載されていた
人気漫画「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」(作者:福本伸行)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」の印象的だった点

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」のどのあたりが魅力的なのか?

見所も含めて語っていきつつ話したいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」

です。

 

漫画のみならず、アニメ化や映画化がされていて
かなり知名度が高い漫画ですが
知らない人もいるかもしれないので

まずはこの漫画が、どんなジャンルの漫画なのかを説明していきましょう。

この漫画のジャンルは「ギャンブル漫画」です。

「カイジ」と言えば福本伸行さんの代表作と言える漫画なんですが
その人気ぶりもあってカイジシリーズは様々なシリーズがリリースされています。

過去には「賭博黙示録カイジ」「賭博破戒録カイジ」を
紹介させていただいているように私が大好物の漫画です。

今回紹介する「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」は
カイジシリーズの中でも5作目となる作品です。

人気が絶頂だった最初の2作と比較すると
かなり地味な作品にはなっていますが
このシリーズには独特の良さがあるので、紹介させてもらいます。

という事で「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」の
感想・評価について語っていこうと思いますよ。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「賭博堕天録カイジ 和也編」はどんな作品?

「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」は週刊ヤングマガジンで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはギャンブル漫画
作者は福本伸行
コミックスは全16巻

 

作者:福本伸行
出版社:講談社
掲載誌:週刊ヤングマガジン
掲載期間:2013年22・23号~2017年38号
巻数 全16巻

 

 

「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」を無料で読むには

「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「カイジ ワン・ポーカー」と検索して下さいね。

 

 

「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」の概要とあらすじ

「17歩」という麻雀勝負で村岡より4億8000万円
という大金を勝ち取る事に成功した主人公の伊藤カイジ。

カイジは兼ねてから因縁の有る帝愛グループのドン兵藤和尊の息子である
兵藤和也と共に車に乗って、これから一勝負する算段を立てていました。

和也は一勝負の前に、カイジに人間の醜さを教えるため
借金のカタに引き取った3人を使って「友情確認ゲーム」を行いますが
カイジは自らの身銭を切って3人を救ってしまいます。

その行為に激怒した和也はカイジと直接対決をするべく
「ワン・ポーカー」というゲームを用意します。

そして、「ワン・ポーカー」のルール説明を行うのでした。

カイジと和也、勝者はどちらなのか??

「ワン・ポーカー」とはどんなゲームなのか??

 

ギャンブル漫画の先駆けとなり
日本各地にコアなファンを持つ大人気ギャンブル漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「賭博破戒録カイジ」と検索して下さいね。

 

 

ギャンブルに狂う若者伊藤カイジが
様々なギャンブルで苦境を乗り越えようとする点が
見所と言える漫画です。

今回のワン・ポーカー編はカイジという漫画
独特のイカサマみたいな事はほとんど出てこずに

主人公の伊藤カイジと対戦相手となる兵藤和也の
ガチンコ勝負が繰り広げられている点が特徴です。

しかも、このワン・ポーカーというゲームは
1枚ずつカードを出し合って数が大きい方が勝つ

という万人に理解できるシンプルなルールになっているのも
このワン・ポーカー編の見せ所になっています。

このシンプルなルールでカイジと和也が
どんな白熱した戦いを繰り広げるのか…

という点が作者の福本伸行さんの腕の見せ所になっていて
このワン・ポーカー編は隠れた名作だと思っています。

という事で、具体的な話を交えて、評価をしていきたいと思います。

 



 

「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」の特徴

掛け値なしの真剣勝負が楽しめる貴重な編!!

私が「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」を読んで真っ先に感じたこと…

「掛け値なしの真剣勝負が面白い!!」

カイジと言えばトリッキーなギャンブルに加えて
イカサマ・裏技的なものが現れ
誰かの裏切りが出てくるというフォーマットが多く

正々堂々の真っ向勝負が見られない漫画です。

 

ですが、このワン・ポーカー編では

伊藤カイジvs兵藤和也の真っ向勝負が見られます。

人の命をなんとも思わず、友情や愛情といった
人間らしい側面をすべて否定するという
クズ人間である和也ですが、勝負に対してだけ真摯で真っすぐ。

このキャラクター設定が、このワン・ポーカーのガチ勝負を生んでいます。
(終盤のやり取りはちょっとお戯れだと思っています)

 

そして、このワン・ポーカーはルールもシンプルなんですよね~

基本的にギャンブル系漫画のギャンブルって
ルールが複雑になりがちなんですよ。

その方が最後のトリックを決めやすいんですからね。

私が大好きな漫画でこのブログのレビューでも紹介させてもらっているんですが

「嘘喰い」や「ライアーゲーム」などのカイジと同じ
ギャンブル漫画は正直ゲームのルールを把握できません。
(私の頭が悪いだけかもしれませんが…)

なので、最後に主人公がガツッと勝利するときも
いまいち勝因が分からなかったり
トリックの部分が理解できなかったりするのですが
このワン・ポーカーのシンプルなルールは全てが理解できます。

シンプルなだけに作者の福本伸行さんの導く結末の
シナリオ力が問われる形になると思うのですが

ギャンブル漫画家の草分けである福本さんはしっかりと
この問いに対して満点の回答をしてくれています。

 

シリーズ4作目にして、

作者である福本伸行さんの地力を見せた
作品だといっても過言ではありません。

カイジシリーズを読んで事がない人は
ワン・ポーカー編から読んでもらった方がいい

と言えるくらいにシンプルで読み応えのある作品になっていますよ。

 




 

「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」の全体評

「カイジシリーズ」は日本を代表するギャンブル漫画で
クズ男の伊藤カイジがギャンブルでサクセスストーリーを見せてくれる漫画です。

今回の「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」は
カイジと和也の真剣勝負が楽しめる作品となっています。

ルールが複雑化しやすいギャンブル系漫画というカテゴリにおいて
挑戦状を叩きつけるような作品になっているので
ギャンブル系漫画を読んだことがない人にこそ読んでほしいですね。

 

 

お得にマンガ読むならコミック.jp!

《話題の新刊から定番マンガまで、マンガを読むなら『コミック.jp』》
国内最大級の品揃えであなたの読みたいマンガがお得に楽しめる!

無料マンガも常に数百作品配信中!
アニメ化したあの作品やドラマ化したあの作品も『コミック.jp』で読める!

コミック.jp 30日間無料お試しはココから