漫画「神様のバレー」のあらすじ(ネタバレ)!最初から最新巻まで解説します。

Pocket

週刊漫画TIMESで2012年から連載されている
人気漫画「神様のバレー」(原作:渡辺ツルヤ、作画:西崎泰正)のネタバレ

阿月は甲大学園を全国制覇に導く事が出来るのか??

阿月の野望とはいったい何なのか??

などなど「神様のバレー」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「神様のバレー」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「神様のバレー」の正直評価と無料で漫画を読む方法を語ってみた

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「神様のバレー」のあらすじについて話していきます。

 

 

「神様のバレー」を無料で読むには

「神様のバレー」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「神様のバレー」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「神様のバレー」と検索して下さいね。

 

 

1.プロローグ

主人公の阿月はプロバレーボールのアナリストでした。

態度は不真面目ですが、分析と指示は的確。

そして阿月の信条はデータ分析力ではなく、
嫌がらせの戦略をウリにしていました。

阿月は全日本を率いて世界を倒すことが夢でした。

 

そんな阿月に所属チームであるガンマンズの会長は、

阿月が万年一回戦負けの学生を率いて全国制覇を成し遂げれば、
全日本の監督の椅子を用意すると言います。

その条件を承諾した阿月は学生の監督を引き受けますが、

赴任した学校はこうこ高校ではなく中学でした。

私立幸大学園中学は元全日本候補だった鷲野孝子が監督を務めていましたが、
根性論と上下関係が先行する旧来の指導で生徒は全く結果を出せません。

阿月は補欠メンバーを集めて、下克上を起こそうとします。

 

果たして阿月は甲大学園を全国制覇に導く事が出来るのか??

阿月の野望の正体とはいったい何なのか??

 




 

2.逆襲の補欠組!地区大会を戦う甲大学園と阿月

地区大会の一回戦。

第一中と戦う幸大学園はレギュラーで第一セットを落とします。

阿月はここで自らが鍛えた補欠組を出場させます。

研ぎ澄まされた分析能力と作戦で補欠組は第二セットを取り返します。
その勢いで第三セットも奪い、幸大学園は一回戦を勝利します。

しかし、二回戦はシード校の二子石中に完敗してしまいます。

この敗戦で勝つことの喜びと負ける事の悔しさを知った
生徒達は阿月についていく事を決意するのでした。

そして阿月の目論み通り、甲大学園の部員達は二子石中だけでなく、
どの相手にも負けたくないというメンタルを手に入れます。

 

迎えた秋季大会

鷲野によって技術と体力を鍛えられ、阿月によって戦術と戦略を鍛えられた
幸大学園はキャプテンの滝川、セッター福井を筆頭に戦い、一回戦を圧勝。

二回戦、三回戦も完勝で勝ち上がり、決勝戦に進み、二子石中との再戦となります。

しかし、メンバーの倉木が阿月から貰ったフォーメーション表を紛失して、
二子石中のキャプテン井川に拾われてしまいます。

試合が始まり、幸大学園のフォーメーションを知った二子石中は優位に戦いますが、
途中から戦術を変えた事で二子石はパニックになり、第一セットを奪います。

滝川と井川のエース対決になった第二セット。

お互いのエースが満身創痍で戦う中、
マッチポイントを迎えた幸大は最後に西浦のアタックで勝利を収めます。

試合終了後に倉木が阿月の指示でわざとフォーメーション表を落とした事を明かし、
部員達は阿月の能力を再認識させられます。

 



 

3.県下の強豪校が集まる県大会!阿月の采配や如何に!?

県大会に進んだ幸大ですが、阿月はしっかりと情報収集を行います。

注意すべき学校が二校。

双子の坂本兄弟を中心とする薬丸中。
怪物武藤のワンマンチームである寝川中。

そんな中、予選リーグが行われます。

予選リーグの中には阿月が注意していた歩木浜中がいました。
歩木浜は策士であるキャプテン片山が、
事前に阿月にプレッシャーをかけて揺さぶってきます。
しかし、阿月は女子監督を使って上手く部員のプレッシャーを解放。

いきなりのDクイックで流れを掴み、
試合を進めると攻撃の駒の多さを利用して、セットカウント2対0で勝利します。

 

続く試合も勝利した幸大は準決勝へと駒を進めます。

準決勝の相手は坂本兄弟率いる薬丸中。

堅守を誇る坂本兄弟の前に攻め手を失いかける幸大ですが、
将棋の日本チャンピオンである伊藤が巧みなフェイントを見せ、ポイントを決めます。

拾いまくる坂本兄弟とフェイントで対抗する伊藤。

拾い合いの泥仕合になりそうな試合展開。

ブロックを飛ばないようにして、拾いまくる坂本兄弟でしたが、
伊藤は移動攻撃でのフェイントを織り交ぜて対抗。

伊藤のフェイントに対応しきれなかった坂本兄弟は第一セットを落とします。

混乱が止まらない薬丸中は最後まで伊藤と阿月の策に躍らされて、
セットカウント2対0で幸大学園は勝利。

決勝戦へと進みます。

 

決勝戦は怪物武藤を擁する寝川中。

阿月は武藤と対抗するため一年生ブロッカー二人とリベロの上島が出場してきます。

エース対決となった幸大と寝川。
武藤はマークされながらも真っ向勝負でどんどん決めていきます。

そんな武藤に対して阿月はコースを狭めていき、
疲労を蓄積させていくなど、追い詰めていきます。

最初のセットは力でもぎ取った寝川ですが、2セット目に武藤は上島に拾われまくります。
スパイクを決め始めた西浦の活躍もあり、2セット目をとると3セット目も勢いのまま連取。

見事に県大会で優勝を果たします。

 

しかし、阿月はこのままでは全国制覇が出来ないと踏んで、元プロの盛長を召集します。

有頂天になる幸大学園バレー部員ですが、阿月や鷲野に黙って合同合宿に参加。

寝川、二子石、薬丸、歩木浜と練習試合を行い全敗してしまい
阿月なしでは勝てない現状を認識させられるのでした。

 

それぞれの課題を見つけて練習に励む幸大学園は全中予選に向かいます。
シードとなった幸大学園は二回戦を完勝して、準決勝に進みます、

準決勝に進んだのは、幸大学園、薬丸中、二子石中、そして寝川中を下した歩木浜中の4校。

第一試合は幸大学園対二子石中。

二子石はキャプテン井川が倉木と坊山に徹底マークされ力を発揮出来ません。
結局セットカウント2対0で幸大学園が勝利します。

もう一つの準決勝は歩木浜中が薬丸中を下して、決勝に進出します。

 

関東大会のシード権を賭けた戦いとなった決勝戦。

歩木浜中のキャプテン片山がツーアタックを主軸として、
新しい戦略を繰り出し幸大は手も足も出ません。

阿月も根性論で生徒をさ激励しますが、ぼろ負けしてしまいます。

しかし、これは阿月の戦略でした。

優勝校は調整が難しく、研究もされ尽くされる事を見込み、わざと決勝戦を落としたのでした。

 

プロリーグのガンマンズの合宿に参加した幸大学園は
東京都ナンバーワンの半田学園らと練習試合を重ねていきます。

そして、頭を使ったバレーで部員達は着実にレベルアップしていきます。

 




 

4.阿月が全国制覇を狙う大会が開催!地区大会、県大会、関東大会の激闘!?

そして迎えた地区大会。

順当に勝ち上がる幸大学園は決勝戦で二子石中と対戦します。

二子石中を格下扱いして、策を使わず真っ向勝負で戦った
幸大は接戦になりこそすれ、ストレートで勝利を収めます。

そして、県大会に進みます。

阿月は前大会の決勝で敗れた事で、トーナメントで一番楽な組み合わせの場所を引きます。
これも阿月の計算の上に成り立った戦略でした。

準決勝で寝川中と対戦する幸大。
阿月はエース西浦の成長を促すため、寝川のエース武藤と真っ向勝負をさせます。

序盤は押されたものの西浦の貪欲な姿勢に感化された
福井や井川など他の部員のフォローもあり
幸大は寝川を力でねじ伏せて勝利。

もう一つの準決勝はツーアタックを得意とする歩木浜中が
薬丸中の坂本兄弟の守備をかいくぐっての勝利。

歩木浜中と幸大での決勝戦となります。

 

序盤に8点差をつけた歩木浜中ですが
阿月は生徒たちに歩木浜中と同じツーアタック戦法を取るように指示

圧倒的な戦略差、戦術差を見せつけて優勝を納めます。

歩木浜中の監督はツーアタック戦法を教えてくれた阿月が
最初から自分の高校を強くするために
乗り越えるべき壁として情報をリークしたことを知り唖然とするのでした。

 

迎えた関東大会。

幸大学園は県大会1位という事でシード権を獲得し
格上と言える半田学園と逆のブロックに入ることに成功します。

一方県下でしのぎを削った薬丸、寝川、歩木浜らは
各県で1位だったチームとの戦いを強いられる組み合わせとなりました。

阿月は全国大会に出られれば
関東大会は特に優勝する必要はないと考えており
ベスト8で良しとする考えを明示。

関東大会での指揮を全て鷲野にゆだねます。

 

ずっと阿月の近くでチームをサポートしてきた木下は鷲野と共に結託して、反乱を起こそうと目論見ます。

ベスト8ではなく、優勝して阿月の思い通りにはいかないところを見せつけようと
ライバルチームを徹底的に研究して、優勝を狙うのでした。

1回戦の三景、2回戦の西旗中と苦戦する場面はありながらも、
考えるバレー、そして練習試合と全く違う姿を見せた事での相手の混乱も得て、

勝利を収めた幸大学園は全国大会行きを決めます。

続く三回戦も滝ノ谷を敗って準決勝へと駒を進めます。

その裏で歩木浜は半田学園に完敗し
寝川は藤代台に完敗します。

しかし、薬丸中は優勝候補であった協創学園との試合で
粘りに粘ってフルセットの末に破り、ジャイアントキリングを成し遂げ
全国大会への出場権を獲得するのでした。

 

迎えた準決勝。

第一試合は半田学園vs薬丸中

坂本兄弟が徹底的に拾うバレーで、半田学園の体力を消耗させますが
エースの河野雄真とセッターの佐藤の活躍もあり、地力でねじ伏せます。

第二試合は幸大学園vs藤代台

藤代台の監督金田は鷲尾の上を行く采配を見せます。
エース米田のローテーションを外して、米田の被せ打ちを
解禁してペースを掴むと大きくリードを奪います。

しかし、鷲尾はタイムアウトを取らずに
持久戦に持ち込んだところで、ジワジワと米田封じを進めていきます。
リベロの上島が米田のスパイクを拾い始め流れは幸大に傾きます。

井川、福井の巧者ぶりと西浦のパワーで一気に逆転した幸大は第一セットを取ります。

そのままの勢いで第二セットも奪取して、幸大学園は決勝戦へと進みます。

 

決勝戦は幸大学園vs半田学園

疲労を残す幸大ですが、体だけではなく、
頭脳もフルに使って、必死に半田学園についていきます。

鷲野は24対24まで持っていけば必ず勝たせてみせると選手を鼓舞します。

西浦のスパイクなども決まり、スコアは24対24になります。

ここで鷲野が取った作戦はエースの河野をノーマークにして速攻に備えるという作戦。
これがピッタリとはまりハマり、このまま第一セットを取ると同時に阿月を驚かせます。

第二セットも互角以上に戦う幸大でしたが、西浦の足がつり戦線離脱。

代わりに入った原田もミスを連発、そして井川らの体力も切れて、
セットを落とすと第三セットも見せ場なく落としてしまうのでした。

結果は準優勝となり、鷲野と木下の挑戦は終わります。

 



 

5.全国統一へ!いよいよ全中戦開始!死のグループを勝ち抜けるのか?

再び指揮を取る阿月は準決勝となった事で全国制覇に近づいたと生徒達に伝えます。

そして、後日全国大会制覇に向けた勉強会を行います。

昔は東西時代があり、東の闘将こと薬丸中の松平監督と西の鉄仮面こと
阿月の恩師である児玉監督がしのぎを削っていた。

そして今は、平日の五人と呼ばれる監督。
長野の渕井中の木笠監督、前年優勝校の駿河栄蘭、藤代台の金田監督らについて話をするのでした。

 

薬丸中、そして二子中、寝川中、歩木浜中の選抜メンバーで合宿を組み
自分たちの弱点を徹底的に見つめなおすのでした。

そして、全中の組み合わせが発表されます。

阿月の恩師が監督を務める下道中学校は薬丸中学校と同じグループに入り
東の闘将、西の鉄仮面は初戦で激突する事になります。

半田学園は優勝候補を喰いまくっている辻実東中学と同じグループに入り初戦で激突

藤代台中は前年優勝校の駿河栄蘭と同じグループに入ります。

そして、甲大は平日の五人が率いる渕井中、帝王児中
九州で1位だった折呉中と当たる死のグループに入ります。

 

いよいよ、全中予選の試合が始まります。

同じグループだった渕井対折呉は渕井がストレートで圧勝します。

初戦は滋賀の女帝こと火野暁音率いる帝王児との戦いとなります。

帝王児は火野暁音に鍛えられた生徒たちが強豪校らしい
レベルの高いプレーを見せて序盤からリードを奪います。

ここでタイムアウトをとった甲大は阿月がアドバイスを与えて反撃に移ります。

 

以上、21巻までのネタバレです。

 

ちなみに「神様のバレー」22巻を激安の60円で読む方法があるのを知っていましたか?

実は「U-NEXT」というところで無料で読むことが出来るんですよ。

「U-NEXT」は映画やドラマやアニメが無料で見られるサービスなんですが
漫画も激安の60円で読むことが出来るんです。

しかも、31日間無料サービスをやっています。
完全無料で利用できるのでオススメです。

こちらから読むことが出来るので
チェックしてみて下さい。

「神様のバレー」22巻を激安の60円で読むのはコチラから>>

 

 

MOTOがオススメするバレーボール漫画

MOTOがオススメするバレーボール漫画について
ランキング形式でまとめてみました。

「ハイキュー」以外にも面白いバレーボール漫画が揃っていますので
以下をクリックして見てみて下さい。

MOTOがオススメするバレーボール漫画ランキングはコチラ

 

 

「神様のバレー」の全体評

ここまでずっと「神様のバレー」のあらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

 

最初の頃は阿月の独り勝ちみたいな設定で
最後の最後にどんでん返しがくる爽快感がありましたが

関東大会あたりになってくるとライバルの監督が頭角を現してきて
頭脳戦がさらに深まっていく感じがして面白いですよね。

もともと、私は監督を主役としたタイプの漫画が好きなので
「神様のバレー」面白そうだなぁと思って読み始めたんですが

読めば読むほど続きを読みたくなる駆け引きの応酬は
まさに「神様のバレー」の見所だと思います。

 

阿月を超える頭脳は現れるのか?

全国大会の決勝戦に進むのはどの中学校なのか?

興味の尽きない漫画なので、スポーツ漫画が好きな人や
スポーツ漫画に興味がない人にも絶対に読んでほしい作品ですね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「神様のバレー」と検索して下さいね。

 

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選