漫画「火ノ丸相撲」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、ラスト・結末はこうなった!

Pocket

週刊少年ジャンプで2014年から連載されていた
人気漫画「火ノ丸相撲(ひのまるずもう)」(作者:川田)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

横綱刃皇との取組結果はどうなったのか?

刃皇は引退を取り消したのか?

などなど「火ノ丸相撲」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

週刊少年ジャンプで2014年から連載されていた

「火ノ丸相撲」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「火ノ丸相撲」の評価とアニメを無料で見る方法

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「火ノ丸相撲」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「火ノ丸相撲」を無料で読むには

「火ノ丸相撲」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「火ノ丸相撲」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※ タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「火ノ丸相撲」全編のあらすじ(ネタバレあり)

 

主人公の潮火ノ丸(うしお ひのまる)は小学校時代に
「鬼丸」と呼ばれたほどに圧倒的な強さを誇る子供でした。


(鬼丸こと 潮 火ノ丸)

 

しかし、中学校に入り体の成長が止まってしまった火ノ丸は
体格差に劣る相手に敗北を喫するようになり
子供相撲界から姿を消してしまいました。

しかし、火ノ丸の相撲への情熱は冷めずに
影で血のにじむような鍛錬を続けていました。

 

火ノ丸は高校生になり、相撲の弱小高、大太刀高校に入学。

たった一人の部員である小関信也(おぜき しんや)
へ入部の意志を伝えます。


(部長の 小関 信也)

 

ヤンキーグループのリーダーである五條佑真(ごじょう ゆうま)
國崎チヒロと三ツ橋蛍を部員に加えて5人で全国大会に挑みます。

個人戦となる関東新人大会に出場した火ノ丸は
横綱大和国の息子である栄華大附属の久世草介に敗れてしまいます。

 

辻桐仁を監督に迎えて、再び立ち上がる大太刀高校相撲部は
高校総体の千葉県予選に出場。

個人戦でも団体戦でも優勝を収めます。

全国大会に出場した火ノ丸率いる大太刀高校

火ノ丸は個人戦で優勝候補の大本命鳥取白楼高校のキャプテン
天王寺獅童(てんどうじ しどう)に敗れてしまいます。

 

しかし、団体戦で快進撃を続ける大太刀高校は
準決勝で鳥取白楼高校、決勝で栄華大附属を破り、全国優勝を決めます。

インターハイで結果を出した火ノ丸は全日本相撲選手権大会に出場し
三段目付出の資格を得て、目標だった角界に入るのでした。

第一部 終了

 

火ノ丸は「鬼丸」という四股名を得て
前頭三枚目まで上がっていました。

しかし、圧倒的な強さを誇る刃皇は全勝で優勝し
優勝インタビューで周りの力士たちがあまりにも弱いので
次の場所で優勝したら引退すると言い放ちます。

この発言に激高する火ノ丸をはじめとした力士たちを絡め
運命の九月場所が始まります。

 

鬼丸は初日で大典太を相手に勝利を収めますが
二日目となる横綱刃皇戦で公開稽古のような形で敗北し
スランプとなってしまいますが

レイナや元大太刀高校部員のおかげで自分を取り戻します。

快進撃を続ける火ノ丸は四日目以降を全勝し
13勝2敗で全日程を終了。

草薙と冴ノ山に敗れた刃皇、冴ノ山、大包平の4人で優勝決定戦を迎えます。

優勝決定戦は冴ノ山に勝った鬼丸
大包平に勝った刃皇の二人で行われます。

地力に劣る鬼丸ですが、レイナをはじめ
全員の想いを乗せた相撲を見せるのでした。

 

そして、物語は最終回へと移ります。

 



 

2.最終回のストーリー

鬼丸は「今のワシを作った全てにありがとう!!」
という感謝の思い、相撲への愛を込めて

必殺技である“百千夜叉堕”を繰り出します。

食い下がる刃皇ですが、

鬼丸は「小せぇワシだからこそ辿り着いた、鬼丸相撲じゃ!!」

と刃皇を投げ捨てます。

鬼丸は

「小せぇからした苦労も今では愛おしい。相撲をやってきてよかった…」
「かーちゃん…、小さく生んでくれてありがとう…」

という思いと共に刃皇を土俵に叩きつけて、
九月場所幕内優勝を決めます。

 

空を舞う無数の座布団。

興奮に包まれる国技館のなかで、鬼丸は笑うでもなく、
泣くでもなく、粛々と所作を行い、横綱への敬意を表します。

その堂々とした姿に芝木山親方は涙を流していました。

 

敗れた横綱刃皇の下に集まるマスコミは今場所を優勝して、
そのまま引退すると言いながらも優勝を逃した事から勇退論をぶつけます。

刃皇は

「鬼丸…か。彼の様な力士がいるなら、私の役目は終わったのかもしれないな…」

と口にしつつも「やめねぇよ、バーカ」と前言を撤回。

早くも鬼丸へのリベンジを誓うのでした。

 

レイナは泣いて鬼丸に抱きつきます。

そして、童子切、草薙、大典太、三日月らも祝福し、
その後小関をはじめとした大太刀高校相撲部員らも祝福します。

鬼丸は多くの人に祝福されるなか天を見上げて

「この先どうなるかはわからねぇ…、
それでも…、少なくともワシは今最高に幸せじゃ…!!」

と言い残したところで、火ノ丸相撲は終了となります。

 




 

「火ノ丸相撲」最終回の感想

「火ノ丸相撲」を最終回を読んでの率直な感想

「案外あっさりと終わったな」

刃皇に勝つところまでは既定路線なので良いとしても
もう少しエピローグで余韻を楽しみたかったですね~

 

その後、鬼丸はどうなったのか?

この場所不調だった草薙、童子切はどうなったのか?

そんなところも知りたかったですね~

 

 



「漫画を全巻揃えて楽しみたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。

綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。