漫画「寄生獣」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、結末はこうなった!

Pocket

月刊アフタヌーンなどで1990年から連載されていた
人気漫画「寄生獣」(作者:岩明均)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

村野は新一の正体に気付くことが出来たのか??

浦上の企みとはいったい!?

などなど「寄生獣」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは
月刊アフタヌーンなどで1990年から連載されていた

「寄生獣」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「寄生獣」は古さを感じさせない深みのある名作

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「寄生獣」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「寄生獣」を無料で読むには

「寄生獣」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「寄生獣」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「寄生獣」全編のあらすじ(ネタバレあり)

平和な日常生活を送る地球にある異生物が地球にやってきました。

その生物は自らの体では生命を維持する事が出来ず
人間の脳を乗っ取る事で生命を維持できる寄生生物でした。

人知れず、降り注ぐ寄生生物によって、人間は乗っ取られます。

人間を乗っ取った寄生生物は人間を食料としており
人間がミンチ状の死体となって発見される殺人事件が多発し始めるのでした。

そんな物騒なニュースが世間を騒がせる中
主人公の泉新一の元に寄生生物がやってきます。

脳を乗っ取ろうとする寄生生物ですが、寝ぼけながらも抵抗した
新一は体内に侵入した寄生生物を右腕に閉じ込めます。

翌朝、新一の右腕は寄生生物に乗っ取られていました。

右腕は高度な知能を持っており、人間界の事を調べ始めます。
そして自らの名前を「ミギー」として新一と共同生活をスタートするのでした。

 

ミギーが寄生生物を探知できることから
様々な寄生生物が新一の元に現れて、襲いかかります。

そんな中、寄生生物を使って人間を減らそうと考える
広川が東福山市市長に就任します。

強力な戦闘力を持つ 後藤
高い知能を持つ 田村怜子(田宮良子から改名)

彼らの活躍があり、寄生生物は勢力を増加させていきますが

人間側も寄生生物の情報をどんどん取り入れていき
市役所内で寄生生物殲滅作戦を実行します。

これにより広川ら主力はほぼ全滅しますが
後藤だけが生き残って、逆に軍を殲滅させます。

新一はミギ―と一緒に後藤と闘いますが、
勝つことが出来ずにミギーを失ってしまいます。

しばらく山村に身を隠していた新一は貰った錆びたナタで
後藤の寝込みを襲うとナタについていたばい菌が猛毒となり、
後藤の体を崩壊させていきます。

ここで後藤に吸収されたミギーが復活して、
ミギーと新一は共に後藤を倒すのでした。

 

激闘から1年後、村野は大学生となり、新一は浪人生となっていました。

二人は仲良く、いちゃついていると
浦上がその姿を遠巻きにみていたのでした。

そして、物語は最終回へと向かいます。

 



 

2.最終回のストーリー

浦上は村野といる新一を遠巻きにずっと見ていました。

浦上は市役所襲撃の最中、ドタバタに紛れて脱走していたのでした。

浦上は寄生生物を見分ける目を持っていましたが、
襲撃後は寄生生物は影を潜め、街中で発見する事はありませんでした。

そんな中、寄生生物ではないものの
普通の人間とは違う雰囲気を感じる新一に対して
浦上は大きな興味を持っていました。

 

新一達の前に姿を現した浦上。

新一が浦上を追っている間に、浦上は裏道を抜けていき村野を拉致してしまいます。

村野を連れてあるビルの屋上に向かう浦上

ビルの屋上ではカップルがいちゃついていましたが、
浦上はそのカップルにナイフで切りつけて殺してしまいます。

新一が駆けつけた時、浦上は血だらけになっており、
血がついたナイフを村野の首に押し付けて屋上の際に立っていました。

浦上はもうすぐ警察に捕まってしまうことを予感しながら、
新一にある問いをぶつけます。

自分がやってきた大量殺人は果たして間違っていたのか…

寄生生物は人間を喰っていたが、
増えすぎた人間を減らすには共食いをする必要がある。

人間はもともと人を殺したいように出来ているはずだ。

この問いを純粋な人間ではない新一に聞きたい。

「お前は寄生生物ではないが、寄生生物が体の一部に混ざっているはずだ」

と断然して問い詰めます。

 

自分の正体を村野にバラされたくない新一は
シラを切ろうとしますが、村野の命が危ない事から
自ら正体をバラそうとします。

しかし、告白を始めようとした時、村野がそれを静止し、
浦上の言う事は全てデタラメだと叫びます。

その村野の姿を見て浦上は村野を刺そうとしますが、
新一が村野の下へ向かうと浦上は
村野を屋上から突き落として、新一に切りかかります。

浦上を一撃で倒す新一。

もう一つの手で落下する村野を助けようとしますが、村野は落下してしまいます。

 

絶望に暮れる新一

ここで新一の心の中にミギーと村野との妄想シーンが現れます。

ミギーは

「人間が他者や他の動物に対して悲しみの感情を持つのは、人間が暇な生き物だからだ」
「それことが人間の最大の取り柄なんだ、疲れるから早く持ちな」

というと新一の右手は村野の腕を掴んでいました。

新一はミギーが一瞬現れて、村野を助けてくれた事を悟ります。

気がついた村野に対して、新一が過去に犬の死体を
ゴミ箱に捨てようとした時の事を話し、

村野はその行為について新一の真意を理解しているよ

と回答します。

そして、二人は抱き合い、空を眺めます。

 

ここでナレーションが流れます。

何かに寄りそい…
やがて生命が終わるまで…

このナレーションを以て、寄生獣は終了となります。

 




 

「寄生獣」最終回の感想

「寄生獣」の最終回は後藤や田村といった
主要な敵キャラクターではなく、浦上とのエピソードとなりました。

ミギーの最後の言葉である

「人間が他者や他の動物に対して悲しみの
感情を持つのは、人間が暇な生き物だからだ」
「それことが人間の最大の取り柄なんだ」

というメッセージが作者の訴えとして響きますよね。

人間は農業を開発したことで、暇を作ったからこそ
ここまで発展してこられた

という話を聞いたことがあります。

テレビでやっている番組はほとんど生きるのに必要ない事ですよね。
基本的に衣食住があれば、人間は生きていける訳ですから…

だけれども、衣食住だけ満たすような生活は人間らしくありません。

くだらないこと、意味のない事で、笑い・泣き・悲しみ・怒る

これが人間らしい姿、美しい姿でもあり、醜さが出る姿だと思っています。

そんな事を私は寄生獣の最終回で感じましたが
是非、あなたがどう感じるのか??

実際に読んで確かめて欲しいですね。

 

 

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【まんが王国】の方が安く手に入りますよ。