漫画「北斗の拳」はなぜ今読んでも面白いのか!決め台詞に注目!【無料で読む方法付感想・評価】

Pocket

週刊少年ジャンプで1983年から連載されていた
人気漫画「北斗の拳」(原作:武論尊、作画:原哲夫)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「北斗の拳」が面白い理由と魅力

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

「北斗の拳」を無料で読む方法についても話したいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「北斗の拳」

です。

 

久しぶりの紹介となりましたレジェンド漫画

最近の人はパチンコ機として知っている人も
多いのではないかと思います。

私は今はパチンコをやらなくなってしまいましたが
スロット機でも「北斗の拳」は一大フィーバーを起こしました。

そんな「北斗の拳」が、どんなジャンルの漫画なのかを説明していきましょう。

この漫画のジャンルは「アクション漫画」です。

 

アクション漫画の中でもバトルを中心とした作りになっていて

格闘漫画、バトル漫画といってもいいかもしれません。

 

先ほどはパチンコ台、パチスロ機としてヒットした事について
言及しましたが、そもそも私が子供の頃に大ヒットした漫画なんですよね。

特にクリスタルキングが歌う主題歌「愛をとりもどせ」は
今でもカラオケで歌う人がいるんじゃないか?

というくらいに大ヒットしました。

 

後で作品を紹介しましたが、

基本的に一般受けするタイプの漫画じゃないんですよ(笑)

普通に人間が破裂したり、切り刻まれたりして

無残に死んでいきますからね。

そんな作風でもヒットしたという事は
「それだけ面白い」という事なんです。

今改めて読み返してみましたが
やっぱり味があって面白いんですよね~

 

そんなレジェンド漫画である「北斗の拳」の

どのあたりが魅力的で面白いのかを語っていきます。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「北斗の拳」はどんな作品?

「北斗の拳」は週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはアクション漫画
原作は武論尊、作画は原哲夫
コミックスは全27巻

 

原作:武論尊、作画:原哲夫
出版社:集英社
掲載誌:週刊少年ジャンプ
掲載期間:1983年41号~
巻数 全27巻

 

 

「北斗の拳」を無料で読むには

「北斗の拳」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「北斗の拳」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「北斗の拳」と検索して下さいね。

 

 

「北斗の拳」の概要とあらすじ

199×年、世界は核の炎につつまれた!!

海は枯れ、地は裂け、あらゆる生命体が絶滅したかに見えた。
だが、人類は死滅していなかった。

しかし、文明を失った世界は再び暴力が師派支配する時代となっていた。

善良な市民は暴力組織に襲われ悪が繁栄する時代となっていましたが
何者かによってZ(ジード)のメンバーが殲滅させられており

メンバーの死体は外傷がなく、身体の内部から破裂したような感じになっていました。

 

ある日、空腹で彷徨う男が一人いました。

その男は胸に北斗七星の痣がある男で

名前は ケンシロウ と言いました。


(主人公の ケンシロウ)

 

ケンシロウは村に襲いかかってきたジードのメンバーに対して
北斗神拳と呼ばれる拳法を使い、リンという少女を助けます。

そして、ケンシロウはバットという少年と共に村を出ていくのでした。

 

北斗神拳とは一体どんな拳法なのか??

ケンシロウの前にどんな強敵が現れるのか??

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「北斗の拳」と検索して下さいね。

 

もうすでに2020年を過ぎていますからね。

「199×年に核戦争が起こった」

と言われても正直ピンとこないのですが
絶望感がひたすらに伝わる舞台設定になっています。

そして、雑魚キャラを含めてこの舞台設定に
ピッタリのキャラクターがどんどん出てきますので、

「北斗の拳」の魅力を語っていきましょう。

 



 

「北斗の拳」のここが素晴らしい!

抜群の設定、そして抜群の決め台詞

北斗の拳の一番素晴らしいと思う点は

「背景の設定が絶妙」な点です。

核戦争により、ほぼ死滅した人類と地球。

そこでわずかな資源を奪い合う
暴力の時代が到来する。

 

ここは「まあ、あるかなぁ」という感じなんですが

暴力を行う側の悪役がほぼ皆モヒカン!

そして、「ひゃっはー!」みたいな事を言いながら
善良な市民を襲っていくという
この世界観がたまらないです。

 

そして、救世主となるケンシロウ

彼が扱う北斗神拳はただ強いだけでなく
相手を死に至らしめる過程も個性的でいいんですよね。

このケンシロウが操る北斗神拳は私が子供の頃に流行ったんですよ。

「お前はもう、死んでいる…」
「お前の命はあと3秒だ」

みたいなセリフから、頭が破裂して悪者がやられる
というこのインパクトのあるシーンは
小学生たちも真似していましたからね。

ストーリー的な深みはそれほどありませんが
この設定は今読んでもすごくユニークなんですよね。

 

そして、決め台詞ですよ。

先ほどの「お前はもう、死んでいる…」が
代表的な決め台詞ですが、
いちいち言う事がキマってて面白いです。

バット「あんなに酷い事したのに、なんで墓を作るんだよ」

ケンシロウ「同じ女を愛したからだ」

全然笑うシーンではないんですけど、
思わずクスッときてしまうくらいにキマッていますよね。

 

このワードセンスが北斗の拳の持ち味であり、世界観なので

是非、一度読んでみて欲しいですね。

 




 

ギャグじゃないのに笑ってしまう絶妙の描写

先ほど「思わずクスッときてしまう」と言いましたが
北斗の拳にはこんなようなシーンがたくさん出てきます。

 

散々、人々から物を奪い、なぶり殺した人間が
ケンシロウに殺される手前までいったときに

「助けてくれよ?、お前には情はないのかよ」

とか平然と言い放つんですよね。

この時点でもはやギャグなんですが
ケンシロウも激マジで断る

というシュールな絵が展開されているのがたまらないです。

 

しかも、死ぬ間際の断末魔も
「あべし」「ひでぶ」みたいな
言葉遊びも存分になされていて

一見、シリアスに見える漫画ですが
遊び心がたくさん詰まったギャグ的な要素もあるので

色々な視点から楽しめますよ。

 

 

「北斗の拳」の全体評

北斗の拳は昭和を代表する名作ですが
未だにその世界観はコピーされていないユニークな作品になっています。

ケンシロウをはじめとしたキャラクターが発する言葉のセンス
矛盾だらけでギャグなのかなと感じるシュールさ

今の時代に見ても十分に楽しめると思うので
まだ見たことがない人は一度見てみて下さい。

 

ちなみに「北斗の拳」1冊分を完全無料で読む方法があるのを知っていましたか?

実は「U-NEXT」というところで無料で読むことが出来るんですよ。

「U-NEXT」は映画やドラマやアニメが無料で見られるサービスなんですが
漫画も1冊無料で読むことが出来るんです。

しかも、31日間無料サービスをやっています。
完全無料で利用できるのでオススメです。

こちらから読むことが出来るので
チェックしてみて下さい。

「北斗の拳」1冊を無料で読むにはコチラから>>

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選