漫画「修羅の門」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、結末はこうなった!

Pocket

月刊少年マガジンで1987年から連載されていた
人気漫画「修羅の門」(作者:川原正敏)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

九十九は今後どこへ向かっていくのか??

レオンやファヴェーラの子供達はどうなったのか??

などなど「修羅の門」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。


今回、取り上げたのは
月刊少年マガジンで1987年から連載されていた

「修羅の門」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて ネタバレありで話しています。


もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「修羅の門」は日常会話で使える用語が使えて面白い



あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ


それでは「修羅の門」の最終回(ネタバレ)について話していきます。


「修羅の門」を無料で読むには

「修羅の門」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、
250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。


もちろん「修羅の門」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。


もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「修羅の門」と検索して下さいね。


1.最終回までの流れ


最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「修羅の門」全編のあらすじ(ネタバレあり)


人を殺す事だけを追求し、時代の闇に隠れてきた拳法

「陸奥圓明流」


「陸奥圓明流」は表舞台に出ることなく
1000年もの間、一子相伝で伝承されてきました。


そして陸奥圓明流史上、最も武の神に愛されてきた人物

陸奥九十九が陸奥圓明流千年の歴史を終わらせる為、
地上にやってくるのでした。


九十九は神武館を訪れ、ケンカを売ると

神武館ナンバーワンの海堂晃と死闘を繰り広げ
陸奥圓明流奥義「無空波」で勝利を収めます。


その後、九十九は鬼道館のナンバーワンである片山右京に向けつつ
日本中の格闘技に喧嘩を売り続けます。

そんな九十九の動きをみた神武館の館長である龍造寺徹心は
全日本異種格闘技選手権を開催させます。


九十九はトーナメントに出場し

奇跡のキックボクサー 竹海直人
シュートボクシング界の天才児 羽山悟
プロレス界最強の男 飛田高明
鬼道館の天才 片山右京

を倒して、決勝戦に進出すると

決勝戦では準決勝で龍造寺徹心を破った不破北斗と戦います。

北斗は陸奥圓明流の分家として生まれた不破圓明流の継承者で
圓明流同士の激しい戦いが繰り広げられ
最後は九十九が究極奥義に四門を出し、北斗を殺し、勝利を収めます。


日本で王者となった九十九はアメリカへ渡ります。

アメリカには伝説のボクシングトレーナーである故エザード・ロスの
最後の教え子にして、100%の素材であるアリオス・キルレインがいました。


九十九はアリオスと戦うために伝説のトレーナーである
テディ・ビンセントの元を訪れ、トレーナーに就きます。

テディは九十九にボクシングスタイルを教えず
裸足で道着のままリングにあげる事に成功すると
どんどん名前を上げていき、大富豪の後押しもあった事から
ヘビー級統一トーナメントへの出場を決めます。


1回戦で リック・ガンフォード
2回戦で ジャージィ・ローマン
3回戦(準決勝)で マイケル・アーロン

と対戦し、勝ち上がっていくと準決勝で
アナクレト・ムガビを死亡させたアリオスと決勝を戦います。


そして、始まったアリオスとの決勝戦。

アリオスはバリエーション豊富なコンビネーションで
九十九をどんどん追い込まれていくと
九十九の心の中に棲む修羅を覚醒させ、反撃をします。


そして最終ラウンド

残り時間が無くなっていく中、九十九は無空波を繰り出し
無空波後にもう一発のパンチを繰り出したところでアリオスを倒し
ヘヴィー級の統一王者に輝くのでした。


その後、姿を消した九十九はブラジルへ向かっていました。

祖父である陸奥信玄から”柔術”という格闘技を開発した
前田光世という人物から柔術を受け継がれる
ビクトル・グラシエーロという人物を探していたのでした。


ビクトルと対面した九十九は、グラシエーロ家が開催する
何でもありの格闘技大会である「ヴァーリ・トゥード」
という大会へ出場することになります。

トーナメントには、グラシエーロの血を継ぐ
ラモン・グラシエーロ、レオン・グラシエーロ、
神武館の南米チャンピオンのイグナシオ・ダ・シルバ
らライバルが出場します。


九十九は

1回戦でカポエラ使いの リカルド・マジーニョ
2回戦で元力士の 南洋竜ことサレバ・ペニタニ
3回戦で元傭兵の ブラッド・ヴェガリー
準決勝で イグナシオ・ダ・シルバ

と戦い、傷つきながらも勝ち上がっていきます。


決勝戦の相手は己の中に悪魔(デイアーポ)を持つ

グラシエーロ家随一の天才である レオン・グラシエーロ


九十九はグランドの攻防でもレオンを上回る戦いを見せると
レオンはデイアーポを解放し、殺す気で戦い始めます。

右腕を折られた九十九は、左腕で無空波を繰り出しますが
レオンは九十九の左腕を押さえて折ります。


無空波のダメージは受けたものの両腕を折られた九十九は
ピンチに立たされ、そんな九十九にレオンは容赦なく襲いかかります。

準決勝で繰り出した首折り攻撃を行います。

九十九は自らも体を捻って、首折りをなんとか凌ぐと四門を解放。
レオンを倒して、後頭部に頭突きを行い、レオンを倒します。


勝負があったかに思われましたが、立ち上げるレオン。

優勝賞金をトロンボをしているアニータ達の為に
捧げたいという想いで戦いを続けますが
九十九の蹴りを受けて、倒れてしまいます。

ここで、陸奥九十九のヴァーリ・トゥード優勝が決まるのでした。


そして、物語は最終回へと向かいます。

2.最終回のストーリー


レオンとの死闘を制した九十九を迎える
マッイイツォ、イグナシオ、徳光の3人。

九十九の戦いぶりを見ていた関係者達も
涙を流して、九十九の戦いぶりを称えるのでした。


そんな九十九の戦いぶりを寺院で座禅をしながら見ていた片山右京

右京は住職に電話を借りて鬼道館の館長へ電話をし
九十九への挑戦権を賭けて、海堂晃と戦う意向を伝えます。


一方、山中で九十九の戦いぶりを見ていた海堂晃


海堂は龍造寺鉄心館長に向かって

「オレではとどかないでしょうか?」

と問いかけると、鉄心は

「とどくとわしは信じている・・・
 海堂・・・、おぬしはわしの理想に限りなく近づいた。
 山をおりるか・・・」

と返すと、片山右京との戦いを決意します。


帰りの飛行機に乗る谷山と猪熊は
ヴァーリ・トゥードの戦いについて振り返りながら
自分が書いた記事を機内で振り返ります。

そこには陸奥九十九の対戦内容とリザルトが載っており
そのリザルトの中ではレオン・グラシエーロが
戦いの後、死亡したことが書かれていました。


病院を退院した九十九はアニータの元に向かいます。

アニータは「なにしに来たのよ、人殺し!」と叫びます。


そんな中、マッイイツォは優勝して獲得した金を目の前に置きます。

安易な施しを受けたと感じたアニータはバカにするなと叫びますが
九十九は「この金が欲しかったら、戦ってとれ」と言います。

アニータの仲間が金を奪いに突っ込みますが九十九は軽くいなします。


激情したアニータは九十九に向かっていきますが
九十九はアニータの側頭部に向かって蹴りを放ち
大きなダメージを受けたアニータは九十九に恐怖します。

アニータは恐怖を受けながらも、九十九に立ち向かおうとすると
九十九はその姿を見て、お金を置いたまま立ち去っていきます。


マッイイツォは九十九に「これでいいのか?」と聞きますが

この金を食い潰そうと、何か始めるきっかけにしようと
それはあいつらが決めることだ。

と答えます。


九十九達はビクトル・グランシエーロの元に道場に向かいます。

レオンが死んでいることから殺伐とした空気になりますが
ビクトルは全力で戦った九十九に礼を言います。

レオンは九十九に出会わずに100歳まで生きていたとしても
あの場で戦って死ねた方が幸せであったと説くのでした。


ビクトルは続けて九十九が探している
前田光世の技を精密に引き継ぐ者の情報を教えます。

その人物の名前は ケンシン・マエダ


ケンシン・マエダはコロンビアの戦場にいる事だけを伝えると
道場にブラッド・ウェガリーが現れます。

ウェガリーは道案内をする代わりに金をよこせと言うと
九十九はそれを承諾して3人で道場を出て行きます。


日本に場面が変わり、谷川の書いた記事を読む龍造寺舞子にスポットがあたります。

舞子は母親に「夢を見た」と言います。

九十九がジャングルを歩いているところに
「いつか、ちゃんと帰ってきてね」と言うと
振り返らずに、手を上げたのだ。

と伝えるのでした。


最後に陸奥信玄のいる場面に変わります。

信玄はケンシン・マエダが20年前に自分の元に現れ
信玄が50歳を超えていた事を理由に立ち会わなかった。

過去の話を呟き、今度こそ死の河を渡るかもしれぬ、と言います。


その後「修羅の子は、修羅にしかなれぬ」と言い
既に亡くなった九十九の母静流と兄冬弥に問いかけたところで

「修羅の門」は終了となります。


「修羅の門」最終回の感想

「修羅の門」の最終回は
レオン・グラシエーロが死亡したことと
九十九のこれからについて語られたところで終わりました。


実はこの巻のあとがきにもあるのですが
レオン・グラシエーロが死亡してしまった事が
かなりショッキングだったのですよね~


もう少し別の結末はなかったのかなぁ

と最初に読んだ時に思ってしまった事を覚えています。


九十九の旅は終着点を迎えたわけではありませんが
ここで一旦終了という形をとっています。

実は10年以上の時を経て「修羅の門 第弐門」が始まりますので
続きが気になる方は第弐門を見てみて下さいね。



「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は 【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。



ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【まんが王国】の方が安く手に入りますよ。