漫画「ヒカルの碁」のあらすじ(ネタバレ)、ヒカル・佐為の最後・結末はどうなる?

Pocket

週刊少年ジャンプで1999年から2003年まで連載されていた
人気漫画「ヒカルの碁」(原案:ほったゆみ、作画:小畑健)のネタバレ

ヒカルと佐為はどのような運命を辿るのか?
ヒカルはアキラを超える事が出来るのか?

などなど「ヒカルの碁」のあらすじ・ストーリーを
最初から最終回まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「ヒカルの碁」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最終回まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「ヒカルの碁」は囲碁を知らない人にも読んでほしい稀代の名作だ!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「ヒカルの碁」のあらすじについて話していきます。

 

1.プロローグ

主人公である進藤ヒカル(しんどうひかる)は普通の男の子

特に何に興味があるわけでも無く
毎日を楽しく生きている少年でした。

 

ある日、ヒカルは自分のお小遣い稼ぎのために
おじいさんの遺品を整理していると、一台の囲碁の基盤をみつけました。

他の人には普通の古い基盤(囲碁)に見えましたが
ヒカルには囲碁にうっすらと血の滲んだ後が見えます。

囲碁台に触れていると1体の幽霊が現れます。

その幽霊の名前は「藤原佐為」(ふじわらのさい)

平安時代に囲碁で大君相手に指南役をしていた囲碁の達人でした。

「藤原佐為」はもう一人の指南役と対決することになり
相手の不正によって負けてしまった事で自殺をしてしまった不遇の棋士でした。

「藤原佐為」はヒカルの意識の中に入り込み
囲碁を打ちたいとヒカルにお願いをします。

囲碁には全く興味がないヒカルでしたが
佐為が囲碁を打てない悲しみがヒカルの心にも大きな影響を与える

という困った互換性があり、ヒカルは佐為の意図を組んで囲碁を打つようになります。

囲碁を打つようになったヒカルは碁会所に通うようになり
塔矢アキラ(とうやあきら)という少年名人と囲碁を打つ機会を得ます。

塔矢アキラは現在の囲碁界で最強と言える塔矢名人の息子で
将来はプロ入り確実と言える実力者でしたが、佐為の力の前に完敗します。

佐為の存在が見えない塔矢アキラにとって
囲碁の初心者である進藤ヒカルに負けた事が信じられず
ヒカルへのリベンジを誓います。

囲碁初心者だったヒカルは佐為の影響もあり徐々に囲碁にハマっていきます。




 

2.葉瀬中学校入学後

そして、ヒカルは佐為にも自分自身も気づいていなかった
「囲碁の才能」を持っている少年でした。

中学校入学後、囲碁部に入り、佐為の力ではなく
ヒカル自身の力でのし上がろうとするヒカル

 

そして、一方の塔矢アキラはヒカルを追い続け対戦を実現させるために
プロ入りの路線を変更して海王高校の囲碁部は入部します。

塔矢アキラの強さを妬み、いじめにあいながらも
葉瀬高校囲碁部に所属するヒカルと戦うために並々ならぬ執念を燃やすアキラ

 

その執念が実り、海王高校の選抜メンバーとして試合に出場するアキラ

そして、とうとう進藤ヒカル率いる葉瀬高校囲碁部との対決の日を迎えます。

アキラの執念に応えようとする佐為

序盤はアキラと佐為の対決となっていましたが
ヒカルは佐為の力を借りずに、自分の力でアキラと戦いたいという意識が芽生えて
途中からヒカル自身の意思で打ち始めます。

結果はアキラに完敗

 

佐為の姿を追いながら、途中で姿をくらませられた事に
怒りと失望を覚えるアキラ
(アキラの目にはヒカルしか見えないので
途中からヒカルが勝負を投げたという形で見えています。)

アキラはヒカルを追うことをやめ
「プロ入り」という進路を選択します。

 

佐為とアキラの対局を邪魔してしまったヒカル

その罪滅ぼしとしてインターネットで囲碁を打ち始めます。

ハンドルネームを「sai」としてネットでの囲碁を始めますが
佐為の強烈な強さの前にたちまち話題となります。

あまりの強さに世界中がsaiの話題で溢れてしまう中
アキラが「sai」の存在を知ります。

「sai」にヒカルの面影を予感するアキラは
プロ入りの試験を1日休んでsaiと対局をします。

 

そして結果はアキラの完敗…

 

saiの正体を探し、ネットサロンを探すアキラは
ヒカルを見つけますが、saiの関わりを掴む事が出来ません。

ヒカルは自分では無く、佐為ばかりを追いかけるアキラに苛立ち
自分の力でアキラと戦ってみせると宣戦布告をします。

しかし、現状の力の差はなんとも埋めがたく、
その宣戦布告はアキラに交わされてしまいます

 



 

3.ヒカルの院生時代

葉瀬中囲碁部を立ち上げて部員募集や部活強化にむけて
情熱を燃やしてきたヒカルですが
アキラを追うため「プロ入り」への道を選択し、囲碁部と別れを告げます。

ヒカルはプロ入りを果たすべく「院生」への入会試験を受けます。

現状、力の足りないところを見せながらも
その素質を評価されて、なんとか院生への入会を果たしました。

最初は院生のレベルの高さの前に苦渋を舐め続けるヒカルですが
佐為との日々の対局の成果もあり、どんどん力をつけていきます。

2部のドンケツだったヒカルですが
1部に昇格して若獅子杯に出場する権利を得ます。

若獅子杯にはプロになった塔矢アキラも出場をしており
ヒカルは1回戦を突破すればアキラと戦える組み合わせとなります。

1回戦でプロ相手に見どころのある対局を見せますが、結果は力負け

アキラとの再戦を果たすことは出来ませんでした。

 

しかし、その後も順調に力をつけていくヒカル

プロ試験への出場資格を手にすることが出来るまでに成長したヒカルはプロ試験に挑みます。

1次予選を辛くも突破したヒカルは2次予選に向かいます。

 

棋力はもちろんのこと、場慣れをしておらず、
1次予選では力を発揮できなかったヒカルですが
2次予選に向けて同じ院生である和谷や伊角と共に
様々な碁会所に通い力をつけていきます。

いよいよ、二次予選がスタート

上位3名がプロの棋士になることが出来ます。

ヒカルは勝利を重ねて無敗で上位を走ります。

碁会所で腕を磨いた和谷や伊角も連勝
そして、院生の中で随一の実力を持つ越智も勝利を重ねていきます。

強敵同士の星の潰し合いとなり

越智 25勝1敗
和谷 23勝3敗
ヒカル 23勝3敗
伊角 22勝4敗

で、プロ予選最終戦を迎えます。

ヒカルの最終戦の相手はトップを独走する越智

越智の囲碁を指導しているアキラが
常にヒカルを意識している事が気に入らない越智

既にプロ入りを決めている立場でしたが
並々ならぬ意気込みでヒカルとの最終戦に向かいます。

伊角・和谷は既に勝利を収めており、
ヒカルが越智に負ければ伊角との3位決定戦に向かう事になるヒカルは
辛くも越智に勝利し、プロ入りを決めます。




 

4.プロになったヒカル、そして佐為との別れ

予選を通過して晴れてプロ棋士となったヒカル

そんなヒカルに待っていたのは
プロ棋士の中でもトップクラスと戦える「新初段シリーズ」

ヒカルの対戦相手となったのは現役最強棋士であり
塔矢アキラの父親である塔矢洋行

塔矢洋行はアキラや緒方九段が注目しているヒカルを気にして
逆指名をしての対局となります。

以前から塔矢洋行と戦う事を切望していた佐為がどうしても
塔矢洋行と勝負がしたいとヒカルに訴えた事で

ヒカルはハンデ付きで佐為の対局を許します。

結果は佐為(ヒカル)の負け

という結果で、プロとしてのデビューを果たしました。

 

晴れてヒカルは公式戦の第一戦を迎えます。

対戦相手はヒカルが追いかける塔矢アキラ

アキラとの対局に力が入るヒカルですが
対局当日アキラが現れず、ヒカルは不戦勝となります。

塔矢アキラが対局をキャンセルしたのには理由がありました。

父親である塔矢洋行が急に倒れてしまい入院した事で
父の病状を見守るために付き添っていたのでした。

後日、塔矢洋行のお見舞いにいったヒカル。

病院で洋行が遊びでネット碁をやっている事を知り
ヒカルはsai(佐為)との対局を持ち掛けます。

謎の存在であるsaiをネット碁に復活させたことで
様々なゴタゴタがありながらも
sai(佐為)は塔矢洋行との対局を実現させます。

結果は半目差でsai(佐為)の勝利

 

佐為と塔矢洋行は充実した勝負に満足していましたが
それ以上にヒカルは二人の対局を間近で感じる事で目覚ましい成長を遂げていました。

対局終了後の感想戦で佐為や塔矢洋行が思い浮かばない逆転の一手を佐為に示すヒカル

その素晴らしいアイディアを目の当たりにした佐為は

「自分はヒカルにこの勝負を見せるために現世に復活したのだ」

という事を悟ります。

 

そして、ヒカルに

“教えられることを全て教える”

という役割を果たした佐為はこの世との別れが近い事を悟ります。

 

覚醒してプロの中でも好成績を収めるヒカル

佐為は別れが近い事を悟り
ヒカルを相手にもっと碁を打ちたいと訴えますが

佐為がいなくなるとは夢にも思っていないヒカルは
佐為を相手にせず、二人はすれ違いを繰り返します。

そして佐為はヒカルの前から姿を消すのでした。

 

5.佐為がいなくなったヒカル

佐為が突然目の前からいなくなってしまった
という現実を受け入れられないヒカル

佐為にゆかりのある場所を様々巡って
佐為が戻ってくるよう必死に行動しますが、佐為は戻ってきません。

佐為がいなくなったショックから、プロ活動だけでなく、囲碁をやめる事を決意するヒカル

プロの試合もボイコットし続けて、佐為がいなくなった悲しみにくれてしまいます。

 

そんなヒカルの前に現れたのはプロ予選で凌ぎを削った伊角

伊角はプロ試験を落としたことをきっかけに
囲碁では日本よりも強い中国へ研修のような形で訪問をしていました。

中国棋院のレベルの高さを目の当たりにする伊角

伊角は予定していた訪中期間を延長して
自分の碁の腕を磨くことを決意します。

和谷にそっくりの楽平(レェピン)に負けた伊角は
楊海(ヤンハイ)の元で囲碁の修行を始めます。

レベルの高い中国棋院で揉まれた伊角は精神的な面も含めて
成長を遂げて、来年のプロ試験を目指していました。

 

そんな伊角はプロ予選で反則負けを喫してしまったヒカルを相手に
禊の1局を打ち、再びプロ棋士を目指したいとヒカルに訴えます。

佐為が不在で二度と囲碁は打たないと決めていたヒカルは
最初は断りますが、伊角の為に1局打ち始めます。

佐為が自分の中からいなくなって寂しさに暮れていたヒカルですが
囲碁を打っていく中で、自分の囲碁(思考)の中に佐為がいる事に気付きます。

そして、佐為を生き返らせるためには自分が囲碁を打つことしかない

という事に気付きます。

 

そして、ヒカルは再びプロ棋士として囲碁を打つことを決めたのでした。

 



 

6.プロの道を歩むヒカル、そして北斗杯の開催へ

プロとして復活を果たすヒカル

プロとして着々とトップへの階段を上る塔矢アキラに挑戦状をたたきつけます。

 

そして、迎えたアキラとの1戦

アキラはヒカルとの対戦で

進藤ヒカルが生涯のライバルになることを確信すると同時に
ヒカルの中にsaiを見つけました。

現実的には矛盾していると分かりながらも
出会った当初にヒカルがsaiであることを見抜くアキラ

ヒカルはアキラにはいつか佐為の話が出来るかもしれないと感じるのでした。
(対局の結果はヒカルの負けでした)

 

プロとして、棋士として成長を続けるヒカル

御器曽七段や門脇といった強敵を相手に戦いが続く中
日中韓Jrのトップが集まる北斗杯が始まります。

北斗杯の日本代表選抜メンバーを決めるための戦いが始まります。

選抜戦免除となり、早々に日本代表に内定したアキラ
残る2枠を巡って若手プロたちが争います。

1回戦を勝ったヒカル、和谷、社、越智が2回戦へ進み

ヒカル vs 社

和谷 vs 越智

の勝者が代表内定となります。

 

和谷を下した越智が代表内定を決めて
ヒカルと社の戦いを見守りますが
越智の存在が霞むほどにハイレベルな戦いを繰り広げます。

ヒカルvs社はヒカルが勝利して、代表を確定させます。

代表に内定していた越智はヒカルと社のレベルの高さに嫉妬して
社との敗者復活戦を自ら申し出ます。

結果は社の勝利

北斗杯日本代表はアキラ、ヒカル、社の3人となります。

 

事前に合宿をして地力強化に努める3人は北斗杯当日を迎えます。

高永夏をリーダーとする韓国代表

陸力をリーダーとする中国代表

が出そろいます。

通訳の間違いで秀策(かつて佐為が乗り移って囲碁の天下をとった人物)を
貶めた高永夏に激しい敵意を抱くヒカル

 

戦いの火蓋は落とされ初戦は日本代表vs中国代表の戦いとなります。

アキラは勝利したものの入れ込み過ぎたヒカルと社が負けて
日本代表は中国代表に敗北します。

続いて行われた韓国代表vs中国代表

高永夏を筆頭として圧倒的な実力を見せる韓国代表は
中国代表を相手に完勝を収めます。

続く、日本代表vs韓国代表

高永夏との対戦を熱望するヒカルは
監督である倉田六段に懇願して大将として出場します。

社が敗れ、アキラが勝ち、迎えた大将戦

ヒカルは高永夏を相手に善戦するものの惜しくも敗れます。

 

ヒカルとアキラの棋士人生はまだ始まったばかり

これから二人で高め合い、究極の一手を追求していきます。

 

ヒカルは棋士としての自分の存在を

「遠い未来と遠い過去を繋げるために自分がいる」

と言います。

高永夏はヒカルに限らずプロ棋士は皆
「遠い未来と遠い過去を繋げるために自分がいる」と共鳴します。

そして、遠い過去から佐為の声が聞こえるところで物語は終了となります。




 

「ヒカルの碁」の全体評

ここまでずっと「ヒカルの碁」のあらすじ(ネタバレ)を語ってきましたが
このあらすじを読んだうえでも「ヒカルの碁」は楽しめます。

つまり、結論を知った上で2度3度と読んでも面白い漫画だという事ですね。

 

面白く仕上がっている理由は

・囲碁というテーマを用いて少年の熱くも未熟な青春時代を丁寧に描いている

・物語の始めから終わりまで綺麗なストーリー(起承転結)を見せている

この2つがしっかりとしているからです。

作品としてはワーっと盛り上がってくる感じではないんですが
なんだかジワーっと面白さが伝わってくるんですよね~

ここではストーリー(あらすじ)のネタバレを話していますが
これだけでは「ヒカルの碁」の面白さは語り切れません。

囲碁というマイナーなテーマを扱っていますが
誰が読んでも面白いといえる完成度を見せている漫画に仕上がっています。

是非、一度読んでくださいね。

 

 

「ヒカルの碁」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。



「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【eBookJapan】の方が安く手に入りますよ。