漫画「バチバチ」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、人気漫画の最後・結末はこうなった!

Pocket

週刊少年チャンピオンで2009年から連載されていた
人気漫画「バチバチ」(作者:佐藤タカヒロ)について
最終回のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

鮫島鯉太郎は力士として大成できるのか?

父親である火竜の汚名を返上する活躍を見せられるのか?

などなど「バチバチ」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

週刊少年チャンピオンで2009年から連載されていた

「バチバチ」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「バチバチ」を見て嫌いだった相撲の見方が少し変わった

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「バチバチ」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

1.最終回までの流れ

主人公の鮫島鯉太郎の父親は大関火竜という強い関取でした。


(主人公の 鮫島鯉太郎)

 

強い父親に憧れ自身も将来は関取を目指していた鯉太郎ですが
ある日火竜は暴力事件で角界を追放されてしまいます。

 

角界を追放されて以来、やさぐれた生活を送る火竜

そして、悪者の息子として世間の非難をうける鯉太郎

 

相撲を嫌い、相撲を憎しみ喧嘩にあけくれる鯉太郎でしたが
相撲のトレーニングは一日も欠かすことはありませんでした。

そんなある日、街の巡業にきた相撲イベントに鯉太郎は参加。

現役の幕下力士を相手に勝利を収めた鯉太郎は
その場に居合わせた空流親方にスカウトをされ
空流部屋に入門を決意します。

 

一方で、鯉太郎の父親火竜を角界から追放した
元横綱虎城の息子王虎も角界デビューを果たし
二世代にわたるライバル関係が出来上がります。


(鯉太郎のライバル 王虎)

空流部屋の激しくも温かい先輩達に鍛えられていく鯉太郎

同期である石川や天雷、蒼希狼らの
ライバルにも恵まれて、しっかりと成長していきます。

 

そして、迎えた九月場所

鯉太郎は石川らを破り、全勝のまま千秋楽へ

鯉太郎の相手は天雷を破り、全勝をキープした同部屋の白水

 

天雷との取り組みで引いたことを鯉太郎に責められた白水は
決死の覚悟で正々堂々と鯉太郎と戦います。

激しい張り合いの末、勝利したのは白水

序二段での優勝を飾ります。

 

そして、幕下では空流部屋の先輩である
阿形と吽形が全勝で同部屋対決を迎えます。

既に十両昇進が決まっている阿形と吽形ですが
相撲と真剣に向き合う二人はガチンコ勝負を約束します。

 

吽形のヒザは限界を超えている中で
この場所が終わった段階での引退を決めていた吽形は
阿形を倒すべく、最後の一滴まで絞り出して勝負をします。

激しい相撲の末に勝ったのは阿形

阿形は吽形との最初で最後である勝負に勝利しました。

 

限界を超えた吽形は引退式を行い、
空流部屋の皆と別れを告げ
地元へと帰っていくのでした。

 

そして舞台は最終回へとなります。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧

 

 

2.最終回のストーリー

吽形が引退して阿形が関取になる頃

鯉太郎の最大のライバルが目覚め始めていました。

その名は「王虎」

 

虎城親方の2世力士で鯉太郎に負けた屈辱を跳ね返し
幕内の猛虎と共に再びのし上がってきたエリート力士です。

王虎は鯉太郎のライバルである蒼希狼や石川を失神させるくらい
圧倒的な力をつけて戻ってきました。

蒼希狼、石川を倒した姿を見た鯉太郎は王虎に挑みますが
王虎の圧倒的な力の前に屈してしまいます。

 

王虎は鯉太郎に対して

「本場所で潰してやる」

とケンカを売り、鯉太郎はそのケンカを買います。

 

そして、2ヶ月後

鯉太郎は再び土俵に上がっていました。

 

鯉太郎の父親である火竜の言葉

「土俵には俺の全てがある」

「俺が俺を証明することが出来る唯一無二の場所だ」

「相撲は生き様、それをバチバチぶつけ合うのが相撲だ」

『死んで生きられるか』

という言葉を旨に精進し続ける鯉太郎を描いたところで
「バチバチ」は終了となります。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧

 

「バチバチ」最終回の感想

バチバチはバチバチシリーズの第一作という事で
第二作に含みを残した形での終了となります。

そんな中で主役の鯉太郎だけでなく、

同部屋対決でしのぎを削った阿形と吽形、そして白水や

同期である石川、天雷、蒼希狼など
それぞれのキャラクターが立っており
漫画としては最大限の盛り上がりを見せて一部終了となっています。

 

私は相撲の暴力的なところが嫌いなんですが
各キャラクターの前向きさ・熱さをしっかり描いているので
殴る・蹴るという描写もそれほど気にならない仕上がりになっています。

実際に言葉で説明するよりも漫画を読んだ方が
「バチバチ」の熱さや素晴らしさが伝わると思うので
是非、漫画を読んでほしいと思える作品ですね。

 

 

「バチバチ」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「バチバチ」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。