漫画「センゴク」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、結末はこうなった!

PR
少年王と年上王妃

突然王位につくことになった少年王と、その支えになりたいと願う年上王妃のおはなし

「まさかの珍しいショタおねでしたーー!!」
「思った以上にエロかったです」
「年の差もあるけど、この後どう展開していくのか楽しみです」

24時間1位 7日間1位 30日間1位 年間1位

ランキングを総なめした超話題作!!

 

Pocket

週刊ヤングマガジンで2004年から連載されていた
人気漫画「センゴク」(作者:宮下英樹)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

浅井・朝倉を倒した後の織田軍はどうなったのか??

武田信玄亡き後、日本はどう動いていくのか??

などなど「センゴク」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは
週刊ヤングマガジンで2004年から連載されていた

「センゴク」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「センゴク」が見せる戦国時代愛は必見だ!!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「センゴク」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「センゴク」を無料で読むには

「センゴク」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「センゴク」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

無料配信期間が終了している場合は以下のリンクから試し読みしてください。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「センゴク」と検索して下さいね。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「センゴク」全編のあらすじ(ネタバレあり)

 

時は戦国時代

稲葉山城の戦いで、美濃国を治める斎藤家の家臣だった仙石権兵衛秀久は、
信長率いる織田に攻め込まれ、捕らえられてしまいます。

捕らえられた仙石は信長の命で処刑されそうになりますが、
信長の家臣である堀久太郎と戦い、勝利した事から信長軍に加わる事となります。

センゴクは木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)の配下になります。

真っ直ぐ過ぎるセンゴクに藤吉郎は疎ましく思いながらも
「試し合戦」を通じて、心を通わせていきます。

ここから藤吉郎とセンゴクは織田信長の為に戦いに明け暮れます。

六条合戦では斉藤軍を攻め、浅井軍に裏切られた際には
退却軍の殿として勇猛果敢に戦い
姉川の戦いでは浅井・朝倉連合軍を撃破していきます。

武功を上げて出世していく藤吉郎と対照的に

武田信玄、本願寺顕如など広大な領地と経済力を持つ
大名との戦いに移る信長。

武田軍に敗北し、窮地に立たされますが
武田信玄の病死により、再び勢力を盛り返すと
朝倉義景を滅ぼし、浅井長政も滅ぼします。

浅井・朝倉と強敵を打ち倒した信長は
ここから天下獲りを本気で狙うという意思表示のため
酒宴の席に朝倉義景と浅井長政の首を持ち出して、宴を行うのでした。

そして、物語は最終回へと向かいます。

 



 

2.最終回のストーリー

甲斐国の躑躅ヶ崎館では、武田信玄亡き後、
信玄の4将と言われた高坂、馬場、秋山、山県が軍議をしていました。

いまや織田軍の領土は武田軍と肩を並べるまでになっており、
経済力は武田軍を遥かに凌ぐ力を持っていた事に
4将は脅威を感じていました。

武田信玄は以下のような遺言を遺していました。

「自分が死んだ後、三年は武田信玄死亡の報を隠せ。
そして、次期当主には武田信玄の息子である勝頼ではなく、
勝頼の息子である信勝に継がせる事」

勝頼に権力を継がせまいとする信玄の遺言に反して、
4将は新たな信玄を作り出そうと勝頼を当主に立てるよう動きます。

 

一方、本願寺では、当主の顕如が拡大する織田家の勢力に対して、
我慢してなんとか反撃の狼煙をあげようと企みます。

 

そして、日の出の勢いを見せる織田陣営。

信長が朝倉義景、浅井長政の首を見ながら
酒宴を行った事に対して、家来は戦慄を覚える雰囲気の中
明智光秀は信長が天下統一に向けて本気の動きを見せたからだと諭します。

浅井戦で最も高い功労を受けた藤吉郎(秀吉)

大きくなる責任と敵対勢力に不安を覚えつつも
藤吉郎はセンゴクの楽観的な思考を目の当たりにして少し落ち着きます。

センゴクは浅井との戦で死亡した坂井久蔵の墓参りをして、
心を新たに織田軍のため、戦いを続ける事を誓います。

 

ここでナレーションが流れます。

信長の真の狂気の目覚めにより、更に拓かれる天下統一への道。

それに対抗すべく立ち上がる日本全土の敵。

そして、信長の狂気が故の織田家中を襲うある種の不安。

それぞれの思惑と波乱の予感を含みつつ…

是において戦国合戦譚「センゴク」

第一部、了とす。

ここで「センゴク」は終了となります。

 




 

「センゴク」最終回の感想

「センゴク」の最終回は浅井・朝倉を倒した
織田信長やセンゴク・秀吉が今後の決意をするところで終了となりました。

歴史の流れを知るものとしては
武田勝頼を立てて、織田軍との全面戦争を決意した
武田軍がどのような結末に向かっていくのか

という点が気になりますね。

物語は続編ありきの最終回だったので
最終回らしさはないのですが
センゴクがどのように信長や秀吉
ひいては日本の歴史に絡んでいくのかがとても楽しみになります。

読み応えのある歴史漫画になっているので
是非、一度読んでほしいですね。

 

 

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【まんが王国】の方が安く手に入りますよ。