漫画「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」のあらすじ(ネタバレ)!最初から最終話まで解説します。

Pocket

週刊少年ジャンプで1989年から連載されていた
人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険 第三部(スターダストクルセイダーズ)」(作者:荒木飛呂彦)のネタバレ

DIOと因縁の対決は実現するのか??

承太朗・ジョセフは呪われた血筋を克服できたのか??

などなど「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」は最高傑作と言える作品

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」のあらすじについて話していきます。

 

 

「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」を無料アプリで読むには

「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」をすぐ読みたい方は
「ヤンジャン!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「ヤンジャン!」はヤンジャン最新号を最速で読むことのできるアプリ!

もちろん「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!
※ 無料で読める期間が過ぎている可能性がありますので、ご了承下さい。

【iOS専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

【Android専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」と検索して下さいね。

 

 

1.プロローグ

17歳の高校生、空条承太郎(愛称はジョジョ)は
自分は悪霊にとり憑かれたと言い、自ら留置所へと入っていました。

不思議な力で怪奇現象を起こす承太郎に母のホリィは、
自分の父親であり、承太郎の祖父であるジョセフ・ジョースターを呼びます。

ジョセフは承太郎の悪霊を取り払うと宣言し、友人であるアブドゥルを呼び寄せます。

アブドゥルは承太郎と同様に不思議な力を使い、承太郎と戦い始めます。

承太郎の悪霊のパワーに圧倒されるものの
アブドゥルは承太郎を留置所から引きずり出すことに成功し
承太郎は自宅に帰る事になります。

 

ジョセフは承太郎にこの悪霊はジョースター家の
先祖であるジョナサン・ジョースターの体が
DIOによって乗っ取られてしまったことによる影響であると伝えます。

そしてこの悪霊の正体は「スタンド(幽波紋)」であると名言し
承太郎のスタンドに「スタープラチナ」と命名するのでした。

 



 

2.DIOを倒す旅に向かう一行!花京院・ポルナレフが仲間に

学校に通い始める承太郎ですが、花京院典明という人物が現れます。

花京院はDIOにマインドコントロールを受けており、承太郎に襲いかかります。

花京院は「法皇の緑」というスタンドを使い攻撃を仕掛けてきますが
承太郎はスタープラチナの力で花京院を倒します。

DIOの呪いが解けた花京院は承太郎の仲間となります。

 

そんな中、承太郎の母親であるジョセフの娘であるホリィが
スタンドの力に目覚め、自らの体を蝕んでしまいます。

スタンドの力を止めるにはDIOを倒すこと。

ジョセフはスタンドの念写の力でDIOがエジプトに入る事を突き止め
承太郎、ジョセフ、花京院、アブドゥルの4人でエジプトへ向かいます。

 

飛行機でエジプトに向かう一行ですが

機内で「灰の塔」(タワーオブグレー)を持つスタンドに襲われます。

素早く動き承太郎達を攻撃してくるスタンドですが
花京院のスタンドで動きを封じて倒すことに成功します。

スタンドを倒したものの、空でバトルを繰り広げた事によって
飛行機は機能を失い、不時着することになり
承太郎は空路を失ってしまいました。

 

どの交通手段でエジプトまで行こうかを考える承太郎達の前に
ジャン・ピエール・ポルナレフというスタンド使いが現れます。

「銀の戦車」(シルバーチャリオッツ)というスタンドを操り
物凄いスピードで攻撃を加えてくるポルナレフはアブドゥルと戦い始めます。

甲冑を外したポルナレフのスタンドの前に一度はやられるアブドゥルですが
最後は豪炎で逆転し、勝利を収めます。

承太郎達はポルナレフの敗れた後の紳士的な態度を見て、仲間に引き入れます。

飛行機を失った承太郎達は船でエジプトへ向かうのでした。

 




 

3.次々と襲い掛かるスタンド!エンヤ婆と刺客達との戦い

船に乗った一向に襲い掛かってきたのは
ダークブルームーン(暗青の月)というスタンドを持つ半魚人

半魚人はフジツボをびっしりと承太郎の体に取り付けて
身動きを取れなくし、海中での戦いに挑みますが
承太郎のスタープラチナに頭部を切られて死亡してしまいます。

しかし、最後に船を爆破したことによって承太郎達の足止めをします。

 

海中で彷徨う承太郎の前に現れたのは
巨大な船のスタンドを操るオランウータン。

承太郎達の体を船体にめり込ませ全滅を狙いますが
高速で投げられたボタンに頭を撃たれ、オランウータンは死亡

なんとか一行はシンガポールに辿り着きます。

 

シンガポールについた一行ですが
ポルナレフの前に呪いのデーボと呼ばれるスタンドが現れます。

人形を操りながら遠隔攻撃を繰り返すデーボですが
ポルナレフは鏡を使って、デーボのスタンドの在処を明確にし
怒濤の攻撃でデーボを倒します。

一方、承太郎の前には花京院に化けたラバーソールというスタンドが現れます。

ぐにゃぐにゃのスタンドで承太郎の攻撃を吸収するラバーソールは
承太郎を追い詰めていきますが、水中で本体を捉えられたことで、
承太郎にタコ殴りにされて敗北してしまいます。

 

資格を退けた一行は列車でインドへ入国します。

インドで待ち受けていたのはポルナレフの仇である
ハングドマンのスタンドを操るJ・ガイルがいました。

ガイルは自分がポルナレフの妹を殺した事を逆手にとり挑発。

これによって冷静さを失ったポルナレフは
承太郎達と離れて単独行動でガイルを仕留めようと動きます。

ガイルはエンペラーのスタンドを操るホル・ホースと共に行動をしており
2人でポルナレフの前に現れます。

ガイルは鏡から鏡に移る事が出来、鏡の中から攻撃するという
特性を持つスタンドを持っており、ポルナレフは為す術もなく、防戦一方となります。

そんな中、ポルナレフを心配してきたアブドゥルが戦いに参加しますが
アブドゥルはポルナレフを庇ってガイルに刺され
ホル・ホースの拳銃で眉間を貫かれて死亡してしまいます。

悲しみに暮れる中で、花京院がポルナレフを助けに入り、一緒に逃げ出そうとします。

しかし、ポルナレフはガイルが直線的に鏡から鏡に移動する事を把握し
その直線上にサーベルを突き立てて、大ダメージを与えます。

そして、花京院の知恵も加わり、ガイルはポルナレフに殺されてしまいます。

 

ホル・ホースは勝ち目がないと判断して一般人の女性を盾にして逃亡にします。

しかし、その一般人女性には「エンプレス(女帝)」のスタンドを持つ
ネーナが乗り移っており、ネーナはジョセフの腕に寄生するスタンドを埋め込みます。

エンプレスはジョセフの腕の中でどんどん成長していき
本体に喰いつこうとしますが、ジョセフはコールタールを使って
エンプレスの動きを封じて、止めを刺すことに成功します。

 

DIOの元に向かう承太郎達の前にズィー・ズィーというスタンド使いが現れます。

ズィー・ズィーは車を操る「ホウィール・オブ・フォーチュン(運命の車輪)」という
スタンドを持っていて、承太郎達の車に攻撃を加えて追い詰めていきますが
最後は承太郎がスタープラチナを繰り出してズィー・ズィーを倒します。

 

DIOの元に仕えていたエンヤ婆は自らが送り出した刺客を
全て倒されて事によって、自らが承太郎達を倒そうと出向きます。

イスラエルに入り込んだ承太郎達に対峙するエンヤ婆は
「ジャスティス(正義)」というスタンドで人を操ってジョセフを追い詰めます。

息子のガイルを殺したポルナレフに狙いを定めたエンヤ婆は
傷口をつける事によって人を操る事が出来る能力を使い
ポルナレフを傷つけ、自らの操り人形とします。

このままやられそうになるポルナレフですが
承太郎が助けに入って、エンヤ婆と対峙します。

承太郎はエンヤ婆が扱う砂のスタンドを全て吸い込み
エンヤ婆を窒息させて勝利を収めます。

エンヤ婆はなんとか承太郎達に一矢を報いようとしますが
新たにやってきたスタンド使いスティーリー・ダンによって
再起不能の状態まで叩きのめされてしまいます。

 


 

4.復活するアブドゥル!スタンドとのバトルは激戦に

スティーリー・ダンはラバーズという
相手の脳に極小のスタンドを潜り込ませて
自分へ向けた攻撃を相手に何倍も転嫁するという能力を持っています。

ジョセフの脳をジャックしたダンは承太郎に対していたぶっていきます。

そんな中、花京院とポルナレフはスタンド能力で体を小さくして
ジョセフの脳みそに侵入し、ラバーズと戦い始めます。

花京院の攻撃で深手を負ったラバーズは承太郎の脳内へ侵入を試みますが
スター・プラチナに止められてボコボコにされ再起不能となります。

 

ラバーズを倒した承太郎達はラクダを使って砂漠越えを狙いますが
ここで太陽を扱うスタンドに襲われます。

70度を超える気温に生命の危機を感じる承太郎達ですが
相手の接近に気付いた花京院の機転であっという間に倒され
太陽を使うスタンドは名乗る事すら出来ませんでした。

砂漠を越えた街でセスナを借り運転するジョセフ

村人の依頼で赤ちゃんを運ぶ事になりますが
この赤ちゃんは「デス・サーティーン」というスタンドを操る敵でした。

「デス・サーティーン」は夢の中だけ攻撃を仕掛けてくる敵で
夢が覚めると襲われた事を忘れてしまう事と
夢の中ではスタンドを出せない事から鉄壁の防御を誇る相手でした。

しかし、花京院が己の肉体を傷つけメッセージを
残したことから、スタンドの正体に気付きます。

花京院はスタンドを出したまま眠りに入り、夢の中でデス・サーティーンと戦い勝利。

赤ちゃんにお仕置きをして、スタンドを退けるのでした。

 

エジプトに向かう一行ですが、ジョセフはアブドゥルの父親の元に立ち寄ります。

ここに現れたのは「ジャッジメント(審判)」というスタンドを使うカメオ

カメオは土から物を作り出す事が出来るスタンドで
ポルナレフの妹と死亡したアブドゥルを創り出し
ポルナレフの心の隙を狙って、攻撃を仕掛けていきます。

ここに現れたのはアブドゥル。

アブドゥルはホル・ホースとの戦いで死亡したと思われていましたが
間一髪のところで弾丸は眉間を貫かず、擦れただけで致命傷を避けていました。

アブドゥルはあっという間にカメオを倒して、再び承太郎達に加わります。

 

再び5人となった承太郎達は潜水艦でエジプトへ向かいますが
潜水艦の中で「ハイプリエステス(女教皇)」
というスタンドを操るミドラーが襲ってきます。

物体に憑依して、攻撃を加えてくるミドラーに潜水艦を破壊され
承太郎達は泳いでエジプトに上陸しようとしますが
岩に憑依したミドラーに喰われてしまいます。

ここで承太郎はスター・プラチナを繰り出し、岩を破壊。
ミドラーの本体もこのまま倒されてしまいます。

 



 

5.遂にエジプトに上陸する承太郎達!DIOの館に近づく

エジプト大陸に上陸した承太郎達を出迎えたスピードワゴン財団

財団員はここでイギーという犬を新たな仲間として連れてきます。

イギーは性格的に扱いが難しいものの「ザ・フール(愚者)」
という砂を自由自在に操る強力なスタンドを持っていました。

 

そんな承太郎達に襲い掛かったのはンドゥール。

ンドゥールは「ゲブ神」という水を操るスタンドで攻撃してきます。

相手の足音を察知して、神出鬼没の攻撃を仕掛けてくるンゲプ神に対し
為すすべなくダメージを受けますが、承太郎はイギーのスタンドを使って空を飛び
ンドゥール本体の元へと到達し、攻撃を加え、なんとか倒すことに成功します。

DIOの情報を聞き出される前にンドゥールは自害してしまうのでした。

 

エジプト市街に入り、DIOの元に向かう承太郎たちの前に現れたのは
オインゴとボインゴという二人兄弟のスタンド使い

兄のオインゴはクヌム神という姿を自由自在に変えられるスタンド能力を持っており
弟のボインゴはトト神という「漫画版の予言の書」を持っていました。

ボインゴの予言の書に

「承太郎が爆弾の仕掛けられたオレンジによって爆破させられる」

という暗示が出ていたことからオインゴはオレンジの爆弾を仕掛けに行きますが
ポルナレフ達に発見されてしまった際に承太郎に化けてしまったことから
最終的には自らが爆発してしまい、敗北してしまいます。

 

襲われた事に気付かずに先へ進む承太郎達に襲い掛かるのは
本体がなく、刀のみがスタンドとなっているアヌビス神

アヌビス神の本体である刀を抜くとその人格を乗っ取って
攻撃できるようになるというスタンドでした。

アヌビス神は待ちゆく人の体を乗っ取ってポルナレフと承太郎を攻撃していきます。

一度、敗れても相手の能力を学習して更にパワーアップしてくる
アヌビス神に対し、承太郎は危機感を覚えていきます。

そして、ポルナレフがアヌビス神に体を乗っ取られて承太郎を攻撃します。

承太郎は腹を刺されてしまったものの
刀の動きが止まったタイミングでスタープラチナを発動し、刀を破壊。

なんとかアヌビス神を倒すのでした。

折れたアヌビス神は子供に投げられて、海の底へ沈んでしまうのでした。

 

承太郎達はDIOの館に行く途中、ある街に滞在します。

ここでジョセフとアブドゥルには「バステト女神」の
スタンドを操るマライアが襲い掛かってきます。

バステト女神は街にあるコンセントに触れさせることで感電させ
相手に強力な磁力を帯させる事で動きを封じ、攻撃を仕掛けてきます。

マライアの罠にハマったジョセフは動きを封じられ、幾度もピンチを迎えます。

助けに入ったアブドゥルもバステト女神により磁力を喰らい
二人して身動きが取りづらい状態になってしまいます。

しかし、ジョセフは機転を利かせ、アブドゥルと挟み撃ちをする事で
マライアをクラッシュさせる事に成功し、勝利を収めます。

 

一方、承太郎とポルナレフには「セト神」のスタンドを操るアレッシーが襲い掛かります。

セト神は相手を幼児化させるという能力を持っており
ポルナレフは子供に戻ってしまいます。

ポルナレフはセト神で小さくされた女性を守りながら
なんとかアレッシーから逃げ回り、反撃を加えます。

ここで承太郎が入ってきます。

承太郎もセト神によって若返らされてしまいますが
7歳の承太郎はアレッシーをボコボコにして、スタンド能力を解除させると
元の大きさに戻った承太郎とポルナレフによって
アレッシーは再起不能になってしまいます。

 

とうとうエジプトの首都であり、DIOの根城がある
カイロまでやってきた一行。

DIOの館を探す一行の前に一人のギャンブラーが現れます。

その男はオリシス神のスタンドを使うダニエル・J・ダービー

彼はギャンブルをやって買ったら相手をコインに閉じ込めて
行動不能にするという能力を持っていました。

ポルナレフは犬がどっちの餌を食べるかと言うギャンブルをやり
ダービーに負けてしまった事でコイン化してしまいます。

ポルナレフを取り戻すべく、ジョセフがダービーに挑みます。

ジョセフは水が入ったコップにコインを入れて
溢れさせて方が負けというゲームをしますが
ダービーに裏の裏をかかれて敗北してしまいます。

次に承太郎がダービーにポーカーで勝負を挑みます。

承太郎はスター・プラチナで超高速に動けることをアピールし
イカサマしている事を演出し、ダービーにDIOの秘密を話すことを賭けのネタにします。

ダービーはその圧力に負けて、勝負を放棄した事で承太郎は勝利を収めます。

 

承太郎達に2度敗れたホル・ホースは
DIOへの忠誠を破棄して、裏切ろうと考えますが
DIOの正体不明のスタンド能力を目の当たりにして
再び承太郎たちと戦う事を決め、ボインゴをパートナーとして襲い掛かります。

ボインゴの占いの通りに行動したホル・ホースは
承太郎達にトラックを突っ込ませる事に成功して、深手を負わせます。

承太郎に止めを刺そうとするホル・ホースですが
ボインゴの占いに出た行動を実行する時間を間違えたホル・ホースは自滅

ボインゴと合わせて再起不能となってしまいました。

 

いよいよDIOの館に到着した一行。

館には冷気と氷を使って攻撃する「ホルス神」というスタンドを持つ
「ペット・ショップ」という鳥が門番をしていました。

偶然、館に通りかかったイギーはペット・ショップに襲われます。

イギーは逃げようとしますが、ペット・ショップは執拗に追いかけてきて
イギーは自分の身を守るために戦い始めます。

イギーは自らの足を一本犠牲にするほどのダメージを受けますが
最後はペット・ショップを倒すことに成功します。

ボロボロになったイギーですが
スピードワゴン財団に治療を受けて、承太郎達にDIOの館を案内します。

ここにスピードワゴン財団で治療を受けた
花京院典明が戻ってくるのでした。

 




 

6.DIOの館での最終決戦!果たして決着はいかに!?

館に侵入した一行の前に現れたのはテレンス・T・ダービー

テレンスはダニエル・J・ダービーの弟で
「アトゥム神」というゲーム機でゲームを行い
負けた人間の魂を人形に閉じ込めるという能力を持っていました。

花京院がカーレースのゲームで勝負を挑みますが
テレンスの裏技が炸裂し、心の中で負けを認めてしまった事で敗れ去り、
人形に閉じ込められてしまいます。

続く、承太郎は野球ゲームで勝負を挑みます。

スター・プラチナの反射神経を駆使して
互角にゲームを進める承太郎ですが
人の心を読むことが出来るテレンスは一気に巻き返し、逆転をします。

このまま勝負ありかと思われたところで
テレンスの心理読みが外れていき、承太郎に反撃を喰らいます。

承太郎はジョセフと提携し、プレイを行っており
テレンスを上回り、テレンスは負けを認めてしまうのでした。

これによりテレンスは承太郎にボコボコにされてリタイアとなります。

 

一方、承太郎達が戻ってこない事からDIOの館に侵入していた
ポルナレフ、アブドゥル、イギーはヴァニラ・アイスと戦う事が出来ます。

ヴァニラ・アイスは異空間を作り出す事が出来る
クリームというスタンド能力を持っており、3人に襲い掛かります。

アブドゥルはポルナレフを庇って、攻撃を受け死亡してしまいます。

DIOの為に命を投げ出すのに何の躊躇も無いヴァニラ・アイスの攻撃で
生き残ったポルナレフ、イギーも重傷を負って、追い詰められていきます。

トドメを刺されそうになるポルナレフですが
イギーが自らの命を投げ打ってポルナレフを助け
そこから隙を見つけたポルナレフがヴァニラ・アイスを倒します。

 

テレンスを倒して、DIOの元に向かう承太郎達ですが
激戦を戦いダメージを負ったポルナレフの前にDIOが現れます。

DIOに挑むポルナレフですが、DIOのスタンド能力で近づくことが出来ません。

ここに承太郎達も加わり、DIOと対峙しますが
手品のように人のいる位置を変えるDIOの能力に戸惑います。

一端撤退するジョセフ達はDIOに追われます。

一方、DIOに向かっていったポルナレフ、承太郎と
挟み撃ちをする形で対抗しようとします。

花京院はDIOと対峙し、戦いを始めます。

幾重にも張った罠にDIOを閉じ込め、
エメラルド・スプラッシュで一斉攻撃を始めますが
DIOはスタンド「ザ・ワールド」で罠をかいくぐり、花京院を倒します。

ここで「ザ・ワールド」の能力が時間を止める能力だと明かされます。

 

花京院は死ぬ間際に近くにある時計台を壊し
「ザ・ワールド」の能力をジョセフに伝え、死亡してしまいます。

ジョセフはDIOの能力に対応する事は難しいと悟り
承太郎になんとかDIOの能力を伝えますが
DIOによって胸をナイフで刺されて、倒れてしまいます。

DIOは「ザ・ワールド」を使って承太郎を仕留めようとしますが
止まっている時の中で承太郎の手が少し動きます。

自分と同じ能力を持つ事を疑うDIOですが
承太郎のトリックを見つけて「ザ・ワールド」で攻撃を仕掛けます。

しかし、承太郎は罠を仕掛けており、止まった時の中で動き出し
DIOの胸を拳を貫き、反撃をします。

攻撃を喰らったDIOですが、致命傷には至らず
ナイフを使った遠隔攻撃で承太郎にダメージを与えていきます。

死んだふりをして勝機を伺う承太郎は
ポルナレフがDIOに襲い掛かった事などを利用し
近づいてきたDIOの脳天にパンチを繰り出します。

ダメージを受けて追い詰められるDIOですが
ジョセフの体にこっそりと近づき、血を吸って完全復活します。

パワーアップしたDIOは「ザ・ワールド」で今までよりも
長い時間を止めることが出来ることになっており、勝ちを確信します。

しかし、承太郎はDIOが時を戻すギリギリになって
時を止め返して、DIOを上回ります。

最後は承太郎が怒りのパンチを繰り出し
DIOの体にヒビが入り、粉々にするのでした。

 

DIOとの戦いが終了した後、救急隊が現場に駆けつけます。

花京院はなくなってしまいましたが、ジョセフとポルナレフは生き延びます。

後日、承太郎とジョセフはポルナレフと別れを告げて
世の中に平和が訪れたところを描いて

「ジョジョの奇妙な冒険 第3部(スターダストクルセイダーズ)」が終了します。

 


 

「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」 の全体評

ここまでずっと「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」の
あらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

ジョジョシリーズの中でも最も大きなスケールで繰り広げられた物語で

基本的には進んだら敵が現れて、それを倒して
また進んだら敵が現れて倒す。

というパターン化されたストーリーではありましたが
様々な個性を持つスタンドと敵キャラクターが
ストーリーを飽きさせることなく、楽しませてくれました。

そして、DIOとの戦いは圧巻でした。

圧倒的な力を持つDIOの前にどんどんやられていく味方達

承太郎の能力が目覚めてDIOを倒すシーンなど
バトル漫画としてたまらない描写が繰り広げられていました。

癖の強い絵柄ではありますが、とても読みやすい作品なので
ジョジョを最初に読む人にオススメしたいですね。

 

 

お得にマンガ読むならコミック.jp!

《話題の新刊から定番マンガまで、マンガを読むなら『コミック.jp』》
国内最大級の品揃えであなたの読みたいマンガがお得に楽しめる!

無料マンガも常に数百作品配信中!
アニメ化したあの作品やドラマ化したあの作品も『コミック.jp』で読める!

コミック.jp 30日間無料お試しはココから