漫画「シュート」を大人になってから読んでみて思ったこと【感想・レビュー:ネタバレなし】

Pocket

1990年から週刊少年マガジンで連載されていた
人気漫画「シュート」(作者:大島司)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「シュート」の素晴らしさや得られる人生の教訓

そして、大人になって改めて読んでみた時の感想

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「シュート」はどのあたりが特徴的なのか?
どのあたりが面白いところなのか?

「シュート」の魅力なども語っていき
「シュート」を無料で読む方法なども話していきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「シュート」

です。

 

私が学生時代に連載されていた漫画なので

もちろん「シュート」の存在は知っていましたが
少年ジャンプ派だったので、じっくりと読んではいなかったんですね~

 

「シュート」を知らない人でも、どんなジャンルの漫画なのかは

想像がつくと思いますが、まずはこの漫画のジャンルを話していきましょう。

この漫画のジャンルは「スポーツ漫画」です。

 

 

スポーツ漫画の中でも「サッカー」を題材にした漫画ですね。

MOTOのブログはスポーツ漫画のレビューが多いんですよね~

出来るだけ色々なジャンルの漫画を読みたいと思っていても

どうしても、個人の偏りが出てきてスポーツ漫画を読んじゃうんですよね~

 

ちなみに私が取り上げたスポーツ漫画の中で
一番多い競技(種類)は野球漫画ですが

サッカー漫画は2位といったところですね。

 

私が最高のスポーツ漫画だと思っている

「ジャイアントキリング」を筆頭に

アオアシ、エリアの騎士、キャプテン翼

エンジェルボイス、デイズ

などなど、サッカー漫画も多く取り上げています。


(ジャイアントキリング)

 

そんな中で、キャプテン翼と並ぶレジェンド的な作品である

「シュート」の評価はどうだったのか?

 

大人になって読んでみた今、どんな事を感じたのか?

そんなことについて話をしていきたいと思います。

それでは「シュート」の魅力について存分に語っていきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「シュート」はどんな作品?

「シュート」は週刊少年マガジンで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはスポーツ漫画(サッカー漫画)
作者は大島司
コミックスは全66巻が発刊されています。

 

作者:大島司
出版社:講談社
掲載誌:週刊少年マガジン

掲載期間

第一部:1990年36号~1996年42号
第二部:1996年44号~1997年42号
第三部:1997年48号~2000年11号
第四部:2000年15号~2003年24号

巻数

第一部:全33巻
第二部:全5巻
第三部:全12巻
第四部:全16巻

 

 

「シュート」を無料で読むには

「シュート」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「シュート」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「シュート」と検索して下さいね。

 

 

「シュート」の概要とあらすじ

昨年新設された掛川高校はいきなり
県大会でベスト8に入る快挙を成し遂げました。

そんな掛川高校サッカー部に憧れて
主人公の田仲俊彦は入学と同時に即入部を決めます。


(主人公の 田仲 俊彦)

中学時代の親友だった平松和彦、白石健二は
サッカーを止めて、それぞれの道を歩んでいました。

 

サッカーが大好きなトシ(田仲の愛称)は
希望をもってサッカー部に入りましたが
サッカー部は思っていたような充実した活動をしていませんでした。

そんな中、美少女でありながらヤンキーでもある
遠藤一美がマネージャーとして入部してきます。

 

部員のやる気もなく、まともに活動していない理由は

掛川高校をベスト8へと導いた
キャプテン久保が不在である影響がありました。


(掛川高校のキャプテン 久保)

 

そんな無気力なサッカー部に腹を立てた一美は俊彦の名前を使って、

1年生vs2年生で試合をする事を提案します。

試合をするにあたり、一美は医者になる事を志しサッカーを諦めた和彦

暴力事件で部を潰してしまった健二に声をかけ、

試合に来るように伝えます。

 

果たして、試合の結果はどうなるのか?

和彦と健二は戻ってくるのか?

 

高校生のサッカー部での活躍を描きつつ

青春漫画らしい恋愛模様も描いた王道のサッカー漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

と、ストーリーを話してみましたが

いかにも少年漫画と言う感じの

かなりの王道ストーリーです。

 

シュートの中で、最も特徴的なのは

天才プレイヤーである掛川高校キャプテンの久保が

試合終了後に病気で亡くなってしまう。

ここにありますね。

 

物語が進んでいっても、

ずっと久保の幻影を追いかけながら
久保との思い出や経験を糧にしながら

それぞれのキャラクターがサッカーに打ち込んでいく

 

というセンチメンタルな面もある漫画です。

このあたりの「伝説のヒーロー」の存在が

「シュート」という漫画に人気をもたらしていた要因かもしれないですね。

 

とは言え、この漫画が連載されていたのは

30年も昔の時代なので

私が大人になった今、「シュート」を読んでみてどう思ったのか?

という視点で感想を語っていこうと思います。

 




 

伝説の漫画を読んで思ったこと

「シュート」は私が子供の頃から

連載されていた人気漫画で、キャプテン翼と並び

「まさに伝説!」

と言っていい漫画だと思うんですが

この漫画を令和の時代に、そして大人になってから
読んだら、こんな事を思った

というテーマで話していきたいと思います。

 

最初に話しておきたいのですが

漫画に限らず世の中のことは常に進化しています。

 

シュートと同じ時期に一台ムーブメントを起こした
キャプテン翼なども、今の子供たちが見れば

「なんで、この漫画人気だったの??」

という意見も出るかもしれません。

 

ただ、キャプテン翼やシュートなどのレジェンド作品があったからこそ

今のサッカー漫画が存在しているわけで

一概に今の作品と優劣を比べるのは違うと思っています。

 

という前提をもとに「シュート」を読んで
私が思ったことを話していきたいと思います。

この前振りからもわかると思いますが

「シュート」は今読むとかなりツッコミどころが満載な漫画なんです(笑)

 

そのあたりのツッコミどころについて話していこうと思います。



 

登場人物(特に主役級)にイマイチ魅力がない。

大人になってシュートを読んで最初に思った感想

「トシと一美に魅力がない」ということ。

 

一美は漫画のヒロインなので

基本的にはめちゃくちゃ美人(かわいい)という設定なんですが

「いやぁ、こいつとは付き合いたねぇなぁ」

というキャラクターになっています。

 

とにかく勝手でわがまま。

相手の気持ちを考えずに我を押し出しまくっていている

典型的な「テイカー(奪う人)」 なんですよね。

 

しかも、もと不良という経歴があり

普通に酒は飲むわ、ケンカはするわ

挙句の果てに昔はクスリまでやっていたという

とにかくかわいいだけしか取り柄がない女性、です(笑)

 

高校生の物語なので、まあそういう道を通ることもあると思いますが

「トシと和広はこの子を取り合ってるの??」

と、ちょっと興ざめしてしまいます。

 

ちなみに酒はサッカー部みんなが飲んでいます(笑)

このあたりは時代背景なんでしょうけどね。

昔は高校時代にお酒を飲むのも当たり前でしたし

このあたりは「まぁまぁ」といったところでしょうか…

 

で、またトシがウジウジ系で人間的な魅力がない。

これだけウジウジしていて、試合中もちょっとしたことで
動揺しまくったり、自分を見失ったりするのに

肝心なところだけだけスーパーマンになるって、

なかなかのご都合主義だなぁ

という印象を受けるんですよね。

 

だから、トシにも魅力を感じない。

 

健二はすぐにケンカしようとするし

女性へのアプローチも乱暴だし

このあたりの設定が凄く昔っぽいのかなぁと思いました。

 

あと一つ言えるのは

「10代くらいの若い人が読めば違うのかも??」

という点です。

 

もう少ししっかりとしてほしいなぁ

と、思うのは自分が大人だからかもしれません。

 

そのあたりはシュートを読んで、確かめてみてほしいですね。

 




 

敵キャラのパターンがちょっと少ない

次に気に掛ったことを話していこうと思います。

トシ率いる掛川高校は久保抜きで
全国大会優勝を目指して戦っていくんですが、

「相手チームのバリエーションがちょっと乏しくて
試合内容がちょっと盛り上がらないなぁ」

という印象を持ちました。

 

一番に挙げたいのが

県大会予選で最大のライバルとなる藤田東と

全国大会で決勝を戦う帝光のラインナップがほぼ同じ、という点

 

司令塔兼キャプテンで 藤田東:加納、帝光:岩上

1年生エースストライカーで 藤田東:松下、帝光:恩田

ゴールキーパーで 藤田東:緒形、帝光:草薙

そして、あとのプレイヤーは雑魚(笑)

 

この形で同じように試合が展開されているので

試合の内容は個人的にはイマイチだったし

ほかのチームに関しても秘密兵器で途中出場する選手に苦戦する

(掛川北の広瀬や清水学苑の芹沢とか)

みたいなパターンも多かったりして

 

「いやいや、だったら最初から出てりゃいいじゃん!」

「チームスポーツなんだから、チームとしての成熟度とかあるでしょ!?」

と、思わずツッコミを入れてしまいました。

 

ちょっと試合内容は見応えがないなぁ

と、感じてしまいました。

 

このあたりはキャプテン翼の方が

敵チームのバリエーションが豊富だったので

試合内容は面白かったですよね。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧

 

 

「シュート」の全体評

ということで、「シュート」を大人になって

初めて読んでみた感想を話してみました。

かなり辛口の評価になってしまったのですが

時代背景的にも仕方がないといえますし

私が小学生や中学生だったらもっと捉えた方が違ったと思うんですよ。

 

なにせマガジンを代表するサッカー漫画として

長きにわたって人気を博していたわけですから

その凄さについては素直に敬意を表したいと思います。

(深く考えずにサクサク読める爽快感もありますしね)

でも、漫画を読んだ感想でお世辞を言ってもしょうがないし

私のブログは読んだ漫画を素直に評価するブログなので

ここは素直に書いてみました。

 

今読むと本当にイマイチな漫画なの?

と、疑っている人は是非「シュート」読んでみてください。

 

人の評価は十人十色ですからね。

このブログをきっかけに掘り出し物を見つけて貰えば幸いです。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「シュート」と検索して下さいね。

 

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選