漫画「アラクニド」のあらすじ(ネタバレ)!組織のボスはいったい誰?

Pocket

月刊ガンガンJOKERで2009年から連載されていた
人気漫画「アラクニド」(原作:村田真哉、漫画:いふじシンセン)のネタバレ

アリスは組織から逃れて自由を手に入れる事が出来るのか?
虫の組織はいったい誰なのか?

などなど「アラクニド」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「アラクニド」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「アラクニド」を読むと虫が怖くなってくる…

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「アラクニド」のあらすじについて話していきます。

 




 

1.プロローグ

普通の高校生である藤井有栖(ふじいありす)はいじめられっ子でした。


(主人公のアリス こと 藤井有栖)

というのも一度物事に集中してしまうと
人一倍没頭してしまうので、気持ち悪がられていたのです。

 

アリスの母親は昨年の暮れ、うつ病で自殺した事で
身寄りのないアリスは叔父のところへ引き取られました。

しかし、叔父はクズ人間。

多額の借金を抱えているだけでなく、アリスをレイプしようと迫って来ました。

そんな最中に来客があり、しぶしぶ叔父は来客対応をします。

アリスはこの隙に逃げ出そうとしますが、逃げる場所がありません。
切羽詰まったアリスはイチかバチか正面突破を狙います。

正面突破するために入口を覗くと、叔父は殺し屋に殺されていました。

 

叔父を殺した殺し屋はアリスをも殺そうとします。

プロの殺し屋に追い詰められ絶体絶命となったアリス。

 

この窮地を脱する方法を考えるのに集中し
「殺される前に殺す」という結論に達して、殺し屋に襲いかかります。

殺し屋は殺されこそしなかったものの
素人であるアリスに傷をつけられます。

このことに驚いた殺し屋はアリスに興味を持ち
戦いの中でアリスを気絶させ、隠れ家に連れて行った「蜘蛛」という名の殺し屋

蜘蛛のアジトに連れていかれたアリスは叔父を亡くしても帰ろうとしますが
蜘蛛はアリスの言う事には耳を貸さず、自分の部下になるように話をします。

 

アリスと同じ集中し過ぎてしまう癖

「CEC(先天性集中力過剰)」を持っている
蜘蛛はアリスの素質を見込んでいました。

 

 

蜘蛛は組織のボスにアリスを仲間にする許可を貰おうとします。
そして、唯一ボスと連絡を取れる雀蜂(スズメバチ)と呼ばれる男に接触をします。


(組織のキープレイヤー 雀蜂)

しかし、ボスの返事はノー

そして、アリスを殺すように命じられる蜘蛛ですが、
雀蜂の命令に背き、アリスを殺さず連れて帰ります。

ボスの意向に逆らった事で命を狙われる立場になった蜘蛛とアリス。

蜘蛛はアリスの素質を開花させるべく修行を行います。

蜘蛛の糸を使いながら、過酷な修行に耐えて強くなるアリス

殺し屋として戦えるレベルにまで成長したアリスは蜘蛛と共に雀蜂を殺しに行きます。

 



 

2.蜘蛛との別れ、そして組織との争いがスタート

雀蜂を守る殺し屋は四人

蜘蛛とアリスで二人ずつ役割を割り振ろうとしたその時、
蜘蛛は突然アリスに襲い掛かり、殺しにかかります。

何が起きたか分からず、信じられない気持ちを抑えながらも応戦するアリス。

蜘蛛の罠にかかりながらも、
アリスは蜘蛛よりも更に上手の戦術を駆使して、蜘蛛を倒します。

 

蜘蛛はなぜアリスに襲い掛かったのかを話し出します。

蜘蛛はずっと死を望んでいた、
そして、殺される相手として自分が手塩に掛けたアリスを選択した。

というのがその理由でした。

自分が尊敬する蜘蛛を殺してしまったアリスは
殺し屋として気持ちの面でも、強さの面でも一人前となります。

蜘蛛がいなくなった今、新しい蜘蛛として生きるアリス

そんなアリスにボスと雀蜂の手下である蟷螂(カマキリ)が組織への勧誘に来ます。

経済的にも社会的にも地位が約束されている組織の内部ですが、
アリスは自分の名前を失う事を拒否して、勧誘を断ります。

勧誘を断られた蟷螂はアリスを殺そうと襲いかかりますが、
アリスに蟷螂返り討ちにします。

 

蜘蛛こそ失ったものの表向きは普段通りの生活を送るアリスですが
学校の保健室で蠍(サソリ)と呼ばれる女が襲いかかってきます。


(組織の一員である サソリ)

神経毒を使われ、瀕死の重症まで追い込まれまるアリスですが、
クラスメイトの田嶋が割り込み、死を免れます。

蠍はその場から離れ、決着は先延ばしになります。

この事件から田嶋の家に居候して、田嶋と交流を深めるアリス

そんなアリスの前にクラスメイトの沖めぐみが現れます。
彼女はゴキブリと呼ばれる組織の刺客で、田嶋を拉致してしまいます。


(ゴキブリこと 沖めぐみ)

田嶋の無事を確認して、ゴキブリを倒したアリス
ゴキブリこと沖めぐみは完敗を認めてアリスの子分になります。

 




 

3.襲い掛かる組織の刺客達、ボスは果たして誰なのか?

アリスがゴキブリを味方につけた頃
ボスが学校に入ったという情報が雀蜂から蠍に告げられます。

アリスはゴキブリに組織のボスは誰なのかを聞きます。

ゴキブリは思い当たる節が一つあると言い
学校の中にいるボスらしき男である響(ひびき)という人物と接触をします。


(カマドウマである 響)

沖めぐみは響にアリスを狙う事を止めさせようとします。

それに応じない響は沖めぐみに攻撃を加えて重症を負わせます。
めぐみはレイプをされかかりますが、そこにアリスが助けに入ります。

竈午(カマドウマ)をベースとする響の圧倒的な戦闘能力により、
瀕死の重症に追い込まれるアリスですが、
集中力を極限までに研ぎ澄ませて逆転勝ちを収めます。

傷を負ったアリス、めぐみ、響の前に蠍が現れます。

 

殺す気満々の蠍でしたが、雀蜂から連絡があり蠍は殺しを止めます。

そして、学校の生徒会長である黒川沙羅は雀蜂と連絡を取っている描写が…


(生徒会長の 黒川 沙羅)

果たして黒川沙羅がボスなのか?

アリスを狙う黒川率いる生徒会長役員

組織はアリスに2億円の懸賞金をかけ、組織のメンバーにアリスを襲わせます。

アメンボやハンミョウといった刺客が襲いかかリますが。返り討ちにするアリス

次なる刺客リオックが襲いかかリますが、
響(カマドウマ)が助太刀に入り、アリスはやられる寸前で逃げ出します。


(怪力の虫である リオック)

そして、生徒会長の元に連れて行かれたアリスは生徒会長の口から、

 

黒川沙羅が組織の長であるという事を聞きます。

 

雀蜂も加わり絶体絶命のアリスは先輩の倉本を連れて逃げ出します。


(生徒会のメンバーである 倉本)

アリスを狙う刺客が続々と現れ、田嶋やゴキブリも刺客に狙われます。

しかし、、カブトムシの助けもあり、アナバチ(刺客)を退けます。

 

蠍は組織のメンバーであるムカデを倒して、組織内の争いは混沌。
バトルロイヤルの様相を呈してきます。

 

 

そんな中で新たな組織メンバーの芋蟲がアリスに出会います。

また、田嶋と沖はゲジに出会い、学内は生徒会長の思惑通り、蟲達が集まってきます。

芋蟲の追撃を振り切ったアリスはキリギリスに出会い、キリギリスを捕捉。
キリギリスはアリスの父親からアリスを守るよう依頼を受けている事を伝えます。

その後も戦いは続きます。

ゲジはゴキブリに負け、

アブと戦うカブトムシはカブトムシの勝利!

 



 

4.最強の刺客、巨針蟻の登場!そして、死闘の後に…

様々な資格が学校内に現れる中
アリスにとって最強の刺客「巨針蟻」が現れます。

 

芋虫は巨針蟻と戦いますが、雀蜂の助力もあり巨針蟻に敗れてしまいます。

その後、カブトムシと巨針蟻の戦いますが、巨針蟻の圧倒的な力に敗北

カブトムシは死ぬ寸前まで追い込まれますが、ここで竈午が助けにきます。

しかし、竈午も巨針蟻の圧倒的な力の前に劣勢に追い込まれます。

そこにやってきたのはカマドウマと戦っていリオック。

圧倒的なパワーを持つリオックですが
巨針蟻の力の前ではなすすべがなく敗れ去ります。

 

そこに現れるアリス。

最大の強敵である巨針蟻との戦いが始まります

巨針蟻の強さに苦戦するアリス達。

アリスはCEC(先天性集中力過剰)を出して対抗しますが、
巨針蟻は後天的に身に着けたCDF(集中力操作自在)で圧倒します。

死ぬ寸前まで痛めつけられたアリスは遂にその才能を開花させます。
CDF(集中力操作自在)を学習して、自分の能力として使いはじめます。

これにより巨針蟻を圧倒し始め
遂に巨針蟻を倒したアリス

 

逃げ出した巨針蟻は蠍に出会います。

数多くのライバルを倒してきた巨針蟻ですが、蠍の前に完敗。

生徒会長である黒川沙羅が作った男子生徒の軍隊アリにレイプされてしまいます。

軍隊アリから逃げるアリスは封鎖されている教室(安全地帯)に逃げ込みますが、
そこには蠍が待ち受けていました。

そして、アリスとサソリの戦いが始まります。

 

 

一方、行方不明になっていた倉本はモニターで戦況を監視していました。

 

組織のボスと思われていた生徒会長の黒川沙羅は
実は倉本に操られているだけの存在であることが明かされます。

本性を見せる倉本はアリス潰しに直截動き出します。

蠍との激闘を制したアリス。

しかし、サソリとの戦いで田嶋を亡くしてしまい
途方に暮れる中、倉本の兵隊アリがアリスに襲いかかります。

兵隊アリにやられるアリス

 

倉本はその場でアリスを殺さず、自分が裏切り者である事を伝え、
絶望させた上でアリスを殺そうと画策します。

倉本は女王アリとして、唾液を交換する事で自分の支配下に置くという能力を持っており
自分の学校を拠点として、そこから日本人の大量虐殺を企んでいました。

 

気絶させたアリスを体育館に運ばせた倉本はアリスを奴隷兵にすべく能力を発動されます。

しかし、アリスは倉本の正体に気づいており、唾液交換をせずに奴隷になった演技をしていました。

そして、倉本の首に糸を巻き付けており、
兵隊アリが襲いかかる前に倉本を絞め殺しました。

倉本がいなくなり、統率力を無くした兵隊アリ達。

ひとまず事態は収束に向かいます。

 




 

雀蜂との戦い、そして物語はフィナーレへ…

倉本を倒したアリスは雀蜂と決着をつけるため屋上へ向かいます。

自分の父親であり、母親を殺した雀蜂との戦いに挑むアリスですが、
雀蜂の強さの前になす術なくやられます。

しかし、蜘蛛に教わった必殺技で大逆転を果たしたアリス

雀蜂からボスの正体を聞き出そうとしますが、正体を明かす直前で銀ヤンマに殺されてしまいます。

 

そして、アリスの前に現れたのは殺されたはずの田嶋でした。

 

そして、田嶋は自分が組織のボスであること。

実年齢100歳であること、ねじればねの能力を持っている事をアリスに伝えます。

 

自分の生い立ちを話した後に、アリスを雀蜂として誘う田嶋。
しかし、アリスは自分の自由は譲れぬ、と断ります。

田嶋の心を読む能力の前に追い詰められるアリスですが、
殺されたはずの雀蜂や軍隊アリから逃げ切ったゴキブリ、カブトムシ
といった人間のフォローがあり、見事に逆転勝利を収めます。

 

田嶋が死んだ今、統制を失った軍隊アリが日本中に蔓延り大パニックになります。

ゴキブリが用意したアジトの中で身を隠すアリスですが、自分の使命は戦う事。
それに気付き、軍隊アリ達と戦うところで物語は終了となります。

 



 

「アラクニド」の全体評

ここまでずっと「アラクニド」のあらすじ(ネタバレ)を語ってきましたが
物語としては至ってシンプルなバトルアクション漫画と言う感じです。

 

カマドウマが出てきたあたりから
とにかく様々な蟲が登場してくるので
なんだかわけが分からなくなってきますが

キャラクターが登場してきて、色々な技や能力を使うたびに
蟲の解説をしてくれるので、それが面白くなってきます。

キャラクターが多彩で、物語はシンプルなので
あまり深く考えなくても楽しめる仕上がりになっているので

バトルアクションが好きな人は是非読んでみてください。

 

 

「アラクニド」は無料アプリである「マンガUP!」で読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガUP!は毎日10作品以上をアップ!
常時100タイトル以上の作品が読める国内最大級の漫画アプリです!

もちろん「アラクニド」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガUP!-人気漫画が全巻無料読み放題

【Android専用】マンガUP!-人気漫画が全巻無料読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。