漫画「うなぎ鬼」はゾクゾクと静かな恐怖に包まれる作品!【感想・レビュー・ネタバレなし】

Pocket

ヤングキングコミックスで2014年から連載されていた
人気漫画「うなぎ鬼」(原作:高田侑、作画:落合祐介)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「うなぎ鬼」の印象的だった点

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「うなぎ鬼」はどのあたりが特徴的なのか?
これから何を期待できるのか?

「うなぎ鬼」の見所も含めて語っていきつつ
「うなぎ鬼」を無料で読む方法についても話したいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「うなぎ鬼」

です。

「うなぎ鬼?、何のこっちゃ?」

と、思わせるタイトルですが、

漫画を読んでいくとこのタイトルの意味と
不気味さが伝わってくるんですよね~

 

掲載されていた漫画はヤングキングコミックス
というマイナーな雑誌ではありますが

実はこの漫画は小説が原作になっていて

この小説を漫画化したものなんですよね~

 

小説を漫画化した作品はいくつかあって
このブログでも「雪人」などを紹介していますが

小説でストーリーのクオリティーを知った時点で
漫画化に動いているので、面白さが担保されているんですよね。


(雪人)

 

この「うなぎ鬼」もしっかりとした世界観を持っている漫画で

このジャンルが好きな人にはたまらない作品となっています。

 

まずはこの漫画が、どんなジャンルの漫画なのかを説明していきましょう。

この漫画のジャンルは「サスペンス漫画」です。

 

そして、サスペンス漫画の中でもパニックホラーみたいな感じではなく
闇社会の雰囲気を前面に押し出した漫画なんですよね~

 

このブログで紹介した中だと

「ギフトプラスマイナス」

あたりに近いですね~


(ギフトプラスマイナス)

 

ギフトプラスマイナスを読んだことがある人は分かると思いますが

とにかく「闇社会の暗さ」

が前面に出ている漫画です。

 

という感じで、物語の重さを伝えたところで

「うなぎ鬼」がどんな漫画なのか?

「うなぎ鬼」の魅力や世界観について存分に語っていきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「うなぎ鬼」はどんな作品?

「うなぎ鬼」はヤングキングコミックスで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはサスペンス漫画
原作は高田侑、作画は落合祐介
コミックスは全3巻

 

原作:高田侑、作画:落合祐介
出版社:少年画報社
掲載誌:ヤングキングコミックス
掲載期間:2014年~2015年
巻数 全3巻

 

 

「うなぎ鬼」を無料で読むには

「うなぎ鬼」をすぐ読みたい方は
「マンガPark」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガParkは気になる作品が最終話まで全部一気に読める!
全巻まとめ読み&先読み機能搭載!

もちろん「うなぎ鬼」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガPark -人気漫画が全巻無料読み放題

【Android専用】マンガPark -人気漫画が全巻無料読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

 

 

「うなぎ鬼」の概要とあらすじ

主人公の倉見勝(くらみ まさる)はギャンブル依存症の男で
競艇に一獲千金を夢見るクズ人間でした。


(主人公の 倉見 勝)

 

ヤミ金に手を出したところで、自分の愚かさに気付くも
支払いが立ち行かず、闇金事務所へ連れていかれてしまいました。

そんな倉見を救ってくれたのが
闇金を始め裏社会の商売を手広くやっている千脇社長でした。


(千脇社長)

 

千脇は倉見のガタイの良さと強面の顔を評価して
借金の取り立て役として雇うのでした。

 

ある日、倉見は千脇、そして千脇の元で働く富田と共に
黒牟という場所にある会社、マルヨシ水産に向かいます。

マルヨシ水産には千脇の弟である義道がいました。

そこで義道の会社に務める信吉、秀さん、山木
というスタッフを紹介されます。

 

千脇からはある物体を運べば15万円の収入をやると言われ
なにやら危険な雰囲気を感じながらも
倉見と富田はその仕事を引き受けます。

 

果たして、千脇、マルヨシ水産は何者なのか?

倉見はどのような運命を辿ってしまうのか?

 

裏社会を中心に活動する千脇の元

ダークな世界を描いたサスペンス漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

 

ここまでのストーリーを話して見ても

闇金、スラム、という裏社会の重いテーマを扱っている事が分かります。

 

ただ、言葉で説明するのと違って

作品の雰囲気はとても重い仕上がりになっているんですよね~

という事で、

パンチ力の強い個性を持つ「うなぎ鬼」が、どんな漫画なのか?

これから、語っていきたいと思います。

 



 

「うなぎ鬼」の特徴

深い深い闇へ誘ってくれる怖い作品

「うなぎ鬼」の最も特徴的で、面白い点は

『深い闇を体験できる』

という点です。

 

世の中で言われている貧困家庭とか
そういった政治で解決できるような問題とは
全く別次元の世界が展開されていて

その別次元の世界の怖さを堪能できるところが、うなぎ鬼の良い点です。

 

特段、作中に幽霊が出てくる訳でもないですし

頻繁に暴力シーンやグロいシーンが出てくる訳でもないのですが

漫画を読んでいて

”得も言われぬ恐怖”

に襲われるんですよね。

 

その恐怖の正体は「リアリズム」です。

 

資本主義であろうが、社会主義であろうが
不完全な存在である人間が管理する世の中ですから

底辺の暮らしを強いられる人達って出てくるんですよね。

その割合を減らすのは政治でも出来る事ですが

根本的になくす事は、どうやっても無理です。

 

このどうやっても廃絶する事の出来ない究極の貧困

絶望的な貧困にフォーカスを当てて描かれているので
物語に重みが増して、恐怖を煽られるんですよね。

 

私達が一般社会で生きていく上で

一生お目にかかる事のない世界を疑似体験できる事が

うなぎ鬼の魅力に繋がっていると言えます。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧

 

 

世界観の複雑さとシンプルなストーリーが絶妙

先ほども話した通り「うなぎ鬼」の醸し出す世界観は独特です。

こういった独特な世界観だと
とかくストーリーが複雑になりがちなんですが

うなぎ鬼はシンプルなストーリーで
重い話ながらも読みやすい作品に仕上がっています。

 

これが素晴らしいですよね~

 

私はこのブログで「ギフトプラスマイナス」についても
レビューを挙げているんですが、

こちらの漫画は物語が複雑怪奇になっているので
結構読みづらいんですよね。

まあまあ、アングラな世界を描いて
様々なドラマを作っていくので

「ギフトプラスマイナス」の方が普通だと思うんですが

うなぎ鬼はこの複雑さを壊しています。

 

もともと小説がベースにあって
ストーリーが仕上がっている

という事はあるのかもしれないですが

3巻という一気に読めるボリュームで終わらせているのは
素晴らしい構成力だと感心してしまいます。

 

テーマがテーマなので、
苦手意識のある人は多いと思いますが

このジャンルが人でもすっと読めるシンプルさを
備えている漫画です。

 




 

「うなぎ鬼」の全体評

うなぎ鬼は裏社会、もしくは社会の底辺層にフォーカスして
作られた漫画なので、独特の世界観と重さがある漫画です。

そんな中でも「うなぎ鬼」は全3巻と短くまとまっており
ストーリーも複雑になりすぎないよう
シンプルにまとめてくれいて、そのバランスが絶妙です。

 

重いテーマですが、さくっと読める漫画に仕上がっているので
このレビューを読んで興味を持った方は、是非読んでみて下さい。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧