最強は誰だ!漫画「弱虫ペダル」の強さランキングベスト10!

Pocket

週刊少年チャンピオンで2008年から連載されている
人気漫画「弱虫ペダル」(作者:渡辺航)について

作中に登場した最強キャラクターをランキングしてみました

ランキングは30巻までの中から
出ていたキャラクターから選びたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

週刊少年チャンピオンで2008年から連載されている

「弱虫ペダル」

です。

この漫画での最強キャラクターについて10人

について、エピソードを含めて、挙げていきたいと思います。

ちなみにこのランキングは公式なものではなく

私個人的に最強だと思ったキャラクター

を挙げていますのでその点はご了承下さい。

ネタバレありでの話になってくるので

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

(参考)弱虫ペダルはベタなのに何で面白いんだろ?

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「弱虫ペダル」を無料で読むには

「弱虫ペダル」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「弱虫ペダル」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「弱虫ペダル」と検索して下さいね。

それでは「弱虫ペダル」の最強キャラクター
ランキングトップ10について話していきます。

 

好きなキャラクターランキング7~10位

第10位 東堂尽八(箱根学園)

箱根学園の山神こと東堂尽八が10位にランクインです。

インターハイ初日の山岳リザルトの際に
総北高校の巻島と壮絶なデッドヒートを繰り広げたスペシャリスト

見た目もよく、ナルシストでモテモテというのは
追加のオプションではありますが
いざという時の集中力は他の追随を許しません。

山岳リザルトではハンデはあったものの巻島を下し
引退時の壮行レースでは真波を下すなど
その実力は名門校のエースに相応しい実力者です。

 

第9位 田所迅(総北高校)

総北高校の生粋スプリンターである田所迅が第9位です。

「暴走の肉弾頭」という異名を持っているように
大柄な体格から繰り出されるパワフルな走りは圧倒的

総合的な体力面、坂道が苦手など、いくつかの弱点はありますが
インターハイ初日でスプリント戦では泉田と鳴子を退けて
トップでゴールを通過し、グリーンゼッケンを獲得。

もともと素質に恵まれず、いくら練習しても上手くならず
自転車部の退部を申し出たくらいに落ちこぼれでした。

ただ、それは膨大な練習量でフォローして
現在の強肉体を築き上げたという点に強者感が出ていますね。

 

第8位 鳴子章吉(総北高校)

総北高校の1年生

入学してすぐに坂道と知り合い、坂道の素質に気付き
精神的にも支えてくれたいい人、鳴子章吉が第8位

とにかく目立つことが好きで派手な性格

しかしながら常に自分を高めようと努力を惜しまない
メンタルの持ち主で、インターハイ最終日では
自分の視界が見えなくなるくらいに限界までペダルを回しました。

身体も小さく、身体的なハンデを持ちながらも
トップクラスで戦える能力、鋼のメンタル。

これが鳴子さんの強さだと言えますね。

 

第7位 今泉俊輔(総北高校)

鳴子と同じ総北高校の1年生で
将来のエース候補ナンバーワンの今泉俊輔が第7位です。

今泉の特徴といえば「とにもかくにもストイック」

三度の飯よりロードレースといった感じで
ナンバーワンの選手になる事をひたすらに追求する男。

中学生時代に御堂筋の心理作戦に負けたことから
「ひ弱なエリート」のイメージがありましたが
インターハイを通じて、格段に成長しました

今後の伸び代を込みで考えるともう少し上になるかもしれませんが
現段階では覚醒途中かなぁという印象もあり、7位となりました。

好きなキャラクターランキング4~6位

第6位 荒北靖友(箱根学園)

名門、箱根学園の中でもエースをサポートする
重要な役割を担う荒北靖友が第6位です。

役割的には表に出てくる感じではないのですが
激しく荒い気性と作中ナンバーワンクラスの勝負根性で
ライバルたちを一蹴する姿は見ていて痛快の一言です。

身体的な強さも十分にありますが
精神的な強さを評価しての5位となりました。

 

第5位 新開隼人(箱根学園)

箱根学園のエーススプリンターである新開隼人が第5位です。

作中のイケメンは東堂という扱いになっていますが
ぱっと見た感じ、新開の方がイケメンかなと感じるほど
シュッとしたキャラクターに仕上がっています。

常にカロリーメイト的なものを食べていて
本気になって走ると野獣のような顔になる

というギャップが本当に大好きです。

御堂筋との戦いに敗れ、あまり強キャラのイメージはないかもしれませんが
スペックや周りの評価からするともっと強いんじゃないかなと思っています。

異論がありそうなランキングですが、私の中は新開隼人が第5位ですね。

 

第4位 金城真護(総北高校)

総北高校のキャプテンである金城真護が第4位

インターハイでは2日目に福富に敗れ、3日目にはリタイア
と、あまりいいところはなかったのですが
2年生の時は福富を上回るパフォーマンスを見せましたし
何より常にチームを鼓舞して、精神的な支柱となる心の強さが図抜けています。

作中のパフォーマンスはイマイチでも、金城の強キャラ感は不動。

ある意味、「弱虫ペダル」の最強キャラクターとも言えそうですね。



好きなキャラクターランキング1~3位

第3位 真波山岳(箱根学園)

ロードレースの名門箱根学園で
歴史上初の1年生レギュラーとなった真波山岳が第3位です。

作中では主人公である坂道のライバルとして描かれており
溢れる筋肉でペダルを回すというタイプではなく

自然と同化して、坂を駆け上っていくという
スピリチャルっぽい雰囲気で描かれているので
強キャラ感は感じないのですが、
作中でも屈指の実力を持っているのは間違いありません。

ただ、ゾーンに入った時の真波は狂気を漂わせており
ただの爽やかイケメンキャラではありません。

主人公である坂道のライバルであり、戦う立場という
宿命から実力に見合わない不遇の扱いを受けますが
この人をトップ3に入れない訳にはいきません。

 

第2位 小野田坂道(総北高校)

「弱虫ペダル」の主人公である小野田坂道が堂々の第2位

スポーツ漫画の王道として、主人公は最初は弱くて
周りの選手に圧倒されるというあるあるがありますが
坂道は一瞬弱キャラっぽい雰囲気を見せつつも
初心者で一気に高校トップレベルの能力を見せるという
「隠れチートキャラ」となっています。

「いやいや主人公がこんなに強くて良いの?」と思いつつも
坂道の走りに胸を躍らせてしまう不思議なキャラクターですね。

 

第1位 御堂筋翔(京都伏見高校)

京都伏見高校の主将である御堂筋翔が堂々の第1位です。

作中の大会では基本的に「箱根学園vs総北高校」という
図式で描かれている中、たった1人で2強に立ち向かう存在が御堂筋です。

長身というスペック、相手を混乱させる頭脳
絶対に負けないという狂気に近い闘争心

性格の悪さが目立ちますが、すべてを兼ね備えたキャラクターで
強豪校の強者6人に対して1人で互角に戦うという
デタラメな戦闘力を持ち合わせています。

また、作中屈指の嫌な奴でもあります(笑)

性格的にも能力的にも、弱虫ペダルを象徴する存在ですね。




まとめ

ここでは漫画「弱虫ペダル」に登場する
最強キャラクターランキングトップ10を挙げました。

ここで挙げたのはあくまで私見なので
公式なアンケートとは異なりますが
様々な魅力あるキャラクターが出てくるのが「弱虫ペダル」のいい点ですよね。

「良く分からなかった」という方は、漫画を最初から見てください。

王道のスポーツ漫画で非常に入りやすく
感動シーンも満載で泣かせてくれます。

知っておいて損のない漫画なので、是非一度読んでみてください。