「食糧人類」は二人のキャラクターで面白くしている漫画!【感想・レビュー:ネタバレなし】

Pocket

eヤングマガジンで連載されていた
人気漫画「食糧人類」(原案:水谷健吾、原作:蔵石ユウ、作画:イナベカズ)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「食糧人類」の素晴らしさや面白さ

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「食糧人類」はどのあたりが特徴的なのか?

「食糧人類」の魅力などについても改めて語っていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「食糧人類」

です。

 

もうタイトルからして禍々しすぎますよね。

「食糧人類」ですよ?

「人類の食糧」じゃないんですよ?

ハートフル度合いが完全に0ですよね。

 

ただ、私はこういった漫画が基本好きなんでよね~

多分、心を病んでいるんだと思います。

 

普通に恋愛漫画とかハートフルな漫画とか見ていられないですもんね~

まずはこの漫画ジャンルの説明をしておきましょう。

この漫画のジャンルは「サスペンス漫画」です。

ただ、殺人事件あり、ミステリーありの

王道の「サスペンス漫画」

という感じではなく、

ありえない設定から人々がパニックになったところを描く

パニック系のサスペンス漫画なんですよね。

 

以前、このブログでレビューを挙げた漫画で言うと

「シグナル100」とか「生贄投票」

みたいな感じですね。

  
(左:シグナル100  右:生贄投票)

 

まあ勘の良い人だったらタイトルから
どんな感じなのか予想できると思いますが

その期待を裏切らない仕上がりになっているので
早速「食糧人類」のレビューを書いていこうと思います。

 

という事で「食糧人類」がどんな漫画なのか?
そして、どんなところが面白い点や素晴らしい点

「食糧人類」の魅力について存分に語っていきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「食糧人類」はどんな作品?

「食糧人類」はeヤングマガジンで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはサスペンス漫画
原案は水谷健吾、原作は蔵石ユウ、作画はイナベカズ
コミックスは全7巻が発刊されています。

 

原案:水谷健吾、原作:蔵石ユウ、作画:イナベカズ
出版社:講談社
掲載誌:eヤングマガジン
巻数:全7巻

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧

 

 

「食糧人類」の概要とあらすじ

主人公伊江は何の変哲もない普通の高校生でした。


(主人公の 伊江)

しかし、日本は3月なのに真夏の気温を記録する
異常気象(超温暖化)に苦しめられていました。

 

伊江は友人のカズと一緒にバスに乗って移動していましたが
バスの中に催眠ガスが撒かれ、乗客全員が眠らされてしまいます。

トラックで運ばれた乗客と伊江

辿り着いた先は人間が凍らされている工場でした。

 

人間が凍らされ、砕かれ、斬られるという異常事態に
戸惑う伊江は作業員らしき人間に別の部屋に放り込まれます。

 

その先には天井から垂らされたチューブをひたすらに飲む
超肥満の人間たちがいました。

そこにはカズもおり、チューブから出る液体を飲んでいましたが
この飲み物は人間の思考を抑制する中毒性のある液体でした。

 

そこにいたのは山引とナツネという二人の青年

二人は3日間液体を飲まず、耐え抜いていました。

 

この部屋が人間の飼育室である事を知らされる伊江

そして、飼育室に訪れてきたのは正体不明の巨大な化け物

化け物は肥沃した人間を食しており
伊江もその光景を目の当たりにします。

 

この謎の施設から脱出を目論むナツネと山引

伊江はカズを連れて、二人についていく事を決めます。

 

果たして、この施設は何の施設で、化け物の正体とは何なのか?

伊江達は無事に施設から脱出できるのか?

 

人間が何者かの食料になるという

ショッキングな展開から始まるサスペンスホラー漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

ダークなサスペンス漫画としては割とある設定ではありますが

ダーク系のサスペンス漫画が大好物である作品ですね。

こういった作風の漫画って最初に謎をバラっとばらまくので
ストーリーによっては途中から迷走したりするのですが

果たして「食糧人類」はどうですかね~

 

という事で「食糧人類」の面白さについて
これからたっぷりと語っていきましょう。

「食糧人類」の内容(ネタバレあり)が見たい方は
以下のリンクで見られますので、気になる方はどうぞ

「食糧人類」のネタバレ、最終回はこうなった

 



 

「食糧人類」のここが凄い!

山引とナツネの存在が100点満点!

「食糧人類」は結構こじんまりとした中で
ストーリーが展開していきます。

 

登場人物はナツネ、山引、伊江、カズ

そして途中から出てくる元ジャーナリストのオグちゃん

この5人だけです。

 

なので、この5人のキャラクターが立っていないと
一気にストーリーがつまらなくなってしまうのですが

ナツネと山引が最高なんですよ!!

 

さっき登場人物を挙げた時に主人公の伊江を3番目に挙げましたが

はっきりいって伊江はいりません!!(笑)

 

ちょっとネタバレになりますが

ナツネは化け物に献上する食糧として開発された

”増殖種”

簡単にいうと何度食べられても体が再生される人間なんですが

「ナツネの武力がエグイ!!」

激しい気性が前に出過ぎていて考え足らずなところはあるのですが
突き抜けた強さでそれを払しょくする姿はなんとも痛快です。


(ナツネ)

 

山引は超がつくほどの天才ですが、超がつくほどの変態

そして、自分の体に様々な動物の遺伝子を組み込んでいて
かなりの特異体質となっている
(なぜ組み込んだのかは後々分かりますが)

超スペック高の変態野郎なんです。


(山引)

 

この二人が施設破壊、施設脱出を攻略する上で大立ち回りを繰り広げてくれる!

「食糧人類」はこの二人のアクション漫画とも言えます。

 

なので、伊江はいらないんです(笑)

この二人のキャラクターのカッコよさだけで

「食糧人類」は十分に楽しめますよ。

 




 

コンパクトにまとまったストーリー、伏線の回収も見事

「食糧人類」は全7巻という事で
割とコンパクトにまとまっています。

 

こういったサスペンスホラー漫画って

最初に「なんでそうなっているの??」

という謎、伏線をたくさんばらまくだけに
物語を収束させるのが、結構難しいんですよね~

 

だけれども、この「食糧人類」はストーリーを上手くまとめているんですよね~

なぜ、この謎の化け物が現れたのか?

なぜ、3月なのに真夏の気温になっているのか?

伊江達の結末

全てがコンパクトにまとまっています。

 

もちろん、増殖種を作ったり、様々な遺伝子組み換えてみたりと

非現実的な設定は出てくるんですが、それが気にならないのは

しっかりと纏まっているからだと思うんですよね。

 

サスペンスホラーなのに、読みやすい

このミスマッチが最高です。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧

 

 

「食糧人類」の全体評

「食糧人類」はホラー系のサスペンス漫画ですが

ストーリーをシンプルにまとめているだけでなく
最初にばらまいた伏線を回収できているので

読みやすい漫画に仕上がっています。

そして、「食糧人類」に出てくる

ナツネと山引はとにかく最高のキャラクターなので
この二人の活躍ぶりは必見です。

ゾクッとしながらも痛快な漫画に仕上がっているので
オススメの漫画ですよ。

 

 

「食糧人類」をすぐ読みたい方は
「パルシィ」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「パルシィ」は人気漫画を無料で読むことが出来ます!

※ 無料で読める期間が過ぎている可能性がありますので、ご了承下さい。

もちろん「食糧人類」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】パルシィ-講談社とpixivの公式マンガアプリ

【Android専用】パルシィ-講談社とpixivの公式マンガアプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。