「殺したいほど、アイしてる」はサスペンスというよりもアッチ方面の漫画?【感想・レビュー:ネタバレなし】

Pocket

無料漫画アプリ「マンガMee」で2018年から連載されている
人気漫画「殺したいほど、アイしてる」(作者:海老ながれ)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「殺したいほど、アイしてる」の素晴らしさや面白さ、見どころ

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「殺したいほど、アイしてる」はどのあたりが特徴的なのか?

「殺したいほど、アイしてる」の魅力などについても改めて語っていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「殺したいほど、アイしてる」

です。

 

「殺したいほど、アイしてる」は2018年から連載されている漫画です。

最近よく取り上げている「マンガMee」の漫画ですね

少女漫画系が多い漫画アプリで
少女漫画が苦手な私にとっては

ゴリゴリの恋愛漫画っぽいタイトルは読む気にならず…

 

そんな中で目に止まった漫画が

「殺したいほど、アイしてる」 です。

 

タイトルを見てお分かりな通りなんですが

まずは「殺したいほど、アイしてる」が
どんなジャンルの漫画なのかを話していきましょう。

この漫画のジャンルは「恋愛漫画」です。

 

 

「いやいや、サスペンス漫画じゃないのかよ!!」

と、ツッコミが入りそうな感じですが
内容的にはほぼ恋愛漫画だと言えますね。

 

私はサスペンス漫画好きなので
サスペンスを期待して「殺したいほど、アイしてる」を読み始めたんですよ。

 

だけれども、全然サスペンスっぽくならない!!

もう、そのストーリーの流れはもどかしいばかりです。

 

そんな「殺したいほど、アイしてる」(通称:コロアイ)ですが

読み進めていくと、なかなか魅力的な面があるんですよね~

 

という事で、サスペンス要素の薄いコロアイについて

どんなところが魅力的なのか??

 

「殺したいほど、アイしてる」のレビューを書いていこうと思います。

 

「殺したいほど、アイしてる」がどんな漫画なのか?

そして、どんなところが面白いのか?素晴らしいのか?
どこを直すともっと良くなるのか?

「殺したいほど、アイしてる」の魅力について存分に語っていきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「殺したいほど、アイしてる」はどんな作品?

「殺したいほど、アイしてる」はマンガMee(無料アプリ)で連載されている人気漫画です。
ジャンルは恋愛漫画(一応、サスペンス漫画でもある)
作者は海老ながれ
コミックスはまだ発売されていません。
(2019年8月7日現在)
※ 間違っていたらすいません、コミックスの情報は調べても出てきませんでした。

 

作者:海老ながれ
アプリ:マンガMee
掲載期間:2018年~
巻数:未発売

 

 

「殺したいほど、アイしてる」を無料で読むには?

「殺したいほど、アイしてる」をすぐ読みたい方は
「マンガmee」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「マンガmee」は人気漫画を無料で読むことが出来ます!

※ 無料で読める期間が過ぎている可能性がありますので、ご了承下さい。

もちろん「殺したいほど、アイしてる」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガMee-少女漫画を総まとめにしたの漫画アプリ

【Android専用】マンガMee-少女漫画を総まとめにしたの漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。

 

 

「殺したいほど、アイしてる」の概要とあらすじ

主人公の 来栖仁菜(くるす にな) は高校1年生の学生です。


(主人公の 来栖 仁菜)

 

仁菜はドジキャラとしてクラスメイトに愛されていましたが
そんな仁菜を常に助けてくれる存在がいました。

 

その人物は担任で化学教師の 成瀬誉(なるせ ほまれ) です。


(担任の 成瀬 誉)

 

仁菜の高校はバイト禁止という校則がありましたが
自分の生活費を稼ぐために仁菜はバイトをしていました。

成瀬先生はそんな仁菜の働いている姿を目撃しますが
事情を察して見逃してくれました。

 

そんな優しさに触れた仁菜は成瀬先生の事が好きになります。

成瀬先生の事が好きになった仁菜は
思い切って告白をしますが、振られてしまいます。

 

失意におちた仁菜は実家の静岡に帰りますが
ここで成瀬先生の事を目撃します。

虚ろな表情をしている成瀬先生

そんな先生に仁菜は声をかけます。

先生は帰れといいますが、仁菜は帰りません。

すると成瀬先生は仁菜にキスをして二人の関係が始まります。

 

幸せの絶頂にいる仁菜ですが、
仁菜には一つ気になる事がありました。

 

それは成瀬先生が亡くなった仁菜の姉と付き合っていたのではないか?

という事。

そして、姉の死に成瀬先生が関わっているのでないか?

という事。

 

果たして、成瀬先生と姉の関係はどうだったのか?

仁菜と成瀬先生の未来はどのような形になるのか?

 

先生と生徒の恋という恋愛漫画、王道の設定の中に
サスペンス要素を取り込んだ、大人の恋愛漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

設定としては、生徒と先生の恋という

王道の設定ですよね。

 

私は共学の出身ですが、実際に先生と生徒の恋を見た事がありません。

うーん、本当にこんな事あるのかなぁ

と、思いつつもやっぱり燃える設定ですよね。

 

そんな「殺したいほど、アイしてる」がこの設定をどう生かしているのか?

そんなところを含め「殺したいほど、アイしてる」の面白さについて

そして「ここを直した方がいいんじゃない?」という部分について

これからたっぷりと語っていきましょう。

 



 

「殺したいほど、アイしてる」のここが凄い!

登場人物の軽さが演出するエロに注目!

「殺したいほど愛している」の主人公である
仁菜は何の先入観もなく見ていると
普通の人なんですが

なかなかの軽さを持った女性です。

 

自分が好きである先生に迫られると
あっという間に体を許してしまいます。

そして、その後も先生の良いようにされる姿は
その外見とは真逆の尻軽っぷりで、エロさを演出してくれます。

 

モテる女性って、なんだか隙がありますよね。

私の周りのモテる女性を見ていても
外見的にはそれほど綺麗ではないのにもかかわらず
どんどん男が寄ってくるんですよ。

 

それはその女性が持っている隙が
フェロモンみたいな感じで男性に伝わるんだと思うんですが

仁菜はまさにコレです。

 

先生のことが好きなんだから
先生に求められたら断れないんじゃない??

という意見もあるとは思うんですが

仁菜は先生と別れた後に近づいてきた男子生徒の速水とも
あっという間に体の関係になってしまいます。

 

先生と別れて、先生に対しての気持ちも十分に残っているのに
すぐに次の男性に心を奪われ、体も奪われてしまうと言うのは

軽い女性の特徴ですよね。

 

一般的にはこういった軽い女性って嫌われガチですが(特に女性から)
個人的にはそんなに悪い事だと思っていないです。

より多くの恋愛経験が出来る訳ですから
最終的にいい男を捕まえられる可能性が高いですもんね。

 

野球とかもいっぱい試合に出た方が
技術は上がっていく訳で、

恋愛だっていっぱいの男性と付き合った方が
良い男性を見分ける目がつきますよね。

 

そして、先生もなかなかの軽さです。

仁菜から告白されて一度断るんですけどね。

その後、話をしたら

「そんなかわいい顔されたら、迫らずにはいられないよ」

的な事を言って、速攻で手を出します。

 

この登場人物達の軽さが

「コロアイ」という漫画の色気(エロス)を出しているんですよね。

サスペンス漫画を期待して読んでいるんですが
思わぬ魅力を発見しました。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧

 

 

「殺したいほど、アイしてる」のここがイマイチ

サスペンスの進みが遅っ!!もう少し早い進行を!!

「コロアイ」では「殺したい」と言っているように
タイトルではサスペンス要素を全面にアピールしています。

 

けれど…

エロさだけ満載で、サスペンス要素が伝わってこね~

という感じの進行状況になっています。

 

先生が仁菜の姉と付き合っていて

姉がなくなったときの記憶が先生には全くない。

 

果たして、先生はどう関わっていたのか?

もしくは先生が殺したのか?

というところから話が膨らんでいくはずなんですが

ここの部分が全く膨らんでこない。

伏線らしきものもほとんど現れてこない。

 

とにかく仁菜が先生と速水に迫られて
良いように心と体を奪われるという

エロティックな展開に終始してしまっているんですよね。

 

まあ、これはこれで面白味はあるんですけど
タイトルでサスペンス色を前面に出しているのですから

もう少しサスペンス色を出して
そっちの方でも楽しませて欲しいですね。

 




 

「殺したいほど、アイしてる」の全体評

「殺したいほど、アイしてる」は
恋愛漫画&サスペンス漫画として連載されている漫画ですが

現在のところサスペンス要素が薄く
恋愛漫画の様相が強くなっています。

 

サスペンスが少ない物足りなさはあるものの
キャラクターの軽さから恋愛漫画の色気を
たっぷりと持った仕上がりになっています。

サスペンス要素は今後に期待をするとして
恋愛漫画としてなかなか面白い仕上がりになっているので
気になる方は是非読んでみてください。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧