「最強!都立あおい坂高校野球部」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、人気漫画の最後・結末はこうなった!

Pocket

週刊少年サンデーで2005年から連載されていた
人気漫画「最強!都立あおい坂高校野球部」(作者:田中モトユキ)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

あおい坂高校は甲子園での優勝を果たすことが出来たのか?

梅宮右京は野球部を去ってしまうのか?

などなど「最強!都立あおい坂高校野球部」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

週刊少年サンデーで2005年から連載されていた

「最強!都立あおい坂高校野球部」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「最強!都立あおい坂高校野球部」は愛すべきキャラに囲まれた作品

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「最強!都立あおい坂高校野球部」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「最強!都立あおい坂高校野球部」を無料で読むには

「最強!都立あおい坂高校野球部」をすぐ読みたい方は
「サンデーうぇぶり」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「サンデーうぇぶり」は人気漫画を無料で読むことが出来ます!
しかも読めば読むほど、無料で読める漫画アプリです!

もちろん「最強!都立あおい坂高校野球部」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】-サンデーうぇぶり-人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

【Android専用】ーサンデーうぇぶりー人気アニメが見られる無料動画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

(リンク)「最強!都立あおい坂高校野球部」全編のあらすじ(ネタバレあり)

 

菅原鈴緒(鈴ねぇ)率いる都立あおい坂高校は

中学校時代に有名選手として鳴らした
北大路輝太郎、松方雅治らが鈴ねぇを慕い入学

無名の弱小高から一気に戦力をアップさせ
甲子園を目指す高校になっていました。

 

ライバルは輝太郎達と同様に鈴ねぇの指導を受けた1学年上の狛光爾

狛は名門東王学院で主砲として甲子園でも活躍していました。

輝太郎達は狛率いる東王学院を倒し、甲子園に行く事を誓います。

 

迎えた夏の甲子園予選。

都立あおい坂高校は1回戦で無名の双塚高校をあたり
16対0の五回コールド勝ちを収めます。

2回戦の白木田学園も13対0の五回コールド勝ちを収め

3回戦で第一シードの星南高校と戦い、
苦戦をしながらも5対4でサヨナラ勝ちを収めます。

 

4回戦では厚実高校戦と戦い3対2で勝利。

5回戦では鳥越高校と戦い、13対0でコールド勝ちを収め、
順調に勝ち上がり、ベスト8に進出します。

 

準々決勝の相手である慶徳高校を5対0で下して準決勝へ進出。

準決勝では深和高校との対戦となりますが、接戦をものにして5対3で勝利。

 

東王との決勝戦を迎えます。

4対0とあおい坂高校リードで迎えた6回裏。

東王は狛の満塁ホームランで同点に追いつきます。

試合は延長戦に持ち越しますが

10回表に虎鉄がタイムリーヒットを打ち
6対4で都立あおい坂高校が勝利

甲子園初出場を果たします。

 

甲子園大会では1回戦で兵庫県代表柏葉学園と戦い、1対0で勝利

輝太郎は完全試合を達成します。

2回戦では岐阜県代表の姫川高校との対戦となりますが、3対0で勝利を収め

3回戦は香川代表の鳴沢高校との戦いとなり、3対1で勝利を収めます。

 

4回戦は鹿児島県代表の西郷高校と対戦し、8対6で勝利を収め

準決勝の相手、大阪の淀宮高校には2対1であおい坂が勝利を収めます。

 

決勝の相手はエース神木率いる静浜高校

試合はお互いに点の取り合いとなりますが
8回裏、静浜は2点をもぎ取り6-4と勝ち越します。

しかし、9回表、虎鉄のスリーランホームランを放ち7-6と勝ち越しに成功。

最後は4番仲島を抑え

あおい坂高校が、甲子園初出場初優勝を飾ったのでした。

 

あおい坂高校は甲子園で優勝し、新チーム作りに向かう中、

梅宮右京は父親から野球を続けることを許可され
あおい坂高校野球部に復帰するのでした。

 

そして、舞台は最終回となります。

 




 

2.最終回のストーリー

時はあおい坂が甲子園で優勝した一年後の夏。

舞台は甲子園を賭けて戦う東京大会。

あおい坂高校は3年生の引退で部員が足りず、秋の大会は辞退したものの、
1年生が30人も入り大所帯となっていました。

 

球場に到着する輝太郎に星南高校のエース氷室比呂彦が現れます。

星南の氷室は春のセンバツ大会の準決勝で、
静浜の神木と延長14回まで投げ合い、結果的に敗れましたが、
ベスト4の成績を収めたことで、一気に有名選手になっていました。

お互いに激を飛ばし合い、健闘を称え合います。

そんな中、あおい坂のルーキー白鳥恭介が氷室に宣戦布告をするのでした。

 

そして、手の故障からカムバックし、右打者として
3本のホームランを放った東王の狛も輝太郎の前に現れます。

大会が始まり、河森東高校の選手宣誓から、あおい坂高校の試合が始まります。

 

試合には千秋や巴が応援に駆けつけて、あおい坂の選手達はやる気十分。

輝太郎は「ピンチにスマイル!勝利をゲット!」と、

声をかけてフィールドに向かいます。

そして、第一球を投げるところで物語は終了となります。

 



 

「最強!都立あおい坂高校野球部」最終回の感想

「最強!都立あおい坂高校野球部」の最終回は
あおい坂高校が甲子園で優勝した
翌年の概要を描いて終了となりました。

 

この東京大会を描きはじめてしまうと
ストーリーが延々と長くなってしまうので

ボリュームとしてはちょうどいい形で締めくくれましたね。

 

個人的には狛を一度再起不能にする描写は要らなかったと思いますね~

漫画あるあるですが、強敵は一度敗れてしまうと
すぐに格下扱いになりがちなんですよね~

ただ、私はこの方式は好きじゃないんですよね。

「ワンピース」とかはルフィーに敗れたキャラクターが
輝いているからこそ、面白く仕上がっていると思うので
一度負けていても大切にしてほしかった。

そういった意味では星南の氷室を神木と同レベルまで
引き上げた最終回の設定は良かったですね~

 

野球漫画としては「いわゆる中の中」という感じの漫画ですが
爽やかに楽しめる漫画なので、そういったテイストが好きな人は

是非、「最強!都立あおい坂高校野球部」を見てください。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧