「ジョジョの奇妙な冒険 第一部」は人間の成長力を感じさせる作品【無料で読める方法付感想】

Pocket

週刊少年ジャンプで1987年から連載されていた
人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険 第一部(ファントムブラッド)」(作者:荒木飛呂彦)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「ジョジョの奇妙な冒険 第一部(ファントムブラッド)」の学びになる点

印象的だった点などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

見所も含めて語っていきつつ「ジョジョの奇妙な冒険 第一部」を
無料で読む方法についても話したいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「ジョジョの奇妙な冒険 第一部(ファントムブラッド)」

です。

 

この漫画を読んだことがない人でも
タイトルだけは知っているであろうレジェンド作品です。

まずはこの漫画が、どんなジャンルの漫画なのかを説明していきましょう。

この漫画のジャンルは「アクションホラー漫画」です。

タイトルにもあるように奇妙な冒険をテーマに描かれた漫画になっています。

 

私が週刊少年ジャンプを読み始めた後から
連載された漫画なので、普通に読む機会はあったんですけどね~

なかなか、読めない…(笑)

 

まず絵柄にめちゃくちゃ癖がある点

そして、なんだかわからないけれども不気味さが満載である点

これが私がジョジョの奇妙な冒険に手をつけなかった理由です。

今読み返してみても「これは傑作だ!!」というほど
ハマりはしないのですが、しっかりと確立された世界観からも
ディープなファンが多く現れるのも納得です。

 

そんな「ジョジョの奇妙な冒険」の第一部を改めて読んでみました。

ここで私がどんな感想を持ったのか??
どんな事が学べると思ったのか??

特徴を話していきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「ジョジョの奇妙な冒険 第一部(ファントムブラッド)」はどんな作品?

「ジョジョの奇妙な冒険 第一部(ファントムブラッド)」は
週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはサスペンスホラー漫画
作者は荒木飛呂彦
コミックスは全5巻

 

作者:荒木飛呂彦
出版社:集英社
掲載誌:週刊少年ジャンプ
掲載期間:1987年1.2月号~
巻数 全5巻

 

 

「ジョジョの奇妙な冒険」を無料試し読み出来るサイト

「漫画を全巻揃えて楽しみたい」「どんな漫画か分からないから試し読みしたい」
という人は【まんが王国】がオススメです。

登録無料のまんが王国はコチラから

まんが王国では、今会員登録すると半額クーポンが必ずもらえます!

格安で漫画を楽しむことが出来るだけでなく
無料で読める漫画も2,500作品以上スタンバイ!

恋愛、バトル、ヒューマンドラマ、、、あなただけのお気に入りタイトルがきっと見つかる!?

 

 

「ジョジョの奇妙な冒険」の概要とあらすじ

血塗られた伝説を持つ古代アステカの石仮面
石仮面は人間の血を吸い狂気をまとわせる呪われた仮面でした。

これは呪われた仮面を巡って繰り広げられる
二人の青年の物語です。

 

才能に溢れる青年ディオ・ブランドーは
貧しい家庭に生まれた事で苦しい人生を歩んでいました。

しかし、ディオの父親が間もなく死亡せんとする時

父親は過去にジョースター家という貴族が
交通事故に遭った際に助けた事から
自分が死んだあとはジョースター家に面倒見てもらう手筈になっている

とディオに告げます。

ディオは自らが成り上がる絶好のチャンスを目の当たりにした事で
ジョースター家の跡取りとなり、貧しい人生にピリオドを打とうと決意します。

 

ジョースター家にはジョナサン・ジョースターという青年がいました。

ジョナサンはヤンチャで出来はそれほど良い訳ではありませんでしたが
持ち前の明るさと正義感で人気者となっていました。

ディオはジョナサンを潰そうと

友人に悪評を流したり、飼い犬を虐めたり
ボクシングの試合で執拗にいたぶったりと
攻撃を仕掛けていきます。

果たして、ジョナサンとディオの関係はどう変化するのか??

ここから描かれる摩訶不思議ワールドとは??

ジョジョの奇妙な冒険シリーズの第一作となる
世界観たっぷりのサスペンスホラー漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「ジョジョの奇妙な冒険」と検索して下さいね。

 

 

少年漫画の王道といえるアクション漫画

そこにちょっとホラー要素を入れたのが
この漫画の新しいところですよね。

という事で、そんな事を語りつつ

「ジョジョの奇妙な冒険」がどんな漫画なのか?

これから、語っていきたいと思います。

 



 

「ジョジョの奇妙な冒険」の特徴

 

人間は常に成長していくんだ、という事を教えてくれる漫画

「ジョジョの奇妙な冒険」は読んだことがない人も
知っているくらいに有名な漫画です。

「アメトーーク」などでもジョジョ芸人なるもので
特集が組まれていましたし
オリラジの中田敦彦さんなどもYouTubeで取り上げていて

既にレジェンド化している漫画

と言っても過言ではありません。

 

そんな先入観を持って第一部を読んでみたんですが

「うーん、イマイチ」

という感想を持ちました。

私がジョジョの奇妙な冒険を読み始めたのは
当時ジャンプで連載していた第三部からでした。

なので、第三部の面白さを期待して読んだのですが
ぶっちゃけ第三部よりも遥かに面白くなかったんです。

ジョジョの代名詞である「スタンド」も出てこないですし
キャラクターの作り込みや独特の世界観などが
ちょっと弱いなと思ったんですよね。

 

でも、これってジョジョに限らず
どの漫画にも言える事なんですよね。

ドラゴンボールだって最初はそれほど盛り上がらなかったし
キン肉マンだって序盤は連載中止の危機を迎えていました。

ブリーチ、幽遊白書、スラムダンク、

数々の人気漫画を見てみても
最初は盛り上がりに欠けていたんですよ。

しかし、物語が進むにつれてだんだん盛り上がり
大きなムーブメントを起こしていく。

これは世の中がついてきた、という側面もあるかもしれませんが
制作者側が作り続けていく中で洗練されてきた、成長してきた事が
大きな要因として挙げられると思います。

私達が仕事をしたり、スポーツをしたり、絵を描いたりしていても
最初の2,3ヶ月で作ったものと比べて
10年間やり続けてきた後の成果の方が洗練されているはずです。

 




 

「ジョジョの奇妙な冒険 第一部」は言わば
作者である荒木飛呂彦さんの成長の過程を見る事が出来る
貴重な作品なんです。

私は第三部と第五部が好きですが
「ちょっといまいちだな」と思える第一部があったからこそ
第三部、第五部が生まれているんですよね。

(もしかしたら私と違って「第一部、最高!」という
感想を持つ人がいるかもしれませんが…)

 

人間は常に成長していくんだ。

一つの事を丹念にやり続けてきたからこそ
将来の成功が待っているんだ。

という事を体感として教えてくれる貴重な漫画です。

第二部以降のレビューも今後書いていきたいと思いますが
第一部は人間の成長を感じる事が出来る貴重な作品ですよ。

 

 

「ジョジョの奇妙な冒険 第一部」の全体評

「ジョジョの奇妙な冒険 第一部」は
栄えあるジョジョシリーズの第一作となる作品ですが
キャラクターやストーリーなど、ちょっと粗さが見える作品です。

ただ、ここでリリースした作品が昇華していき
その後の名作に繋がっているんだなぁという事が実感できるので
一つの事を続ける重要性を学べる作品です。

ジョジョを読んだことがない人は
第三部あたりから読むことをお勧めしますが
荒木先生の世界観を知るのに第一部は欠かせませんね。

 

 

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【まんが王国】の方が安く手に入りますよ。

 

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選