「グラップラー刃牙」がなぜ格闘漫画の金字塔なのかを考えてみた【感想・レビュー:ネタバレなし】

Pocket

週刊少年チャンピオンで1991年から連載されていた
人気漫画「グラップラー刃牙」(作者:板垣恵介)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「グラップラー刃牙」の素晴らしさや得られる人生の教訓

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「グラップラー刃牙」はどのあたりが特徴的なのか?
どのあたりが面白いところなのか?

「グラップラー刃牙」の魅力なども語っていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「グラップラー刃牙」

です。

 

「グラップラー刃牙」は1991年から連載されていた漫画です。

私の中で週刊少年チャンピオンという漫画は
週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデーに続く4番目の週刊漫画

というイメージをずっと持っていました。

まあ、これは私の主観なので何をもって序列がつくかは分かりませんが

おそらく発行部数でいえば、ダントツの最下位だったんじゃないかなぁ

と思います。

 

そんなマイナーな週刊漫画誌の地位を一気に押し上げた漫画が

「グラップラー刃牙」

そんなイメージを持っています。

それほどまでに大きなインパクトを世間に与えた漫画なんですよね~

 

という事で前フリが長くなりすぎる前に
「グラップラー刃牙」がどんな漫画なのかジャンルを説明しておきましょう。

この漫画のジャンルは「格闘漫画」です。

 

格闘漫画といっても分野が分かれるんですよね~

「ドラゴンボール」や「七つの大罪」のように
冒険をしていく中で巨大な敵と戦っていくような漫画と

  
(左:ドラゴンボール  右:七つの大罪)

 

「修羅の門」や「タフ」のように
最初からバトルありきで物語が進んでいくような漫画ですね。

  
(左:修羅の門  右:タフ)

 

「グラップラー刃牙」は後者の方ですね。

「格闘」というテーマを中心に物語が展開していくんですが

「この分野の格闘漫画の総大将」

というくらいの大人気漫画です。

 

連載している漫画は違いますが「裏サンデー」というWEB漫画誌に
『ケンガンアシュラ』という漫画があるんですが

“ケンガンアシュラは刃牙のものパクリ漫画”

という評価を受けているくらい影響を受けています。

 

ちなみに「ケンガンアシュラ」のレビューも書いているので
良かったらこっちも見て下さいね。

ケンガンアシュラは刃牙のパクリ??

 

何が言いたいかというと、

それほどまでに「グラップラー刃牙」という漫画は面白い漫画である

という事です。

前フリが終わったところで

日本で最も有名だといえる人気格闘漫画
「グラップラー刃牙」がどんな漫画なのか?
そして、どんなところが面白いのか?

そういったところを伝えられたらいいなぁと思っているので

「グラップラー刃牙」の魅力について存分に語っていきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「グラップラー刃牙」はどんな作品?

「グラップラー刃牙」は週刊少年チャンピオンで連載されていた人気漫画です。

ジャンルは格闘漫画
作者は板垣恵介

コミックスは全42巻が発刊されていますが
「グラップラー刃牙」以外にも「バキ」「範馬刃牙」「刃牙道」など
多くの続編がリリースされています。

 

作者:板垣恵介

出版社:秋田書店

掲載誌
グラップラー刃牙:週刊少年チャンピオン
バキ:週刊少年チャンピオン
範馬刃牙:週刊少年チャンピオン
刃牙道:週刊少年チャンピオン

掲載期間
グラップラー刃牙:1991年43号~1999年29号
バキ:1999年43号~2005年52号
範馬刃牙:2006年1号~2012年38号
刃牙道:2014年16号~2018年19号

巻数
グラップラー刃牙:全42巻
バキ:全31巻
範馬刃牙:全37巻
刃牙道:全22巻




 

「グラップラー刃牙」の概要とあらすじ

日本を代表する空手の流派である神心会の大会で
無名の白帯がどんどん相手を倒して決勝まで進出する

という異例の事態が起こりました。

その白帯である無名の出場者の名前こそ
物語の主人公である「範馬 刃牙」(はんま ばき)です。


(主人公の 範馬 刃牙)

決勝の相手は神心会の実力者、末堂 厚(すえどう あつし)

刃牙にとって今まで戦ってきた相手よりも数段格上の相手でしたが
末堂を一蹴して勝利を収めます。

 

優勝した範馬刃牙は全国的には無名の存在ですが
極秘に行われている東京ドームの地下闘技場の中では
無敗のチャンピオンとして君臨する存在でした。

範馬刃牙を倒そうと鎬 昂昇(しのぎ こうしょう)や
鎬 紅葉(しのぎ くれは)、マウント斗羽(まうんととば)など
数々のチャレンジャーが刃牙の前に現れます。

  
(左:鎬昂昇  右:マウント斗羽)

しかし、刃牙は数々の強敵を打ちのめして
地下闘技場の王者に君臨し続けます。

 

しかし、刃牙にはどうしても超えられない壁がありました。

それが範馬刃牙の父親である範馬勇次郎(はんま ゆうじろう)です。


(刃牙の父親 範馬 勇次郎)

範馬勇次郎は世界最強の生物として君臨する存在

刃牙は範馬勇次郎を超えるべく日々過酷なトレーニングを続けます。

 

そんなある日、地下闘技場を運営する徳川 光成(とくがわ みつなり)は
真の最強の男を決めるべく、最強トーナメントを開催します。
刃牙を中心として地下闘技場には世界中から猛者が集まってきました。

 

果たして、刃牙は最強トーナメントを勝ちあがる事が出来るのか?

父親である範馬刃牙を超える事が出来るのか?

ひたすらに最強を目指す範馬刃牙と最強の生物である範馬勇次郎を
中心に展開する骨太の本格格闘漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

と、ストーリーを話してみましたが

ぶっちゃけ、ストーリーにそこまで深みはありません。

「修羅の門」とかでもそうですが
格闘を中心に描かれているバトル漫画は

“バトルが面白ければ、何でもいい”

んですよね~

伏線とか深みとかそういった事ってあまり関係なくて

“いかにそのバトルを熱く描けるか?”

ここが焦点になります。

 

そのバトルの面白さで「グラップラー刃牙」は
格闘漫画の最高峰まで辿り着いたわけですが

そこまでに辿り着いた「グラップラー刃牙」の素晴らしさとを語っていこうかなと思います。



 

「グラップラー刃牙」のここが凄い!

バトル描写のエグさと試合内容がマッチしすぎ!

「グラップラー刃牙」の一番の特徴であるバトルシーンですが
何よりも素晴らしいと思うのは、今までの漫画になかった

「エグさ」が加わっている、という点です。

 

序盤に出てくる鎬昂昇は「ヒモ切り」という技を得意としていて

体に廻っているいる神経を引っ張り出して
その神経を切る事が出来る

というめちゃくちゃな必殺技を持っています。

その神経が切られる様ったらないんですよ。

「とにかく、エグイ!!」

グラップラー刃牙以前に連載されていた格闘漫画って
スマートな漫画が多かったんですよね。

 

逆にグロい漫画はただただグロい

という感じで両極端だったんですが

グラップラー刃牙はスマートさとエグさが
良い具合に共存しているんですよね~

 

刃牙の父親である範馬勇次郎の圧倒的な強さの前に敗れていく
敵たちが出てくるんですが、そのやられっぷりも見ていられません。

普通に骨が皮を突き出てしまうし、
骨とかも折れまくるし

その痛々しさは見ていられないレベルです。

 

このバトルの描き方は「板垣ワールド」といって良いくらいに

「独特」

です。

ラーメン二郎のラーメンみたいな感じですよね。

パンチが強くて、食べ終わった後は

「もう、一生いらね~」

と思いながらも次の週にはまた食べたくなる。

そんな中毒性のある試合内容と描写です。

 

たぶん、「刃牙の絵はムリ!」と思う人は
ずっと無理だと思うんですけど

一度ハマってしまったら「刃牙はこの絵じゃなきゃ面白くない!」

思ってしまうんですよ。

私も最初、刃牙の絵が嫌いでね~

「うわ~、なんか気持ち悪い絵!!」

とか、思っていたけど、あの絵で描かれるからこそ

「試合内容が倍面白くなるんです」

 

絵が好みでも、好みでなくても一度読んでみるといいですよ。

私の言っている事が分かると思いますから…

 

そんな中毒性が「グラップラー刃牙」の最大の魅力ですね~




 

自由すぎる板垣恵介、自由人ゆえに既存の枠を超える漫画に進化!

「グラップラー刃牙」はバトルシーンだけ面白ければ成立する

という事を、先ほど話ましたが

作者の板垣恵介さんはまさにそれを実践しています。

 

何というか「自由」なんですよね~

 

最初は

新しい敵キャラを出して、刃牙とこんな感じで戦って
次にこういう展開を用意して、こういう結末にしよう!

と、考えていながらも途中から

あっ、ここでさらに新しい敵キャラを出して刃牙と絡ませらた面白いな!
じゃあ、今までの敵キャラはかませ犬としてつかっちゃお!

みたいな感じでどんどん路線変更してくるんですよね~

 

とにかくめっちゃ自由です!!

「グラップラー刃牙」の時はまだストーリーという
線に乗せて物語を描いていましたが

「バキ」や「範馬刃牙」あたりになると自由度が飛躍的にアップして
ストーリーが収束しないほどにフラフラし続けます。

 

ただその分、バトルシーンは面白くなるんですよね~

面白くなるというか「ごちゃごちゃになる」感じで
とにかくバトルシーンだけを重視した感じが強くなってきます。

 

その様はまるで最初から最後までメインディッシュしか出てこない
フレンチのコースのようです。

「はい、最初にステーキ」

「次に、フォアグラ」

「次に、またステーキです!」

みたいな感じで、とにかく無計画にメインディッシュを出し続ける。

 

これが「グラップラー刃牙」の持ち味です。

この展開を素晴らしいという人も言れば

「もうちょっと、ストーリーを立ててもいいんじゃない?」

という人もいます。
(私もどっちかというともう少しストーリーを作ってほしい派です)

 

ただ、良くも悪くもこれが「グラップラー刃牙」の持ち味なんです。

板垣恵介さんの自由さがなくなってしまったら
「グラップラー刃牙」シリーズの面白さって失われてしまうんですよね。

 

とにかく「癖が強い」漫画です!!

 

それだけに格闘漫画好きのディープなファンを唸らせるだけの
漫画に仕上がっていますよ。




 

「グラップラー刃牙」の全体評

「グラップラー刃牙」は週刊少年チャンピオンを代表する格闘漫画です。

正直なところストーリーは行き当たりばったり感があり
練り上げられた感じはまったくないのですが

絵や描写を含めた試合内容がとにかく面白いです!

なかなか癖が強いので、画風が嫌いな人には厳しいかもしれませんが
一度ハマったら抜け出せないような魅力が「グラップラー刃牙」にはあります。

一筋縄ではいかない格闘漫画である「グラップラー刃牙」
一度は読んでほしい漫画ですね。

 

 

「グラップラー刃牙」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。



「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【eBookJapan】の方が安く手に入りますよ。