「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、人気漫画の最後・結末はこうなった!

Pocket

月刊少年ガンガンなどで連載されていた
人気漫画「ひぐらしのなく頃に 皆殺し編」(作者:竜騎士07)について
最終回のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

梨花は自分の運命を変える事が出来たのか?

オヤシロさまを語った犯人はいったい誰だったのか?

などなど「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

月刊少年ガンガンなどで連載されていた

「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「ひぐらしのなく頃に」を読んで久々に怖い漫画に出会ったと思った

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

他の「ひぐらしのなく頃に」シリーズ最終回(ネタバレ)については以下からご覧下さい。

「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」の最終回(ネタバレ)

「ひぐらしのなく頃に 綿流し編」の最終回(ネタバレ)

「ひぐらしのなく頃に 祟殺し編」の最終回(ネタバレ)

「ひぐらしのなく頃に 暇潰し編」の最終回(ネタバレ)

「ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編」の最終回(ネタバレ)

「ひぐらしのなく頃に解 目明し編」の最終回(ネタバレ)

「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」の最終回(ネタバレ)

「ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編」の最終回(ネタバレ)

 

 

それでは「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

ひぐらしのなく頃にを無料で読むには?

「ひぐらしのなく頃に」は
無料アプリである「マンガUP!」で読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガUP!は毎日10作品以上をアップ!
常時100タイトル以上の作品が読める国内最大級の漫画アプリです!

もちろん「ひぐらしのなく頃に」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガUP!-人気漫画が全巻無料読み放題

【Android専用】マンガUP!-人気漫画が全巻無料読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

 

 

1.最終回までの流れ

場面は古手梨花が何者かに殺されているところを
俯瞰で眺めるところから始まります。

梨花は死んだ後、姿形がほぼ一緒である

フレデリカ ベルンカルテル

という人物が現れます。

 

フレデリカは梨花に、この世を外側から眺める能力がある事を伝えます。

そして、様々なストーリーの中を生きている事を知り、
どのストーリーでも58年6月で殺されている事を知ります。

 

この繰り返しとも言えるストーリーには3つのルールがあります。

ルールX 誰が必ず惨劇に巻き込まれる

ルールY 富竹ジロウと鷹野三四は必ず同じ死に方で死ぬ

ルールZ 園崎家に疑いがかかるようになる。(実際はブラフ)

そして、このルールが作用した結果、必ず古手梨花が殺される

という悲しい現実を味わい、

”何度も生きては殺される”

という悲劇を繰り返してきました。

 

梨花は時間を巻き戻す能力が弱まっている事を感じとり、
今回の世界では生き延びる事を誓います。

梨花のパートナーとも言える時間を戻せる妖精羽入と共に戻った現世界

たった2週間しか巻き戻せず、そろそろ限界が近づいている事を感じていました。

 

梨花は罪滅し編では、別世界の記憶があった圭一に、
レナと戦った記憶を問いますが、圭一の頭には記憶がありません。

梨花は今回も自分が殺される結末になるのか…

という絶望感に打ちひしがれていました。

 

死を待つだけの梨花でしたが、圭一の行動がいつもと少しずつ違い、
梨花の知っている現実ではなくなってきます。

詩音や魅音が狂気に駆られる動機となる
ポイントをクリアしているのを見て

今回は未来を変えていこうと進んで行きます。

 

レナも魅音も詩音も圭一もぼんやりと過去を記憶しており、
誰もが凶行に走らず、時間が進んでいきます。

梨花は自分の未来を変えるべく

鷹野三四と富竹ジロウに死が待っている事を伝えます。

そんな行動をする梨花のもとに梨花が信頼していた赤坂が訪問してきた事で
梨花は運命が少しずつ変わっている事を実感します。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧

 

 

また入江、富竹ジロウ、鷹野三四は秘密裏に国から派遣された

”雛見沢から精神異常(雛見沢症候群)を防ぐプロジェクトの一員である”

という事が判明し、鷹野達は、梨花を全力で守るよう動き出します。

 

梨花は思う通りに進んでいく事に望みを持ちますが、
沙都子の叔父である北条鉄平が戻ってきて事態は一変します。

沙都子が虐待を受けて、梨花や圭一達は沙都子を救うため悩み出した挙句に

圭一はクラスメイト全員を引き連れて児童相談所へ何度も足を運び、解決に尽力します。

そして3日ぶりに学校に来た沙都子を相手に
圭一達は自分からも虐待を主張するように説得します。

しかし、沙都子は兄の悟史を守る為、家を出ない事を告げます。

そんな沙都子を見ても、圭一や梨花達は何度も児童相談所へ足を運び説得を続けます。

児童相談所でも結果を得られない圭一達は
圧力をかけている村の重鎮達の説得に動きます。

必死の説得で村の重鎮を説得。

また村のボスである園崎お魎も説得した圭一達は児童相談所を動かします。

 

そして、頑なに助けを拒否していた沙都子の心も動かしSOSを自ら出します。

その結果、北条鉄平は逮捕。

沙都子は無事に仲間の元に戻ります。

 



 

次に梨花は運命を変えるべく、鷹野三四と富竹ジロウが殺されないよう画策します。

しかし、綿祭りの日。

 

鷹野三四は雛見沢症候群を継続するべき使者である事が判明、
富竹ジロウを殺害してしまいます。

 

鷹野は自らの偽装死体も用意して、
終末作戦(雛見沢全滅作戦)に向けて動き出します。

そんな動きを見て疑心暗鬼に陥る梨花は何を信じていいのか分からなくなります。

 

そしてとうとう梨花が死ぬ日を迎えます。

鷹野の手下である小此木から電話が入り、
入江所長が黒幕であると伝えられます。

 

しかし、その言葉を素直に信じられない梨花は
大石に連絡してボディーガードをつけてもらいます。

そこに駆けつける圭一達、梨花はずっと隠していた雛見沢の過去を圭一達に話し出します。

雛見沢には雛見沢症候群という病気があり、
雛見沢を離れてしまうと精神が錯乱してしまうという症状の病気でした。

それを防ぐ為には女王感染者である梨花が村に存在しなくてはいけない。

梨花が死んだら、村人皆が発症し、錯乱し、殺し合いを始める。

という話を圭一達にしたところ、圭一達は梨花を信用します。

 

一方、鷹野の死亡が偽装だと言う事を突き止めた大石は
梨花にその事を伝え、梨花の元に向かおうとしますが、山狗に殺されてしまいます。

鷹野は梨花を殺して、オヤシロさまの祟りを実行させようとします。

山狗に追われて窮地に追い込まれる梨花と沙都子を圭一達が救いに来ます。

山狗達を倒した圭一達ですが、鷹野が現れ圭一を射殺します。

そして、魅音、詩音、レナ、沙都子と次々に殺され、
梨花も腹を捌かれ殺されてしまいます。

 

死後、その様子を天から眺める梨花。

次回は運命を変えると誓いますが、そこに圭一達の霊体も現れます。
そして羽入に対して、次の世界では良い未来を作ろうと誓い合います。

 

一方、総理官邸では総理大臣が梨花の死亡報告を受けた事で、
雛見沢を全滅させる許可を得たシーンが描かれます。

そして、舞台は最終回へと移ります。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧

 

 

2.最終回のストーリー

6月23日深夜

村の山中から火山性ガスが流れていると
防毒マスクを被った男達が村人を避難させていました。

 

鷹野(入江機関)は

レベル2以上の感染者を全員始末する事

機関施設の完全なる証拠隠滅

このマニュアルの隠蔽

これらをもとに村人を始末する方向で動き出していました。

 

村の外へ出る事を禁じ、妨害電波を出してテレビ、
電話などの通信機器を全てシャットアウトします。

ガスによる死亡不自然な点を無くす為に
通帳などの貴重品だけ持たせて、避難所へと誘導させます。

鷹野の部下が黙祷をする中で、鷹野は自分が神になったと言い放ちます。

 

そして、毒ガスが避難所に放たれて、村人達は次々と死んでいきます。

避難所から脱走した村人は射殺され、村人は全滅します。

 

鷹野はその様子を見て

「私が雛見沢村に神を降臨させたのだ」と悦に入ります。

 

そしてこう言い放ちます。

「我はついに神の領域に至ったのだ」

「我を崇めよ、讃えよ、そして畏れよ!!」

「我こそはオヤシロさまなり!」

 

ここで場面はフレデリカ ベルンカルテルの方へ移ります。

フレデリカはこれでこのカケラのお話はおしまい。
梨花の知りたい事は全て揃った事を読者に伝えます。

これまでの話で世界の構造は分かったでしょ?

と問いかけ、鷹野に負けない為の次のカケラに向かう
梨花の姿を描いて物語は終了となります。

 




 

「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」最終回の感想

「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」のラストは
今まで起こったことのすべての謎が解けた形で終了しますが

これまでの編の中でも一番のバッドエンドでしたね。

 

今までは圭一や魅音など、主要人物が悲しい勘違いをしてしまい
感情が暴発して、事件に発展してしまう

というパターンでしたが、

「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」では

雛見沢に悲劇をもたらそうとする犯人鷹野三四が
縦横無尽に悪事を働くという展開になっています。

 

最後はとてもスリリングでしたが、北条鉄平のくだりが
ちょっと長かったところは少し中だるみした感じがありますね。

何はともあれ、最終回がどうなるんだろう??

という気になる展開で終わっているので
この話を読んだのであれば、祭囃子編も読んでおきたいですね。

「ひぐらしのなく頃に」はやっぱり全部読んでこそ
その素晴らしさ、価値を感じられますね。

是非、読んでほしい漫画です。