「ひぐらしのなく頃に」読む順番とストーリー全体を分かりやすく解説!ネタバレありです。

Pocket

月刊少年ガンガンなどで連載されていた
人気漫画「ひぐらしのなく頃に」(作者:竜騎士07)について
読む順番とストーリー全体を解説しています(ネタバレがあります)

「ひぐらしのなく頃に」とは一体どんな漫画なのか?

数々あるエピソードはどう繋がっていくのか?

などなど「ひぐらしのなく頃に」に出てくる各編についても
詳しく解説していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

月刊少年ガンガンなどで連載されていた

「ひぐらしのなく頃に」

です。

 

この漫画の読む順番とストーリー全体を分かりやすく解説してます。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「ひぐらしのなく頃に」を読んで久々に怖い漫画に出会ったと思った

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「ひぐらしのなく頃に」について話していきます。

 

「ひぐらしのなく頃に」全体のストーリーとあらすじ

「ひぐらしのなく頃に」のストーリーは
ちょっと複雑になっているので

最初に全体のストーリー・世界観について説明をします。

「ひぐらしのなく頃に」は○○編と呼ばれる話が
8つ用意されていますが、これら一つ一つの話は
夢オチとかではなく、全て現実世界での話になっています。
(もちろんフィクションですが…)

 

これら一つ一つの話はカケラと呼ばれ
天界のような場所では俯瞰で見る事が出来ます。

・前原圭一が狂ってしまった世界
・園崎詩音が狂ってしまった世界
・鷹野三四に支配されてしまった世界

など、同じ時系列ながら、それぞれの独立する話が
何度も繰り返されているような世界です。

登場する人物は他の世界(カケラ)での記憶は無く
自分が生きる世界を精一杯生きるのですが

ただ一人、古手梨花だけは天界のような場所にいく事が出来て
他の世界(カケラ)での記憶を引き継ぐことが出来ます。

 

その古手梨花はどのカケラでも昭和58年6月に殺されてしまいます。

古手梨花は殺される度に天界に戻り
また別のカケラで梨花としての人生を生きる

そして、昭和58年6月に殺されて天界に戻る

という地獄のようなループを繰り返していました。

 

自らが生き抜くため、この地獄のようなループを阻止したい梨花

そして、梨花が死ぬことで、最終的に全滅してしまう雛見沢村の未来を
なんとか変えていこうとしていくストーリーになっています。

 

出題編となっている4つの編では
それぞれのカケラで統一されているルールについての説明を
各エピソードを交えて話しています。

なぜ登場人物が狂気に駆られてしまうのか?

登場人物が聞こえる謎の足跡とは何なのか?

なぜ喉を掻きむしって死んでしまう人間がいるのか?

などなど、これ以外にもある多くの事象について伏線を張っています。

 

そして、「ひなげしのなく頃に解」とタイトルを変えた
解答編の4つの編で、

それぞれの伏線にどういう意味があったのか?

どういうメカニズムで起こった事象なのか?

という事を説明しつつ、それぞれのカケラで
梨花が自分の運命を切り開くドラマを描いています。

 

これが「ひなげしのなく頃に」「ひなげしのなく頃に解」の
全体像になっていますので、これらを踏まえて、

読んでいく順番とそれぞれのストーリー(概要)

について話をしていきたいと思います。

 

 

「ひぐらしのなく頃に」を無料で読む方法

「ひぐらしのなく頃に」は
無料アプリである「マンガUP!」で読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガUP!は毎日10作品以上をアップ!
常時100タイトル以上の作品が読める国内最大級の漫画アプリです!

もちろん「ひぐらしのなく頃に」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガUP!-人気漫画が全巻無料読み放題

【Android専用】マンガUP!-人気漫画が全巻無料読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

 

 

「ひなげしのなく頃に」を読む順番

「ひなげしのなく頃に」を読む順番は

鬼隠し編 → 綿流し編 → 祟殺し編 → 暇潰し編

以上4つが「出題編」となっており、

 

目明し編 → 罪滅し編 → 皆殺し編 → 祭囃し編

以上4つが「解答編」となっているので

「出題編4エピソード」→「解答編4エピソード」

という形で読んでいって下さい。

 

先ほども話した通り、全てがネタ振りになっているので
推奨されている順番通りに読んでいくことをオススメします。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧

 

 

「ひなげしのなく頃に」それぞれのストーリー概要とまとめ

「ひなげしのなく頃に」鬼隠し編

主人公は全編を通してキープレイヤーとなる前原圭一

雛見沢という村に引っ越してきて、平和で楽しく暮らしていましたが

雛見沢村のお祭りである綿流し祭りで
ルポライターの富竹ジロウと鷹野三四が殺された事で
刑事に協力を求められる前原は徐々に仲間達に疑いの目を持ち始めます。

 

疑心暗鬼になった前原はノイローゼになり
仲間的に敵意を強く持つようになります。

レナや魅音に襲われた前原は、二人を金属バットで撲殺してしまいます。

 

自首しようとして刑事である大石に電話をした前原でしたが
自分の喉を掻きむしり、亡くなってしまうのでした。

 

「ひなげしのなく頃に」鬼隠し編の
詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。

「ひなげしのなく頃に」鬼隠し編のあらすじと最終回

 



 

「ひなげしのなく頃に」綿流し編

主人公は雛見沢村の有力者の跡継ぎである園崎魅音

雛見沢村で毎年一度ある綿流しのお祭り。

このお祭りが行われる時に必ず一人が殺され、
一人が行方不明になるという事件が起こっていました。

 

前原と魅音の双子の妹である詩音は
富竹ジロウ、鷹野三四の四人で「開かずの祭具殿」に忍び込み
様々な拷問器具を見つけてしまいます。

翌日、富竹と鷹野が殺されたうえに、村人全員が
四人が祭具殿に忍び込んだ事を知っていました。

 

命の危険を感じる前原と詩音は様々な人間に相談しますが
相談された人間が次々に殺されてしまいます。

犯人は園崎魅音でした。

 

魅音は前原、詩音を殺そうとしますが、
警察によって助け出されますが魅音は逃亡します。

後日、前原は魅音に腹部を刺されてしまい
詩音は隠れ家にしていたマンションのベランダから落ちて死んでしまいます。

そして、魅音は園崎家の隠し井戸の中で遺体となった見つかるのでした。

 

「ひなげしのなく頃に」綿流し編の
詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。

「ひなげしのなく頃に」綿流し編のあらすじと最終回

 

 

「ひなげしのなく頃に」祟殺し編

主人公は再び前原圭一となります。

前原の友人である北条沙都子は義理の父に虐待を受けていました。

このことに気付いた前原はなんとか沙都子を救おうとしますが
児童相談所は動かず、どんどん状況は悪化してしまいます。

 

前原は魅音に綿流し祭りの祟りにならって
「沙都子の義父を殺してほしい」と暗に伝えますが拒否されます。

苦しみ追い詰められる沙都子の姿を見て苦しむ前原は
自分の手で沙都子の義父を殺す決意。

沙都子の義父を外へ呼び出して殺害する事に成功します。

しかし、義父を殺した前原のアリバイを
レナ達が一緒にいたと証言したため、前原は混乱していきます。

 

そして、前原が殺したいほどに激しい憎悪を抱いた人間が
次々と死んでいくという不思議な現象が起こります。

自分には呪いの力がある事を疑う前原ですが
恨みを持っていない梨花も殺されてしまった事で
親友の沙都子に橋の上から突き落とされてしまいます。

 

沙都子に橋から落とされた前原ですが、かろうじて生きており
診療所を目指して、満身創痍の体で戻ると

雛見沢村の某所から猛毒の火山性ガスが発生した事で
雛見沢村のほぼ全員が死んでしまった事を知ります。

そして前原も2日後に原因不明の高熱で急死してしまいます。

 

「ひなげしのなく頃に」祟殺し編の
詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。

「ひなげしのなく頃に」祟殺し編のあらすじと最終回

 

 

「ひなげしのなく頃に」暇潰し編

主人公は影の主役である古手梨花となります。

公安部に所属する赤坂という刑事は
「建設大臣である犬飼の孫が誘拐された」
という事件を解決するため雛見沢村に訪れます。

赤坂の前に古手梨花という女の子が現れ、親切にして貰いますが
ある時、梨花は突然豹変して、赤坂に村から出ていくように脅しをかけます。

 

赤坂は地元の刑事である大石と組んで、
犬養大臣の孫を救い出すことに成功します。

この事件で深手を負ってしまった赤坂は
妻に無事を報告しようと公衆電話に向かった時に梨花に出会います。

 

梨花は赤坂に未来が予知できる能力がある事を話し

「私は数年後に殺されてしまう」
「宿命だから仕方がないけど、やっぱり切ない」

と「生きたい」気持ちを告げます。

 

そんな中、大石が来て、
赤坂の妻である雪絵が亡くなった事を伝えます。

梨花が赤坂に伝えた通り、赤坂に不幸が訪れてしまったのでした。

 

そして、7年後。

久しぶりに大石と再会した赤坂は梨花が殺された事を知るのでした。

 

「ひなげしのなく頃に」暇潰し編の
詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。

「ひなげしのなく頃に」暇潰し編のあらすじと最終回

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧

 

 

「ひなげしのなく頃に解」目明し編

主人公は園崎詩音となります。

園崎詩音は街で不良に絡まれているところを
北条悟史という人物に助けられた事で、悟史に好意を持つようになります。

 

悟史には沙都子という妹がおり、虐待を受けていました。

悟史が沙都子をかばいながら、徐々に気持ちを病んでいく姿を見て
詩音は、悟史が弱っていくのは沙都子のせいだと決めつけ、二人は衝突。

その一方で、悟史は沙都子を救うため、祖母を殺害する計画を立てており
綿流しの祭りの日に殺害を決行します。

 

祖母殺害から数日して、悟史は失踪してしまいます。

血眼になって捜索する詩音ですが、詩音の動きを不適切と判断した
祖母のお魎と魅音に拉致され、拷問を受けます。

 

1年が経っても悟史は変わらず失踪したまま
そんな詩音の前に鷹野三四という人物が現れます。

鷹野は暗に園崎家を中心とした村ぐるみの犯行である事を伝え
園崎家に疑いを持つ詩音

 

そんな詩音は魅音の手によって再び拉致されそうになりますが

魅音をスタンガンで倒し、逆に地下部屋に拉致
そして祖母のお魎を殺して、死体を始末します。

詩音は村ぐるみの犯罪を確信します。

 

村への憎しみに溢れた詩音は魅音になりすまし、
古手神社の巫女である古手梨花にアプローチし
梨花、そして親友の沙都子も殺してしまいます。

前原も呼び出して殺そうとしますが、正体を見抜かれてしまいます。

追い込まれた、詩音は魅音と入れ替わり、魅音を殺してしまいますが
その際に一連の犯行は園崎家(お魎)の犯行ではない

という真相を詩音に告げます。

 

詩音は自分の犯行が無意味なものだった事に気付きながらも

人を殺すことに快楽を覚えてしまった殺人鬼として
魅音を殺してしまうのでした。

詩音は後日、前原を刃物で刺し、自分だけ生き残ろうとしますが
マンションに戻ろうとしたときに脚を滑らせ転落

そのまま死亡してしまうのでした。

 

「ひなげしのなく頃に」暇潰し編の
詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。

「ひなげしのなく頃に解」目明し編のあらすじと最終回

 

 

「ひなげしのなく頃に解」罪滅し編

主人公は竜宮レナです。

竜宮レナは過去に雛見沢村に住んでいて
父が母と離婚した事によって、雛見沢村に戻ってきた身ですが

体の部分が痒くて仕方がないという症状を持っており
雛見沢村にあるオヤシロさまの呪いを恐れていました。

 

レナは自分の父親を騙そうとするリナと鉄平も殺してしまいます。

レナが二人の遺体を隠そうとしている時に
圭一や魅音達に見つかってしまいますが
圭一ら仲間は、レナの罪を認め、許します。

 

ある日、鷹野三四がレナに近づいてきて
オヤシロさま伝説について記されたスクラップを貰います。

綿流し祭り当日、富竹ジロウと鷹野三四が死亡した知ったレナは
三四の持っていたスクラップが殺害動機だと判断します。

レナは圭一に相談し、蛆が湧く現象は寄生虫によるもので、
その秘密を隠すために村ぐるみで犯罪を行っているのだと断定します。

レナは三四のスクラップ記事を妄信し始め、
様々な事を最悪の事態として捉え始め
圭一、魅音らの仲間にも疑いの目を向け、憎しみを広げていきます。

 

レナを説得する圭一ですが失敗。
逆に圭一が過去に犯した罪(児童連続襲撃事件)について追及されます。

途方に暮れる圭一ですが、ある時別次元の世界の記憶がフラッシュバックします。

その世界は圭一がレナと魅音を殴り殺した世界。
唯一、その事に気づいた梨花は圭一を許します。

そして圭一は自分の命にかけてもレナを救う事を誓います。

 

レナの妄想は止まらず、学校で人質を盾に引きこもり
レナは教室にガソリンを撒き、警察と交渉を始めます。

交渉が上手くいかないレナを止めようとする圭一

圭一とレナは学校の屋上で対峙して戦い出しますが
その中で友情と絆を確認し合います。

そして、レナを説得することに成功します。

 

事件から22年後に移ります。

警視庁の刑事である赤坂は、梨花が死んだ事、

そして、その直後に突如噴出したガスにより雛見沢村の村民が
全滅するという雛見沢大災害が起こっていた事を振り返り

雛見沢村に何が起きたのかを解き明かそうとするのでした。

 

「ひなげしのなく頃に」罪滅し編の
詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。

「ひなげしのなく頃に」罪滅し編のあらすじと最終回

 

 

「ひなげしのなく頃に解」皆殺し編

主人公は古手梨花です。

場面は古手梨花が何者かに殺されているところを
俯瞰で眺めるところから始まります。

梨花は死んだ後、姿形がほぼ一緒である
フレデリカ ベルンカルテル
という人物が現れ、梨花にこの世を外側から眺める能力がある事を伝えます。

そして、様々なストーリーの中を生きている事を知り、
どのストーリーでも58年6月で殺されている事を知ります。

 

梨花はこのストーリーを打ち破り、
今回は58年6月以降も生き延びる事に挑みます。

想像以上に時間を巻き戻す事が出来ず
絶望から始まる世界の中で、梨花は何もできないと嘆きます。

しかし、圭一の行動がいつもと少しずつ違い、
梨花の知っている現実ではなくなってきている事を理解し
今回は未来を変えていこうと進んで行きます。

 

梨花は自分の未来を変えるべく
鷹野三四と富竹ジロウに死が待っている事を伝えるなど
出来る事を精一杯頑張ります。

 

沙都子の叔父である北条鉄平が戻ってくるなどの困難を
なんとか解決していった梨花ですが

鷹野三四が雛見沢症候群を継続するべき使者である事が判明し
富竹ジロウを殺害、鷹野は自らの偽装死体も用意して、
終末作戦(雛見沢全滅作戦)に向けて動き出します。

 

そして綿流し祭り当日

鷹野は静かに事を進めていき梨花のボディーガードを
してくれた大石を射殺、梨花と沙都子を救いに来た圭一達も
次々と鷹野に射殺され、梨花は腹を捌かれ殺されてしまいます。

 

そして、終末作戦として雛見沢村の全員を毒殺した
鷹野は「私が雛見沢村に神を降臨させたのだ」と悦に浸るのでした。

 

 

「ひなげしのなく頃に」皆殺し編の
詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。

「ひなげしのなく頃に」皆殺し編のあらすじと最終回

 

 

「ひなげしのなく頃に解」祭囃し編

主人公は田無美代子(鷹野三四)です。

田無美代子は貧しいながら親子三人で仲良く暮らしていましたが
ある日突然鉄道事故に巻き込まれ両親は死亡し、施設に放り込まれます。

そこは虐待が横行する地獄の世界でしたが
父親の恩師である高野一二三に助けられた事で
一生高野に恩返しをしていく事を誓います。

 

美代子は一二三が研究している雛見沢症候群(脳に入り込む寄生虫)の
研究を引き継ぐように猛勉強を始め、雛見沢村に研究所を設置するまでになります。

鷹野は殺人をも辞さない方法で
手段を選ばず、雛見沢症候群の研究を進めていました。

そんな懸命に研究を続ける鷹野ですが、研究の打ち切りが通達され
鷹野を雛見沢終末作戦へと導く謎の女性に洗脳されてしまいます。

 

梨花や羽入たちは赤坂、入江、富竹など
今まで仲間にならなかった人間たちを引き入れて
鷹野とのバトルに突入します。

 

梨花の命を守り、鷹野・小此木らの攻略した
梨花たちは完全なる勝利を収めます。

 

そして、迎えた綿流しの日
他のカケラとは対照的に平和のうちなお祭りが終了となります。

その後、それぞれのキャラクターがそれぞれの道を歩んでいきます。

今まで雛見沢村には無かった風景が広がるのでした。

 

「ひなげしのなく頃に」祭囃し編の
詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。

「ひなげしのなく頃に」祭囃し編のあらすじと最終回

 

 




 

 

「ひぐらしのなく頃に」の総括

「ひぐらしのなく頃に」は問題編ではおどろおどろしい感じが多いですが
「ひぐらしのなく頃に解」になってくると
ミステリーな要素が強くなってくるので

ホラー → ミステリー

という変貌を見せてくれます。

 

迫力のあるストーリー、そして迫力のある絵柄は
「ひぐらしのなく頃に」の持ち味なので
ここでネタバレを読んで頂いた方も是非本編を読んでいただければと思います。