「うみねこのなく頃に」のミステリーはコナンも金田一も絶対に解決が出来ない!!【無料で読めるアプリ情報付の感想・評価】

Pocket

2007年より月刊ガンガンJOKERなどで連載されている
人気漫画「うみねこのなく頃に」(原案:竜騎士07、作画:夏海ケイなど)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「うみねこのなく頃に」の素晴らしさや面白さ

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「うみねこのなく頃に」を無料で読むことのできる
アプリ情報などもお伝えしていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「うみねこのなく頃に」

です。

 

タイトルだけを聞くと叙情的な感じを受けますが
実際の中身を見てみると、
タイトルとは全く別の印象を受ける漫画です。

という事で、まずはこの漫画ジャンルの説明をしておきましょう。

この漫画のジャンルは「サスペンス漫画」です。

 

サスペンス漫画というと「名探偵コナン」や「金田一少年の事件簿」的な
殺人事件を解決するようなミステリー漫画を思い浮べる人が多いと思いますが

「うみねこのなく頃に」はサスペンスの要素を多分に含み
一瞬、王道ミステリー漫画かなぁと思ってしまう中で

後半になるとダークファンタジーっぽい要素が
ふんだんに絡んでくる捻りのある作品になっています。

 

もともとはゲームから始まっている作品で
そこから漫画やアニメ、小説といった
様々なメディアに派生しているんですね~

このあたりの広がりからも「うみねこのなく頃に」の人気が伺えますよね。

 

このブログでは「ひぐらしのなく頃に」
という作品を紹介しているんですが

「うみねこのなく頃に」は同じような世界観で描かれています。

「ひぐらしのなく頃に」も面白いので、是非読んでみてくださいね。

「ひぐらしのなく頃に」を読んで久々に怖い漫画に出会った

 

という事で「うみねこのなく頃に」がどんな漫画なのか?

そして、どんなところが面白い点や素晴らしい点なのか?

 

「うみねこのなく頃に」の魅力について存分に語っていきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「うみねこのなく頃に」はどんな作品?

「うみねこのなく頃に」は月刊少年ガンガンJOKERなどされていた人気漫画です。
ジャンルはサスペンス漫画
原案は竜騎士07、作画は夏海ケイなど
コミックスは全49巻が発刊されています。

 

原案:竜騎士07(全作品)

作画
エピソード1 夏海ケイ
エピソード2 鈴木次郎
エピソード3 夏海ケイ
エピソード4 宗一郎
エピソード5 秋タカ
エピソード6 桃山ひなせ
エピソード7 水野英多
エピソード8 夏海ケイ

出版社:スクウェア・エニックス

掲載誌
エピソード1 ガンガンパワード、月刊ガンガンJOKER
エピソード2 月刊Gファンタジー
エピソード3 月刊ガンガンJOKER
エピソード4 ガンガンONLINE
エピソード5 月刊ガンガンJOKER
エピソード6 月刊Gファンタジー
エピソード7 月刊少年ガンガン
エピソード8 月刊ガンガンJOKER

掲載期間:2007年~2015年

巻数
エピソード1 全4巻
エピソード2 全5巻
エピソード3 全5巻
エピソード4 全6巻
エピソード5 全6巻
エピソード6 全6巻
エピソード7 全9巻
エピソード8 全9巻

 

 

「うみねこのなく頃に」を無料で読むには

「うみねこのなく頃に」は
無料アプリである「マンガUP!」で読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガUP!は毎日10作品以上をアップ!
常時100タイトル以上の作品が読める国内最大級の漫画アプリです!

「うみねこのなく頃に」も期間限定にて原則無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガUP!-人気漫画が全巻無料読み放題

【Android専用】マンガUP!-人気漫画が全巻無料読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「うみねこのなく頃に」と検索して下さいね。

 

 

「うみねこのなく頃に」の概要とあらすじ

10月4日10時

主人公の右代宮戦人(うしろみや ばとら)は
親族会議をするために伊豆諸島にある六軒島という島を訪れます。

同行している親族には朱志香、真里亞、譲治らがいました。

 

そんな六軒島にはベアトリーチェという魔女の伝説があり、

当主の右代宮金蔵はベアトリーチェを中心とした黒魔術に没頭し、
他の親族との関わりを避けていました。

六軒島の邸宅で会議に望むのは以下の人間。

次期当主で序列二位 右代宮蔵臼(朱志香の父)
序列三位 右代宮絵羽(譲治の母)
序列四位 右代宮留弗夫(戦人の父)
序列五位 右代宮楼座(真里亞の母)
序列六位 右代宮朱志香
序列七位 右代宮譲治
序列八位 右代宮戦人
序列九位 右代宮真里亞
序列十位 右代宮夏妃(朱志香の母)
序列十一位 右代宮秀吉(譲治の父)
序列十二位 右代宮霧江(留弗夫の後妻)

そして、周りには以下の人間がいます。

金蔵の主治医 南條輝正
使用人頭 呂ノ上源次
本家使用人 郷田俊朗
使用人 嘉音、紗音、熊澤

 

子供がいなくなった後で、金蔵の遺産について話し合う
蔵臼達ですが、当然の事ながら口論に発展します。

それぞれがお金に困る状況の中、

金蔵が隠し持っているという
10トンの金塊を探そうという話に展開します。

その展開を読んでいた金蔵は親族を生け贄にして
魔女に捧げる事を宣言するのでした。

 

果たして、魔女の生贄になってしまうのは誰なのか??

10トンの金塊は本当に存在するのか??

サスペンスにファンタジーを加えることで
独自の世界観を表現しているダークファンタジー漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

 

最初のあらすじについて話をしましたが

これはエピソード1の中の序章に過ぎないんですよね~

エピソード1を全て読み終わっても
「うみねこのなく頃に」は掴みしか分からない

という壮大かつ先を楽しめる展開になっています。

まずはエピソード1を全部読んで欲しいですよね~

 

という事で、ここからは「うみねこのなく頃に」の魅力や
面白い点を語っていこうと思いますが

ここからはネタバレが入っているので
それを見たくない方は

無料アプリ、もしくは試し読みで一度読んでから来てくださいね。

 

という事で「うみねこのなく頃に」の感想を語っていきます。

 



 

「うみねこのなく頃に」のここが凄い!

江戸川コナンでも金田一一でも解決できない殺人事件

「うみねこのなく頃に」の最も特徴的な点は

『サスペンスではなく、ファンタジーだ』という事ですね。

 

エピソード1を見たときは

「これはかなりの難事件だなぁ」

と感心してみていたんですが
話が進んでいくと

「そもそも無理じゃね!?」

みたいな形で話が進んでいくんですよ。

そして、トリックとかもイマイチ良く分からない状態で

”密室を破れる可能性を一つ示せば既に解決”

みたいな抽象的な解決方法が多かったりするんです。

 

これは江戸川コナンや金田一一が見たら ”激おこ” ですよ。

「真実はいつも一つ!!」

と威勢よく言っているのに、そもそも真実が一つではないですから。

 

そして、私がなんとも度肝を抜かれたのが
トリックを仕掛ける側が

「被害者Xは死んだふりをしているだけで
実際は生きていて共犯として暗躍していたんだ」

という理屈を展開すると、探偵役の少女が

「いや、それはない。
なぜなら死体を確認した際に私が首を切って殺したから
共犯者でありえるはずがない」

という前代未聞の推理を聞かせてくれます。

普通で考えれば

「じゃあ、貴方が犯人ですね。事件解決です」

となるのですが、何故かトリックを仕掛けた側が

「何!?そんな手段でこちらのトリックを邪魔するのか!?」

みたいに狼狽してしまうという始末。

 

「うそーーーーーん!!」

一つのエピソードを読み終わるまで
この感情がずっと消えませんでした(笑)

 




 

そもそも「うみねこのなく頃に」はサスペンスではないんですよね。

魔法の世界を描いた「ファンタジー」なんです

ドリフの大爆笑のように

「もしも、こんな舞台で殺人事件が起こったら…」

という過程で、魔法の国にいる人が
推理をして楽しむゲーム盤になっているのが

うみねこのなく頃にの世界観です。

 

なので、サスペンスを期待して漫画を読むと
かなり物足りなく感じてしまう漫画になっています。

魔女たちが殺人事件というゲームを通じて
バトルを繰り広げるファンタジーバトル漫画

というのが「うみねこのなく頃に」の正しいジャンルですね。

 

「名探偵コナン」や「金田一少年の事件簿」のファンには
ちょっとオススメが出来ない漫画なので

ファンタジー好きの人に読んでほしいですね。

 




 

「うみねこのなく頃に」の全体評

「うみねこのなく頃に」はサスペンス漫画に見立てた
ファンタジーバトル漫画になっています。

ですので、ファンタジー漫画好きの人の方が楽しめます。

まためちゃくちゃなトリックとロジックには
サスペンスファンはちょっとポカーンとしてしまいますが

最後は綺麗にまとめてくれるので
エピソード8まで読む意味はあります。

このレビューを読んで、さらに混迷が深まった人は
エピソード1だけでも読んでみて下さい。

そこから判断していきましょう!!

 

ちなみに「うみねこのなく頃に」の最新刊を完全無料で読む方法があるのを知っていましたか?

実は「U-NEXT」というところで無料で読むことが出来るんですよ。

「U-NEXT」は映画やドラマやアニメが無料で見られるサービスなんですが
漫画も1冊無料で読むことが出来るんです。

しかも、31日間無料サービスをやっています。
完全無料で利用できるのでオススメです。

こちらから読むことが出来るので
チェックしてみて下さい。

「うみねこのなく頃に」最新刊を無料で読むのはコチラから>>

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選