狂気の漫画「隣人13号」は一度読んだら止まらない!【感想・レビュー・ネタバレなし】

Pocket

コミックスコラで1993年から連載されていた
人気漫画「隣人13号」(作者:井上三太)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「隣人13号」の印象的だった点

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「隣人13号」はどのあたりが特徴的なのか?
これから何を期待できるのか?

「隣人13号」の見所も含めて語っていきつつ
「隣人13号」を無料で読む方法についても話したいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「隣人13号」

です。

1993年に公開された漫画

そしてコミックスコラという超マイナーな雑誌
(今は休刊となっているそうです)

という事で、「まあ知らないよね」と思ってしまう訳ですが

実はこの漫画は2005年に映画化されているんですね~

 

しかも主役は中村獅童さんと小栗旬さん!!

この二人が主演を務めるくらいですから
漫画にパンチ力があったことが分かりますね。

 

まずはこの漫画が、どんなジャンルの漫画なのかを説明していきましょう。

この漫画のジャンルは「サスペンス漫画」です。

そして、サスペンス漫画の中でもホラー色の強い漫画なんですよね~

 

こういった作品は結構好きなんです。

 

このブログで紹介した中だと

「殺し屋イチ」

あたりに近いですね~


(殺し屋イチ)

 

殺し屋イチを読んだことがある人は分かると思いますが

「変態」と「バイオレンス」

が前面に出ている漫画です。

 

という事で、一定の読者を突き放したところで

「隣人13号」がどんな漫画なのか?

「隣人13号」の魅力や世界観について存分に語っていきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「隣人13号」はどんな作品?

「隣人13号」はコミックスコラで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはサスペンス漫画
作者は井上三太
コミックスは全3巻

 

作者:井上三太
出版社:幻冬舎
掲載誌:コミックスコラ
掲載期間:1993年~1994年
巻数 全3巻

 

 

「隣人13号」を無料で読むには

「隣人13号」をすぐ読みたい方は
「マンガPark」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガParkは気になる作品が最終話まで全部一気に読める!
全巻まとめ読み&先読み機能搭載!

もちろん「隣人13号」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガPark -人気漫画が全巻無料読み放題

【Android専用】マンガPark -人気漫画が全巻無料読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

 

 

「隣人13号」の概要とあらすじ

主人公の村崎十三(むらさき じゅうぞう)は
子供の頃、酷いいじめにあっていました。


(主人公の 村崎 十三)

 

気弱な性格から大人になっても自分の立ち位置が見つけられず
冴えない生活を過ごしていましたが
そんな十三にはある秘密がありました。

 

それは13号という別人格が存在すること。

 

13号は殺人すら平気で行う凶暴な性格ですが
十三の怒りの感情が爆発して作り上げられたものでした。

 

 

十三はとび職の仕事に就きますが
そこには子供の頃、イジメを受けていた張本人

赤井コージ(あかい こーじ)がいました。


(赤井 コージ)

 

大人になってもイジメを止めていなかった赤井は
新入社員の十三に対しても嫌がらせを行います。

その嫌がらせに十三は一瞬13号の顔を見せ反撃しますが
すぐに十三は13号を収めます。

その十三の言動に違和感を感じた赤井はその後も執拗に十三をイジメます。

 

果たして、十三と赤井の関係はどうなるのか?

13号はどこまで暴走を続けてしまうのか?

 

二重人格である十三と13号がハチャメチャに暴れ回る
サイコスリラー色の強いサスペンス漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

 

ストーリーだけ聞くと

「二重人格で片方が凶暴な性格というのは、まああるかもね」

となりそうなんですが、その凶暴さが突き抜けているんですよね。

 

漫画を読んでいると

「うそーん!!」

と、思わせてくれるほど、いきなり突き抜けた行動をとってしまう13号

 

この突き抜けた凶暴性は読む人をいきなり絞ります。

 

多分、嫌な人は第一話で

「もう無理!」となると思います。

という事で、

パンチ力の強い個性を持つ
「隣人13号」が、どんな漫画なのか?

これから、語っていきたいと思います。

 



 

「隣人13号」の特徴

男臭さ全開の画風がクセになる

隣人13号を最初に読んだ時の思った印象

「絵のクセが凄い!!」

 

絵の雰囲気で読みたいか読みたくないかが決まってくるので
漫画を読むのに絵って大事ですよね。

 

ワンピースのレビューのところで話したのですが

私は当初ワンピースの絵が受け付けず

頂上決戦あたり(50巻前後??)まで読んでいませんでしたからね。

 

で、隣人13号の話に戻りますが

この漫画は「扉絵で読者をだいぶ失っているだろうなぁ」

という雰囲気が漂う画風なんですよね~

 

この画風を一言で言うと

「無骨で男臭い!!」

僕は絵心がないので、どんな漫画家さんでも

「絵が上手いっていいなぁ」

と、思いますが、絵が上手な人にとっては

「ちょっと下手じゃね!?」

と、思ってしまうような絵の雰囲気になっています。

 

「えー、この絵でどんなストーリーなんだろう?」

と、思って漫画を読み進めていると

ストーリーと絵がマッチしているんですよ!!

 

歌とかもそうですが、

ただ上手ければいいという訳じゃないんですよね

その作風にあった表現の仕方があるんですよね

 

ずっと一線を張っている歌手って
歌い方のクセが確立されている人が多いですもんね~

「隣人13号」の場合はサイコなストーリーと

無骨で男臭い絵が異様なほどにマッチしています。

 

是非、男臭い世界を堪能して下さい。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧

 

 

主人公の13号がサイコ過ぎる狂気の漫画

隣人13号の主人公である十三の

別人格である13号はとんでもないサイコ野郎です。

 

サスペンス漫画が好きな私は色々なタイプの
サイコ人間を見てきましたが

十三はなかなかのものですね。

 

ちなみに私のサイコ人間ランキング1位は
殺し屋イチに出てくるイチです。

十三(13号)はとにかく人を殺したい衝動に駆られ
その衝動のまま動いているって感じなんですよね~

 

二重人格という厳密に言うと病気という状態ではあるものの

十三が子供の頃からずっと虐められ続けて
その虐められ続けた憎しみの感情が生んだ怪物が13号なので
まあ、同じ人間だと言えるんですが

目につくもの全てを殺そうとする感じなんですよね~

 

しかも、人がたくさんいるところでも凶行に走るので
もう読んでいてドキドキさせられます。

 

突き抜けたサイコっぷりが目立つので
細かいところに目が行かなくなりがちですが

十三が虐められ続けて、13号が生まれた

というのは闇の深さを感じますし
社会問題に通じるところがありますよね。

 

イジメとか本当に嫌ですよね~

簡単に世の中から無くなる物ではありませんが
せめて自分だけはイジメとかしないで生きていきたいと思いますよね。

 




 

「隣人13号」の全体評

隣人13号は男臭く無骨な感じの絵柄と
サイコ野郎が繰り広げるサイコホラー漫画なので

なかなか入りづらい漫画に仕上がっています。

ただ、ストーリーと画風がマッチしているので
一度読み始めると止まらないジェットコースター的な面白さがあり
サスペンス好きはどっぷりとハマれる漫画です。

このレビューを見て興味が出た方は是非一度読んでみて下さい。

巻数も少ないので、読みやすいのも良い点ですよ。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧