漫画「HELLSING(ヘルシング)」のあらすじ(ネタバレ)!アーカード、セラスの最後は?

Pocket

ヤングキングアワーズで1998年から連載されていた
人気漫画「HELLSING(ヘルシング)」(作者:平野耕太)のネタバレ

ヘルシングは大戦争に勝利することが出来たのか??

少佐、アンデルセンらの狂気を止めることが出来たのか??

などなど「HELLSING(ヘルシング)」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「HELLSING(ヘルシング)」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「HELLSING(ヘルシング)」は少佐の狂気に注目すると面白い!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「HELLSING(ヘルシング)」のあらすじについて話していきます。

 

 

「HELLSING(ヘルシング)」を無料試し読み出来るサイト

「漫画を全巻揃えて楽しみたい」「どんな漫画か分からないから試し読みしたい」
という人は【まんが王国】がオススメです。

登録無料のまんが王国はコチラから

まんが王国では、今会員登録すると半額クーポンが必ずもらえます!

格安で漫画を楽しむことが出来るだけでなく
無料で読める漫画も2,500作品以上スタンバイ!

恋愛、バトル、ヒューマンドラマ、、、あなただけのお気に入りタイトルがきっと見つかる!?

 

 

1.プロローグ

英国北部の小村

小さな教会にある一人の牧師がやってきました。

牧師は奇妙な男でいつも薄暗いところにいて、
外に出るときはフードを深く被っており、
まるで太陽を嫌っているようでした。

 

そんな村に事件が起こります。

10日の間に10人もの人間が行方不明になってしまうのでした。

生存者の証言から牧師が捜査線上にあがってきますが、
警察が夜に訪問した為、逆に襲われてしまいます。

 

そして、2日後。

『王立国教騎士団』こと「HELLSING」の局長である
ヘルシング卿が事件の解決へ向けて動き出します。

ヘルシング卿は村にはヴァンパイアとグールがいると判断し
自分達がヴァンパイアを倒すと役人に説明します。

そして、アーカードという対吸血鬼のエキスパートを
チェダース村に派遣をしたのでした。

 

果たして、ヴァンパイアはどんな驚異をもたらすのか??

ヘルシングが戦うのはヴァンパイアか?それとも・・・

 



 

2.インテグラの生い立ち、そして対立組織ヴァチカンとの争い!

ヴァンパイア・グールと対峙するアーカード。

銃で乱れ撃ちにされますが、ヴァンパイアであるアーカードは
すっと立ち上がりヴァンパイアたちをあっという間に倒してしまいます。

この戦いで瀕死の状態だったセラス・ヴィクトリア
という婦警をヴァンパイアにする事で救います。

 

話は少し遡り、ヘルシング当主が病気で亡くなり
次の当主を決める時期の頃

前当主より指名を受けたのはインテグラですが

この指名に納得のいかない叔父は
インテグラを殺そうと企んでいました。

叔父から逃げるインテグラは地下室に逃げ込んだものの
追い詰められて死ぬ寸前の状態になります。

ここで助けにきたのがアーカードでした。

 

この出来事から10年

インテグラとアーカードはヴァンパイア退治を続けていました。

地道にヴァンパイア退治を続けるインテグラ達ですが
ここ最近ヴァンパイアが頻発するという事件が起きます。

 

この事態に立ち上がったのはヴァチカン(ローマ法皇庁)

ヴァチカンはインテグラと同じくヴァンパイアを退治する組織ですが
同業である事でライバル心があり、関係はよくありませんでした。

そんなヴァチカンの中でも強行な姿勢でヴァンパイア退治を行う
イスカリオテ13課が動き出します。

イスカリオテ13課には
アレクサンド・アンデルセン神父という強者がいました。

 

ある日、ヴァンパイア退治に出かけた
アーカードとセラス・ヴィクトリアですが

二人の前にアンデルセン神父が現れ、
アーカードに向けて襲い掛かります。

アンデルセン神父は

自己再生能力(リジェネレーション)と回復法術(ヒーリング)

の使い手でダメージを与えてもすぐに回復をしてしまい
アーカードはアンデルセン神父にやられてしまいます。

助けに入ったインテグラの軍勢も蹴散らすアンデルセン神父ですが
首を斬られたアーカードが復活してきて反撃を始めます。

 

アンデルセン神父は一時退散して、決着は先送りとなるのでした。

 




 

3.狂気のミレニアム、少佐が化け物と襲い掛かる

ヴァンパイアが頻発するこの状況に
インテグラは組織の重臣たちと会議を行いますが

この場所にグールを軍隊として組織した軍勢が襲い掛かってきます。

 

率いるのはバレンタイン兄弟。

彼らはあっという間にインテグラがいる建物を占拠しますが
地下にいた執事ウォルター、セラス・ヴィクトリアが反撃を始めます。

バレンタイン兄弟の兄はアーカードに立ち向かいます。

連続攻撃でアーカードを倒したかに思いましたが

アーカードは自らの闇で獣を作り
バレンタイン兄を食い殺してしまいます。

バレンタイン弟もウォルターに捕まりますが
死ぬ間際に「ミレニアム」という言葉を残して自害します。

ミレニアムについて調べるインテグラ

 

するとイスカリオテ13課の局長であるマクスウェルが現れ
ミレニアムについて情報を与えます。

ミレニアムとはナチスドイツの
”極秘物資人員移送計画”とその実行者たち

の事でユダヤ人から没収した資産などを隠していました。

 

ミレニアムを追ってブラジルに行く
「HELLSING」一向はホテルについて、
すぐにミレニアムの先鋒隊に囲まれ攻撃をされます。

しかし、圧倒的な戦闘力を誇るアーカードは
先鋒隊を蹴散らして「HELLSING」の力を見せつけます。

 

ミレニアムを率いるのは少佐と呼ばれる醜く太った男性。

少佐は戦争狂いの男で吸血鬼製造計画(計画名「最後の大隊」)
という計画を実行するべく、1000人のヴァンパイアを率いていました。

この中には強者ジュレディンガーが所属する
ヴェアヴォルフという集団があり
それ以外にも多くの実力者を擁す集団でした。

 

入国早々に目をつけられてしまったアーカード達は
アンデルセン神父の忠告もあり、飛行機での逃走します。

ミレニアムは次に大英帝国を狙います。

リップヴァーン中尉が戦艦イーグルを攻め込み占領。
戦艦を奪還に来た大英帝国の軍隊を次々に返り討ちにします。

 

打つ手がなくなった大英帝国軍はヘルシングに救いの手を求めます。

アーカードがミサイルに乗ってイーグルに到達すると
リップヴァーンを蹂躙し、そのまま殺してしまいます。

しかし、ミレニアムはアーカードが軍艦に停泊している間に

大英帝国に対して本格的な侵攻を始めます。

 


 

4.大英帝国を舞台にした大戦争!勝利を収めたのは…

圧倒的な軍勢で国軍を倒していくミレニアム

少佐はヘルシング(インテグラ・セラス)を殺すべく
ゾーリン・ブリッツ少佐を送りこみます。

 

ゾーリン・ブリッツはインテグラに襲いかかかりますが
執事ウォルターが足止めをします。

その後も、大量の軍勢に襲われるインテグラですが
アンデルセン神父の助けもあり、逃げていきます。

そんな中、ゾーリン・ブリッツがヘルシングの本部に攻め込んできます。

セラスやヘルシングの隊を率いるベルナドット隊長達は必死に抵抗しますが

ゾーリン・ブリッツの幻術もあり、本部は壊滅状態となり
ベルナドットは死亡し、セラスも目を潰され死ぬ寸前まで追い込まれます。

しかし、セラスはベルナドットの死により覚醒。

ゾーリン・ブリッツをあっという間に始末して
ミレニアム軍を壊滅させます。

 

少佐はそんな犠牲をものともせず、大英帝国の全て潰そうとしますが
ここに戦艦イージスに乗ったアーカードが戻ってきます。

少佐率いる「最後の大隊」 572名

ヴァチカン教皇庁 十字軍 2875名

ヘルシング 3名

この戦力で大戦争が始まります。

 

アーカードが猛威を振るった事で
ヴァチカンや最後の大隊の兵士がどんどん死んでいきます。

狂気溢れるアーカードの戦闘ぶりに両軍の兵士が怯み
アーカードが戦いを支配していきます。

そんなアーカードに戦いを挑んだのはアンデルセン神父

本気を出したアーカードの前にアンデルセンはボロボロにされますが
自分の身を犠牲にして自爆した
ヴァチカン兵のおかげでアーカードに辿り着きます。

 

アーカードとの一騎打ちになりますが
人間ならざる者の力でアンデルセンは歯が立ちません。

ここでアンデルセンは自らを人間ではない者へと変化させ
アーカードに対抗し、息の根を止める寸前まで行きます。

 

しかし、ここでセラスが助けに入ったことで
形勢逆転し、アンデルセンは滅びてしまいます。

一気に攻勢を深めるヘルシングですが
少佐は犠牲を気にせず、戦争の中に没頭していきます。

 

そんな中、執事ウォルターが現れ、ヘルシングに反旗を翻します。

アーカードがウォルターと戦っている間
セラスとインテグラは少佐がいる飛行船の方へ向かっていきます。

激しい戦いが行われる中でウォルターは徐々に劣勢に立たされます。

 

飛行船の中では、狼男ワードックとセラスが戦います。

ワードックの激しい攻撃を受けますが
ベルナドットの魂を受け継いだセラスは諦めず戦い、倒します。

インテグラは少佐の部屋まで辿り着き対峙をします。

拳銃で攻撃するものの強固な防弾ガラスによって
傷一つつける事が出来ません。

 

少佐は

「自らが人間でい続けたからこそ
アーカードを倒すことが出来るのだ」

とインテグラに雄大に語りだします。

 

アーカードは多くの人間を殺していき、
その血を吸い上げて力を増幅させていきます。

そんな中、数字と確率を操作出来る
ジュレディンガーの血を吸いあげたアーカード

吸った血の概念(数字)を壊され、崩壊していきます。

ウォルターは倒れ行くアーカードを見て

「これが本当に勝利なのか?」

と自問自答しつつ、苦虫を噛み潰したような表情になりますが
遠方からミレニアムに狙撃されて大きなダメージを受けてしまいます。

そして、最後の大隊の博士と共に朽ちてしまうのでした。

 

少佐と戦うインテグラはセラスを呼び寄せて弾丸を食らわせまくります。

そして、防弾ガラスは弾けた後に
インテグラは少佐に弾丸を食らわせます。

少佐は機械の体をしていました。

しかし、少佐は人間としての矜持を示したまま死亡してしまいます。

 

戦争は終わり、30年の時が過ぎます。

アーカードは戦争から戻ってきませんでした
インテグラはずっとアーカードの帰還を待っていました。

 

ある夜、インテグラが就寝していると
1体の黒い影が浮かび上がり、アーカードが戻ってきます。

おばあさんになったインテグラは自らの指を傷つけて

「おかえり伯爵」と声をかけます

するとアーカードは「ただいま伯爵」と返して

インテグラの血を貰う場面を以って「ヘルシング」は終了となります。

 




 

「HELLSING(ヘルシング)」の全体評

ここまでずっと「HELLSING(ヘルシング)」の
あらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

全体のストーリーとすると
それほど長いストーリーではなかったので

登場人物が限られてしまった点が残念でしたね。

登場人物ももっと多く登場させて

多対多のバトルが展開出来れば
もっと面白い漫画になったんじゃないかと思います。

 

特にミレニアムのヴェアヴォルフに所属する
戦士たちがもう少し味が出ると良かったですね。

割と淡泊になってしまった事もあり

「あれっ?これってどの軍の誰だっけ?」

と思う場面もあったので
このあたりが丁寧に描いてほしかったなぁ

個人的にはそれほど高くない評価になってしまいましたが
貴方が果たしてどう思うのか??

是非、一度漫画を読んでみて下さい。

 

ちなみに「HELLSING(ヘルシング)」1冊分を完全無料で読む方法があるのを知っていましたか?

実は「U-NEXT」というところで無料で読むことが出来るんですよ。

「U-NEXT」は映画やドラマやアニメが無料で見られるサービスなんですが
漫画も1冊無料で読むことが出来るんです。

しかも、31日間無料サービスをやっています。
完全無料で利用できるのでオススメです。

こちらから読むことが出来るので
チェックしてみて下さい。

「HELLSING(ヘルシング)」1冊を無料で読むのはコチラから>>

 

 

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【eBookJapan】の方が安く手に入りますよ。