漫画「OUT」のあらすじ(ネタバレ)!最初から最新巻まで解説します。

Pocket

2012年からヤングチャンピオンで連載されている
人気漫画「OUT」(原作:井口達也、作画:みずたまこと)のネタバレ

斬人と狂乱鬼の抗争は終わりを告げるのか?

達也は丹沢と良樹、どちらの見方になるのか?

などなど「OUT」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「OUT」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「OUT」喧嘩上等の評価と無料で読む方法を語ってみた

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「OUT」のあらすじについて話していきます。

 

 

「OUT」を無料で読むには

「OUT」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「OUT」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

 

1.プロローグ

井口達也は暴走族の特攻隊長として、
警官隊と乱闘した事で、少年院に入っていました。

ここでやらされた折り紙に精神的な苦痛を極限までに感じますが、
狂いそうになる気持ちを抑えながらなんとか過ごして、少年院を出所します。

 

しかし、身分としては保護観察中の身。

保護観察期間は一年間。

何か問題を起こして、保護司の石戸に悪事がバレてしまうと、
再び少年院に入らなくてはいけません。

 

二度とあの苦痛を味わいたくないので、

問題は起こさないと心に誓う井口は
悪友がいない場所に住むことを条件に叔母のお店に身を寄せていました。

 

更正の必要性を感じつつコンビニに身を寄せると、
そこにはおっさん面したイカツイ一人の男が座っていました。

その男は「斬人(きりひと)」という暴走族で
副総長を務める安倍要(あべ かなめ)という人物でした。


(斬人の副総長 安倍 要)

 

一触即発の雰囲気になり、
ダメだと分かっていながら二人はケンカになります。

お互いの力を認め合いながらも最後は達也が要を倒します。
そして、二人には絆が生まれます。

 

果たして、達也は少年院に戻らず一年間を過ごせるのか??

要や斬人と一緒にどのようなドラマを生むのか??

 




 

2.斬人vs爆羅漢!丹沢敦司の実力がここで明らかに

達也は要に誘われ集会に行きますが、
そこで要を慕う今井らとトラブルになり、ケンカに巻き込まれてしまいます。

石戸は達也を再び少年院に戻したいと考えており、
強引に罪をなすりつけようとしますが、
要は斬人の総長である丹沢に助けを求め、事なきを得ます。

 

今井にも慕われるようになった達也。

平和を取り戻したように見えますが
「爆羅漢」というチームが斬人を狙ってきます。

爆羅漢は下原三兄弟(通称 ゲバラ三兄弟)が支配するグループ

巨漢である次男の下原孝二は要を襲い追い詰めますが、
最後は要の底力に屈して敗北します。

 

これを機に爆羅漢と斬人との抗争が開始。

爆羅漢のトップは下原三兄弟の長兄下原一雅。

一雅はNF(ネイバーフッド)のトップであり、
切れたら手に負えないと言われている張川をボコボコにするくらい
腕の立つうえに、頭もキレる人間でした。

 

一方の斬人、丹沢は要の紹介で達也に会います。

そして、達也の実力、人間性を見て、斬人に勧誘するよう要に伝えます。

達也が保護観察の身である事を案じる
要は達也を誘うことが出来ずに二人は衝突。

ボコボコに殴り合います。

要はその直後、下原兄弟の三男、
下原賢三らに襲われ意識不明の重体となってしまいます。

 

これにより怒りが頂点に達した斬人
爆羅漢との全面抗争へと移ります。

そして、斬人と爆羅漢は3対3のタイマン勝負で決着をつける事になります。

初戦は達也対賢三。

互角の戦いを見せていましたが、最後は達也が賢三を倒します。

二戦目は斬人の特攻隊長の長嶋圭吾対下原孝二

ケガをした脇腹からの出血が激しい長嶋でしたが、
最後は孝二の足を折り勝負あり

と思われましたが、一雅への恐怖で戦う事を止められない孝二は戦う姿勢を見せます。

と、ここで丹沢が長嶋の出血を心配して負けを宣言。

1対1で大将同士の戦いへと移ります。

 

戦う前に和平を申し入れる一雅ですが、
丹沢はその和平を一蹴し、戦いが始まります。

拮抗すると思われた戦いは丹沢の圧勝で終わり、爆羅漢は解散するのでした。

 



 

3.六代目斬人総長弦巻良樹が始動!六代目vs七代目

束の間の平和が訪れた斬人ですが、

六代目斬人の総長弦巻良樹、そしてフーリンらの幹部が
少年院から戻ってくるというニュースが流れ、

七代目斬人の幹部達に激震が走ります。

その一方で、現斬人の幹部である田口が
内部での暴力沙汰を度々起こして問題となります。

 

田口は丹沢に釘をさされますが、情報をリークした後輩をボコボコにします。

そこに達也が現れ、二人はバトルを始めます。

田口の柔道技と腕力に苦戦する達也ですが、最後はカウンターのチョーパンで対抗。
互角の戦いを見せますが、達也は田口の隙を見つけて勝利します。

田口は要ら斬人の幹部にこの現場を見られてしまいますが、
田口の脱退を防ぐため丹沢には内緒にする事にします。

一方、丹沢はフーリンら六代目斬人メンバーに囲まれ窮地に立ちますが、

長嶋の助けもあり、なんとか危機を脱します。

 

フーリン達は新しいチームである狂乱鬼の地位向上とメンバー確保の為
爆神蜘と代表者によるタイマン勝負に挑みます。

爆神蜘対狂乱鬼は2対1と爆神蜘リードで副将戦となります。

狂乱鬼からは親衛隊長のイッカクこと角田一輝が出てきます。

長い手足でリーチを活かした戦いをみせて快勝すると、
大将にはイッカクの弟であるニカクが登場。

ニカクはハルケンという実力者を一撃で倒し、爆神蜘を支配下に置きます。

 

斬人の幹部である目黒は後日達也の下を訪問。
田口の横暴を黙ってくれてた事に礼を言うのでした。

しかし、丹沢は田口がチーム内で暴力を振るってる事を知り、斬人を破門にします。

 

一方、達也は弦巻良樹が六代目斬人の
リーダーだとは知らずに良樹と仲良くなります。

達也は良樹に連れられて、狂乱鬼のメンバーと会います。

狂乱鬼の幹部である三浦佑也や楽崎海とは気が合う達也

角田兄弟のニカクに因縁をつけられますが
お互いに打ち解けていくのでした。

 

いろいろな話をしていくうちに

達也は良樹たちが丹沢に斬人を追い出された
六代目斬人のメンバーだったことを知ります。

そして、楽崎は斬人を取り戻すため
「狂乱鬼連合」というチームを作ったことを知ります。

 

その狂乱鬼連合の初代総長に良樹が就任

ケンカイベントを通じてそのカリスマ性を見せつけます。

知らなかったとはいえ、狂乱鬼連合の決起集会に出てしまった達也は
斬人と狂乱鬼連合の乱戦に巻き込まれてしまいます。

 




 

4.抗争の原因となった狂命戦争とは何か?加熱する斬人vs狂乱鬼

田口を斬人に戻したい目黒は、丹沢に懇願しますが、丹沢は聞き入れません。

目黒は丹沢とのタイマンで決着をつけようとします。

要に止められて、ケンカにはなりませんが
目黒は斬人に見切りをつけてチームを出て行ってしまいます。

 

良樹は達也のお店に行った後に話をしますが
その途中で楽崎海(カイ)が族狩りの格闘家に襲われてしまいます。

その格闘家をボコボコにした良樹。

格闘家の取り巻きは斬人に助けを求めます。

そこでの情報を聞いた丹沢は
達也が良樹とつながっている事に勘づきます。

 

後日、丹沢は達也の家に行き、良樹との関係を聞きます。
達也は正直に答えた後、良樹には丹沢の情報を売っていない事を伝えます。

そして、良樹たちとの間に何があったのかを聞きます。

丹沢は幹部たちしか知らない事なので
他言せぬよう十分に頼んだうえで、

5代目斬人総長、皆川状助について話します。

彼の父親が一家心中を図り、状助と千紘以外全員死んでしまった後から
徐々に状助の精神構造がおかしくなってきてしまい
殺されても当然のクズ野郎に成り下がってしまったこと。

そして、死者を多数出した狂命戦争を起こしたのが
状助であることも聞くのでした。

 

その後、良樹たちはカイの工作もあり、丹沢たちと戦う準備が整えます。

斬人をクビになった田口を仲間に引き入れて
斬人の幹部であるマルコと王を奇襲で潰します。

そして、次に目黒に狙いを定めます。

丹沢と話した達也は後日要とも話します。
要はなぜ丹沢と要が最低人間の状助についていったのか??

その理由について話をしてくれました。

ただ、最後に丹沢には気をつけろ。

という忠告も加えていくのでした。

 

5.斬人vs狂乱鬼の泥沼の好走は死者が発生する事態に…

達也が公園にいると下原賢三が現れます。

身構える達也の元に現れたのはカイ。
カイは達也に狂乱鬼に入るようお願いに来たのでした。

達也はどちらにも肩入れをしたくないと答えます。

 

一方、狂乱鬼に襲われ続ける斬人メンバー

要の補佐的存在である武藤もハルケン達に襲われてしまいます。

死闘の末にハルケンを退ける武藤ですが
警察に捕まり、鑑別所へ入れられてしまいます。

 

騒ぎがひと段落した頃。

また達也の元に狂乱鬼のメンバーがやってきます。
ここにいたのは元斬人の特攻隊長だった長嶋圭吾でした。

圭吾は達也を襲うかと思いきや、狂乱鬼のメンバーをつぶし始めますが
斬人メンバーにも襲い掛かるのでした。

丹沢は劣勢に追い込まれている戦いの中で、斬人が勝利するには、
良樹とカイをピンポイントで探して潰すしかないと判断します。

 

要は阿修羅というチームに火咲透の元に出向きます。

出向いた理由は

阿修羅の元副総長三浦佑也が狂乱鬼と
手を組んでいることについて詳細を聞きに行くため

そして、斬人にとって敵であるかどうかを確かめるため、です。

理由について聞きだした要ですが
火咲は斬人が行った裏切り行為を見過ごすことが出来ないと言い切り

要と一触即発の雰囲気になりますが、ケンカになりませんでした。

 

カイは田口が本当に斬人を裏切っているのかを確かめるため
目黒を殺すように命じます。

強がっているものの実行に震える田口に
殺人をニカクは踏みとどまるよう忠告をします。

決起集会を行っている斬人の元に衝撃のニュースが届きます。

それは目黒が殺されてしまった

ということ。

 



 

6.目黒死亡のニュースは本当か?真相は…

時は遡り、目黒死亡のニュースの発端となる出来事まで戻ります。

目黒殺しは皆川状介に殺されたゴルバッキーという人物の因縁から
絶対に避けては通れない事だとカイは決意していました。

カイはゴルバッキーことルキアと親友でした。

狂命戦争の際にあまりにも残虐に人を傷つけ、命を奪っていく
状助に対して、それぞれのチームが状助を止めなければと思っていました。

敵対中にチームが状助をバラす算段をしている中
ルキアは単独で状助を殺しに行っていました。

しかし、状助は目黒に助けられた事でルキアは逆に殺されてしまうのでした。

 

この過去からカイは目黒殺しを計画します。
そして、イッカクを中心とした狂乱鬼のメンバーは目黒に襲い掛かったのでした。

目黒は高い戦闘能力で対抗するも多勢に無勢。

イッカクと目黒が1対1になったところを
後ろから田口が斧で襲い掛かろうとします。

しかし、田口は直前で襲い掛かることを止めてしまいます。

そして、イッカクと目黒のタイマンが始まります。

お互いに譲らず戦い続けますが、最後はわずかの差で目黒が勝利しますが
目黒も深手を負っており、ほうほうの体で逃げ出します。

 

後から到着したニカクはイッカクを病院へ入れて、目黒を探しに行きます。

斬人のメンバーである翔の裏切りによって、
目黒はニカクに見つかってしまいます。

ニカクとの戦いになる目黒

その裏で下原賢三から拳銃を仕入れたカイは
目黒殺しに着々と近づいていくのでした。

ニカクと戦う目黒

序盤はスピードでかく乱しますがダメージの蓄積、疲労も出てきて
ニカクのパワーに押されはじめ、遂にニカクに敗れてしまいます。

ニカクは目黒を仲間の元へ連れていこうと
目黒を引きずって移動しますが、
目黒はこの間にニカクの古傷を狙う算段を行っていました。

そして、隠れていた田口と共闘してニカクを襲います。

ここで田口が目黒と通じていたことが明らかになるのでした。

互角の戦いが続いていましたが、
目黒が古傷をつくことに成功してニカクは内臓を損傷。

しばらくして死亡してしまうのでした。

 

ニカクの計らいで逃げることに成功した目黒と田口ですが
帰りの途中で、田口が目黒に斧で襲い掛かり、目黒を殺してしまいます。

そして、カイ達が駆けつけ、目黒が殺されている現場を目撃。

カイは人殺しとなった田口を狂乱鬼にバックヤード(本拠地)に匿います。

 

下原賢三は目黒の死体処理をするため現場に残りますが
ここでなんと目黒は目を覚まします。

そして、田口のGPS情報から狂乱鬼の本拠地を知った丹沢は
弦巻良樹を倒すべく、本拠地へと殴り込みをかける決意をするのでした。

 




 

7.斬人vs狂乱鬼、最終決戦!ヤードでの死闘

丹沢は斬人に喝を入れて、狂乱鬼の本拠地である外国人ヤードに向かいます。

タツヤは丹沢とこの抗争には関与しないと言いつつも、斬人の後をついていきます。

一方、田口は外国人集団のリーダーであるアフマドに交渉して
今回の抗争に関わらない事を約束します。

 

狂乱鬼側はカイがニカクが死んだことを報告。

賢三を呼び出して、ニカクの死体を持ってくるように伝えると
良樹をはじめとしたメンバーはニカクの死体と対面して
本当に死亡してしまったのだと認識します。

そして、斬人、丹沢と決着をつけなくてはいけない事に再認識します。

田口は交渉を成立させた後、拉致された斬人メンバーを救出にいくところで

カイに見つかってしまい、目黒が生きている事もバレてしまうのでした。

 

遂に始まった斬人vs狂乱鬼

ヤードに侵入して機先を制しようとする斬人ですが
狂乱鬼のメンバーは待ち構えており、より多い人数で斬人を迎え撃ちます。

囲まれる斬人メンバー

そんな中、特攻隊を率いる橋本建信が
元爆神蜘の親衛隊隊長である桐野剛を圧倒します。

しかし、ここで狂乱鬼のフーリンが現れ、タイマン勝負になります。

建信の隙をついたフーリンが勝利。

止めを刺そうとしたところで、特攻隊長である長嶋圭吾が割って入ります。

 

要は狂乱鬼の間宮と戦っていました。

多勢に無勢の要たちですが、副総長の南国が回り道をして奇襲をかけます。

奇襲は失敗に終わり、南国はボコボコにされてしまいますが
要がユンボに乗って助けにきます。

そして、タイマン勝負となった南国と間宮

最後は南国のチョーパンで勝利を収めます。

 

三浦佑也と戦っていたマヌク

圧倒的な戦闘力の前にボコボコにされたマヌク
根性で反撃を試みますが、
最後は三浦に後頭部を釘で刺されて死亡してしまいます。

三浦は丹沢の元に到達します。

ここで一気に潰そうとする丹沢ですが、要が助けにきます。
要に三浦を任せた丹沢は良樹の元へと向かいます。

その途中で丹沢の元に現れたタツヤ

丹沢が困惑する中、タツヤは丹沢に襲い掛かるのでした。

 

以上、19巻までのネタバレとなります。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧

 

 

「out」の全体評

ここまでずっと「out」のあらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

 

最初の頃は登場人物のクレイジーっぷりに

「なんだよ、こいつら。みんなクズばっかじゃん!」

と、思った面もありましたが、

良樹率いる狂乱鬼が出てきてからは
スリリングな展開で夢中にさせられました。

特に斬人のサブキャラの強い事、強い事

最初は丹沢、圭吾、要の3人のチームなのかと思いきや
目黒の圧倒的な戦闘能力、田口の凶暴な暴力

橋本建信、南国、武藤らもめちゃくちゃ強いので
一つ一つのバトルが白熱するんですよね~

 

斬人vs狂乱鬼はどうなってしまうのか?

タツヤは一体どっちにつくのか?

などなど、興味が尽きない漫画になっているので

ヤンキー漫画好きには絶対に読んでほしい作品ですね。

 

 



「漫画を全巻揃えて楽しみたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。

綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。