漫画「魔王 JUVENILE REMIX」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、最終話・結末はこうなった!

Pocket

週刊少年サンデーで2007年から連載されていた
人気漫画「魔王 JUVENILE REMIX」(原作:伊坂幸太郎、漫画:大須賀めぐみ)について
最終回のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

総理大臣になった犬養を止められるのか?

潤也はどんな道を歩んだのか?

などなど「魔王 JUVENILE REMIX」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

週刊少年サンデーで2007年から連載されていた人気漫画

「魔王 JUVENILE REMIX」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「魔王 JUVENILE REMIX」は良い意味で裏切ってくれる作品!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「魔王 JUVENILE REMIX」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

1.最終回までの流れ

主人公の安藤(あんどう)は普通の高校生でしたが
ちょっと変わった一面を持っていました。


(主人公の 安藤)

 

そんな安藤には弟の潤也(じゅんや)がいました。


(もう一人の主人公である 安藤潤也)

潤也は兄である安藤と違い、社交的で友人の多く
彼女もいる明るい青年です。

そんな安藤と潤也は両親がおらず、二人で生活をしていました。

 

そんな安藤の前に一人の男が現れます。

その男の名前は犬養(いぬかい)


(犬養)

 

犬養は圧倒的なカリスマ性を武器に
グラスホッパーという自警団を設立

町のチンピラ退治など精力的に動き
安藤が住む猫田町を良くしようという活動をしていました。

 

犬養は誰もが尊敬の念を抱く存在としてあがめられていました
安藤は犬養が持つ「自分の正義を貫く姿勢」に違和感を感じ始め
犬養と戦いはじめます。

安藤には自分の喋ったことを相手に喋らすことが出来る
「腹話術」という隠れた能力がありました。

「腹話術」を使って懸命に戦う安藤ですが
安藤は犬養を止める寸前に、
「腹話術」の副作用で死んでしまいます。

 

安藤が死を究明しようとする潤也は

10分の1の確率を100にする能力を使って、
犬養と戦う事を誓います。

潤也は犬養と「令嬢(フロイライン)」という殺し屋集団の
三つ巴の争いとなりますが

確率を動かすことでギャンブルで稼ぎまくった金を使って
一流の殺し屋達を雇い「令嬢」を殲滅させます。

 

犬養はその後、未来党という政党を作り政界へ進出。

令嬢が滅び、犬養の邪魔をする人間がいなくなったことで
犬養はその後選挙で大躍進するのでした。

それから10年。

犬養はとうとう首相になります。

潤也はフィアンセである詩織と共に仙台で暮らしていましたが

そんな潤也に「犬養が猫田市に凱旋する」というニュースが流れます。

 

そして舞台は最終回へとなります。

 




 

2.最終回のストーリー

犬養は演説会場となる猫田スタジアムに下見に来ていました。

秘書は犬養にこう言います。

「以上前に、あの決起集会から
グラスホッパーは圧倒的に躍進をしました
今日、またここからあなたの作る日本の歴史が始まります」

と。

犬養は過去に自分に対して「私を信じるな」
という人間がいた事を秘書に伝えて

秘書に「君は私を信じているか?」と聞きます。

秘書は「もちろんです!あなたが犬養さんだから信じます!」

と答えるのでした。

 

猫田駅に降り立った潤也は二人の青年と会います。

潤也は二人に自然を操る力を使って、何かしらの依頼をしており
莫大なお金を積み上げて事を成そうと考えていました。

その二人は押し屋であるアサガオの家にいた子供
健太郎と考次郎でした。

遂に始まった犬養の演説

犬養は自分のいう事を猛進するのではなく
自分で考えて日本の未来を決めるのだと強く演説を行い
群衆は犬養の演説に酔いしれていました。

洪水のような群衆の意思、感情の流れを実感しながら
潤也は健太郎と考次郎に合図を送ります。

すると大地震が起こり、猫田スタジアムは崩れていきます。

逃げる群衆、狼狽える犬養。

そんな犬養の前に潤也が姿を現します。

 

犬養の耳元で

「あいつこそが魔王かもしれないぞ」

と囁く安藤の亡霊を感じた犬養は
安藤の死は潤也を魔王にするために一要素だったことを理解します。

犬養は潤也に

「魔王になって君はどうする?」

と聞きます。

潤也はその問いに答えることはなく、天国にいる安藤に対して

「これからきっと世界は変わるよ」

「俺たちはきっと大丈夫だ」

と言います。

 

そして、犬養の前から立ち去りながら

「賭けてもいいよ」と言い捨てる場面を
描いて魔王は終了となります。

 



 

「魔王 JUVENILE REMIX」最終回の感想

「魔王 JUVENILE REMIX」最終回は一応は潤也の勝ち

というような形で結末が描かれましたが
ちょっとしっくりこないような終わり方になってしまいましたね。

「令嬢」を殲滅させるまでの過程はとても痛快で
「潤也、最高!」という雰囲気がありましたが

犬養との対決では、犬養を殲滅させるに至らず。

ここにこの作品のメッセージがあるのかなぁ、と感じますが

何のために安藤が命を張ったのか??

潤也にやりこめられた犬養はあの程度で野心がなくなったのか??

などを考えるととても中途半端だったと思います。

もちろん、犬養がやっている事は単純に悪だと決められる事ではないんですよ。

世の中や人間に完全な善や完全な悪がないように
犬養のやっている事も悪っぽいものがあっても
善になるものもある訳ですからね。

それ自体はいいのですが、その対抗軸としての安藤・潤也の
役割がちょっと弱かったかなぁというのが率直な感想です。

私の感想を聞いて、貴方はどう思うのか?

是非「魔王」を読んで確かめてみて下さいね。

 

 

「魔王」を無料で読むには

「魔王」をすぐ読みたい方は
「サンデーうぇぶり」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「サンデーうぇぶり」は人気漫画を無料で読むことが出来ます!
しかも読めば読むほど、無料で読める漫画アプリです!

もちろん「魔王」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】-サンデーうぇぶり-人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

【Android専用】ーサンデーうぇぶりー人気アニメが見られる無料動画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。