漫画「響~小説家になる方法~」のあらすじ(ネタバレ)!最初から最終話まで解説します。

Pocket

ビッグコミックスペリオールで2014年から連載されていた
人気漫画「響~小説家になる方法~」(作者:柳本光晴)のネタバレ

響は無事に高校生活を全うできるのか??

小説家としての才能は潰されずに済んだのか??

などなど「響~小説家になる方法~」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「響~小説家になる方法~」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「響~小説家になる方法~」のガチ評価!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「響~小説家になる方法~」のあらすじについて話していきます。

 

 

「響~小説家になる方法~」を無料で読む為には

「響~小説家になる方法~」をすぐ読みたい方は
無料漫画アプリ「マンガワン」を読んで下さい。

マンガワンは日本最大級のWebマンガサイト
過去の名作、有名作家の新連載など超人気コミックが集結!! 毎日無料で楽しめます!
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

もちろん「響~小説家になる方法~」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!

また、配信期間が終了している場合がありますので、その際はご了承下さい。

マンガワン-人気漫画が全巻無料読み放題

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

 

 

1.プロローグ

文芸雑誌が売れずに苦労する出版社に
ある一冊の応募小説が送られてきました。

鮎喰響というペンネームで書かれた「お伽の庭」というタイトル。

電子で送る事を条件としている中、原稿用紙で送られてきたので
雑誌社の人間は相手にしませんでしたが、
若手の社員である花井は興味が沸き原稿を読みます。

花井はその内容の素晴らしさに感銘を受け
なんとか鮎喰響を賞レースに出そうと探し出します。

 

お伽の庭の作者である響はこの春から高校生になる女の子ですが
小説オタクで周りとコミュニケーションが全く取れない人間でした。

響を目にかけている友人の椿涼太郎は響と一緒に文芸部に入ります。

文芸部の不良を追い払った響は晴れて入部をしますが
部長の凛夏は5人の部員が必要である事を告げるのでした。

内気な一年生の関口花代子と文芸部にいた
不良のタカヤを入部させて5人になります。

5人になった文芸部は活動を始めるべく文芸誌の発行を決定

それぞれ一人ずつが作品を執筆することになり、文芸誌を完成させます。

凛夏は響が書いた作品を見て、その圧倒的な才能に気付きます。

花井は「お伽の庭」を書いた鮎喰響が見つからず困っていたところ
響から直接電話を受け、話をします。

しかし、話の途中で電話を切られた花井は
連絡先を聞きそびれてしまった事で行き詰ってしまいます。

それでも響に拘る花井は編集長を説き伏せて

「お伽の庭」を新人賞に出品させる事を決めます。

 

果たして花井と響は出会うことが出来るのか?

「お伽の庭」は賞を取ることが出来るのか?

 



 

2.遂に出会った花井と響、新人賞の結果は果たして??

文芸部の5人は凛夏の家に遊びに行きます。

ここで凛夏がベストセラー作家
祖父江秋人の娘であることが判明します。

響は秋人の書斎に忍び込んで一流作家の書斎を堪能していると
秋人の担当編集者である花井が部屋に入ってきます。

花井は勝手に部屋に入りながらも傍若無人な態度を取る響と
ケンカになりますが、響がお伽の庭の作者である事には気づきません。

 

凛夏をデビューさせようとする花井は
部内の文芸誌を凛夏から借りて読みますが

ここで追い求めていた鮎喰響に出会います。

凛夏をデビューさせようとしつつも

心は響の方になびいていく花井。

「お伽の庭」も一次審査で高評価を連発して
天才小説家誕生の芽が出始めていました。

自尊心の塊のような小説家鬼島とも作品を通じて和解し
売れっ子小説家である吉野とも交流を持つなど
自らの信念を譲ろうとしない不器用な響も少しずつ前進をしていきます。

そして、凛夏の父親祖父江秋人らが集まる選考会で

響の作品「お伽の庭」は見事に入賞するのでした。

 

新人賞に受賞したのは響だけでなく、田中康平という人間がいました。

田中は傲慢で自分だけが才能あると思っており
響と顔合わせした時に恫喝します。

そのことに腹を立てた響は授賞式中にパイプ椅子で殴り掛かります。

悔しがる田中は響をくさすために「お伽の庭」を読みますが
才能の違いを痛感して、響に詫びを入れます。

田中は自分の小説を響に酷評されるも、
響を超える事を目標に頑張ると出発を決意するのでした。

 




 

3.芥川賞、直木賞のW受賞となった響は一躍時の人に・・・

響が新人賞を受賞する中、凛夏がプロデビューします。

祖父江秋人の娘という話題性からベストセラーになりますが
響からは酷評され、二人は喧嘩状態となります。

 

1ヶ月後、芥川賞のノミネート作品が発表されます。

凛夏はノミネートされませんが、
「お伽の庭」は芥川賞と直木賞のダブルノミネートされ
凜夏は才能の違いを痛感するのでした。

凛夏は落ち込みますが、花井に再起する事を誓います。

一気に時の人となった響は週刊記者につきまとわれますが

記者の子供を嚇すという方法をとってこの状況を収めます。

 

そして発表の日。

お伽の庭は芥川賞と直木賞をダブル受賞するのでした。

空前の「お伽の庭」ブームが起こりそうな雰囲気の中
響は受賞式への参加を迫られます。

参加する気はある響ですが、
トラブルメーカーである響の当日の立ち振る舞いに
危険を察知した花井は大きめのダウンジャケットで
顔を隠しながら参加するという異例の対応を取ります。

マスコミからは「本当に響が書いたのか?」
という質問があがった時に響は暴れだし、会場は騒然となります。

椅子で窓をぶち破って脱出する響を尻目に呆然とする会場。

花井は受賞式を無事に終了できなかったこと
問題を起こしてしまった事でクビを覚悟しますが

この出来事が話題になり
初版100万部という異例の大ヒットを生みます。

多額の印税が入る事になった響ですが
響の両親は受け取りを拒否。

99.9%を寄付に回して、それ以外のお金は会場の修繕費や
受賞式から逃げ出したときに
電車を止めた賠償金として充てる事になりました。

 



 

4.花代子のパクりで新たな問題が発生!

年が明け、春が過ぎ4月になります。

凛夏、タカヤは3年生、響、涼太郎、花代子は2年生になります。

響の存在は学校内では隠蔽されますが
凛夏が有名人になったことから文芸部には新入部員が殺到します。

しかし、ヤンキーの西嶋嗣郎が入部し、暴れたことで入部希望者が激減

生粋の小説好きで響のようにキレてしまう
柊咲希(ひいらぎ さき)を中心とした3名の女子のみが入部となります。

柊は響が「お伽の庭」の作者である事に気付きますが
響は内緒にするように柊に伝えます。

 

そんな中、一つの事件が起こります。

花代子が響の作品をそのままパクリ
「漆黒のヴァンパイアと眠る月」と題して
ライトノベルのコンテストへ出品して入賞した事です。

困った花代子は響や凛夏に相談した上で
響と花代子の二人で雑誌社に謝罪に行きます。

いつものように大立ち回りを行い、強引に事態を収拾させた響でしたが
編集長の津久井は直木賞、芥川賞をダブル受賞した響であると感づきます。

そして津久井は響の名前で
「漆黒のヴァンパイアと眠る月」をリリースするのでした。

津久井は「漆黒のヴァンパイアと眠る月」をアニメ化して
無断で響のドキュメント番組を作ろうとして
一流のイラストレーターである霧雨アメを接触させて
揉める様を無断で撮影したりと準備を進めます。

 

文芸部は合宿に行きますが、凛夏とタカヤが3年生という事で部活を卒業。
新しい部長に花代子を指名するのでした。

隠し撮りを重ねて、響からは許可を得たと嘘をつきながら
ただただ視聴率のためだけに動く津久井

津久井は隠し撮りをさせつつも響に直接会いに行きます。

響に対して宣戦布告をする津久井。

響も暴力で対抗しますが、津久井も暴力で対抗
ドキュメンタリー番組の放送を強行することを宣言します。

 

ケンカを売られた響は収録中の番組に殴り込みをかけます。

社長を人質にとって津久井に制作中止を要求。

社長の指の骨を折る(実際はそう見せかけて自分の骨を折った)
クレイジーさを見せて収録を中止させ、決着するのでした。

 




 

5.コンクール入賞と後の総理大臣との対面!

部長となった花代子は文芸部でコンクールに出展する事を
提案して、部員全員で小説を応募します。

響は多忙の中、たった二時間で小説を書きあげましたが

咲希は響や凛夏と近くにいる事もあって、
プロの小説家を目指すようになっており、勝負をかけていました。

結果は響の作品が最優秀賞を取り、文芸部員の典子が入選。

咲希は落選してしまいます。

しかし、咲希は花井にアドバイスを貰い、
プロを目指していく事を決め

凛夏はフィンランドで生活をする事を決めるのでした。

 

響は作品が最優秀賞に輝いたことから

文部科学大臣と向き合っての表彰式に出るハメになります。

将来の首相候補である文部科学大臣の加賀美は

自らが総裁選に出馬するために響を利用しようとします。

やり取りを録音している事に気付いた響は
加賀美に殴りかかり録音データを取り戻しますが

後日、加賀美は響の家に謝罪をした際に再度録音データをとり
総裁選を勝ち抜き総理大臣になるのでした。

 

この1件のやり取りから、響は芥川賞と直木賞をW受賞した響と

同一人物である事がバレて、家や学校にはマスコミが押しかけます。

この混乱に嫌気がさした響は学校を退学して
凛夏のいるフィンランドに一時的に身を隠し

騒動を収束させてから再び日本に帰ってきて復学をするのでした。

その間に4月を過ぎて、響や涼太郎は3年生に進級します。

 



 

6.新刊を手掛ける花井!響は果たして参加するのか?

響をマネジメントする花井は

今年1年響には手を出さないよう厳戒態勢を敷き、
響に安定した暮らしを提供するよう動きます。

そんな中、花井は響や凛夏のマネジメント能力が手腕が評価され

新しい雑誌の発行と編集長の権限を与えられます。

しかし、その条件として
響に新作を連載させることを義務づけられるのでした。

花井は響をはじめとした有能な若手に声をかけ始めます。

 

一方「お伽の庭」をコミカライズする動きが出ており

作画の天才である鏑木紫が響を説得させるために
学校に殴り込みをかけてくるのでした。

響とバトルになる鏑木は教師が来たことで一時退散しますが

必ずコミカライズを実現させる事を決意します。

 

響はコミカライズには賛同しませんが、

花井の為に新作を書く事を決意します。

そんな響ですが、原稿が進まずヤキモキする花井

部下からは響をせっつくように言われますが
花井は響を信頼して待ちます。

 

響の頭の中にあったのは鏑木への復讐でした。

鏑木の家に勝手に上がりこんだ響は
鏑木が帰宅したところを狙って決闘を申し入れます。

響が勝ったら鏑木が書いた原稿を焼くこと。
鏑木が勝ったら「お伽の庭」の漫画化を認める事。

二人はケンカを始めますが、最後はスタンガンを持ち出して響が勝利

鏑木の原稿は目の前で焼かれてしまうのでした。

 

この一件が終わり、響は作品を完成させ、花井に納品します。

そして響の新作が載った新雑誌「雛菊」は大ヒットを見せるのでした。

そして、響は卒業後、イギリスへの留学を決め
卒業式での答辞を終えた響はイギリスへ向かうのでした。

イギリスのシェアメイトであるヴィヴィアンから
時分のバンドのライヴに誘われた響が、

素晴らしい詞をプレゼントしたことで
日本のワンダーガールであることが判明したところで

漫画「響」は終了となります。

 

以上が全話のあらすじ(ネタバレ)です。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧

 

 

「響~小説家になる方法~」 の全体評

ここまでずっと「響~小説家になる方法~」の
あらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

文面だけで書くと天才である響のサクセスストーリーに見えますが
実際に漫画の中身を読んでいくと

響の危ない人間性ばかりが目立つ内容になっています。

 

実際にストーリーとかはとても面白いのですが
あまりの響の傍若無人ぶりに

この漫画を読んだ人からは「不快」「面白くない」

という声も上がってくるほどです。

まあ、実際問題やっている事はヤクザと一緒ですからね(笑)

ここまで響のキャラを立たせているからこそ
面白みが生まれていると言えますし

敵が多いからこそ、味方も多いという漫画に仕上がっています。

期間限定でたまに無料配信されているので
気になる方はタイミングを見て、
一度読破されることをおススメします。

きっと私の言っている事がわかると思いますので…

 

 



「漫画を全巻揃えて楽しみたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。

綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。