漫画「蒼天航路」は横山三国志よりも面白い?つまらない?【評価・感想】

Pocket

モーニングで1994年から連載されていた
人気漫画「蒼天航路」(原作:李學仁、作画:王欣太)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「蒼天航路」の印象的だった点

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

「蒼天航路」のどのあたりが魅力的なのか?

見所も含めて語っていきつつ話したいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「蒼天航路」

です。

 

10年以上続いている人気漫画ですが
月刊誌での連載だったという事で
タイトルを聞いたことがない人も多いかも知れません。

まずはこの漫画が、どんなジャンルの漫画なのかを説明していきましょう。

この漫画のジャンルは「歴史漫画」です。

タイトルに「航路」という文字が入っているので
海洋系の冒険漫画なのかなぁと思ったのですが、実は違います。

みんな大好き三国志を描いた歴史漫画なんですよね。

で、この蒼天航路という漫画が特徴的なのは

”三国志と言えば劉備玄徳の物語”

という固定概念を覆して、劉備の最大のライバルである
曹操孟徳を主人公にした点にあります。

劉備と曹操を比較すると、劉備の方が主人公っぽいんですよ。

曹操はスペックが高く、己の野心を叶える為に
どんどん勢力を広げていき歴史の中心になる一方で

劉備はスペックは低めであるがゆえに
様々な国や将にお世話になった中で、
カリスマ性があっていい将が集まるもののなかなか勢力が広がらずヤキモキ

完全に主人公キャラですよね。

 

そんな「ザ・主人公」の劉備玄徳を主人公にせずに
敢えてパーフェクトヒューマンの曹操孟徳を主人公にした漫画

ここで作り手の腕が問われる訳ですが
蒼天航路はいいスパイスを加えて面白い漫画に仕上げてくれています。

という事で「蒼天航路」の感想・評価について語っていこうと思いますよ。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「蒼天航路」はどんな作品?

「蒼天航路」はモーニングで連載されていた人気漫画です。
ジャンルは歴史漫画
原作は李學仁、作画は王欣太
コミックスは全36巻

 

原作:李學仁、作画:王欣太
出版社:講談社
掲載誌:モーニング
掲載期間:1994年47号~2005年50号
巻数 全36巻

 

 

「蒼天航路」を無料で読むには

「蒼天航路」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「蒼天航路」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「蒼天航路」と検索して下さいね。

 

 

「蒼天航路」の概要とあらすじ

三国志の主人公たる英雄

魏の曹操孟徳
蜀の劉備玄徳
呉の孫権仲謀

中でも曹操は悪役として世の中に語り継がれている事が多いが
曹操の歴史を紐解いていくと稀代の天才だったことが分かる。

この漫画はそんな曹操孟徳の伝説を語り継ぐお話です。

曹操は幼少期の頃は阿瞞(あまん)という名前で過ごしていました。

祖父の曹騰は帝の近くに使える中常侍という要職についており
跡取りを探すために養子をとっていたのでした。

曹操は曹騰から依頼された書物を届けるため従兄の曹仁と共に
町を歩いていると、賊に襲われ、書物を奪われてしまいます。

傷だらけの曹操は賊に対して、言葉で油断させて背後から襲い掛かり
賊を殺害すると首を切り落として、その理念の強さと悪童ぶりを見せつけます。

こういった事件もあって、曹操はどんどん町で有名な存在となり
ならず者たちを従えるようになり、様々な女性に手を出し、
色男としても名を上げていきます。

曹操は中華大陸の中で名前を上げていけるのか??

三国志史実とはどのように違うストーリーが描かれるのか??

三国志の主役の一人である曹操にフォーカスして
大胆に三国志の世界を描きなおして、異色の歴史漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

三国志に詳しい人でも曹操の生い立ちって結構知らないんですよね。

そんな良く分からない曹操の幼少期を描くことで
読者側は一気に引き込まれる訳ですが
その後は皆さんご存知の展開に繋がっていく訳です。

その展開の広げ方、描き方について
どのようなところに特徴があるのかを話していきたいと思います。

 



 

「蒼天航路」の特徴

ロマンに特化したキャラ作り!泥臭さを取っ払ったロマンスに注目

「蒼天航路」の最大の特徴は

”ロマンに特化している作り”

ここにあると言えます。

三国志好きな人は、中国という広大な国の中で
きら星の如く現る英雄達が覇を競う。

この現実だけでロマンを感じますよね。

 

この壮大なドラマとロマンが三国志の人気の源泉となっている訳ですが
実際問題で考えたらかなり泥臭くてエグい世界だと思うんですよ。

2000年近く前の時代なので
当然、インフラも進んでなければ、文化も遅れている訳です。

民に目を向けると

自然災害などによって不作で飢饉により餓死したり
せっかく収穫した作物を理不尽に城主に搾取されたり
攻め込まれた兵士から略奪や陵辱を受けたり

現代人から考えるとよくこんな時代に生活できたなぁ

という水準での生活を強いられていたと思うんですよ。

当然、衛生面も現代と比較すれば格段に悪く

物が腐ったり、色々な虫が湧いてきたり、
病気になって苦しんだり、色々な物の臭いがきつかったり、

もう色々な事があったはずなんですよ。

そういったところを出来るだけ隠し
冒険やロマン、人間の物語にフォーカスしたのが三国志(演義)で

横山光輝さんが描いた三国志などは
ドラマと道筋を上手く描いているなぁと思うんですが

この「蒼天航路」は泥臭さを0にして、ロマンだけに特化し
かなり尖った作品に仕上がっているんですよ。

 

どのキャラクターもファンタジー的な世界観で描き方をされており、
死に様や敗北した時の姿がめっちゃ美化されています。

一般的な三国志(演義)の漫画を読んで人にとっては
「おいおい!なんだよ、このキャラ設定は!!」
と突っ込みどころが満載だと思うのですが
この突き抜けた作風が蒼天航路という漫画の面白さになっています。

特に注目したいのが諸葛亮孔明

横山光輝さんの三国志では何でも先を読んでいて
間違ったことは一つも言わない完璧なマシーン。

という形で描かれていますが、蒼天航路の諸葛亮孔明は

男、女問わずにベッドに連れ込まんばかりに
淫乱ぶりを発揮し続ける色魔。

こんなキャラクターで描かれています。

漫画を読んでいて、特に孔明に思い入れのない私も

「これは孔明ファン怒るだろうなぁ」

と思ってしまったくらいにキャラの作り方がダイナミックです。

曹操に想いを寄せる少女のように描かれる 許褚(キョチョ)

まともな会話が出来ないくらいコミュ障の 呂布

やたら陽気で「あいやー」を連発する 荀彧(ジュンイク)

などなど、三国志が好きであれば、あるほど
イメージを壊され、新鮮な気持ちを持つことが出来るので
是非、一度読んでみて欲しいですね。

 

 

三国志好きな人にオススメ度MAXの無料ゲームアプリ

三国志と言えば中国の長い歴史の中で
最も激しく、最も熱い戦いが行われた時代。

それゆえに古くはファミコンから現代ではゲームアプリまで
数多くの三国志をモデルとしたゲームがリリースされていますが
きら星の如くある三国志ゲームの中で

私がおすすめするゲームは「三國志真戦」です。

三国志の世界観を体感できるようなリアルな作りで
戦国ロマンを疑似体験することが出来る秀逸なゲームアプリです。

そして、ゲーム「三国志」の老舗であるKOEI(現コーエーテクモ)が
リリースしているゲームなので、そのクオリティに間違いがありません。

無料で遊べるので一度ダウンロードして遊んでみて下さい。
(アプリ内で有料コンテンツはありますが、こちらは任意)

「三國志真戦」のダウンロードはコチラ

 

 




 

「蒼天航路」の全体評

「蒼天航路」は三国志をテーマとしておきながらも
劉備ではなく、曹操を主人公にしている切り口の違う漫画です。

そして、その切り口の違いはキャラクター設定にも盛り込まれており
横山光輝さんの三国志(三国志演義)を観た人にとっては
衝撃を受けるレベルで
違う世界観のなかで物語を作っています。

それゆえに悪役として描かれる事が多い曹操が
とても魅力的に描かれていますし
三国志演義を見ているとあまり出てこない

荀彧(ジュンイク)、賈詡(カク)、程昱(テイイク)、許褚(キョチョ)

などの活躍シーンが見られるので
見応えのある物語が展開されます。

三国志が好きな人には是非見て欲しいですし
三国志を知らなかったという人は
「蒼天航路」と「三国志」を合わせて見て欲しいです。