漫画「終末のワルキューレ」のあらすじ(ネタバレ)!人類vs神の争い!アダムの勝敗は…

Pocket

月刊コミックゼノンで2018年から連載されている
人気漫画「終末のワルキューレ」(作者:アジチカ)のネタバレ

果たして、人類vs神々はどちらが勝者となるのか?

神々に歯向かったワルキューレはどういう結末を辿るのか?

などなど「終末のワルキューレ」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「終末のワルキューレ」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「終末のワルキューレ」は書店員が選んだおすすめコミックに恥じない作品だった!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「終末のワルキューレ」のあらすじについて話していきます。

 




 

1.プロローグ

人類が誕生して700万年

人類は今、滅亡の危機にさらされていました。

滅亡の理由は隕石の衝突でもなければ、核戦争でもありません。

人類の創造主である神々の手によって
人類滅亡の危機を迎えているのでした。

 

1000年に一度行われる神々の評議会

「ヴァルハラ協議会」

ここで今後1000年、人類を存続を許すか否かの
評議を決定していました。

人類が地球に悪しき影響を及ぼしている事もあり

ほぼ全会一致で「人類を滅亡させる」

という事が決定されかかります。

 

しかし、そんな状況に待ったをかけたのが

ワルキューレである「ブリュンヒルデ」でした。

ブリュンヒルデは人類と神々で

「ラグナロク」(神vs人類最終闘争)

を行ったうえで、人類を滅亡させるかどうかを決定すべきと主張します。

 

この挑発ともいえる主張に乗っかった神々は

「ラグナロク」(神vs人類最終闘争)を了承。

神13人と人類代表13人でのタイマン勝負を行う事を決定します。

 

神代表の13人は以下の通り

ゼウス
釈迦
ロキ
アポロン
ポセイドン
スサノヲノミコト
ヘラクレス
トール
毘沙門天
アヌビス
オーディン
ベルゼブブ
シヴァ

 

人類の代表13人は以下の通り

始皇帝
レオニダス王
ニコラ・テスラ
佐々木小次郎
ジャック・ザ・リッパー
アダム
雷電為右衛門
沖田総司
グレゴリー・ラスプーチン
ミシェル・ノストラダムス
呂布奉先
シモ・ヘイヘ
坂田金時

 

果たして勝利するのは圧倒的な力を持つ神々か?

ワルキューレの力をバックに戦う人類か?

今、史上最高の戦いが始まる。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

週刊ヤングジャンプの名作を無料で読むことが出来るアプリ「ヤンジャン!」
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「ヤンジャン!」は『ゴールデンカムイ』、『キングダム』、
『テラフォーマーズ』などの人気漫画を無料で読むことが出来ます!

※ 無料で読める期間が過ぎている可能性がありますので、ご了承下さい。

是非、ダウンロードして楽しんで下さい!

【iOS専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

【Android専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

2.1回戦 トールvs呂布

ラグナロク 1回戦は

北欧最強の雷狂戦士(バーサーカー)のトール

三国志史上最強の武将である呂布奉先

の戦いとなります。

 

トール、呂布、共に互角に戦える相手がおらず
退屈していた豪傑同士

お互いの戦闘力を確かめ合い徐々に本気を出していきます。

 

トールは神器雷槌(ミュルニル)を用いて
必殺技「トールハンマー」を繰り出しますが

呂布は予めブリュンヒルデから渡された方天戟に
神器を錬成し、優勢に戦いを続けます。

ミュルニルを壊されてしまったトールは
劣勢に陥ったかのように見えましたが
ミュルニルを覚醒させ、最後の勝負に出ます。

 

覚醒トールマンマーで絶体絶命となった呂布

愛馬である赤兎馬の力を借り、最後の反撃に出ますが
トールの渾身の一撃の前に粉砕

 

第一戦は神であるトールの勝ちとなります。

トールvs呂布奉先

試合時間 16分28秒

決まり手 覚醒雷槌(ゲイルローズトールハンマー)

勝者 トール

 



 

3.2回戦 ゼウスvsアダム

ラグナロク 2回戦は

全宇宙の父 ゼウス

人類で最初の男性となった アダム

の戦いとなります。

 

ゼウスは高速パンチを繰り出しますが
アダムは全てを交わし切ります。

そして、アダムはゼウスが繰り出した技を
そのまま真似する「神虚視(かみうつし)」という技で
ゼウス相手に先手を奪います。

 

怒りに震えるゼウスは

時間の全てを支配する「時を超える拳」を繰り出しますが

アダムの「神虚視(かみうつし)」の前に跳ね返されます。

 

以上、2巻までのネタバレとなります。

 




 

人類vs神々との対戦結果

〇 トール vs 呂布奉先 ●

ゼウス vs アダム

ポセイドン vs 佐々木小次郎

< 神々代表戦士 >

釈迦
ロキ
アポロン
スサノヲノミコト
ヘラクレス
毘沙門天
アヌビス
オーディン
ベルゼブブ
シヴァ

 

< 人類の代表戦士 >

始皇帝
レオニダス王
ニコラ・テスラ
ジャック・ザ・リッパー
雷電為右衛門
沖田総司
グレゴリー・ラスプーチン
ミシェル・ノストラダムス
シモ・ヘイヘ
坂田金時

 



 

「終末のワルキューレ」の全体評

ここまでずっと「終末のワルキューレ」のあらすじ(ネタバレ)を語ってきましたが

言わずもがな、神vs人の激しいバトルがウリの漫画に仕上がっています。

 

設定としてはたまに見るパターンになっていますが
分かっていても心が震えてしまう作品です。

心が震えてしまう原因としては

原作である梅村真也さん、構成であるフクイタクミさんの
緻密であり、完成度の高いバトルシーンのシナリオがあるからこそだし

作画のアジチカさんが描く迫力満点のバトル描写が
絶妙に混ざり合い、昇華しているからだと言えます。

ここでは「終末のワルキューレ」のあらすじ・ネタバレをしていますが

「終末のワルキューレ」の本当の面白さが分かるのは漫画を読んでこそ。

王道の漫画ながらも、しっかりと構成され
読みやすい仕上がりになっているので
バトル漫画を堪能したい方は是非「終末のワルキューレ」を読んでほしいですね。

 

 

「終末のワルキューレ」をすぐ読みたい方は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。