漫画「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」はホラーにあらず…、人情漫画だ!【感想・レビュー:ネタバレなし】

Pocket

2014年からコミックリュウで連載されていた
人気漫画「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」(作者:佐伊村司)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」の素晴らしさや得られる人生の教訓

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」はどのあたりが特徴的なのか?
どのあたりが面白いところなのか?

また「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」の魅力と
もう少しここを直した方がいいのでは?

という点なども語っていきつつ

異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-を
無料で読む方法なども話していきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」

です。

 

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」

なんだかものものしいタイトルですよね~

 

なんだか人生について考えさせられそうなタイトルですが

どんな漫画か分からないと思うので

まず最初に漫画のジャンルについて説明をしていきましょう。

この漫画のジャンルは「サスペンス漫画」です。

 

 

サスペンス漫画の中でもいわゆる「ゾンビもの」ですね。

このブログではゾンビものを取り上げたことはないのですが

いわゆるパニックホラー系の漫画はそれなりに取り上げています。

 

過去の作品で言うと「ハカイジュウ」とか「渋谷金魚」ですね。

  
(左:ハカイジュウ  右:渋谷金魚)

 

パニックホラー系の漫画って
インパクトがあるので読みやすいんですけどね~

その分、内容が薄かったりするので
途中で飽きちゃうパターンが多かったりするんです

果たして、「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」はどうだったのか?

 

また「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」はどんなところが面白いのか?

そして「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」はどんなところがイマイチなのか?

そんなことについて話をしていきたいと思います。

それでは「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」の魅力について存分に語っていきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」はどんな作品?

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」はコミックリュウで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはサスペンス漫画
作者は佐伊村司
コミックスは全9巻が発刊されています。

 

作者:佐伊村司
出版社:徳間書店
掲載誌:コミックリュウ
掲載期間:2014年~2018年
巻数 全9巻

 

 

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」を無料で読むには

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

 

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」の概要とあらすじ

主人公の弐階堂アキラはくるみという
女子生徒に想いを寄せる普通の高校生でした。

 

同じボクシング部の親友に梅澤という男子生徒がいます。

アキラは梅澤と親友ではありましたが

くるみが梅澤に想いを寄せていることが気に入りませんでした。

そんなある日、梅澤が上級生に絡まれていると知り
二人は梅澤の元に向かいます。

 

現地に行くと梅澤は他の生徒を殴り倒していました。

 

事情を聞くとそこにいた二人が突然の暴れ出し、
襲いかかり、食いちぎってきた

とのこと。

そして、食われた人間も襲いかかるようになってしまっている。

との事でした。

 

梅澤はくるみを殴り、アキラと一緒に逃げようとしますが、
くるみに想いを寄せるアキラは逆上し、梅澤を殴ります。

そして、その隙に梅澤はくるみに食われてしまいます。

親友であるアキラの無事を願い、逃げるように伝える梅澤。

そんな梅澤の想いを無視するかのように

アキラはゾンビと化した生徒に追われながら、
くるみを追いかけていきます。

 

果たして、アキラはゾンビの魔の手を逃れられるのか?

ゾンビ化を止める手段はあるのか?

 

王道のパニックホラー漫画のような

「いきなり大混乱」という図を絵に描いたような中

一風変わった設定を活かしたサスペンス漫画

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

あらすじの全般(ネタバレあり)を見たい方は以下からどうぞ

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」のネタバレはコチラ

 

 

と、ストーリーを話してみましたが

パニックホラー漫画としては”いかにも”と言う感じの

王道ストーリーです。

 

ただストーリーは王道なんですが

ここから一つユニークな設定が入ってくるんですよね~

それは「ゾンビ化した人間がまた元に戻る」

ということ。

 

そして、またゾンビになり、人間に戻る

というループを繰り返しているあたりが

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」という漫画の最大の特徴です。

 

という事で、そんなユニークな設定を持つ「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」が

どんな漫画で、どんな良い点があるのか?悪い点があるのか?

などなどを語っていこうかなと思います。

 




 

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」のここが凄い!

ゾンビホラー漫画に見せかけて、ゾンビホラー漫画ではない。

「異骸」という漫画の最も特徴的なのは

「ゾンビが一定時間人間に戻る」

という点です。

 

今までのゾンビ漫画やゾンビ映画は

”人間⇒ゾンビ”

という一方通行の変身しか遂げませんでしたが

「異骸」では双方向の変身をアリとしているので

通常のゾンビ漫画とはまったく趣の違う作品が出来上がっています。

 

一定時間、人間に戻るゾンビはゾンビであった時の記憶は無く
人間側と会話が出来るようになってくるので

強い感染力を持ち、暴力を振るう人間

vs

感染される事に恐れを成す人間

という図式になります。

 

となると、どうなるのか??

 

人間側がゾンビを殲滅しようと

殺戮を行うようになるんですよね~

つまり一方的にやられる立場だった人間が

暴力を振るう立場へとステージが変わるわけです。

 

これによって、人間側の恐怖や悲劇だけでなく

ゾンビ側の恐怖や悲劇も描けるようになっています。

 

この演出によって「異骸」はありきたりのパニックホラーではなく

”人間同士の殺し合いを描いたヒューマンドラマ作品”

に仕上がっている訳です。

 

果たして、不本意ながら感染してしまい

ある時間になるとゾンビになってしまう人間は「悪」なのか?

被害を受ける事を恐れて、ゾンビ達を罠にはめて

どんどん殺していく人間は「善」なのか?

 

人としての倫理観を問われる作品に仕上がっているので

”一体、何が正義なのか?”

という事を考えながら読める漫画である点は
貴重な作品だと言えますね。

 



 

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」のここがちょっと残念!

キャラクター、ストーリーの深みが少し足りないか??

「異骸」という漫画が一介のゾンビ物ではないことは
先ほどの素晴らしい点から説明をさせて貰いましたが

「異骸」の残念な点は

人間vs感染した人間

という設定を活かし切れていない点かな、と思います。

 

主人公の弐階堂アキラは徹底した非暴力で

ゾンビ化した人間にも、ゾンビ化していない人間にも
真っ正面からぶつかっていく訳ですが

ちょっと綺麗事に終始しすぎなんですよね。

 

暴力を振るう事が正解だとは思えませんが

「異骸」で設定されている世界観で
無抵抗の非暴力で対抗するには無理がありすぎるので

アキラの行動がただの暴走にしか見えなくなってしまいます。

 

ストーリーバイアスがかかっているので
アキラはゾンビ化しないわけですが

無策でただ走り回るアキラの行動は共感が出来ません。
(実際にアキラのせいで犠牲になった人が多々出ますし)

 

ストーリー的にも

人間同士の血みどろの争いなので

人間の業や倫理観、友情・愛情・絆など

様々な深いテーマを語りやすい設定なのですが

どの要素もちゃんとした終着点に向かわないまま

物語が終わってしまうのは残念な点です。

 

 

また、そもそもゾンビ化した原因とは何だったのか?

なぜ、ゾンビと人間の周期を繰り返したのか?

これらがまったく分からないまま物語が終わってしまいます。

 

また、ゾンビでいられる間、どこまで理性を保つ事が出来るのか

という点について、宝條が解明に動くのですが

その疑問についても放置されたまま終わってしまいます。

 

これらがすごく中途半端に感じちゃうんですよね~

 

もの凄く良いお題を貰った大喜利で

ワンパターンの答えしか出せなかった

という感じで、全部読み終わった後に

「もう少し何か出来たんじゃないかなぁ」

という気持ちになります。

 

「Reason&Why」に答えられたら

最高の漫画になっていたかもしれませんね。

 


 

「異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-」の全体評

「異骸」はゾンビ漫画でありながらも

「ゾンビが一定時間人間に戻り、ゾンビと人間をループする」

という独自の設定を活かしたユニークな作品に仕上がっています。

 

この設定でただ逃げた、喰ったで終わる
ゾンビ漫画とは一線を画して

人間vs感染した人間

という新たなフェイズを打ち出して
独自のストーリーを展開している画期的な漫画です。

 

ただ一つ、残念なのは

その独自の設定を活かし切れていない点

もう少し謎の究明に動いたり、伏線を回収できていれば

最高のゾンビ漫画に仕上がっていたのではないかと思います。

さて、貴方はどう思うでしょうか?

是非、一度読んでみて下さい。

 

 

『キャプテン翼』の新作サッカーゲームが、ついに登場!

好きな選手で自分だけのドリームチームを編成し、
全国のプレイヤーたちと熱い対戦を繰り広げよう!

「最高に翼感のある必殺技」「選手育成とチーム編成」を駆使して
『シナリオモードで原作を追体験』『対戦モード』を勝ち上がろう!!

「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」のダウンロードはコチラ

基本、無料で遊べるゲームになっています。
(一部、 課金があります)