漫画「東京喰種Re:」のあらすじ(ネタバレ)!最初から最終話まで解説します。

PR
少年王と年上王妃

突然王位につくことになった少年王と、その支えになりたいと願う年上王妃のおはなし

「まさかの珍しいショタおねでしたーー!!」
「思った以上にエロかったです」
「年の差もあるけど、この後どう展開していくのか楽しみです」

24時間1位 7日間1位 30日間1位 年間1位

ランキングを総なめした超話題作!!

 

Pocket

週刊ヤングジャンプで2014年から連載されていた
人気漫画「東京喰種Re:」(作者:石田スイ)のネタバレ

佐々木ハイセはどんな運命を辿るのか??

和修家はCCGにどのような影響を与えるのか??

などなど「東京喰種Re:」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「東京喰種Re:」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

(参考)「東京喰種Re:」は複雑な設定を楽しみながら読みたい漫画

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「東京喰種Re:」のあらすじについて話していきます。

 

 

「東京喰種」を無料アプリで読むには

「東京喰種」をすぐ読みたい方は
「ヤンジャン!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「ヤンジャン!」はヤンジャン最新号を最速で読むことのできるアプリ!

もちろん「東京喰種」も一部無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!
※ 無料で読める期間が過ぎている可能性がありますので、ご了承下さい。

【iOS専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

【Android専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「東京喰種」と検索して下さいね。

 

 

1.プロローグ

現代には「喰種(グール)」という呼ばれる生き物がいました。

グールは人を襲い、その肉を喰らう為
人々から恐れられる存在として存在していました。

そして、喰種は人間を大きく超えた身体能力、そして特殊な血液により
作成される赫子という武器を持っている事から
一般人では為す術がないほど力の差がありました。

そんな喰種を討伐するための組織された戦闘集団CCG

主人公の佐々木ハイセはCCGに所属しながら
研究により、人間と喰種のハーフとして改造され

真戸暁一等捜査官を上司とするクインクスという
チームのリーダーとなっている人物でした。

 

そんな中、「トルソー」と呼ばれる喰種による
大量殺人事件が起こります。

CCGはトルソーを追いますが、なかなか足取りが掴めません。

 

ハイセは喰種を駆逐する事が出来るのか??

ハイセの進む道に待っている運命とは??

 

2.トルソー、ナッツクラッカーとの激戦!喰種達との戦い

トルソー探しに奔走する中、佐々木の部下である六月透が
タクシー運転手に目をつけトルソーを発見します。

ここに佐々木の部下である瓜江久生と不知吟士が加わり、バトルに発展します。

苦戦しながらもトルソーを追い詰める3人ですが
S級にランクされている「オロチ」という喰種が現れ、形勢逆転。

追い詰められる瓜江達ですが、佐々木が助けに入ります。

しばらくは劣勢が続く佐々木ですが
喰種の顔になり能力を解放したことでオロチを圧倒し

撃退することに成功しますが、理性を失ったことで
CCGから攻撃を受けて病院に連れて行かれるのでした。

 

佐々木排世は隻眼の喰種として、過去にCCGと戦った
金木研の生まれ変わりである事がここで描かれます。

喰種のチームである「アオギリの樹」はこの事を知っており
オロチの正体である西尾錦もその事を知っていました。

佐々木は病院で安静を取り戻し、落ち着いてきたCCG
CCGを指揮する和修政は次なる計画に手を付けます。

ナッツクラッカーという喰種が男性の睾丸を潰し殺害するという
事件が頻発していたことからCCGはナッツクラッカーを捉えて
その背後にある組織の壊滅を狙っていました。

人身売買が行われているオークションに
ナッツクラッカーが出入りしており
ビッグマダムという人物とやり取りをしている事を掴んだCCGは
六月と鈴屋を囮にして、オークション会場に忍び込みます。

六月は月山習の使用人である月山カナエに買い取られ、連れていかれる中
鈴屋はオークションの舞台に登場するや否や喰種達とバトルを始めます。

このバトルを皮切りにハイセなどのCCG捜査官が乗り込んでいきます。

また喰種側も「アオギリの樹」に所属するSレートのナキ、ミザ
霧島トーヤ扮するラビットらが加わっていきます。

ラビットが鈴屋と戦い、ラキらが真戸と戦っている間に
真戸暁の同期だった滝澤が喰種「オウル」が戦闘に参加しはじめます。

圧倒的な戦闘力を見せるオウルに苦戦するCCG
そこに佐々木ハイセが現れ、更なるバトルに発展します。

瓜江は助け出した六月と一緒に
オークションの仲介人であるビッグマダムを狙う中
上等捜査官の平子はピエロマスクと呼ばれる喰種集団と戦い始めます。

激闘の末に不知はナッツクラッカーを倒し
鈴屋の参戦でビッグマダムを倒します。

オウルにやられそうになっていた佐々木は
金木と親交のあった喰種ヒナミが助けに入ったことで
オウルを追い払う事に成功し、オークションでの激闘は終了となります。

 

この激闘を経て、佐々木ハイセは上等捜査官に
瓜江と六月は一等捜査官に
真戸暁は准特等捜査官に
和修政と鈴屋は特等捜査官に出世をします。

 

3.月山家(ロゼ家)との激闘!隻眼の梟の正体とは…

CCGは最近大量に人間が失踪している事件に対して
月山家(ロゼヴァルト家)が怪しいと踏み
宇井特等、指揮のもと捜査に動き出します。

囮捜査を行い、ロゼ家の喰種を1体捕らえると
キジマ捜査官はその1体を使い、拷問動画を配信します。

一方で月山習の回復を願うカナエとホリは

”月山が敬愛してならない金木が佐々木ハイセとして生存している”

という事を伝えると、気力を回復させた習は佐々木に接近します。

 

拷問動画の効果があってかロゼ家を誘き出すことに成功した
CCGはロゼ家とのバトルに突入します。

戦力で圧倒するCCGですが、アオギリの樹が助けに入り
ロゼ家は佐々木の部下である才子を攫って逃げ出します。

ロゼ家を潰したいCCGは
佐々木が喰種のフリをして囮になるという作戦で情報を収集します。

その収集効果により、ロゼ家が月山家である事を知ったCCGは
宇井らを中心に月山邸に乗り込みます。

月山家当主の観母は習を逃がして、自らはCCGに出頭します。

そのままヘリで逃げようとする習ですが
月山家のオフィスビルを張っていた佐々木らによって攻め込まれます。

月山家に仕える社員達は必死に習を逃がすように
体を張って、捜査官を止めようとしますが
どんどんやられていってしまいます。

そして屋上に到着した習もヘリが撃墜され
屋上にいた佐々木ハイセとバトルになります。

 

そんな中、アオギリの樹のメンバーがロゼ家を助けにきます。

凄まじい戦力を誇るマイロ、執念を見せる月山家の喰種が
キジマ、伊丙を殺してしまい、
ノロによって不知も殺されてしまいます。

屋上で交戦する佐々木と月山習

ハイセに圧倒される月山ですが、強化されたカナエが加わり
激戦となりますが、覚醒したハイセが最後は二人を倒します。

 

指令を下していた和修政の元に隻眼の梟が現れたことから
和修は捜査官を集め、隻眼の梟を追います。

屋上にいるハイセの元に現れた隻眼の梟はハイセと戦います。

激しい戦いになりますが、覚醒したハイセの前に隻眼の梟は敗れ去り
その正体が小説家の高槻泉であることが判明します。

高槻はコクリアという喰種収容所に収監されますが
習はカナエが命を張って逃がしたことから四方らと合流します。

 

4.アオギリの樹との決戦!黒山羊を結成するハイセ

CCGはアオギリの樹と決着をつけるべく
アオギリの樹の本拠地である流島へ攻め込むことを決意します。

鈴屋や瓜江らクインクスメンバーが流島へ向かう中で
有馬達はコクリアの守備を固めます。

高槻や習らと接して、金木研としての意識が芽生えてきたハイセは
コクリアに忍び込んで、囚人達を解放していきます。

金木と親交の深かったヒナミを解放したところで
有馬がハイセの前に現れて戦いになります。

有馬は圧倒的な強さで助太刀に入った四方などを倒し

ハイセ(金木)に対しても攻撃を加え続けますが
金木としての意識が戻ったハイセは更に能力を覚醒させ有馬に勝利します。

有馬は負けた事を自覚して、自ら自害するのでした。

有馬の直属の部下だった平子が駆けつけますが
有馬が自害した意図を組んでハイセ(金木)の逃亡の手伝いをすると申し出ます。

 

CCGの中でも「V」と呼ばれる上位機関は高槻達と戦い
激しい戦闘となる中で、CCGの丸手特等は
CCGを指揮していた和修家の人間達が喰種であることを突き止めます。

本局の局長である和修吉時は丸手を狙撃しますが
旧多かに襲われ、やられてしまいます。

旧多は和修旧多という名前を隠しており、和修家の乗っ取りに動き出します。

コクリアから逃げ出そうとする高槻、トーカ達は安浦特等らに追撃され
追い込まれますが、平子上等が喰種を助けます。

そしてカネキケンは「隻眼の王」を名乗り
喰種と人間が平和に暮らすための組織「黒山羊(ゴート)」を立ち上げます。

 

流島で戦っていたCCGと喰種はクライマックスに突入します。

鈴屋がクロナを倒しますが、滝澤も捜査官を倒しまくります。

負傷したクロナは自らを作った嘉納の元へ行きますが
嘉納の心無い態度に我慢の限界を超えて殺そうとします。

嘉納が作ったグール達がクロナと戦いますが
ここに西尾錦が助けに入り、混戦となります。

一方、滝澤と戦う真戸の元に喰種となった元捜査官の亜門が加わります。

数々の捜査官を殺してきた滝澤ですが
亜門の加勢もあり、劣勢に立たされ、死の淵に立たされた時に
真戸が同期だった滝澤を庇います。

これにより反逆の罪を負った真戸は滝澤に連れられて撤退をします。

アオギリの樹の幹部であったナキ、ミザは
捜査官に殺されそうになりますが
月山習や黒狗(くろいぬ)と呼ばれている入見カヤらの助けもあり、一命を取り留めます。

 

幹部達を殺せない状態で流島攻防戦は終了。

ハイセが有馬を殺し、コクリアを解放した事から
CCGはハイセを殲滅させる計画を立て始めます

 

5.最終決戦!黒山羊vsCCGvsピエロ

CCGはもう一つの喰種集団である「ピエロ」からの
ゲリラ襲撃によって苦しめられていました。

和修吉時を手にかけた旧多は局長代理として
政を出し抜いて現場の指揮を取り始めます。

旧多はピエロの狙いがCCG本局である事を見抜いて
各区の配置を最低限にして、本局の守りを固めます。

各区で攻撃を始めるピエロですが

金木(ハイセ)は争いを止める為、ピエロに変装して
内部からピエロの戦力を削っていきます。

ここで旧多は「V」と呼ばれるCCGの特殊部隊を送り込み
ピエロ達と戦い始めます。

瓜江は自らの父親を殺したドナードと戦いはじめ
追い詰められていきますが、クインクスの助けもあり
なんとか一命を取り留めるのでした。

幽閉されていた亜門が扉をこじ開けて
滝澤、カヤとバトルを始めますが

戦闘のどさくさに紛れて、旧多は「V」を政に差し向けて、殺害
己の権力を盤石のものとします。

 

「黒山羊(ゴート)」の主力メンバーは戦いから生還したものの
ピエロのメンツはそのほとんどが殲滅され
旧多は自らの地位をしっかりと固めます。

そして「オッガイ」という戦闘集団を立ち上げて
偽物の金木(ハイセ)を殺害し、世間にアピールします。

また己の名前も和修吉福と名乗るようになります。

旧多は嗅覚で喰種の場所が分かる「オッガイ」の力を使って
徹底的な喰種狩りを始めます。

人に危害を加えない喰種を殺し
喰種と接触した人物を処罰していきます。

その影響により喰種は住む場所を失って
地下深くにアジトを構えていました。

地上に出ると駆逐されてしまう事から
食糧難に陥っていた金木達は
意を決して幹部達が地上へ食料調達へと出かけます。

しかし、旧多はオッガイのリーダーである葉月ハジメを
スパイとして忍び込ませており、金木達がいなくなった
タイミングを見計らって地下のアジトに総攻撃をかけます。

ハジメは金木の子供を宿しているトーカを捉えようとしますが
ナキや元CCGの平子などが必死に抵抗をします。

 

その間、地上では暴政を振るう旧多に対して
瓜江と黒磐らが諫めにいきますが
自分の反乱分子を殺そうとする旧多と戦いに発展します。

瓜江と黒磐を瀕死の状態まで追い詰めますが
丸手らCCG幹部が乱入してきたことから逃走してしまいます。

食糧を探しに行っていた金木ですが
嫌な予感がしてアジトに戻ろうとすると

そこにはオッガイを率いる旧多と鈴屋がおり、戦いに発展しますが
鈴屋によって完膚なきまでにやられてしまいます。

金木は生き残るためにオッガイのメンツに噛みつくと
龍と虫を合体させたような巨大な化物に変化します。

巨大な化物は地上で暴れ回り、手が付けられなくなってしまいます。

 

この異常事態を目の当たりにして、グールとCCGが
協力体制を取り、竜の化物を鎮圧しようとします。

しかし、喰種を殲滅する為に組織されたCCGの中で、
この同盟に反対する六月が反対し、賛成派の瓜江と戦います。

その戦いの中で気持ちを沈め、反対派は化物殲滅に向けて動いていきます。

一方、竜となってしまった金木は己の中でリゼと会話して意識を戻してきます。

CCG達が竜と戦うの中で金木は救出されます。

竜をなんとか倒し、事態は収集したかに思われましたが、ここまでが旧多の戦略でした。

旧多は竜の中からリゼを呼び起こす事に成功し、
休止した竜は毒を放出し始め、毒に感染したものが喰種になっていきます。

 

この惨劇が行われている最中、隻眼の梟が出現します。

この隻眼の梟は旧多の動きに賛同する
ポルポラ、ウタらが主導になって操っている物体でした。

ここに出てきたのは亜門、四方。

亜門は育ての親であるポルポラと、四方は昔からの親友であるウタと戦いはじめます。

激戦の中で亜門はポルポラに勝ち、ポルポラは死亡。
四方はボロボロになりながらウタに勝ち、ウタを殺さず、生かします。

旧多は金木と対峙し、戦い始めます。

旧多の戦闘力の前に屈しそうになりながら、力を振り絞って勝利。
旧多は死亡します。

 

金木が勝利した後、竜の中にいるリゼと対峙します。

金木は心の中でリゼに別れを告げ、毒が出る卵管を潰します。

しかし、卵管を潰した際に発生した大量の体液が溢れ始め、
金木も竜に飲まれてしまうのでした。

 

金木が竜を鎮圧させた後、東京の街は変わっていました。

CCGは旧多らと戦った「竜戦」を経て「毒」を持つ唯一の卵管は破壊され
竜における被害の拡大は食い止められました。

ただ、各区に残った卵管からは毒を持たないタイプの
「落とし児」が生み出されて人々を襲いました。

彼らは「竜遺児」と呼ばれ、人・喰種の共通の敵とされました。

CCGは解体され新たに「TSC」が発足しましたが
6年後の今も、戦いは続いていました。

TSCのトップである長官には丸手が就任する中
月山習率いる喰種団体「共同戦線」もTSCに協力していました。

 

そんな中、金木は生きていました。

金木は竜の体液に溺れかけるもアヤトに引き上げられて
九死に一生を得ていました。

二週間寝込んだ挙げ句に復活して、
現在はTSC・共同戦線の協力者として生き続けていました。

金木はトーカ、自分たちの娘、幼なじみのヒデ達と
生涯を通じて生きていくと誓っていました。

そして最後に金木たち3人の家族が
丘に立って景色を見る場面を描いて、

「東京喰種Re:」は終了となります。

 

「東京喰種Re:」 の全体評

ここまでずっと「東京喰種Re:」の
あらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

とりあえず最初に言いたのは

「もし内容の捉え方が違ったらすいません」

東京喰種の続編ということもあってか
最初から込み入った内容になっていて
私の頭ではこの解説が精一杯でした。

ですので「東京喰種Re:」を読みこんだ方で
「ここは違っているよ」という方がいたらご指摘いただけると助かります。

上級者向けのストーリー漫画になっているので
深い漫画が好きな人は、是非一度読んでみて下さいね。

 

 

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【まんが王国】の方が安く手に入りますよ。