漫画「最強伝説黒沢」は停滞する中年男性を救う教科書になる漫画【評価・感想】

Pocket

ビッグコミックオリジナルで2002年から連載されていた
人気漫画「最強伝説黒沢」(作者:福本伸行)について
感想(レビュー)を語ると同時に 「最強伝説黒沢」の印象的だった点
などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

「最強伝説黒沢」のどのあたりが魅力的なのか?

見所も含めて語っていきつつ話したいと思います。


今回取り上げる漫画は

「最強伝説黒沢」

です。


ギャンブル漫画の草分けである福本伸行さんがリリースした漫画です。

福本作品と言えば「アカギ」「天」などの麻雀系か
「カイジシリーズ」で行われるデスゲーム系といった
ギャンブルに特化した作品が多いですよね。

では、この「最強伝説黒沢」はどんな漫画なのか…

まずはこの漫画が、どんなジャンルの漫画なのかを説明していきましょう。

この漫画のジャンルは「ギャグ漫画」です。


出ました。

福本伸行さんが満を持してリリースしてきたギャグ漫画

今まではコミカルな部分がありながらも
シリアスで緊迫したストーリーで知られますが
黒沢は終始コメディーに徹するという
福本作品としては異色の作品になっています。


その中でも福本伸行さんらしさが全開になっており
漫画家・クリエイターとしてのレベルの高さが分かる作品になっています。

という事で「最強伝説黒沢」の感想・評価について語っていこうと思いますよ。


と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

「最強伝説黒沢」はどんな作品?

「最強伝説黒沢」はビッグコミックオリジナルで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはギャグ漫画
作者は福本伸行
コミックスは全11巻


作者:福本伸行
出版社:小学館
掲載誌:ビッグコミックオリジナル
掲載期間:2003年1号~2006年18号
巻数 全11巻

「最強伝説黒沢」を無料で読むには

「最強伝説黒沢」をすぐ読みたい方は 「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)


マンガBangはAppStore無料ランキング2位、
250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「最強伝説黒沢」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-


※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの 配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。


「マンガBANG!」他にも面白い漫画が揃っていますよ。

(参考)「マンガBANG!」のおすすめ漫画をジャンル毎に一挙紹介



 もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
 試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

 ⇒ 無料試し読みするならこちら

 「最強伝説黒沢」と検索して下さいね。

「最強伝説黒沢」の概要とあらすじ


44歳の土木作業員・黒沢(独身)

黒沢は穴平建設に勤務し、現場監督という任務を任されるものの
自分の人生の物足りなさを感じ、焦りと虚しさを感じていました。

そんな黒沢はふとしたトラブルから注目を浴びるようになります。

そして、次から次へと新たな騒動が舞い込む黒沢

果たして、黒沢の人生は彼が求めている豊かなものになるのか??

数々のトラブルを乗り越えた黒沢が辿り着いた場所は??


一人のしがない独身中年男性の悲哀を描きつつ
男が成長していく姿を描いた、異色のコメディー漫画

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「最強伝説黒沢」と検索して下さいね。

全体のあらすじを知りたい方は以下からどうぞ

「最強伝説黒沢」の最終回あらすじ(ネタバレあり)



この「最強伝説黒沢」は福本伸行作品らしい
序盤と終盤での展開の違いを見せています。

では、どのようなところに特徴があるのか…


感想を話していきたいと思います。

「最強伝説黒沢」の特徴

中年男性が陥る自分はこのままでいいのか問題と正面から対峙


世の中の中年男性が陥ることが

「自分はこのままでいいのか!?」

という問題です。


学生時代は年を重ねるにつれて

周りの人間関係が変わったり、通う学校が変わったり
新しい部活に入ったり、バイトを始めてみたり

とフレッシュな体験をして、飽きることなく人生を歩きます。


しかし、社会に出て、会社勤めをしてしまうと
多くに人はその会社で長く勤める事になります。

3年、5年、10年、20年と時間を重ねるたびに
同じ場所、同じ人、同じ仕事をやり続け
自分の人生を固定していってしまいますよね。


するとこう思うんです。

”果たして自分の人生はこれで終わっていいのか…”


定年まで働いて、年金をもらって、そのまま死んでいく。

もうこのコースが完全に見えてしまっているんですよね。


潜在的には一度しかない人生だと分かっているものの
ずっと固定された環境から出ていくのが怖い

臆病な自分にも潜在的に気付いてしまい
社会を批判したり、若者を批判したりと行動するようになります。


そんな中年ど真ん中の人間が 黒沢 です。

 ”自分はこれでいいのか、と思いながら
  自分はこんなはずではない、という思いに変わり
 自分を分かってくれない社会は何なんだ”

という思考に変わり、固まった環境で腐っていく。


こんな状態で始まる物語にスパイスを加えて、
黒沢自身の変化を描いていきます。

この着目点が秀逸なんですよね~


そして、ところどころで出現してくる

福本節と数々の名言。


中年男性にズバッと突き刺さる仕上がりになっています。

35歳以上の方は他人事とは思えず、心に刺さるでしょうし
まだ若い人は今後の人生を考えるきっかけになるでしょう。

いずれにしても、自分の人生を振り返るのに最適な漫画なんですよね。


終盤はとんでも展開になって
なんだか浮世離れした感じになるのもご愛敬。

人生の学びとなる本を堪能してください。

ちなみに黒沢がどうすれば幸せな人生を生きていけるのか??

という点について考察記事を書いているので興味がある方は見て下さいね。

「最強伝説黒沢」考察!黒沢はどうすれば幸せな人生を過ごせたのか??

「最強伝説黒沢」の全体評


ここまで「最強伝説黒沢」の感想を話していきました。

伝説のギャンブル漫画を輩出する福本伸行さんの作品としては
少し毛色が違っていますが、他の福本作品と比較すると
テンポがありますし、福本さんらしさも出ているので
非常に読み応えのある作品になっています。
(全体の巻数もちょうどいいですね)


レビューでもお話しした通り
人生を深く考えさせられる作品になっています。

今までの福本作品に触れてこなかった方も
是非、一度読んでみてくださいね。