漫画「北斗の拳」のあらすじ(ネタバレ)!ラオウ、カイオウとの死闘の結果はいかに!?

Pocket

週刊少年ジャンプで1983年から連載されていた
人気漫画「北斗の拳」(原作:武論尊、作画:原哲夫)のネタバレ

ケンシロウvsラオウは決着がついたのか?

ケンシロウはどのような道を歩んでいくのか?

などなど「北斗の拳」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「北斗の拳」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

漫画「北斗の拳」はなぜ今読んでも面白いのか!決め台詞に注目!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「北斗の拳」のあらすじについて話していきます。

 

 

「北斗の拳」を無料で読むには

「北斗の拳」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「北斗の拳」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「北斗の拳」と検索して下さいね。

 

 

1.プロローグ

199×年、世界は核の炎につつまれた!!

海は枯れ、地は裂け、あらゆる生命体が絶滅したかに見えた。
だが、人類は死滅していなかった。

しかし、文明を失った世界は再び暴力が師派支配する時代となっていた。

善良な市民は暴力組織に襲われ悪が繁栄する時代となっていましたが
何者かによってZ(ジード)のメンバーが殲滅させられており

メンバーの死体は外傷がなく、身体の内部から破裂したような感じになっていました。

 

ある日、空腹で彷徨う男が一人いました。

その男は胸に北斗七星の痣がある男で

名前は ケンシロウ と言いました。


(主人公の ケンシロウ)

 

ケンシロウは村に襲いかかってきたジードのメンバーに対して
北斗神拳と呼ばれる拳法を使い、リンという少女を助けます。

そして、ケンシロウはバットという少年と共に村を出ていくのでした。

 

北斗神拳とは一体どんな拳法なのか??

ケンシロウの前にどんな強敵が現れるのか??

 



 

2.兄ジャギとの出会い、更なる兄弟を求めて…

バットと旅立った先でケンシロウが出会ったのは

“king”というギャング集団でした。

 

このkingには南斗聖拳を使うシンがいました。

シンとは因縁の関係があるケンシロウ

更にシンの元には婚約者であるユリアがいました。

腹心のスペード、ダイヤ、クラブ、ハートを倒して
シンとの戦いに入るケンシロウ

シンは過去にユリアを奪うため、ケンシロウに襲い掛かり
胸に七つの傷をつけた男であるという因縁がありました。

 

その時の屈辱をバネに力をつけたケンシロウは

シンを圧倒し、倒します。

しかし、シンに囚われていたユリアは人形で、
本人は既に自殺した事を知らされるのでした。

 

次にケンシロウはマッド・ランドと呼ばれる街に戦いに向かいます。

マッド・ランドでレッドベレーを倒した後に
リンを仲間に加えて、再び旅に出ます。

リンの故郷に帰るとジャッカルが襲い掛かってきて
村人を殺していきます。

激怒したケンシロウはジャッカルのアジトに乗り込んで
ジャッカル軍の殲滅を図りますが、追い詰められたジャッカルが
最終兵器であるデビルを解放しケンシロウと戦います。

一旦は苦戦したものの結果的には圧勝したケンシロウは
再び旅を続けるのでした。

 

ケンシロウが次に行った場所は
正義感の強いマミヤという女性が指揮を執る村

この村に南斗水鳥拳を操るレイが現れます。

レイは妹のアイリを攫った
胸に七つの傷がある男を探していました。

マミヤの村に牙一族が襲い掛かります。

レイの妹アイリとマミヤを人質に取られたことから
レイとケンシロウは戦わされますが
相打ちに見せかけて牙一族の長を倒します。

ケンシロウは胸に七つの傷がある事を明かしますが
レイはその男はケンシロウではない事を信じます。

 

情報を集めると胸に七つの傷があり
悪行を繰り返しているのは

ケンシロウの兄であるジャギである事が判明します。

ジャギの元に向かうケンシロウ

ジャギは4兄弟の末っ子でありながら北斗神拳の
継承者となったケンシロウを許せずに恨み続けていました。

戦いを始める二人

ジャギは凶器攻撃をするなど手段を選ばずに
ケンシロウに勝とうとしますが
力を増したケンシロウの前に敗れてしまうのでした。

 

ジャギは死に際に長兄ラオウ、次男トキが生きている事を告げ
ケンシロウは二人を探しに出て行きます。

 




 

3.宿命のライバルラオウ、尊敬する兄トキとの再会

トキがいるという噂を聞きつけたケンシロウが
街に到着すると、そこにはトキに化けたアミバという
南斗聖拳の使い手がいました。

アミバの秘孔に苦戦するケンシロウですが
本家の北斗神拳を見せつけ勝利を収めるのでした。

 

マミヤから本物の時はカサンドラという街に幽閉されている
という事を知ったケンシロウはカサンドラに向かいます。

門番のライガ・フウガを倒して
獄長のウイグルと戦い勝利します。

トキと会おうと歩を進めた時に現れた拳王親衛隊を退けて
ケンシロウはトキと再会します。

トキはジャギもアミバも拳王であり、長兄であるラオウの手下であり
ラオウはこの世界を収めようとしている事を伝えます。

ケンシロウを助けようとしたレイはケンシロウよりも先に
ラオウの元に到着しますが、
馬上のラオウに一方的にやられてしまいます。

そして、寿命を残り3日間とさせられてしまいます。

 

決着がついた後に到着したケンシロウは
ラオウと戦いますが、歯が立たず。

後から到着したトキがラオウと戦い始めます。

互角の戦いを見せるもラオウの戦略にハマり
トキがピンチに陥った時、ケンシロウが眠れる力を解放します。

ラオウと死闘を繰り広げますが
最終的には引き分けに終わり、両雄は一時撤退します。

 



 

4.最強にして最大の敵ラオウと遂に決着

ラオウとの戦いから撤退したケンシロウは

過去にマミヤを奴隷として捉えていた
南斗聖拳のユダとの戦いへと移ります。

裏切りの星の異名を持つユダは
レイとは戦わずに寿命を尽きさせようとしますが

レイはトキによって寿命を少しだけ延ばしてもらい
ユダとの戦いへと移ります。

ユダとの因縁の対決に勝利したレイは
寿命を迎えてそのまま死んでしまうのでした。

 

ケンシロウが次に向かった先には
南斗聖拳のシュウがいました。

シュウは仁星を持つ義の男で
弱い者のためにレジスタンスを率いて戦っていました。

そして、ケンシロウの過去の恩人であり

ケンシロウを救った代償として
両目が見えなくなっていたのでした。

 

そして、ケンシロウが次に戦う相手は

南斗聖拳の頂点に立つ男サウザー

サウザーは心臓の位置が左右逆であるという特性があり
ケンシロウの秘孔が通用せず、敗れてしまうのでした。

囚われの身であったケンシロウを
シュウの息子シバとラオウが救い

ケンシロウは再びサウザーに戦いを挑みます。

 

ケンシロウとの戦いの前にサウザーに殺されてしまった
シュウの弔い合戦という形で更なる力を発揮した

ケンシロウは遂にサウザーを倒すのでした。

サウザーとの死闘を見届けたラオウは完全復活。

ラオウを止めるためトキはラオウとの決闘を決意します。

 

両親の墓参りをしている時にラオウと鉢合わせしたトキ。

二人の死闘が始まります。

柔の拳だけでなく、剛の拳も操り戦うトキですが
病で体を蝕まれた影響もあり、ラオウに敗北してしまいます。

勝利を挙げたラオウはケンシロウに
「いつでも挑戦してこい」と告げるのでした。

 

ラオウとの戦いを控えて南斗聖拳最後の将を助けるため
5人の戦士がラオウの前に立ちはだかります。

しかし、ラオウはユリアの兄であるヒューガを倒した後に
風のヒューイ、炎のシュレン、山のフドウ、海のリハクを倒して

南斗最後の将であるユリアの前に立ちはだかります。

ユリアはシンに殺されたと見せかけて実は生きており
南斗聖拳最後の将の地位についていました。

ユリアに近づくラオウに対し、ケンシロウが助けにきます。

 

ケンシロウは奥義の無想転生を使いラオウを圧倒しますが
リハクの不手際もあり、ラオウはユリアを連れて逃げてしまいます。

そして、ラオウは悲しみを知るためにユリアを手にかけて
改めてケンシロウとの勝負に挑みます。

お互いに無想転生を使い、互角の戦いを演じますが
最後はケンシロウがラオウを圧倒して勝利を収め

ラオウは天に向かって叫び、自害をしてしまいます。

 

 




 

5.時代は再び乱世に…、帝都と戦うケンシロウ、バット、リン

ラオウがいなくなったことで
しばらくは安寧の時期が続きましたが、徐々に治安は悪化していきます。

 

数年後…。

新たなに君臨した王の圧政により、民は苦しめられていました。

大人になったリンとバットは反体制グループを作り
多くの子供たちを救っており、賞金首になっていました。

そんなリン、バットの元に再びケンシロウが現れます。

ケンシロウが現れた勢いが出たバットたちの反体制派は
帝都を相手に戦いを始めるのでした。

 

そこに現れたのが賞金稼ぎのアイン

アインは賞金首となっているリンとバットを捕らえようとしますが

ケンシロウに子ども扱いされた事により
ケンシロウの後をついていくことになります。

 

帝都には随一の実力者である金色のファルコがいました。

ファルコは元斗皇拳の使い手で
実力者であるギル、バズのハーン兄弟を退けます。

一方のケンシロウはファルコを慕うソリアを倒して
ファルコとの戦いに向かいます。

冷血に見えるファルコですが、天帝を人質にとるジャコウ総督から
天帝を守るために仕方なくいう事を聞いているのでした。

 

ケンシロウたちが物凄い勢いで国の中心部まで
攻め込んできた事で、乱心したジャコウ提督は、

ファルコにケンシロウと戦うよう指令をします。

ここで対峙する事になったファルコとケンシロウ。

激しい戦いを繰り広げる二人をよそにアイン達は天帝を探し続け
ジャコウの罠にハマりながらも天帝に辿り着きます。

そして、天帝はリンの双子の姉ルイでした。
ルイを助けた事で二人は戦いをやめて、ジャコウを倒します。

 

しかし、リンが帝都の残兵ジャスクに攫われてしまい
武の国に連れて行かれます。

 



 

6.修羅の国での戦い…、ケンシロウのルーツとは

武の国は生存率1%と言われる力のみがモノを言う舞台で

「修羅の国」と言われていました。

リンを連れたジャコウは速攻で殺されてしまい
リンは花嫁候補として連れて行かれるのでした。

リンを助けに行くケンシロウとファルコ

 

ファルコはケンシロウとの戦いの傷が癒えておらず
名の無い戦士に倒されてしまいます。

ケンシロウの秘孔で一時的に復活を果たしますが
名の無い戦士を倒したところで力尽きてしまうのでした。

一方、修羅の国で戦士を束ねる
群将カイゼルの元に裏切り者が現れます。

 

その人物はシャチ

シャチは北斗琉拳という拳法を操る人間で
武の国を滅ぼそうと考えていました。

シャチはケンシロウを使おうと思い、人質のリンを奪い逃げだします。

追ってきたカイゼルとの戦いになったシャチは
激闘の末にカイゼルを倒します。

カイゼルはこの国には3人の猛将が要る事を伝え、
シャチの野望は叶わないと宣言しながら死んでしまいます。

 

最初に現れたのは羅将ハン

シャチはリンと一緒にハンの元へ向かいます。

そして、ハンと戦いを始めますが
ハンの実力にかなわないと見るやリンを預け
ケンシロウとハンを戦わせようとします。

やってきたケンシロウはハンと戦いを始めます。

ハンの北斗琉拳とケンシロウの北斗神拳が正面衝突して
地殻変動を起こす激しい戦いになりますが
最後はケンシロウが勝利を収め、ハンは死んでしまいます。

その後、この国にはラオウ伝説がある事を聞かされます。

 

武による圧政から逃れるためにラオウが救世主として訪れる。

第一の羅将であるハンを倒したケンシロウに
ラオウ伝説を重ねますが、三将を育てたジュウケイは
ケンシロウでは第二の将ヒョウに勝てないと言います。

ヒョウはケンシロウの実兄でした。

 

そして、この国はケンシロウの故郷である事を知らされ
ラオウ、トキ、ケンシロウは子供の頃に師であるリュウケンと共に
この国を抜け出したことが判明します。

 




 

7.最強の敵カイオウとの戦い!勝ったのは?

ジュウケイはヒョウの封印した記憶を
呼び起こそうとヒョウの元に向かい戦いを挑みます。

また三将の中でも圧倒的な実力を持つカイオウは
リンをさらっていき、ケンシロウの到着を待つのでした。

カイオウの元に辿り着いたケンシロウですが

ヒョウの知る北斗神拳の奥義を知らないまま戦い
カイオウの圧倒的な魔闘気の前に敗れ去ってしまいます。

しかし、赤鯱が命を張って助けた事で
シャチと共にカイオウの元から脱出をします。

 

一方のジュウケイはヒョウの記憶を
取り戻すのに成功したかに思えましたが

カイオウがヒョウに仕込んだ秘孔で完全に記憶を取り戻せません。

カイオウはヒョウの恋人であり、自分の妹であるサヤカを殺し
ケンシロウが手に掛けたように見せかける事で

ヒョウとケンシロウを戦わせようとします。

 

そしてカイオウの思惑通りに恋人を殺され、
怒りに狂ったヒョウはケンシロウの元に向かいます。

ヒョウと対峙するケンシロウ

兄弟同士での戦いは互角の死闘となり、双方が深手を負います。

 

ここでシャチがケンシロウを助けに入ったことで
ヒョウの記憶の封印は解かれます。

戦いをやめた二人、ケンシロウはカイオウを倒すため旅立ちます。

ヒョウの記憶が戻ったことを知ったカイオウは
母親の墓の前でケンシロウと戦う事を決めます。

 

シャチはケンシロウが奥義を習得するまでの時間稼ぎとして
カイオウと戦いますが、敗れ去り死亡してしまいます。

しかし、シャチのおかげでケンシロウは奥義を手にするのでした。

カイオウはケンシロウを挑発するためにリンを仮死状態にして
リンを遠くの場所に移動させてしまいます。

 

ヒョウはリンを追っていき、ケンシロウはカイオウと戦います。

北斗を滅ぼさんとするカイオウはラオウの兄である事が発覚します。

お互いに全てをかけて技を繰り出し死闘を続ける両者

最後はケンシロウの拳がカイオウに届き、勝利を収めます。

 

リンを追ったヒョウはバットと共に
ケンシロウの元にリンを届けたのちに

カイオウと最後の戦いに挑み、
カイオウと一緒に死んでしまうのでした。

ケンシロウはリンをバットに預けて、一人旅立ってしまうのでした。

 



 

8.北斗伝説よ永遠に…、それぞれが迎えた最後とは…

ケンシロウはラオウの息子リュウの元に行きます。

リュウの周りにはラオウの小間使いだったコウケツという
人物が主となり、暴政を奮っていました。

ケンシロウはリュウと共にコウケツを倒しにいき、
リュウの手でコウケツは倒されるのでした。

 

ケンシロウはリュウを連れて、サヴァ国という国に行きます。

ここにはアサムという名君がいましたが
病魔に侵され、余命いくばくかという状態でしたが

3人の息子、カイ、ブコウ、サトラが不仲な為
引退できない状態となっていました。

 

ケンシロウはアサムの男気にうたれて
3人の息子に戦いでメッセージを伝えて

アサム亡き後のサヴァ国も平穏を保つのでした。
(カイは敵と戦い死亡、サトラは揉め事を回避するために旅立つ)

 

その後、ケンシロウはリュウと共にブランカ王国にいきます。

ブランカ王国にはバランというカリスマがいました。
バランはラオウを師事しており、神を恨み
実力で神以上の存在になる事を目指していました。

そんなバランが思いを寄せるルセリは
サヴァのサトラの恋人でした。

ケンシロウはサトラたちと一緒にバランに会うと
ケンシロウとのバトルに発展します。

ラオウを倒した男の力に屈したバランは
最後に正気を取り戻し、ブランカ王国再建のために死を選ぶのでした。

 

ケンシロウはリュウと別れを告げて再び旅立ちます。

そこで出会ったのはマミヤでした。

マミヤはバットがリンとケンシロウを結ばせるために
自分達の結婚式を拒絶した事をケンシロウに報告します。

 

ケンシロウはその後ユリアと会い、ユリアからも
リンを頼むと言われますが、バットの事を案じて身を引こうとします。

しかし、七つの傷が光り出しケンシロウは記憶を失ってしまいます。

記憶を失った状態でリンとバットに合うケンシロウ

バットは二人とも記憶が無くなっている事から
このまま二人をくっつけようとします。

 

そんな中、ボルゲという男がケンシロウを殺そうと
暴れている事を知ったバット

バットはケンシロウの身代わりにボルゲに殺されようと考えますが
記憶を取り戻したケンシロウが現れボルゲを倒します。

そして、リンも記憶を取り戻すのでした。

 

バットはケンシロウにリンを託して、死んでしまいます。

バットと離れて、ケンシロウと一緒に旅立つリンですが

リンはバットの死と引き換えに幸せにはなれないと言い
バットの亡骸の元に行き、バットに抱き着きます。

バットはケンシロウの秘孔により生かされており

ケンシロウは一人で旅立っていくのでした。

 

そして決め台詞である

「おまえのすでに死んでいる!!」

と告げたところで、北斗の拳は終了となります。

 




 

「北斗の拳」の全体評

ここまでずっと「北斗の拳」のあらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

 

「北斗の拳」という漫画は良くも悪くも

ケンシロウとラオウの物語なんですよね。

 

ですので、ラオウとの戦いが終わってしまった後は
ラオウ以上に存在感のあるキャラクターを出すことが出来ずに

ちょっと四苦八苦したのかなぁという印象がありますね。

修羅の国編で出てきたカイオウは
強さで言うとラオウより上だとは思うのですが

強敵感がちょっと薄いなぁと感じました。

ただ、物語としてはここまでで完結という感じで

そこからあとは余韻という風に見て楽しみましょう!!

いずれにしても漫画を読んでもらえれば

「北斗の拳」がレジェンドだと言われる所以が分かる
カッコイイ漫画になっているので

まだ読んだことのない人は、一度読んでみてほしいですね。

 

ちなみに「北斗の拳」1冊分を完全無料で読む方法があるのを知っていましたか?

実は「U-NEXT」というところで無料で読むことが出来るんですよ。

「U-NEXT」は映画やドラマやアニメが無料で見られるサービスなんですが
漫画も1冊無料で読むことが出来るんです。

しかも、31日間無料サービスをやっています。
完全無料で利用できるのでオススメです。

こちらから読むことが出来るので
チェックしてみて下さい。

「北斗の拳」1冊を無料で読むにはコチラから>>

 

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選