漫画「リアルアカウント」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、結末はこうなった!

Pocket

別冊少年マガジンなどで2014年から連載されていた
人気漫画「リアルアカウント」(原作:オクショウ、作画:渡辺静)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

マーブルとリアルアカウントは本当に消滅したのか??

ユウマは今後もSNSと付き合っていくのか??

などなど「リアルアカウント」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは
別冊少年マガジンなどで2014年から連載されていた

「リアルアカウント」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「リアルアカウント」はSNS依存に警鐘を鳴らしてくれる作品

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「リアルアカウント」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「リアルアカウント」を無料で読むには

「リアルアカウント」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「リアルアカウント」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「リアルアカウント」全編のあらすじ(ネタバレあり)

 

主人公の柏木アタルは高校に通っている学生でしたが
リア充とは真逆でSNSに生きがいを求めていた青年でした。

アタルがやっていたのは日本最大のSNSである「リアルアカウント」(通称:リアアカ)

いつも通りにリアルアカウントにのめり込んでいるアタルですが
突然、リアルアカウントの世界に吸い込まれてしまいます。

吸い込まれた先にはリアルアカウントの主催者であるマーブルが現れ
その他大勢のリアアカユーザーが世界に引き込まれていました。

マーブルは集まったユーザーに対して、ゲームを強制させます。

強制に反対したユーザーはマーブルによって無残に殺されてしまった事から
ユーザー達はゲームへ参加をしなくてはいけない状況を理解します。

 

アタルはマーブルが行う様々なゲームをクリアする中で
妹のユリとそっくりである神田こよりや星名アイジと出会い

3人で第一ステージを勝ち抜きます。

 

一方、アタルにとって双子の兄で
既に死んでいたはずの向井ユウマがリアルアカウントへ挑みます。

ユウマは上條あやめと蔵科ミズキらと出会い
数かすのゲームをクリアしていきます。

ゲームの途中でアタルに会うユウマですが
アタルはユウマに襲い掛かってきます。

アタルはユウマが父親が開発した
コピー&ペースト技術(CAP技術)によって生かされた
コピー人間であることを知り、その存在を消そうとしていました。

リアルアカウントの運営側についたアタルと
一時、休戦となり、再びゲームに戻ったユウマは

リアルアカウントをクリアすることに成功し
リアルアカウントは閉鎖に追い込まれるのでした。

 

リアルアカウントが閉鎖してから半年。

平和に暮らしていたユウマですが
再びマーブルが表れてリアルアカウントに巻き込まれます。

マーブルは30人の参加者をセレクションして、再びデスゲームを始めます。

数々のゲームをクリアする中で、マーブルと化したアタルと対決するユウマ

3対3のサッカーで対決することになった二人でしたが
ユウマはコピー&ペーストの影響で現れるバグ(精神異常)を
なんとか抑えきり、勝利を収めるのでした。

 

アタルはユウマと和解し、仲間になりますが
マーブルからの攻撃を庇ったアタルは死亡してしまいます。

これによりアタルはユウマの中に精神が入り込み、
2人の精神がユウマの中に同居します。

最終のステージに立ったユウマ達。

リアアカ社の社長である恵庭熊と真マーブルと対決します。

ピンチに立たされたユウマでしたが、
仲間と手を組み、真・マーブルを撃破します。

真・マーブルの正体はユウマ・アタルの父柏木シンでした。

 

シンはユウマの人格をステージ3に引き上げ、破たんさせようとしますが
ユウマは仲間全員の友情・絆を以てステージ3を封じ込め
シンを殴りつけ、シンと恵庭熊は敗北するのでした。

ユウマ達は遂にリアルアカウント全クリを果たすのでした。

 

そして、物語は最終回へと向かいます。

 



 

2.最終回のストーリー

リアルアカウント最終ステージから10ヶ月が経過。

ユウマはあやめらリアアカの仲間と会いに行っていました。
ユウマはスマホを手放し、ガラケーを持っていました。

リアルアカウントを全クリした後
恵庭熊は自分達がいるビルを自爆させるボタンを教えていました。

自衛隊に救出されるユウマ達をよそに
恵庭熊はシンを抱えて瓦礫の中へ向かい歩いていくのでした。

最終決戦で重症を負った蔵科は絶望的な状態でしたが
片手を失いながらもなんとか生き残っていました。

 

皆で会っている中、ユウマ達は聴衆の注目の的になっていました。

一挙手一投足をスマホの動画に撮られ、動画に撮られる状況で
世間は結局何一つ変わらない状態でした。

そんなユウマ達には行く場所がありました。

向かった場所はカルアがいる病院。

カルアは冴島アクトとの間に授かった赤ちゃんを
出産するために必死に戦っていました。

ユリやアイジなども集まってくる中で、無事に出産。
赤ちゃんはアクトにそっくりの男の子でした。

カルアは正義感の強かったアクトの行動から
名前を「マモル」とつけるのでした。

今まで多くの人間を殺してきたミズキですが
赤ちゃんに手を握ってもらった事で人の温かみを感じ
あやめにユウマとの子供を作るようお願いするのでした。

ユウマの元彼女であるナナコに対して
あやめと付き合いたいことを告げて、正式に別れを告げます。

そして、あやめと付き合っていたのでした。

 

ワイワイとやりながら病室のテレビを見ると
そこにはネットいじめで自殺した子供のニュースが流れていました。

そのニュースを見てユウマの心の声がナレーションで流れます。

オレ達が選んだ世界は、本当に正しかったのだろうか。
この生まれたてのちっちゃい命が生きていける世界なのか

それでもオレ達はネットと生きていくんだ。
なけなしの希望にすがって

そして、ユウマはマモルに向けてこう語ります。

だけどよ。
生きる価値はあるぜ。

ようこそ、残酷で、それでも尊いこの世界へ

そして、マグラがアップした仲間達とのSNS画像の
様子を映してリアルアカウントは終了となります。

 




 

「リアルアカウント」最終回の感想

「リアルアカウント」の最終回は主要キャラクターの
その後を紹介して終了となりました。

デスゲームを行う漫画なので、死亡するキャラクターは結構多く

ちょっと不幸な感じが出ていましたが
その点をフォローする形でうまくまとめられていましたね。

派手なストーリーとは裏腹に
スマホやSNSが持つ危険性や
求められるリテラシーについても語られていて
どちらの方向からも楽しめる作品になっていましたね。

グロ系が大丈夫であれば、かなり楽しめる作品になっているので
興味がある方は、是非一度読んでみてくださいね。

 

 

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【まんが王国】の方が安く手に入りますよ。