漫画「マンホール」のあらすじ(ネタバレ)!最初から最終話まで解説します。

Pocket

週刊ヤンガンガンで2004年から連載されていた
人気漫画「マンホール」(作者:筒井哲也)のネタバレ

溝口と井上は事件を解決出来たのか??

水野の野望は達成されたのか??

などなど「マンホール」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「マンホール」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

マンホールのガチ感想はコチラ

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「マンホール」のあらすじについて話していきます。

 

 

「マンホール」を無料アプリで読むには

「マンホール」をすぐ読みたい方は
「ヤンジャン!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「ヤンジャン!」はヤンジャン最新号を最速で読むことのできるアプリ!

もちろん「マンホール」も一部無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!
※ 無料で読める期間が過ぎている可能性がありますので、ご了承下さい。

【iOS専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

【Android専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「マンホール」と検索して下さいね。

 

 

1.プロローグ

ある平和な街並みに裸で全身血だらけの人間が
突如マンホールから地上に上がって徘徊を始めます。

街を歩いていた雨宮洋一は、血だらけの人間に
大量の血を吐きかけられてしいまい
怖くなって、その場を逃げ出してしまいます。

程なくして血だらけの人間は死亡。

身元調査から堀川義人という人物である事が発覚します。

堀川の死体を解剖をしていると
今まで見た事がない強力な寄生虫が発見されるのでした。

果たして、発見された寄生虫とはどこで作られたのか??

事件の黒幕は誰なのか??

 



 

2.ぼんやり見えてきた容疑者と凶器となる寄生虫

堀川に血を浴びせられた雨宮はしばらくは
普段通りに生活をしていましたが、次第に元気をなくしていきます。

そして、自分に起こった事を警察に伝えようと自首しますが
寄生虫により感染した事によって著しく体調を崩して、
事情聴取中に警察署を出ていってしまいます。

警察署を出た雨宮は、激しい体調不良に襲われ
道路に飛び出してしまい、トラックに引かれて死亡してしまいます。

一方、雨宮の彼女も寄生虫に感染し、徐々に体調を崩していきます。

 

刑事の溝口は堀川の身元を調べていくと
堀川が直近で、とある施設に預けられたことを知ります。

家族に聴取し、そのおおよその場所を知った溝口は部下の井上を連れて
現場へ向かい調査しますが、その場所は空き地で何も施設が見つかりません。

しかし、空き地にある不自然なマンホールを発見した溝口は
井上をマンホールの中に入らせ、調査をさせようとします。

マンホールの中には拘束され、何かしらの
人体実験を受けている人間がいましたが、井上は人間の気配を感じません。

そんな中、井上はある一冊の雑誌を発見します。

 

一方、刑事の滝本は堀川の父親に事情を聴取しますが
その中で風景写真家の水野正章という人間の存在を知ります。

水野は大金持ちで、この世に蔓延るクズを浄化しようとしており
脳手術を施して地下施設へ隔離しようとする計画を立て
その計画を実行する方法を見つけた

という事を堀川の父親に伝えていたのでした。

また、井上が見つけた雑誌の中から水野が撮影した写真と
寄生虫に片目を奪われた「片目族」という種族の特集を発見します。

この記事を見た溝口は危険な寄生虫(フィラリア)の存在を知り
今回の事件に影響しているであろう事を掴みます。

 




 

3.寄生虫に襲われる溝口、水野を捕まえられるのか??

溝口達が調査を進める中、マンホールの中にいた人物が保護されます。

保護された人物の名前は田村雅樹。

過去に幼児への暴行を行った上に
その暴行の様子を録画し、そのテープを相手家族に送りつける

という犯罪歴がある人物でした。

田村の供述から似顔絵を作成し、犯人へと一歩近づきますが
まだ決定的な情報がないため、溝口達は犯人を断定できません。

事件の捜査を続ける溝口は雨宮の持っていたスマホに
連絡をしていた関口美香という人物を調査しに行きます。

関口の家まで向かった溝口と井上ですが
関口家の付近に行った時に片目を寄生虫に喰われた子供が
窓からのぞている事に気付きます。

事件との関連を感じた溝口は、その家に強引に入り込み調査すると
フィラリアに感染した母親と子供が意識朦朧の状態で立っていました。

刃物を持って立ちすくむ母親を止めようとした溝口は
その包丁を自らの足に刺してしまい、
フィラリアに感染してしまうのでした。

 

一方、関口の家に向かっている感染症対策班は
関口家の通気口からフィラリアを媒介する蚊である
ヒトスジシマカが大量に発生している事を発見します。

感染症対策班は防虫剤を散布して中に入ると
その中にはフィラリアに感染し、大量の蚊に刺された関口がいました。

関口はそのまま病院に運ばれ、保護されると同時に
対策班は大量に発生した蚊を駆除するために緊急網を敷きます。

SNSを通じて世間に感染症が蔓延している事がバレてしまいますが
警察は総動員してなんとか感染を止める事に成功するのでした。

 

この事件を機に警察は事件の対策班を作り、本格的な捜査に乗り出します。

対策班は水野について調べあげ、家宅捜索を行います。

しかし、水野は自宅におらず海外にいることが判明し
水野を語る別の何者かが犯人である事が分かるのでした。

 



 

4.黒幕登場!事件の顛末は??

一方、溝口、井上は極秘でハッカーに依頼し、
黒川宏という人物をピックアップする事に成功します。

黒川は過去に第二の被害者である田村に性的暴力を受けた女児の祖父で
寄生虫の研究をしていた経歴などから、ほぼ犯人で間違いない人物でした。

溝口は復讐である事を確信し、黒川を追いますが
フィラリアへの感染が発覚してしまい、症状が顕在化し
車で事故を起こしてしまいます。

井上は溝口の敵を討つ為、署内から盗んだ拳銃で黒川の元に向かいます。

井上はハッカーから得た情報で黒川がいる槙野町に向かうと
黒川を発見して、対峙します。

黒川は井上が令状を持っていない事から駆け引きをしますが
溝口がやられてしまった事で情緒がコントロール出来なかった井上は
黒川に向けた発砲して、黒川は重体の身で確保されます。

一命をとりとめた黒川は病院で取り調べを受けますが
MRIを受ける際に自ら金属片を口にくわえて自爆

そのまま死亡してしまい
事件は黒川死亡を以て終了するのでした。

 

井上は勝手に拳銃を持ち出し、発砲してしまった事から、
警察を退職し、ファミレスでアルバイトをしていました。

そんな井上の元に溝口が現れます。

溝口は片目を失ったものの命は助かっていたのでした。

溝口は井上が懲戒免職ではなく、依願退職であることを聞いて
自らが持っているコネで警察に復帰しろと伝えます。

迷った井上ですが、溝口の誘いを受けた
再び刑事を志すところで漫画「マンホール」は終了となります。

 




 

「マンホール」 の全体評

ここまでずっと「マンホール」の
あらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

短編という事で読みやすい仕上がりになっているかと思いきや
内容が重く、恐怖を感じる内容になっているので
良い意味でページの進みが遅く、読み応えのある漫画でした。

ボリューム的に展開の進みが早く、間延びポイントがないので
最初から最後まで濃厚なストーリーを堪能できましたよ。

この恐怖はこの記事を見ても伝わらないと思うので
是非、一度漫画「マンホール」を堪能して欲しいですね。

 

 



「漫画を全巻揃えて楽しみたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。

綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。