漫画「バキ」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、結末はこうなった!

Pocket

週刊少年チャンピオンで1999年から連載されていた
人気漫画「バキ」(作者:板垣恵介)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

マホメド・アライJrと刃牙の戦いはどうなったのか?

刃牙と勇次郎の戦いはどうなったのか?

などなど「バキ」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

週刊少年チャンピオンで1999年から連載されていた

「バキ」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「グラップラー刃牙」がなぜ格闘漫画の金字塔なのかを考えてみた

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「バキ」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「バキ」を無料で読むには

「バキ」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「バキ」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※ タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「バキ」全編のあらすじ(ネタバレあり)

 

「シンクロニシティ」

一見、何のつながりもないような事が
世界的に同時多発する現象。

 

このシンクロニシティが世界の凶悪犯たちの間で起こっていました。

スペック
ドリアン
シコルスキー
ドイル
柳龍光

この5人の死刑囚達が時を同じくして脱獄。

バキのいる東京へと向かっていました。

 

地下格闘を仕切っている徳川光圀はこの5人に対して
最強トーナメントに出場した5人

範馬刃牙
花山薫
愚地独歩
烈海王
渋川剛気

この5人をぶつけて、潰し合いをするよう仕掛けます。

 

 

クロスファイトをする死刑囚と地下闘技場の戦士達ですが
戦闘力に勝る地下闘技場の戦士たちが死刑囚を追い詰めます。

この争いにジャックハンマーやビスケット・オリバなども加わり
死刑囚5人は全員敗北を味わう事となります。

刃牙は死刑囚の一人である柳龍光の毒手と戦った事から
毒に侵され瀕死の状態となっていました。

これを見かねた烈は一縷の望みをかけて
母国中国で行われる100年に一度の
格闘技イベントであるライ台祭に招集します。

 

地上最強の生物であり、父親でもある範馬勇次郎も加わり
ライ台祭での戦いに移ります。

刃牙は対戦相手の毒を浴びた事で、裏返りを起こし
状態を回復させ、さらにパワーアップします。

海王の中でもトップに君臨すす郭海皇を
範馬勇次郎が力でねじ伏せライ台祭は終了。

 

ライ台祭にも出場していたマホメド・アライJrの挑戦を

一撃で倒した刃牙は範馬勇次郎への挑戦を決意するのでした。

 

物語は最終回へと移ります。

 



 

2.最終回のストーリー

マホメド・アライJrを秒速で倒した刃牙

愚地独歩を家に招き、父親である勇次郎と対戦する事を告げます。

独歩はその告白を受けて

最強を目指すものとして一度も戦ったことのない
刃牙に対して、これから戦いを始めそうな雰囲気を出してきます。

しかし、刃牙は独歩に対して自分が求める強さは
独歩を始めとした格闘家とは違う、と言い

続けて「俺は地上最強を目指しちゃいない」言います。

 

「親父がもし地上最弱の生物だったら
俺は二番目に弱い生物でいい」

刃牙はこのように続けます。

このやり取りについて渋川と話し合う独歩

その話を聞いた烈、克己、加藤、花田、本部、鎬兄弟らも
地下格闘場で構える刃牙を見つめているのでした。

 

刃牙は自らのイメージで範馬勇次郎の幻影を生み出そうとしていました。

この様子を見たジャックハンマーは
猪狩に対して「出るぞ」と言います。

そして、ギャラリーの見守る中、皆が分かるような形で

刃牙がイメージする範馬勇次郎の幻影が現れます。

 

一方、東アフリカのタンザニア連合共和国の
セレンゲティ国立公園に佇む範馬勇次郎。

彼は巨大なライオンと対峙して、これから戦おうとしていました。

日本との時差、実に六時間。

それほど離れた場所に刃牙の殺気が届き
範馬勇次郎が振り向いたところを描いて

「バキ」は終了となるのでした。

 




 

「バキ」最終回の感想

「バキ」を最終回を読んでの率直な感想

「やっぱり、ウダウダか(笑)」

これですね。

 

導入部分である死刑囚5人との戦いは
すごく面白かったんですよね~

鳴り物入りで紹介されたメンバーの
突き抜けた強さを期待していたのですが

いつの間にかかませ犬になってしまい
見るも無残に敗れてしまった上に

立ち位置や存在意義が良く分からない

ビスケット・オリバ、マホメド・アライJr

などが出てきて、中途半端な戦いを見せて終わり。

 

うーん、勿体ない…

範馬勇次郎の言葉を借りれば

「上質な料理にハチミツをかけるような行為」

が漫画内で行われていました(笑)

でも、先が気になって、面白いまま最後まで読めました。

これが刃牙の魅力というか、刃牙マジックですよね。

気になる方は是非読んでみて下さいね。

 

 



「漫画を全巻揃えて楽しみたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。

綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。