漫画「セカイの果て」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、人気漫画の最後・結末はこうなった!

Pocket

少女雑誌りぼんで2011年から連載されていた
人気漫画「セカイの果て」(作者:牧野あおい)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

河口とあずさはどのような運命を辿ったのか?

最後に勝つのは誰の正義か?

などなど「セカイの果て」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

少女雑誌りぼんで2011年から連載されていた

「セカイの果て」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

(リンク)人間の正義がぶつかる恋愛漫画「セカイの果て」は面白さを語ってみた!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「セカイの果て」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「セカイの果て」を無料で読むには?

「セカイの果て」をすぐ読みたい方は
「マンガmee」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「マンガmee」は人気漫画を無料で読むことが出来ます!

※ 無料で読める期間が過ぎている可能性がありますので、ご了承下さい。

もちろん「セカイの果て」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】マンガMee-少女漫画を総まとめにしたの漫画アプリ

【Android専用】マンガMee-少女漫画を総まとめにしたの漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

(リンク)「セカイの果て」全編のあらすじ(ネタバレあり)

 

主人公の河口隆はいつも一人でした。

千田あずさは都会(神戸)から引っ越してきた美人な女子生徒で
学園のヒーロー的存在である春日と付き合っていました。

 

春日はイジメっ子で、河口の事を執拗にイジメていました。

しかし、河口は一度も学校を休んだ事がなく、
まっすぐに背筋を伸ばして前を向いていました。

 

ある土曜日、河口と千田は駅で出会います。

千田は河口がイジメられた際に

汚されたズボンを洗っていたことをきっかけに
二人の距離は急激に近づいていきます。

 

千田は自分は前の学校でイジメられていた経験から

リーダー格の春日と付き合う事で、イジメを回避していたのでした。

 

そして、千田は春日に別れるよう話すと河口に言います。

 

このことを見ていた春日は河口に対して執拗なイジメを行ってきます。

一方、千田は春日に気持ちがない事や別れてほしい気持ちを伝えます。

 

春日は自分も千田に気持ちがない事を伝えつつも
体の関係を迫り、河口に止められます。

そして河口と春日はもつれ合い屋上から転落しそうになります。

千田がなんとか二人を支えようとしますが、
物理的に難しく、三人とも転落の危機を迎えると

河口は千田のヘアピンを取り上げ、春日の手に刺します。

この事で春日だけ転落して、二人は助かり、春日は死亡するのでした。

 




 

この事実に悩む二人。

河口は一人で罪を被ろうとしますが、
千田が証拠隠滅を図り、二人はこの事実を隠して生きようと誓います。

 

この事を先生である田沢に疑われますが

河口は田沢をハメる事で、春日殺しの容疑もなすりつけようと策略を練り

田沢は警察に捕まるのでした。

 

そんな中、田沢先生の代わりに学校問題の
スペシャリスト有明先生が赴任してきて、事件の究明に奔走します。

有明の攻撃で徐々に追いつめられる二人ですが

田沢、千田らが策略を練って、有明を陥れます。

 

そして、ついに卒業式を迎えます。

諦めない有明は春日を殺した凶器が
千田のヘアピンである事を突き止め、千田を拘束しようとします。

 

これに気付いた河口は千田を連れて逃げていき、鎌倉に行きます。

二人がずっと乗りたいと思っていた江ノ電

江ノ電に乗り込む千田ですが、河口は電車に乗ろうとしません。

河口は警察が駅にやってきていて、自分がこれ以上千田と一緒に居られない事を悟っていました。

 

河口は最後に千田にキスをして

「がんばれ」

「あずさ」

「がんばれ」

と声をかけます。

そして、警察に連行されていくのでした。

 

ここから、最終回に続きます。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧

 

 

2.最終回のストーリー

あずさは河口から言われた

「がんばれ」「あずさ」「がんばれ」

という言葉を糧に高校生活を送っていました。

 

一方の河口は鉄道喫茶で熱心に働いていました。

有明は河口が働く鉄道喫茶にしつこく立ち寄り、
河口を問い詰めていました。

「なぜ、河口は春日殺しの犯人を一人で買って出たのか?」

 

正当防衛と判断されて、お咎めなしとなった事からも
千田が関わった事も話すべきではないのか、と。

しかし、河口は何も語りません。

 

有明は田沢にそろそろ河口の事に固執するのはやめたらどうだ?

と諭されます。

 

一方、河口の家には心無い人間からの落書きやイタズラがなされていました。

そんな中、北川は河口の家に頻繁に出入りしていました。

 

なぜ、そこまで千田を庇うのか?

と問立てますが、河口は答えません。

 



 

河口は周りから後ろ指を差される現状を

「ひとつの世界を奪った罰だ」と受け入れていました。

 

あずさは周りに合わせて高校生活を送っていましたが、イマイチ楽しめません。

そして、同じクラスの男子に中学時代のネタで脅され、呆然としてしまいます。

 

その年の7月5日

春日の墓参りにあずさは現れます。

お墓の前で春日の母親のバッタリと出会い、

「いつかキセキみたいな日に辿り着く日が来る、幸せな世界の果てに」

だから今が辛くても信じなさい。

と言われます。

 

お墓には河口が置いたであろう鉄道模型があり、

河口の存在を身近に感じ、あずさは頑張って生きる事を誓います。

 

 

そして、10年後

あずさはデザイン事務所で働いていました。

そして、ソロでの仕事として喫茶店の内装を担当します。

内装の打ち合わせに行くあずさ。

すると、そこには河口が立っていました。

 

驚いた顔でお互いを見合わせる二人。

 

そして、鉄道喫茶北斗星2号店の打ち合わせ資料を

アップに描いて、物語は終了となります。

 

 

ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。

「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや
「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど
様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画ゲーム一覧

 

 

「セカイの果て」最終回の感想

「セカイの果て」の最大のテーマは

”お互いの正義のぶつかり合い”

だと思うんですよね~

 

そういった中で最終回をどのように終わらせるのか?

という点に興味があったんですけどね~

 

河口には正当防衛とは言え、人を殺めた罰を与えた形になりました。

そして、あずさにも順風満帆に進まない人生を用意したうえで
二人にこの罪を乗り越えさせる流れを作っていくあたりは

良い感じに最後着地したなぁ

と、思っています。

 

最後は余韻がたっぷりすぎて

「これからの二人を見たい!!」

と、思わずにはいられず、このあたりの締めくくり方も

非常に良かったと思っています。

 

内容としてはなかなかめちゃくちゃなことがありましたが
(特に有明先生の攻め方は無茶苦茶 笑)

とてもスピーディーでスリリングな名作に仕上がっていますので

是非、一度読んでみてくださいね。