漫画「ジンメン」のあらすじ(ネタバレ)!最初から最終話まで解説します。

Pocket

サンデーうぇぶりで2016年から連載されていた
人気漫画「ジンメン」(作者:カトウタカヒロ)のネタバレ

マサトはいったい何者なのか?

ジンメン計画はどのような顛末を迎えたのか?

などなど「ジンメン」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「ジンメン」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「ジンメン」は数あるパニックホラーの中でも完成度の高い漫画だ

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「ジンメン」のあらすじについて話していきます。

 

 

「ジンメン」を無料で読むには

「ジンメン」をすぐ読みたい方は
「サンデーうぇぶり」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「サンデーうぇぶり」は人気漫画を無料で読むことが出来ます!
しかも読めば読むほど、無料で読める漫画アプリです!

もちろん「ジンメン」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

-サンデーうぇぶり-人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「ジンメン」と検索して下さいね。

 

 

1.プロローグ

主人公の神宮マサトは動物を愛する少年。
子供頃から不二サファリワールドに通い、象のハナヨと心を通わせていました。

 


(主人公の 神宮 マサト)

 

そして、高校入学ともにサファリワールドの近くに引っ越してきます。

しかし、久しぶりに来たサファリワールドは
雰囲気が変わっており、全体的に暗くなっていました。

 

マサトは飼育員の中田に、

幼なじみのヒトミとサファリワールドでデートするので、
ハナヨの檻に入れて欲しいとお願いしますが、

なぜかあまりいい返事が貰えませんでした。

後日、マサトはヒトミとサファリワールドに訪れます。
静けさが漂い、誰もいませんが、マサト達はサファリワールドに入っていきます。

中に入ると動物もいなくなっていました。

 

様子を伺っていると一人の人間が
マサトの方に向かってきますが、途中トラに襲われてしまいます。

逃げるマサトとヒトミはハナヨの檻に向かい、中田を探しますが、
中田は檻の中で倒れ、園長はハナヨによって殺されていました。

ハナヨの顔を見ると人間の顔のようになっていました。

大急ぎで逃げ出すマサトとヒトミ。

 

果たして、マサトとヒトミは逃げられるのか?

人面動物達の正体は一体なんなのか?

 




 

2.動物公国誕生!ジンメンとは一体何なのか??

ハナヨに追いかけられるマサト達、気がつくと
キリンや他の動物も人間の顔を持っており襲ってきます。

マサトとヒトミは中田を連れてなんとかサファリワールドの外へ逃げ出しますが、

街の中もサファリワールドから逃げ出した人面動物が
人間達に襲いかかってパニック状態となってしまいました。

 

中田は園長が不思議な予防接種をしたことで
サファリワールドが変わってしまった。

という事を呟きます。

警察署に行っても、学校に行っても人面動物が支配しており、逃げ続けるマサト達。

そんな折、マサトは人面シカに腹を刺されてしまいます。

 

そんな中、ブタ園長が電波ジャックして放送を行います。

動物は人間が怖い事。

この支配から逃れる為に不二山一帯を『動物公国』と名付けて、
国家を樹立する事を宣言します。

そこで地震が起こり不二山一帯には大きな溝が出来てしまいます。

 

マスコミのヘリコプターが動物公国へ向かいますが、
溝から電磁波で出ており、次々と墜落してしまいます。

墜落した中で唯一生き残った内海千枝はマサト達と共に行動します。

動物公国は動物が人間を家畜にする世界へと変わっていました。
そんな中、マサト達は陸上自衛隊の駐屯地を目指して進んでいきます。

 

その中で、マサトは隠れて誰かと電話する中田を怪しく思い始めます。

そして、ヒトミはシカに刺された傷が直ぐに治ってしまい、
今までと違う言動をするようになったマサトを怪しく思い始めます。

自衛隊に入ったマサト達、ヘリで逃げようとしますが、
ジンメン達が襲いかかってきて、ヘリは墜落してしまいます。

ジンメンが管理する地下シェルターに入るマサトは中田から、
ジンメンについて知っている情報を聞きます。

 

人は顔によってコミュニケーションを発達させ、
機能の勝る動物に勝ってきた。

動物にも顔を持たせコミュニケーションを
可能にしたらより良い世界を作れるかもしれない。

そこからジンメン計画は始まりましたが、動物が暴走して計画は失敗。

国は失敗したときの対策として予め溝を作っていた。

というものでした。

 



 

3.ジュウメン登場、マサトの正体とは…

シェルターでは人間が飼われ、謎の餌によって洗脳されていきます。
そんな時に吾郷と印藤いう人物が助けにきます。

吾郷は自らの姿を獣に変えて戦力を強化出来る ”ジュウメン” でした。

吾郷とその仲間がジンメンを倒して、シェルターを脱出します。

外に出ると多数のジンメンが襲いかかってきます。

吾郷や印藤はジュウメンとなって応戦しますが、
ジンメンの策略により理性を失ってしまい、人間にも襲いかかります。

そんな戦いの最中にいるハナヨを守ろうとマサトはハナヨの下に向かいます。

しかし、ハナヨは殺されてしまい、
マサトは激昂して何者かに変身し、周囲を破壊するのでした。

マサトは自分が既に人間ではない事を自覚します。

 

ハナヨはマサトにサファリワールドの地図と
メッセージを残していた為、マサトはサファリワールドに向かいます。

途中で学生時代マサトを虐めてたクマ助という男に会いますが、
クマ助はジンメンからマサト達を守る為、死んでしまうのでした。

 

サファリワールドに向かうマサト達ですが、
途中でサファリ職員の永長達に出会います。

永長はマサト達を連れてサファリワールドに向かいますが、
その途中で衝撃の告白をします。

 

それはマサトがジンメン計画と共に作られた
人造人間(デザイナーズベイビー)であるという事。

混乱するマサトを尻目にサファリワールドに到着した一行。

ここで爆弾を持った大勢のジンメンに襲われ、地下の研究所に向かいます。

研究所で内海はジンメン化を解くことの出来る
ミズカガミという場所があることを調べます。

そこに向かう途中にツチグモという
化け物に襲われて安堂が犠牲となります。

地上に出たマサト達はキリンの
ジンメンに襲われながらも、ミズカガミへと向かいます。

 




 

4.佳境に入るジンメンとの対決!四季族との戦い

ミズカガミに到着してカギを解除すると
噴水のように水がバラまかれ、

ジンメン達が普通の動物に戻っていきます。

マサト達はジンメンを元に戻す方法を知りますが、
サファリのミズカガミだけでは効果が限定的なので

不二山にあるオオカガミを使い、事態を収集させようと考えます。

 

サファリに監禁されていた人間を解放して、オオカガミの元に向かう組と
自衛隊駐屯地を制圧する組に分かれて行動します。

その途中で四季族のヴィンターというジンメンの貴族に出会います。

ヴィンターは圧倒的な力でマサト達を蹂躙して、
三美は深手を負い、内海は大きなケガを追ってしまいます。

マサトとはぐれ、不二山中腹の研究所に逃げ込んだヒトミや内海達。

内海は自分の死期が近いと判断して、ヒトミにジンメン計画の全貌を伝えます。

 

ジンメン計画は太古から行われており、
人類に変わる生物として、ジンメンを研究している事を告げます。

そして、中田ら飼育員には内緒にするよう伝えるのでした。

そんな中、四季族の一人ゾンマーが襲いかかります。

ゾンマーによって深手を負う内海達ですが、
最後は内海がジンメンを動物に戻す水を解放しゾンマーに倒します。

しかし、この戦いで内海は死んでしまいます。

 

一方、マサトや中田は山頂に到着しますが、
ここにはブタの園長が待ち伏せており、

マサトに人間と動物、どちらに味方をするのかを問い始めます。

どちらも助けたいときれいごとしか言わないマサトに対して、
ブタの園長は四季族の一人ヘルブストと戦わせます。

マサトが戦いを始めると園長は

マサトが動物を支配する力を持っている事を伝えます。

混乱するマサトですが、中田の助けもあり、
自らの力をコントロールし、ヘルブストを眠らせ沈静させます。

 

不二山の研究所に入っていくマサト達。

園長はマサトを味方につけようと揺さぶりますが、
聞く耳を持たないため、四季族の最後の一人フリューリンクをぶつけてきます。

巨大な蛇であるフリューリンクの前に太刀打ち出来ず逃げ回るマサト達。

そんなマサト達の前に弥陀山という研究員の一人が現れます。

弥陀山は蛇の獣化人間で、人体実験を指示していた人物。

永長と揉めている最中に、永長に薬品を打ち込み永長を完全にキリンにさせます。

しかし、永長は執念で弥陀山を倒します。

 

園長は余力のあるフリューリンクを使って
マサトに自分の支配下に置くよう脅しをかけてきます。

八方塞がりの状況だったマサトの元に四季族の一人ヴィンターが現れます。

ヴィンターはマサトと共同戦線を張り、フリューリンク、園長と戦います。
激しい戦いの末、ヴィンターとフリューリンクは相討ちとなり命を落とします。

 

 

5.園長との決着!動物公国の未来はどうなった?

四季族がいなくなり、逃げた園長を追うマサト達ですが、
マサトの父親が現れ、檻の中に閉じ込められてしまいます。

ここにパワーアップしたツチグモが現れ、戦いに発展します。

絶体絶命のピンチになりますが、中田がここで力を解放して戦います。
マサトの機転で地面を破壊して、ツチグモから逃れた後にマサトの父親を捕らえます。

 

この計画の指揮者だったマサトの父はこうなった経緯について話し合います。

園長は豚が人間に進化した人化獣だという事。

かつて延田剛という男と一匹の豚にジンメンの研究をさせた際に
今回の事件のようなアクシデントを招いてしまった事

園長はマサトと同様に動物を支配する力がある事などを話すのでした。

 

園長と対峙するマサト達。

園長とマサトはお互いの思考を支配しようと念で戦いますが互角。
蓄積のダメージを負ったマサトが倒れてしまいます。

その隙に中田をコントロールして、三美、印藤、吾郷らを駆逐する園長。

マサトにトドメをさそうとしますが、マサトは中田を洗脳から解き形勢逆転。

園長はマサト達の手によって殺されてしまうのでした。

 

しかし、事態は収束しません。

園長は鳥のジンメンを隠しており、動物公国と日本本土の間にある
溝の電磁波を取り除く事で、日本征服、世界征服を目論んでいました。

電磁波が無効化されるのにあと1日。

それを止める手段はオオカガミを機能させる事しかありません。

 

ここでマサトの父親はマサトに残酷な現実を突き付けます。

それはオオカガミを開放させるにはマサトの命が必要であるという事。

ショックを受けるマサトは命を落とす前に
サファリワールドに行き、ハナヨの亡骸と対面しようとします。

ジンメンの邪魔にあいながらハナヨの亡骸をサファリワールドに納めたマサト達。

オオカガミを開放して事態を収束させようとしますが、
国の軍隊が電磁波の外からミサイルを打ち込んできます。

鳥のジンメンは電磁波の穴から抜け出し、
バードストライクで応戦し、戦闘機を墜落させていきます。

マサト達は鳥ジンメンに見つかり攻撃を受けそうになりますが、
自衛隊員の日下部がヘリと共に迎えにきて、飛び立ちますがミサイルを当てられ撃沈。

その後も動物公国の中にもミサイルが飛んできます。

そんな中、マサトはオオカガミを開放せずにジンメンを生かす事を決めます。

しかし、ミサイル攻撃が止まずにどんどんジンメンが犠牲になっていく
現状を目の当たりにしてオオカガミを開放する事を決めます。

無数の鳥ジンメンを能力で抑え込むマサト。

徐々に命が削られ、オオカガミを開放する為のキーがマサトの目の中に現れます。

マサトは父親と協力してオオカガミを開放。
すると不二山からワクチンとなる水が噴火して、ジンメン達は動物に戻ります。

 

マサトはヒトミに想いを告げて、消滅してしまうのでした。
そして、マサト達は自衛隊ヘリで溝の外へ脱出します。

本土に上陸したヒトミ達ですが、国家機密を知る身として政府に狙われる事を察して身を隠します。

後日、中田、吾郷らの力を借りて、総理官邸に乗り込んだヒトミ。

ヒトミはジンメン計画の秘密をネタにして総理に対して
計画の中止と自分達の安全を約束させるのでした。

 

そして、半年後。

ヒトミは政府の機密施設に入れる上級管理権限証を持ち
ジンメンの被害に遭った人を救う仕事をしています。

ヒトミは、マサト君が残してくれた世界を生きていく事を決めます。

 

ここで場面が変わり、ある一人の女性と一匹の犬のシーンへと移ります。

キャンと鳴く犬に近づいた飼い主の女性は
ジンメンとなった犬の顔を目の当たりにしたところで「ジンメン」は終了となります。

 

以上が全話のあらすじ(ネタバレ)です。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧

 

 

「ジンメン」の全体評

ここまでずっと「ジンメン」のあらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

パニックホラー漫画というジャンルの性質上
ストーリーはそんなに期待していなかったのですが

起承転結がしっかりしていただけでなく
感動するポイントがいくつも散りばめており
読み応えのある作品になっていましたね~

今まで読んだパニックホラー漫画はインパクト重視で

ストーリーとしては「ちょっと薄いなぁ」

と思うような印象がありましたが「ジンメン」はそれを覆してくれました。

ただのパニックホラー漫画ではないので
サスペンス漫画が好きな人は、是非読んでみて下さい。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「ジンメン」と検索して下さいね。

 

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選