漫画「ジョジョの奇妙な冒険 第6部(ストーンオーシャン)」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、結末はこうなった!

Pocket

週刊少年ジャンプで2000年から連載されていた
人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険 第6部(ストーンオーシャン)」(作者:荒木飛呂彦)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

エンポリオとプッチの最終決戦はどうなるのか??

徐倫達の魂は新しい世界に引き継がれるのか??

などなど「ジョジョの奇妙な冒険 第6部(ストーンオーシャン)」
最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは
週刊少年ジャンプで2000年から連載されていた

「ジョジョの奇妙な冒険 第6部(ストーンオーシャン)」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「ジョジョの奇妙な冒険 第6部」は主人公の魅力が爆発する漫画

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「ジョジョの奇妙な冒険 第6部」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「ジョジョの奇妙な冒険 第6部」を無料アプリで読むには

「ジョジョの奇妙な冒険 第6部」をすぐ読みたい方は
「ヤンジャン!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「ヤンジャン!」はヤンジャン最新号を最速で読むことのできるアプリ!

もちろん「ジョジョの奇妙な冒険 第6部」も一部無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!
※ 無料で読める期間が過ぎている可能性がありますので、ご了承下さい。

【iOS専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

【Android専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「ジョジョの奇妙な冒険 第6部」と検索して下さいね。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「ジョジョの奇妙な冒険 第6部」全編のあらすじ(ネタバレあり)

 

空条承太郎の娘である空条徐倫(くうじょうじょりーん)は
金持ちのボーイフレンドとデートしたいた際に人身事故を起こし、
その罪を全て自分に着せられ、刑務所に収監されることになります。

小さい頃から母親と二人で育ってきた徐倫ですが
代理人を通じて、父親(承太郎)からの贈り物を受け取ります。

その贈り物は小さい貝殻で、中には何も入っていませんでしたが
その貝殻によって徐倫はスタンド能力に目覚めます。

徐倫のスタンドは指から糸のようなものが伸び始め
その糸を自由自在に操ることの出来る能力でした。

徐倫はこのスタンドに「ストーン・フリー」と名付けます。

 

そんな徐倫に一人の面会者が現れます。

その人物は徐倫の父親である空条承太郎。

承太郎はかつてDIOの手下だったジョンガリ・Aが
承太郎の命を狙うために徐倫を冤罪で刑務所へいれた事などを話し
一緒に脱獄しようと誘いますが、自分達を捨てた承太郎を憎む徐倫は応じません

そんな中、ジョンガリAのスタンド「マンハッタン・トランスファー」と
何者かによるスタンド「ホワイト・スネイク」によって襲われます。

承太郎は徐倫を庇った事から狙撃され
「ホワイトスネイク」によってスタンド能力を奪われてしまいます。

なんとかスピードワゴン財団の潜水艦に乗せて承太郎逃がす徐倫。
徐倫は刑務所内に犯人がいると踏み、犯人捜しを始めます。

 

徐倫は刑務所内で

エルメェス・コステロ、フーファイターズ、エンポリオ
ウェザーリポート・アナスイ

という仲間を加えて、犯人を捜しつつ
承太郎の記憶と能力が詰まったDISKを探し続けます。

探していく中で「ホワイト・スネイク」の正体が
プッチ神父である事実にたどり着きます。

プッチ神父は承太郎の天敵であるDIOの記憶を探しており
承太郎を襲う事でDIOが語っていた理想の世界への道筋を辿ろうとしていました。

承太郎の記憶からケープ・カナベラルという場所に
自らの理想郷がある事が分かったプッチ神父は刑務所を抜け出すと
徐倫らも脱獄してプッチ神父を追いかけます。

ケープ・カナベラルに行く途中でウェザー・リポートは死亡

ウェザーはプッチ神父の双子の兄弟であり、因縁があることから
プッチに殺されてしまいますが、ウェザーは死に際に
自らの能力をDISKに納め、徐倫に渡します。

 

ケープ・カナベラルで決戦を迎えるプッチと徐倫達

プッチは異様な重力を持つケープ・カナベラルの地で
「C-MOON」というスタンド能力を解放し

更にその重力を利用して時を加速するスタンド能力「メイド・イン・ヘヴン」を解放し
時を加速させて、自分だけが加速する時間の中を普通に動ける

という無敵の能力を身につけます。

復活した承太郎も加わり、闘いますが
プッチによって承太郎とアナスイは殺されてしまいます。

絶望的な状況の中、徐倫はエンポリオだけを逃がして
プッチと対峙し、そのまま戦死してしまいます。

プッチはエンポリオを逃がしてしまいますが、
メイド・イン・ヘヴンで更に時を加速させて、
もう一つの世界を作り上げてしまいます。

 

その世界は死亡した人間には辿り着く事が出来ず、
生きている人間も自分にこの先何が起こるのかを知っている

という世界でした。

この先何が起こるのかを知っている=覚悟を持って生きている

と解釈するプッチは、

「この世界こそが自らが理想とする世界で在る」

ということを認識し、悦に浸ります。

しかし、自分を殺そうとしたエンポリオの生存のみが
邪魔な存在だと認識し、エンポリオを殺しに行きます。

エンポリオは新しい世界の中にある元居た刑務所へと戻っていました。

プッチは刑務所内でエンポリオを発見し、
殺そうと一撃を加えますが、エンポリオはその一撃を利用して、
徐倫から受け取ったウェザー・リポートのディスクを自らの体内に入れ込みます。

そして、物語は最終回を迎えます。

 



 

2.最終回のストーリー

ウェザーのスタンドで戦い始めるエンポリオですが、
攻撃は交わされてプッチ神父は再び時の加速を始動します。

そして、エンポリオにとどめを刺そうとしますが、
プッチ神父は突然全身から出血をして倒れてしまいます。

エンポリオはウェザー・リポートの能力を使い、
部屋中に濃度100%の酸素を貯めており
酸素が体を激しく腐食させていたのでした。

時の加速ではどうする事も出来なくなったプッチ。

エンポリオは不慣れなウェザー・リポートのスタンドを使い、
プッチの頭を潰しにかかります。

 

プッチは叫びます。

「わたしが到達したわたしの能力は、神のご意志だ!神が望んだ能力なのだ!」

「わたしが死んだら人類の運命が変わってしまうぞ!
ここでわたしは死ぬわけにはいかないのだー!」

しかし、エンポリオはこう答えます。

「分からないのか?お前は運命に負けたんだ。
正義の道を歩む事こそ運命なんだ」

そして、プッチはエンポリオのスタンドによって死亡してしまいます。

 

プッチが死亡した事で時の加速は終わり、再び世界が動き出します。

その世界は徐倫が既にいなくなった世界。

エンポリオは激闘の果てにボロボロになりながも、
ある町のバス停へと辿り着いていました。

そこにはバスに乗り遅れ、途方にくれるエルメェスとそっくりな人物がいました。

そして、エルメェスにそっくりな人物とエンポリオに声をかける人物がいます。

それは徐倫とアナスイにそっくりなカップルでした。

彼らは自分達の名をアイリン、アナキスと名乗り、エンポリオ達を車に誘います。

エンポリオはアイリンの肩にある星型のアザを見つけ、
アイリンが徐倫の生まれ変わりであることを確信し、涙を浮かべます。

アイリンに名前を聞かれたエンポリオは涙を流して
「ぼくの名前はエンポリオです」と答えます。

エンポリオを乗せて走り出すアイリンの車。

途中でウェザーの生まれ変わりらしき人がヒッチハイクをしていますが、
アイリンの車が通り過ぎていく風景を描いて、
「ジョジョの奇妙な冒険 第6部(ストーンオーシャン)」は終了となります。

 




 

「ジョジョの奇妙な冒険 第6部」最終回の感想

「ジョジョの奇妙な冒険 第6部(ストーンオーシャン)」の
最終回はエンポリオが主人公となるような終わり方でしたね。

作中、主人公として活躍した徐倫はおろか
3部の主役として活躍した無敵のヒーロー承太郎までが
死亡してしまうというストーリーはかなりショッキングでした。

少年漫画でありながらも、ざっくりとキャラの切り替えを行えるのは
作者である荒木飛呂彦さんの大胆さと構成力ですね。

いろいろと味わい深い作品なので
是非、一度読んでみてくださいね。

 

 

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【まんが王国】の方が安く手に入りますよ。