漫画「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、結末はこうなった!

Pocket

週刊少年ジャンプで1992年から連載されていた
人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険 第4部(ダイヤモンドは砕けない)」(作者:荒木飛呂彦)について
最終回・最終話のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

吉良吉影と激戦の後はどうなったのか??

戦いの終わった杜王町はどうなったのか??

などなど「ジョジョの奇妙な冒険 第4部(ダイヤモンドは砕けない)」
最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは
週刊少年ジャンプで1992年から連載されていた

「ジョジョの奇妙な冒険 第4部(ダイヤモンドは砕けない)」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「ジョジョの奇妙な冒険」第4部はふり幅が大きさが素晴らしい!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

 

「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」を無料アプリで読むには

「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」をすぐ読みたい方は
「ヤンジャン!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「ヤンジャン!」はヤンジャン最新号を最速で読むことのできるアプリ!

もちろん「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」も一部無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!
※ 無料で読める期間が過ぎている可能性がありますので、ご了承下さい。

【iOS専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

【Android専用】ヤンジャン!人気漫画が読める!!無料漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」と検索して下さいね。

 

 

1.最終回までの流れ

最終回までの詳細なあらすじは
別途ブログ記事に書いていますので
そちらを見たい方は以下をクリックしてください。

「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」全編のあらすじ(ネタバレあり)

空条承太郎は日本の杜王町という街に
東方仗助という人物を探しに訪問していました。

東方仗助はジョセフ・ジョースターの愛人の子供で
血縁上は承太郎の叔父にあたる人物で
ジョセフの遺産を配分するために探していたのでした。

承太郎が街を歩いていると仗助と出会います。

仗助は自らの髪型をいじられるとキレてしまう性格で
街の不良に対してスタンドで攻撃を仕掛けているところを目撃します。

仗助のスタンドは「クレイジー・ダイヤモンド」

一度破壊したものを治す能力を持つスタンドでした。

承太郎は仗助にジョセフの件を話して
杜王町に住む殺人鬼アンジェロへの警告を促します。

 

仗助はアンジェロと戦い、祖父を殺されながらも
なんとかアンジェロを倒すのでした。

そして、アンジェロは自らが刑務所に入っている時に
何者かに体を弓矢で射抜かれてスタンド能力を持ち始めた

ということを承太郎と仗助に明かすのでした。

その後も仗助の前に様々なスタンド使いが現れます。

虹村形兆、音石明、小林玉美、間田敏和
スタンド化したネズミらと戦い勝利を収めていきます。

戦いの中で、仗助は広瀬康一、虹村億泰、岸辺露伴らを仲間に加えていき
父親であるジョセフ・ジョースターと対面します。

 

そんな中、露伴と康一はとある場所で
杉本鈴美という幽霊に出会います。

鈴美は杜王町に住む吉良吉影という殺人鬼に殺されており
二人に殺人鬼を探し出すことを求め
仗助や承太郎も加わり、殺人鬼を探し始めます。

吉良吉影と対峙した承太郎と康一は苦戦しながらも倒しますが
吉良に逃げられてしまい、吉良は川尻浩作という人物を乗っ取ります。

そして、仗助達の前から姿を消します。

吉良を探す仗助達は、吉良の父親の妨害を受けながらも探し続けます。

 

一方、吉良が乗っ取った川尻家では
長男である早人が浩作に違和感を感じ、素性を調べ始めます。

早人は植物型の猫であるスタンド使い「ストレイ・キャット」を見つけ
浩作が偽物であることを見抜きます。

しかし、吉良(浩作)は弓矢によって
新たなスタンド能力「バイツァ・ダスト」を会得し

早人が他人に吉良の正体を教えようとすると
教える対象となる人間は爆発してしまい、また朝まで時が戻るという能力でした。

これにより早人は吉良の正体を誰にも喋る事が出来なくなってしまいます。

露伴を始めとして、仗助・億泰・承太郎・康一らは
「バイツァ・ダスト」の餌食になって死んでしまいます。

再び朝に時間が戻り、早人はどうにもならない状況に絶望する中で
早人は自分で吉良を殺すしかないと判断し
天井裏に隠してあったストレイ・キャットをこっそり持ち出し
吉良が話しかけてくれるタイミングを待ちます。

早人の決意のある目を見て、なかなか近づかない吉良ですが
不意に近づいたところで、早人は攻撃を仕掛けます。

しかし、この攻撃が交わされてしまい、早人は絶望。
吉良は勝利を確信して、自らの正体を早人に明かすのでした。

しかし、早人は吉良の勝利宣言を電話で繋がるようにしていた事で
仗助と億泰が川尻浩作の正体が吉良である事に気付いて、駆けつけます。

激戦を繰り広げた仗助と吉良ですが
最後は仗助が吉良を再起不能状態にします。

吉良は自らの負傷を心配して駆け寄った看護師に爆弾を仕掛けて
再び「バイツァ・ダスト」を発動させて、時間を戻そうとします。

 

そして、吉良は「バイツァ・ダスト」を発動させて仗助達と戦う前に戻ります。

吉良は勝利を確信しますが、そこには杉本鈴美がいました。

吉良は杉本に襲いかかろうとしますが、手が体をすり抜け
「今の光景は吉良の幻想で、現実の世界ではない」と鈴美に言われます。

吉良は仗助との戦いの末、救急車に轢かれて死んでいたのでした。

自分が死亡した事に気付いた吉良は絶望しますが
鈴美はそんな吉良に対して、亡霊を呼び寄せて吉良を襲おうとします。

吉良はそんな企みに気付きますが、鈴美は吉良を罠にかけ、
亡霊を呼び寄せる事に成功するのでした。

 

そして、物語は最終回へと向かいます。

 



 

2.最終回のストーリー

数々の亡霊達の手によって捕らえられる吉良

吉良はキラークイーンを出して抵抗しようとしますが
スタンドは出ずに吉良の魂はバラバラにされてしまいます。

杉本鈴美は吉良が亡霊達に連れて行かれたことを確認して
飼い犬であるアーノルドと抱き合います。

 

そこにやってきたのは康一と露伴。

鈴美は自らの役目を終えたことから
この世とのお別れをすることを伝えます。

寂しい気持ちを隠せない康一と露伴ですが
仗助達もやってきて、皆でお別れをして

鈴美が天国へと成仏されます。

 

一方、吉良が化けていた川尻家では
母親が吉良(浩作)の帰りを待っていました。

全ての事情を知る早人は
吉良の帰りを待つ母親に対して
涙を流しながら、一緒に父親を待つと言うのでした。

 

ここで康一のナレーションが入ります。

吉良の出現により、杜王町は深く傷ついた。

いや、正確に言えば、町が生んだ吉良吉影
という怪物によって町自身は傷つけられた。

吉良吉影に殺された人物の家族は、
その人物の帰りをずっと待ち続けるのであろう

この痛みはどうやって癒やせばいいのであろう?

ぼくにはわからない・・・

町の未来にとって命取りになるのか。
さもなくば、いずれ消え去るのだろうか。

ぼくにはわからない。

 

ここで場面は承太郎とジョセフが
杜王町から旅立つシーンへと変わります。

ジョセフは承太郎に対して、

今後杜王町に新たな敵が出てくる可能性を示唆しつつ、
「出ていっていいのか?」と問います。

「ああ、少しな」と承太郎は答えますが

ジョセフはこの町の若者は『黄金の精神』を持っており
それがある限り、この町は大丈夫だと答えます。

ここで仗助が見送りに来ますが

仗助はクレイジー・ダイヤモンドで
ジョセフから財布を抜き取り、笑顔で別れを告げます。

 

そして、他の登場人物のその後も語られます。

猫草(ストレイキャット)は億泰の父親が気に入り
問題なく生活を送っています。

透明の赤ちゃんは母親が依然行方不明のままで
結局、ジョセフ・ジョースターの養子となります。

承太郎は杜王町の海岸で見つけたヒトデに関する
論文を執筆した事で博士号を取得します。

こうして1999年の夏は

ほとんどの人にとっていつもの夏と同じように
当たり前に、過ぎていったのでした。

そして、杜王町の全体景色をバックに
仗助のアップが写し出され
「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」が終了します。

 




 

「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」最終回の感想

「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」の最終回は

第3部のスターダストクルセイダーズのラスボスであるDIOとの
バトルもかなり熱い戦いでしたが

今回の第4部でのラスボス吉良吉影は今までのラスボスよりも
格段に上の戦闘能力を持っていて、かなりハラハラしました。

DIOからカリスマ性を取って、徹底的な悪に仕上げたキャラクターの変化は
さすが荒木飛呂彦先生だなぁと感服させられます。

かなり味のある作品に仕上がっているので
まだ第4部を見たことがない人は、是非、一度見て欲しいですね。

いろいろと味わい深い作品なので
是非、一度読んでみてくださいね。

 

 

「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【まんが王国】の方が安く手に入りますよ。