漫画「シグルイ」のあらすじ(ネタバレ)!最初から最終話まで解説します。

Pocket

チャンピオンREDで2003年から連載されていた
人気漫画「シグルイ」(原作:南條範夫、作画:山口貴由)のネタバレ

藤木と伊良子にはどのような因縁があるのか??

藤木と伊良子の戦いはどうなるのか??

などなど「シグルイ」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「シグルイ」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「シグルイ」が魅せる狂気に思わず飲み込まれてしまう

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「シグルイ」のあらすじについて話していきます。

 

 

「シグルイ」を無料で読むには

「シグルイ」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「シグルイ」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

【iOS専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

【Android専用】マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「シグルイ」と検索して下さいね。

 

 

1.プロローグ

時は寛永6年。

戦も終わり太平を取り戻した日本にあって
駿府城の暗君である徳川忠長は横暴な振る舞いを続け
家臣や民を苦しめ続けていました。

徳川忠長は御前試合としてお互いに真剣を持たせる事を提案し
目の前で殺し合いをさせようとしていました。

 

そんな凄惨な現場に立つ男が二人。

一人は隻腕の剣士 藤木源之助
もう一人は盲目・跛足の剣士 伊良子清玄
(跛足とは片足が不自由でまともに歩けない状態を指します)

御前試合に臨むこの二人にはただならぬ因縁があったのでした。

そして、この二人の剣士の壮絶な過去が描かれます。

果たして、藤木と伊良子の因縁とは何なのか??

二人の勝負はどのような結末を迎えるのか??

 



 

2.藤木と伊良子の出会い、虎眼流門下へ

時は遡ります。

藤木源之助は虎眼流の開祖である岩本虎眼が開く道場に通う青年で
若手の実力者として道場内でも頭角を現していました。

藤木達が稽古をしている中に伊良子清玄が道場破りとして乱入してきます。

藤木は若手の筆頭格として伊良子と対峙し戦い始めますが
伊良子は藤木の指を折り、藤木に勝利を収めます。

藤木が敗れた事で師範である牛股権左衛門が伊良子と対戦します。

柔軟な伊良子は牛股の攻撃を交わしていきますが
牛股は柔と剛が入り混じった攻撃を見せ伊良子を圧倒します。

伊良子は牛股の力に感銘し、門下に入りたいと懇願しますが
牛股は容赦なく、伊良子を叩きのめします。

叩きのめされた伊良子はしばらく牢屋に監禁されますが
牛股は道場主である岩本虎眼と伊良子を引き合わせます。

岩本は精神的に崩壊しており、わずかな時間しか
勝機に戻れない状態でしたが、剣術の腕は衰えておらず
伊良子の素質を見抜き、弟子にする事を承認します。

 

藤木と伊良子はその後、道場で凌ぎを削りながら
剣術の腕を上げていきます。

そんな二人の姿をみた岩本は跡継ぎを
藤木か伊良子のどちらかにしようと考え

舟木道場の実力者である舟木数馬、舟木兵馬を倒してこい
という命令を出し、倒した方に娘の三重を嫁がせ
跡継ぎとすることを決めます。

藤木、伊良子共に舟木兄弟に戦いを挑み
実力者である舟木兄弟を倒します。

この一件では跡継ぎが決まらず、二人は更に精進します。

 

そして、しばらくしたある時

藤木と伊良子を呼び出した岩本は伊良子を跡継ぎに指名し、
娘の三重を皆が見ている前で抱く様に命令します。

恥をかかされた三重はその場で自害しようとしますが
伊良子はその三重の覚悟を悟り、その場で抱くことを拒否します。

伊良子は母親と二人、貧しい家庭で育ったため
なんとかのし上がっていこうとしており
藤木に競り勝ったことに満足をしていました。

 




 

3.嵌められる伊良子、虎眼流へ復讐の鬼となる

そんな伊良子の元に藤木が訪れ、
岩本が秘伝の技を伝授する為、昆嶽神社へ来いという事を伝えます。

伊良子は言われるがままに岩本のもとに向かうと
武装した岩本が待ち受けており、
牛股と試合をするように命じます。

門下生同士の試合は通常寸止めとなっていますが
牛股は容赦なく、攻撃を加えていきます。

深手を負った伊良子に対して、岩本は藤木と試合をするよう命じます。

ただならぬ雰囲気に気付いた伊良子は藤木と真剣勝負を始めます。

しかし、牛股との戦いで深手を負っていた伊良子は
自分の力を出すことが出来ずに藤木に敗れてしまいます。

ボロボロになった伊良子の前に立つ岩本虎眼が刀を抜いて構えます。

意地で岩本に向かっていく伊良子でしたが
岩本の剣によって、両眼を切られてしまいます。

岩本は自分の妾であるいくをはじめとして
伊良子がたくさんの女性を落としている事に嫉妬し、制裁を加えたのでした。

岩本に敗れた伊良子はその後も拷問を受け
己の生殖器を焼き取られるそうになります。

しかし、いくが伊良子を助け、
伊良子はボロボロになりながらも逃げだすのでした。

 

駿府城内で影響力を発揮する虎眼流の門弟達。

街をうろつくごろつき達も藤木の手によって
あっという間に始末されてきますが
ある日、門弟の一人、近藤涼之介が殺害されるという事件が起こります。

牛股達は近藤を殺した犯人を捜すと同時に
道場のメンツを保つために腕の立つ人物を犯人に仕立て上げようとし

無実の人間を殺害してしまいますが
その後も宗像進八郎、山崎九郎右衛門など高弟が、次々に殺されていきます。

殺され方から、犯人が伊良子だと気付いた牛股達は
なんとか伊良子を見つけ出して、殺そうとします。

 



 

4.岩本虎眼と対峙する伊良子、復讐成功となるか!?

ある日、岩本は盲目ながら琵琶の演奏で徳川家康の信頼を得ている
賎機検校に呼ばれて牛股、藤木らと一緒に屋敷を訪問します。

検校は夕雲というフェンシングを使う男を使い岩本と戦わせます。

結果は岩本の圧勝に終わりますが、ここに伊良子が姿を現します。

岩本の妾であるいくの体を焼き、自らの目を斬りつけた虎眼流の人間に
強い恨みを持っている伊良子は藤木に対して宣戦布告を行います。

その場は争いになりませんでしたが
伊良子は藤木に決闘状を送りつけます。

 

宿敵と決着をつけるため
藤木は伊良子に指定された場所にいきますが
いつになっても伊良子はやってきません。

また時を同じくして検校に雇われた蝉丸という武士が
外出中の牛股に襲い掛かります。

伊良子は藤木、牛股を足止めしている間に
岩本虎眼の屋敷に行き、虎眼を討とうとしていました。

取り巻きを一掃して、虎眼と対峙する伊良子。

二人の戦いは激化しますが、伊良子の全身全霊をかけた一太刀で
虎眼は斬られ、死亡してしまいます。

藤木が駆けつけた時には既に伊良子は帰っており
放心状態の三重が血まみれになっていました。

師匠を討たれた藤木は伊良子に激しい憎悪の念を抱き
三重と共に復讐する事を誓います。

 




 

5.師の仇を討たん立ち上がる藤木、牛股!結果はいかに

藤木は正式に敵討ちの申し出を行い、
二人は駿府城の役人が見守る中で決闘を行うことになります。

激しい鍔迫り合いの中で、藤木は伊良子を追い詰めますが
伊良子は何とか凌ぐと虎眼の必殺技である「流れ星」を繰り出します。

藤木はその流れ星も受け止め、お互いに体力の底をつくまで戦いますが
最後は伊良子が下から振り上げる秘剣を見せて
藤木の左腕を切断して、勝負ありとなります。

トドメを刺さんとする伊良子の前に牛股が現れます。

牛股は検校が雇ったボディーガード達を一刀両断とし暴れ回ると
仲裁に入った役人をも殺害し、収拾のつかない事態となります。

ボロボロになった伊良子は牛股を止める為、立ちはだかると
牛股のパワーに押されますが、
伊良子は牛股の顔を斬りつけ、事態を収拾させるのでした。

 

顔を斬られた牛股ですが、致命傷には至らず
後日伊良子が滞在している屋敷に襲い掛かります。

夜襲に戸惑い追い詰められる伊良子。

剣を持って戦うも、地面が雨でぬかるんでおり
下から振り上げる秘剣を繰り出すことが出来ませんが
伊良子は自らの足を土台にして、斬りつけながら秘剣を繰り出し、牛股を成敗します。

一方、片腕を失った藤木は徐々に体調を整え、復活していきます。

そして、忠長により再び伊良子と決闘をする事を命じられるのでした。

そんな藤木をよそに、敵討ちの現場を収められなかった家老
孕石備前上は忠長より切腹を申し付けられ、死亡してしまうのでした。

 

ここで話は以前藤木と伊良子が倒した舟木一族の
長女である舟木千加の話に移ります。

千加は美人ですが、豪胆で男勝り。
道場の男子達が憧れる存在でした。

当主の舟木は千加を結婚させて跡取りを作ろうとしますが
千加は夜の営みをすると男性器が現れるという
特異体質の為、婚姻する事が出来ずにいました。

そんな中、顔・体がガマのように醜く
粘着質で嫉妬深い屈木頑之助が千加を自らのものにしようと狙い
千加の許嫁となる相手を次々殺していくのでした。

 



 

6.御前試合に向かう二人。因縁の決着は??

ここで話は再び藤木の話に戻ります。

忠長命令の決闘を行う為、駿府に向かう藤木と三重。

二人は旅の途中で峻安という大柄の僧侶に出会います。
峻安は過去に伊良子との因縁があり、伊良子を討つ事を目標としていました。

そんな峻安は忠長の家老から、藤木と手合わせするよう命じられます。

実力者である峻安ですが、素手の一撃によって
藤木に倒され死亡してしまいます。

駿府城下までやってきた藤木と三重は
星川生之助(月岡雪之助)に連れられ、月岡に向かいますが
邸宅に行く途中いくに出会います。

藤木と三重は殺気を発し、いくを殺そうとしますが
月岡が必死に止めて、人を殺めることなく、その場は収まり
二人は星川宅に滞在するのでした。

 

一方、千加は忠長の命令により、駿府城内で生活を行う事となり
頑之助も飼われ、拷問を与えるための道具となっていました。

藤木達はその有り余る狂気から月岡家では抑えきれず
上級の武家である笹原家へと仮住まい場所を変えられます。

笹原家の当主である笹原修三郎は藤木の狂気に触れた事から
藤木を抑えるため稽古(試合)を行い、藤木を制圧します。

一方、伊良子は忠長のペットである狒々(巨大な猿)を倒し
万全の状態に仕上がります。

両者の試合が近くなった時に、藤木は病で倒れてしまいます。

その藤木の様子を聞いた伊良子は狒々の頭を薬草として届け
藤木が万全の状態になるよう助力すると、藤木は徐々に復活し
笹原と再度稽古を行い、刀を投げる邪道を見せつつ圧勝します。

 

徳川家の法令に反する真剣による剣術大会を行おうとうする
徳川忠長は敢えて法に反する事を行い、自らの威光を見せつけ
徳川家を乗っ取ろうと考えていたのでした。

そして、伊達政宗と会い、剣術大会の催しに招待しますが断られます。

他の大名にも誘いを出す忠長ですが、真田、前田家など全てに断られ
剣術大会を実施する目的が、自らの狂気の捌け口と変わってしまうのでした。

 

9月24日

藤木と三重は決戦に勝利し、生きる事を誓い、試合場へと赴きます。

家老の合図で入場し、対峙する伊良子と藤木。

いよいよを命を賭けた試合が始まります。

開始早々に剣を投げだす藤木
その殺気を感じ、刀を振り上げる伊良子

脇差を出す藤木は伊良子と鍔迫り合いとなります。

そして、そのまま押し切った藤木が
伊良子の胸骨もろとも心臓を斬りつけるのでした。

伊良子は藤木の顔を抱え、そのまま死亡してしまいます。

その瞬間、三重の潜んだ「魔(復讐心)」は跡形もなく、消滅していたのでした。

 

死力を尽くした藤木に対して忠長は
伊良子を冒涜する暴言を吐き、伊良子の首を斬るよう命じます。

藤木は宿命のライバルであり誇りであった伊良子の首を
困惑しながらも命じられるまま斬首するのでした。

その姿を見た三重は自害してしまいます。

そして、全てを奪われた藤木が

桜散る綺麗な城下町で藤木と三重は二人で歩き
二人は見つめ合いながら手を繋ぐ

というシーンを描いたところで「シグルイ」は終了となります。

 




 

「シグルイ」 の全体評

ここまでずっと「シグルイ」の
あらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

二人の男を巡る人物たちの壮絶な復讐劇で
迫力ある絵柄と表現で迫力満点でした。

たくさんの漫画を見ていますが、
シグルイほど迫力を出せる漫画は類を見ません。

江戸時代の侍の価値観は現代人である私達と
あまりにも価値観が違うので
共感できない部分は多々見受けられたのですが
その理解できない部分がより迫力を増した表現になったのかもしれません。

なかなかグロい部分が多くて、絵柄も好みが分かれますが
私にとってはかなりおもしろい作品だったので
是非、最初の一話だけでも読んでみてください。

 

 



「漫画を全巻揃えて楽しみたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。

綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。