漫画「カラダ探し」(第一章)のあらすじ(ネタバレ)!最初から最終話まで解説します。

Pocket

少年ジャンプ+で2014年から連載されている
人気漫画「カラダ探し」(作画:村瀬克俊、原作:ウェルザード)のネタバレ

明日香達は無事にカラダを揃えることが出来たのか??

カラダを揃えた後に待ち受けている運命とは??

などなど「カラダ探し」(第一章)のあらすじ・ストーリーを
最初から最終話まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「カラダ探し」(第一章)

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

カラダ探しはホラー苦手な人でも読めるホラー漫画かも

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「カラダ探し」(第一章)のあらすじについて話していきます。

「カラダ探し」第二章以降のあらすじ(ネタバレ)は以下から見て下さい。

「カラダ探し」第二章のあらすじ(ネタバレ)はココ

「カラダ探し」第三章のあらすじ(ネタバレ)はココ

「カラダ探し」最終回のあらすじ(ネタバレ)はココ

「カラダ探し 解」のあらすじ(ネタバレ)はココ

 

 

「カラダ探し」を無料で読むには

「カラダ探し」をすぐ読みたい方は
「マンガmee」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「マンガmee」では人気漫画を無料で読むことが出来ます!

もちろん「カラダ探し」も原則無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!

※ 無料で読める期間が過ぎている可能性がありますので、ご了承下さい。

マンガMee-少女漫画を総まとめにしたの漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※ 紹介しているタイトルは掲載が終了している可能性がありますので、ご了承下さい。
もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「カラダ探し」と検索して下さいね。

 

 

1.プロローグ

県立逢魔学園に伝わる怪談

50年前にバラバラ殺人の犠牲者となってしまった少女
この少女が「赤い人」として学園に現れる

 

赤い人は放課後に現れる。
赤い人は一人になった生徒の前に現れる
赤い人を見た人は校門を出るまで決して振り返ってはならない

振り返ったものは体を八つ裂きにされて、校舎に隠される

そんな伝説がありました。

 

主人公の明日香は友人の遥から「私のカラダを探して」と言われます。

ただならぬ遥かの様子から友人達と
遥の言動について話していました。

その夜、明日香は友人の理恵とメールしていると
覚えのないメールが多数送信されて来ます。

メールを見ると「やっと見たな」と表示され、
夜中の12時になった時に校舎の前に瞬間移動します。

友人の理恵、翔太、健司、高広、留美子も一緒に瞬間移動してきていました。

 

すると、玄関が勝手に開きます。

6人は校舎に入っていくと玄関が閉まり、

「赤い人が生徒玄関に現れました」

という放送が流れます。

すると、血塗れの少女(赤い人)が立っていました。

赤い人によってあっという間に殺されてしまう6人

明日香は自宅のベッドで気が付きますが
殺されてしまった痛みと苦しみは残っていました。

カラダ探し初日は何がなんだか分からないまま終了するのでした。

 



 

2.二日目~五日目 関係を悪化させる明日香達

二日目

昨日起こった事が夢だと信じて学校に行く明日香ですが
登校中に理恵と出会った時に、日付が戻っていることに気が付きます。

教室に入り6人は再会しますが、全員が同じ記憶を持っており
殺された部位に痣が残っている点も共有します。

この惨劇を繰り返さない為に話し合った6人は
遥から声を掛けられないように
バラバラになって遥から離れる作戦を講じますが
全員が遥に声を掛けられてしまいます。

カラダ探しへの強制参加が決まってしまった6人は
男女に分かれて、赤い人から逃げるよう作戦を立てます。

 

12時になって校門に呼び寄せられる6人

「赤い人」は東棟二階に現れ6人は散り散りに逃げます。

明日香は教室に入り、カラダを探し始めますが
「赤い人」が工業棟一階に移動した事で

赤い人は突然消えて、突然現れる傾向がある事を知ります。

理恵、翔太が犠牲になる中で教室を探しますが
赤い人に見つかって明日香は二度目の死を味わいます。

 

 

三日目

再び学校に登校する6人

翔太が自分を優先する言動や行動をとったことで
友情に亀裂が入り、人間関係がギクシャクしてきます。

そんな中、高広は昨日、校長室で右腕を発見していました。

生徒玄関前のホールに遥の体に合った棺桶を見つけ
そこに右腕をはめ込んだことを告げられます。

このまま他のパーツを集めなくてはいけないのかと思う中
留美子は「日中に遥を殺せば、カラダ探しは終わるのではないか」

と提案をします。

高広や留美子は裏切った翔太に殺すように指示して
翔太は遥の首を絞め殺しますが、遥は死ぬことなく
グロテスクな姿で6人に声をかけます。

 

12時になりカラダ探しの時間となります。

翔太を囮に体を探す明日香達、赤い人に襲われながらも
明日香は下半身部分(スカートの部分)を発見。

赤い人に取りつかれながらも、なんとか棺桶まで体を持っていき
3回目の死亡を迎えてしまいます。

 

 

四日目

どんどん仲が険悪になっていく6人

留美子は遥を殺そうと屋上から突き落としますが
遥は死ぬことなく6人にカラダ探しの誘いをしてきます。

 

最悪の関係が続いた状態でカラダ探しスタートします。

赤い人を探そうと女子3人は体育館を探しますが、
健司が入ってきて理恵に襲いかかります。

留美子と明日香は二人掛かりで健司を抑え、
健司は赤い人に殺されてしまいます。

その後、赤い人を知らせる校内放送に疑問を感じ、
放送室を捜索しようとする明日香ですが
ドアノブに手をかけると、赤い人がワープしてやってくる上に

放送室は入れないように誰かがドアを押さえており、
そのまま明日香は死んでしまいます。

 

 

五日目

健司は登校拒否し、5人が教室に集まりますが、
風景や状況がいつもと少し違う感じになっていた事に気付きます。

そして四日目、留美子は右の胸の部分を発見したことを報告します。

女子3人はカラダ探し時に気になっていた、旧校舎の探索します。

すると農業科の教師である八代友和と会います。

八代の雰囲気からカラダ探しについて
何かを知っている事を感じた明日香だが、話を聞けません。

 

そうこうしている間にカラダ探しの時間になります。

完全に孤立した健司は早々に逃走。

明日香達は旧校舎を調べた後、現校舎に戻ってきますが、
精神的に追い詰められたら健司が刃物を持って
高広を殺し、明日香、留美子も殺します。

理恵は健司に襲われ体を求められますが、
振り返って赤い人を呼び共に死亡してしまい

五日目は何も得られないまま全員死んでしまいます。

 




 

3.六日目~十日目 赤い人の正体に迫る6人

六日目

翔太も呼び、再び八代の下に向かう明日香達。

すると八代は小野山美子という名前を出します。

美子は50年前に起きたバラバラ殺人事件の被害者で、
犯人は首吊り自殺をしていました。

 

少しずつ状況を把握してきた中で、再びカラダ探しがスタートします。

高広が健司を抑えている間、4人はカラダを探します。

翔太は図書室で左足を探し出し、
留美子が赤い人を引きつけている間に棺桶に左足を入れます。

その後、赤い人を避け屋上に上がった明日香と理恵。

そこに赤い人の歌を歌った健司が現れ、
屋上から飛び降りて死んでしまいます。

明日香、理恵もその後死亡し、六日目は終了となります。

 

 

七日目

5人は再び八代の元に向かい
今まで得た情報を全て八代に提示し

知っている事を全て話してもらうようお願いをします。

八代は自宅に5人を招き入れ、かつて自分もカラダ探しをしたことや
カラダ探しを終えるのに5年掛かった事など知っている情報を伝えます。

翔太は今まで探していない場所を図に纏め
カラダ探しが始まると二手に手分けしてパーツを探し出します。

 

高広と明日香は左胸を発見して、パーツは5つとなりますが
健司が現れ、二人に襲い掛かり、瞬殺してしまいます。

明日香は健司が現れたときに知るはずのない
美子の事を口に出していたことに気付きます。

 

 

八日目

明日香は健司が美子の事を口にしていたことから
カラダ探しが始まる前に健司の家に行くことを決め
高広、留美子と共に自宅を訪問します。

部屋が荒れ、まともな状態でない健司は
自分の体が美子に乗っ取られそうである事を伝えます。

そして、健司の祖母から美子殺しの犯人と目される
山岡泰蔵は祖父の兄であるという情報を聞きつけます。

翔太も別路線で調査を進めており、真犯人は泰蔵ではなく
健司の祖父であり、泰蔵の兄である山岡雄蔵ではないか

という説に辿り着きます。

 

カラダ探しが始まり5人は校舎を走り回りますが、
明日香は放送室の少女と目が合いターゲットにされつつ

健司には泰蔵の霊が入っている事を発見するのでした。

しかし、全員が死亡し、ここでカラダ探しは終了となります。

 

 

九日目

旧校舎に目を付けた翔太達。

日中は骨休めをして、カラダ探しに挑みます。

 

3階屋上から外に出ようとしますが、見えない壁に阻まれ、

最上階の屋上からロープを使って外に降り、
明日香、高広、翔太の3人で体を探します。

旧校舎で明日香は美子の姉である小野山美紀らしき霊を発見しますが、
体は一つしか見つけられません。

ほぼ全ての場所を探して見つけたパーツは6つ。

残り2つ隠し場所にメドが立たない中で、全員殺されてしまいます。

 

 

十日目

体を6つ見つけた事で環境が激変します。

遥は今までのような化け物みたいな雰囲気がなく
普通の人間のような振る舞いをしていました。

 

カラダ探しの時間になり、今まで探していなかった
生徒玄関を探そうとする5人。

見通しが良く、発見されるリスクの高い場所なので、
健司と赤い人を振り切るのに苦労しながらカラダを探します。

高広は健司に殺されそうになりますが、
健司は高広を殺さずに去っていきます。

理恵は生徒玄関から右足を探し、残るパーツはあと1つとなります。

明日香と高広は放送室を探ろうとしますが
放送室には見えない壁があり、
入る事が出来ないまま赤い人に殺されてしまいます。

 



 

3.十一日目~十二日目(最終日) カラダ探し終了後に待ち受ける運命とは…

十一日目

クラスの雰囲気はより一層変わり、遥は明るくなっていました。

そして、今まで休みだった健司が登校してきます。

翔太は健司に対して、山岡泰蔵との関係を聞きますが

健司は自分の体に泰蔵の意識が入り込んでくることを明かし
翔太達が想像した通り、雄蔵が犯人である事を告げます。

カラダ探しの最後のパーツである頭を探すにあたり
6人は赤い人が持っているぬいぐるみの中にあるのではないか

という仮定を挙げて、作戦を実行するための打ち合わせをします。

 

十一日目のカラダ探しが始まります。

健司は必至に理性を抑えながらも赤い人からぬいぐるみを奪うと
翔太、高広、理恵、留美子と繋いでいきます。

狂暴化する赤い人の次々と殺される中で
ホールの中にいた明日香は頭を受け取り、体を完成させます。

すると、赤い人は沈静化し、楽しそうに走り回り
パーツが揃った遥が起き上がってきます。

赤い人の美子だけではなく、美紀の霊も現れます。

校内放送では、死亡した留美子達に対し「消去します」
というアナウンスが流れ始めます。

 

カラダ探しが終わった後はどうなってしまうのか…

起き上がった遥に対して、様々な質問をする明日香ですが、
遥は質問を適当に受け流しながら、明日香を棺桶の中に突き飛ばします。

すると、明日香は意識が無くなり、自宅で目が覚めます。

 

 

最終日

遥の体を揃えた事で全てが終わったと思いたい気持ちと
何かが変わってしまうかもしれないという思いを抱えながら
恐る恐る学校に登校する明日香

するとクラスには留美子、理恵、翔太、健司が
いつも通りの様子で座っていました。

その光景を見て喜んだ遥は留美子に話しかけますが
留美子からは「あんた誰?」と一蹴されてしまいます。

戸惑う明日香は理恵にも話しかけますが
理恵も明日香の事は覚えておらず、気持ち悪がられてしまいます。

 

困惑する明日香の前に現れた遥

遥は留美子や理恵達とも仲良く接しており
明日香に対して小声で冷たく突き放す一言を放ちます。

激昂する明日香は遥に詰め寄りますが
留美子によって引き離されてしまいます。

父親や母親は自分の事を覚えているのだろうか…

そんな思いを持った明日香は校舎の外に出ようとしますが
見えない壁に阻まれて、外に出る事が出来ません。

 

途方に暮れる明日香は八代の存在を思い出し、八代と対話をします。

八代は自分の体験と明日香の体験から
カラダ探し終了時に死んでいる者は
記憶を消去されてしまう事を突き止めます。

そして、カラダ探しにかかった日数は
カラダ探し終了後に全て換算される事も知るのでした。

 

この状況から打開できる知恵を貰えず
どうしていいのか分からない明日香は高広に出会います。

記憶を失った高広と会うのが辛い明日香は
高広の前から立ち去り、屋上で一人うな垂れます。

すると、そこに高広が現れ、明日香を抱きしめるのでした。

高広はカラダ探し終了時に辛うじて生きており
記憶を失わずに全てを覚えていました。

 

ここままお互いの気持ちを確認し合おうとする二人ですが

明日香が振り返った事で急に消失してしまい、
高広は一人になってしまうのでした。

 

以上が「カラダ探し 第一章」のあらすじとなります。

「カラダ探し 第二章」のあらすじ(ネタバレ)はコチラ

「カラダ探し 第三章」のあらすじ(ネタバレ)はコチラ

 

 




 

「カラダ探し」(第一章)の全体評

ここまでずっと「カラダ探し」(第一章)のあらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

 

ホラーでありながら、謎解き要素も多く
バランスのいい作品に仕上がっていました。

そして、日中の生活と夜間に行われるカラダ探し

二元世界から謎を解いていくそのシナリオの組み立ては
とても素晴らしかったですね。

最初はホラー色が強くて「怖っ!」って感じでしたが

徐々に明日香達キャラクターも、恐怖や痛みに慣れてくる感じで
ホラー要素は薄くなってきて読みやすくなったのも良かったですね。

第一章のあらすじについて話しましたが

明日香が遥の役になってしまった悲劇の展開から
第二章以降も見逃せない感じで繋げたのも良かったですね。

是非、一度読んでみて下さいね。

 

 

ちなみに「カラダ探し」1冊分を完全無料で読む方法があるのを知っていましたか?

実は「U-NEXT」というところで無料で読むことが出来るんですよ。

「U-NEXT」は映画やドラマやアニメが無料で見られるサービスなんですが
漫画も1冊無料で読むことが出来るんです。

しかも、31日間無料サービスをやっています。
完全無料で利用できるのでオススメです。

こちらから読むことが出来るので
チェックしてみて下さい。

「カラダ探し」1冊分を無料で読むのはコチラから>>

 

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選