漫画「インベスターZ(ゼット)」のあらすじ(ネタバレ)!財前の投資成績は??

Pocket

モーニングで2013年から連載されていた
人気漫画「インベスターZ(ゼット)」(作者:三田紀房)のネタバレ

道塾学園の投資部は最後まで存続したのか?

財前はどのような経験・教訓を得ることが出来たのか?

などなど「インベスターZ(ゼット)」のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

ここでは

「インベスターZ(ゼット)」

のあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで
ネタバレありで話しています。

もし、ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「インベスターZ」のガチ評価!面白いのか、面白くないのか語った

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「インベスターZ(ゼット)」のあらすじについて話していきます。

 

 

「インベスターZ(ゼット)」を無料で読むには

「インベスターZ(ゼット)」をすぐ読みたい方は
「マンガebookjapan」という無料アプリで読むことが出来ます。

(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

「マンガebookjapan」は人気漫画を無料で読むことが出来ます!
しかも読めば読むほど、無料で読める漫画アプリです!

もちろん「インベスターZ(ゼット)」も無料で見られますよ。
是非、ダウンロードして下さいね!
※ 現時点での情報です、現在掲載されていない可能性がございます。

マンガebookjapanー人気漫画が見られる無料漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

 

もし、無料で読める期間が過ぎていた場合は
試し読みも出来ますので、こちらから読んでみて下さいね。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「インベスターZ」と検索して下さいね。

 

 

1.プロローグ

北海道の札幌市にある道塾学園は全国でも屈指のエリートの中高一貫校です。

そんな道塾学園に入学した主人公の財前孝史(ざいぜんたかし)は
入学試験を満点で突破をした天才です。


(主人公の 財前 孝史)

 

道塾学園は創始者藤田金七の意向により
生徒全員に大して授業料免除という制度を取っており
授業料以外の面(学食での食事等)も全て無料という
手厚い保障で運営をされていました。

 

中等部に入学した財前孝史は野球部に入ろうと
野球部の部室を探しますが
ある上級生に声をかけられてある部屋につかれていかれます。

 

財前は怪しみながらも誘われるがままに部屋までついていくと
そこには各学年でトップの頭脳を持つ5人が集まっていました。
(中学校2年から高校3年までのトップ成績者)


(高校3年生のトップ 神代 圭介)

 

この5人は投資部を組織していて
その投資で儲けた金額で道塾学園が運営されている事を聞かされます。

この5人だけではなく、開校以来道塾学園の学年ナンバーワンが集まり
投資部を組織していたことも合わせて聞かされます。

 

財前は当初投資部に入ることを渋りますが
投資部員が行っている麻雀目的で入部を決めます。

投資の素人である財前はいきなり100億円もの資金を渡され
8%の運用益を出すように支持されます。

果たして財前は投資家として成長していけるのか?

財前の世界はどれくらい広がっていくのか?

 




 

2.財前孝史が現れた道塾学園投資部!藤田家との関わりは…

財前は直感からゲーキチというゲーム会社の株を30億円購入します。

ビギナーズラックで14%近く上がり含み益を
4億円以上抱えますが、欲を出して持ち過ぎたことで
株価は下落してしまいます。

先輩たちは塩漬け(株を売れずに持ち続けること)になると予想しますが
財前は2.6%の利益で売却、約8000万円の利益を得たのでした。

 

財前は先輩達に「株は法則でやるものだ」という教えを受けつつ

道塾学園、投資部に脈々と引き継がれている
ノートを見て投資について学んでいきます。

日々株やお金についての知識を得ていく財前は
道塾学園の創始者一族である藤田美雪と出会います。

藤田からコンサバ(保守的)な考えだと批判された財前は
美雪に対して「投資家としては三流だ」と喧嘩を売るのでした。

 

美雪は自身が通う桂蔭学園で女子投資部を発足し
町田、久保田ら三人で「ガールズ・インベスターP」
というグループを立ち上げ、投資活動をスタートさせます。

セブンアンドアイホールディングスの株を買う町田、久保田。

奇しくも時を同じくして財前もセブンアンドアイの株を買いますが
財前は既に評価されている企業ではなく

実態と評価の差が大きい企業を探すことの重要性に気付き
セブンアンドアイの株を売却するのでした。

 

財前は攻めの投資を行う事の重要性を投資部内で熱弁し

資産として持っている美術品の類を全て売却する事を提案します。

見届け人であるゼンさんを通じて、
学園オーナーの藤田との面会を約束した財前は
北海道まで行き、財前と対話を行うのでした。

激しい議論の時に財前は美術品売却の約束を取り付けますが

藤田は交換条件として美術品を売った利益をもし失ったら
一生、藤田家の書生として過ごすことを提案します。

財前もこれを了承して、美術品の販売に移ります。

 

藤田は財前の曾祖父である財前龍五郎が
かつて道塾学園に籍を置き、抜群の成績を残しながらも

日清戦争の引き金を引いた人物である事から、
財前を危険人物としてピックアップするのでした。

 



 

3.藤田家長男の慎司vs財前孝史!投資部廃部に向けた戦いへ…

財前が実家に戻ってくると父親の腹違いの兄が自宅に訪問しており
祖父である財前幸之助が南米チリで死去した事を告げます。

財前は父親に兄がいたことも今まで知らずに困惑しますが
父親がお金に嫌悪する理由と関係があるのかもしれないと思います。

神代を上回る好成績を上げるようになった財前は

鬼気迫る勢いで株の売買をし、大儲けしている事から
投資部の中から心配する声も上がってきます。

 

そんな財前は投資部について調べている時に過去にタイムスリップします。

財前龍五郎は戦時中の株価の推移を見事に予測し
役に立たない番頭達を憂い
藤田金七に申し出て投資部を設立したのでした。

 

美術品を売却した資金でのベンチャー投資が出来ていない財前。

OBであるリッチーにベンチャーについて話しを聞きますが
ベンチャー投資への難しさをより痛感します。

藤田に現状報告をする財前は結果が出ていない事を素直に謝罪します。

藤田はその場で財前に問い詰める事はありませんでしたが
財前は自分がミクロな目で経済を見ていた事を反省して
マクロな目からバイオ関連の企業を探し始めるのでした。

財前と蓮はミドリムシを使ってビジネスを行っている
株式会社ユーグレナへ訪問し、出雲社長から話を伺います。

 

より多くの経験を重ねていく中で
投資部は毎年恒例の合宿を行います。

合宿には投資部OBが数人きており、
財前をはじめとした現投資部メンバーに罵詈雑言を浴びせます。

最初は反抗する財前ですが、自己否定を受け入れる為の
修行である事を悟り、この合宿を耐えるのでした。

合宿終了後に糸井というOBに
ベンチャー起業家の集会に連れて行かれます。

 

ここには藤田美雪とその兄がいました。

そして、ホリエモンもおり、財前はホリエモンと知り合いになります。

ホリエモン達はベンチャーの企画会を行っていました。

この発表会では不老不死のビジネスをやりたいという
中川という人物の案が採用されます。

ホリエモンはいくつかの試験を中川に課した上で
資金を提供することを決定するのでした。

 

北海道に来た藤田の兄である慎司は財前に過去の事について話をします。

財前龍五郎は太平洋戦争の引き金を引いた人物である事。

山本五十六と一緒に藤田金七へ石油の提供を求めたものの
断られたため、龍五郎が金七の持っている石油会社を買収して
太平洋戦争の作戦を成功させるための資源としたことを話し

子孫である孝史に敵意を持っている事を告げます。

そして、道塾学園の投資部を廃止させて

自分一人で資産運用を行っていく事を宣言します。

 

この宣言に反対した財前は藤田の兄と

投資勝負を行うことで、決定権を争うことになります。

兄の慎司が勝てば道塾学園の投資部は廃止
財前が勝てば慎司は東大に入る

という約束の元、第一戦が始まります。

 




 

4.慎司vs財前開戦!第一戦、第二戦の結果は…

慎司vs財前の第一戦はFX対決

1ヶ月で1億円をどれだけ増やせるかの勝負になります。

ブルの立場で取引を行う初心者の財前

ベアの立場で取引を行う手練れの慎司

慎司が圧倒的に有利な中で
財前は投資部内で学びながら勝負を続けます。

 

勝負の最終日の締め切り時間間際になった時に

財前は1億7000万円と7000万円のプラスを出していました

投資部内ではこれで勝てるという見方をされていましたが

財前は不安を感じ、伸るか反るかのギャンブルに出て
2億3000万円までおかねを増やすことに成功します。

 

対する慎司は1億8000万円の成績となり

初戦は財前の勝利となります。

しかし、博打のような手法で資金運用した財前に対して
慎司は投資家として認められないと断言するのでした。

 

財前は道塾学園に在籍している会社四季報オタクの
松井と出会う事で四季報を読み更に知識を深めますが

他の生徒から投資部の創設メンバーに誘われ、身元を必死に隠すのでした。

投資部主将の神代は代々続く投資記録から株の暴落を予想し
損益を出すことなく資産運用を続ける投資部ですが

慎司との第二戦目のお題が発表されます。

 

第二戦目のお題は「不動産投資勝負」

当初は慎司vs財前という図式で始まったものの
勝負に賭けるものの大きさに加えて

株式会社藤田の跡取りとして慎司が迎えられることなどから
道塾学園オーターの藤田が勝負の間に入ってきたのでした。

不動産投資勝負の内容はシンプルで
藤田の友人であり、大富豪である塚原が

慎司と財前に5000万円を渡し
どちらが塚原の買いたい不動産を選ぶか?

という内容でした。

 

財前は美雪と行動して
都市部の有名私立小学校に近くの案件を購入します。

この物件は子供を有名私立小学校へ入れたいという
家庭のニーズが常にある事から優良物件として扱われており

現金一括での購入という事でオーナーに
値下げ交渉を成功させた案件でした。

一方の慎司は綾瀬の三軒長屋を購入。

しっかりとした動機がなく
楽しそうに仕事をしている若い職人を見つけたことで
心が動かされて、購入を決めていました。

しかも、5000万円というルールを破って
7000万円で購入していました。

 

この結果を持って塚原は財前の勝ちを宣言しますが
慎司の熱いプレゼンに聞き直し、慎司の勝利となります。

これにより財前vs慎司は1勝1敗。

勝負は最終戦へと持ち越されるのでした。

 



 

5.第三戦終了、道塾学園の投資部はどうなったのか…

時は12月となり、投資部のキャプテンが
神代から渡辺へと引き継がれます。

しかし、渡辺はプレッシャーに耐え切れずに失踪してしまいます。

渡辺がいない間、投資部は保険についての知識を学びます。

そんな中、調べ物をしている財前はタイムスリップして、
財前龍五郎や藤田金七と話をするのでした。

龍五郎には自分がタイムスリップをしてきたことを話し、
龍五郎もその話を信用するのでした。

一週間後、渡辺は戻ってきます。

謝罪をしようとした渡辺ですが、
神代は謝罪は意味がないからする必要はない
と言い、投資部の活動は元に戻ります。

 

渡辺は神代から投資部キャプテンとしての教訓

「たかが金だ」

という言葉をかけられるのでした。

その後、財前はホリエモンらと再び出会い、
医療における状況とがん治療のビジネスについて学びます。

 

そして後日、藤田家から招集がかかり慎司との最終決戦を迎えます。

投資部員、投資部OBが見守る中、最終戦が始められるのでした。

最終戦のルールは東証一部上場会社から企業を選んでいき、
資産価値の合計金額を100兆円に近づけていく。

というものです。

 

企業のチョイスはサイコロを2つ振り
合計値の大きい方が選べるというもので、
サイコロ勝負で負け続けてしまうと、ずっと企業を選択出来ません。

また100兆円を超えてしまうと失格になってしまうため、
見切りのつけどころが重要となります。

序盤は慎司がサイコロ勝負で勝ちまくりトヨタ自動車を始めとした

資産価値の高い企業を選択しまくり、有利に勝負を進めます。

しかし、開き直った財前が追い込みを見せて、慎司に追いついてきます。

両者ストップをかけ、最終結果が発表されます。

結果はわずか80億円差で財前の勝利。

 

これにより財前が2勝1敗で勝利。

道塾学園の投資部は守られるのでした。

勝った財前は慎司の東大行きの約束を破棄して、
互いの健闘と今後の活躍を称え合うのでした。

 

新学期を迎えた財前。

学校では学校一の天才である神代がどの大学へ
進学するのかが話題になっていました。

ある日、神代と2人になった財前は神代の進路について話を聞きます。

神代は原発問題を解決する為に
オックスフォード大学への進学を決めていました。

そして、オックスフォードに入る手続き期間は
東大で学ぶプランも教えてくれたのでした。

 

投資部では年間成績の発表会を行っていました。
投資部の年間成績は32%増と優秀な成績を残していました。

神代が52%増やした分も影響しましたが、
財前は40%増と新人離れした成績を残していました。

財前は130年間投資部の間に引き継がれてきたノートに

「金を愛せ」と書き込みを行うのでした。

 

年を越し、入学式を迎えた道塾学園。

首席として入学したのは中島三千年という少年でした。

二年生となった財前は中島を誘い

一緒に投資部がある地下室の前まで行って
財前が「さあ、行こう」と言ったところで、

インベスターZは終了となります。

 

 

「インベスターZ」の全体評

ここまでずっと「インベスターZ」のあらすじ(ネタバレ)を語ってきました。

 

最初の導入部分はなかなか面白いなと思いましたが
全体のストーリーとしては

「ちょっとフワフワしているところがあったかなぁ」

と、思った面もありました。

ただ、これは漫画のコンセプト上、仕方がないんですよね~

「インベスターZ」はお金の教科書的な漫画ですから…

教科書的な内容を載せるには一本の筋で
ストーリーを進めるのは無理があるんですよ。

 

そして、漫画には数々の名言・格言が出てきます。

その名言はこのあらすじにはほとんど載せられていないので
是非、インベーダーZを実際に読んでもらった方がいいと思いますよ。

⇒ 無料試し読みするならこちら

「インベスターZ」と検索して下さいね。

 

 

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選はコレ!

漫画を年間百本以上読破する男である
MOTOが有料アプリ、無料アプリを含めた
課金条件などを比較した上でお得なアプリはどれなのか?

という点について考察をして

『おすすめの無料漫画アプリランキング』

を掲載してみたので、以下をクリックして下さい。

MOTOが選ぶおすすめの漫画アプリランキング7選