漫画「るろうに剣心」、評価とアニメを無料で見る方法!【感想・レビュー:ネタバレなし】

Pocket

週刊少年ジャンプで1994年から連載されていた
人気漫画「るろうに剣心」(作者:和月伸宏)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「るろうに剣心」の素晴らしさや得られる人生の教訓

などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介上、若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

また「るろうに剣心」はどのあたりが特徴的なのか?
どのあたりが面白いところなのか?

「るろうに剣心」の魅力なども語っていきつつ
漫画「るろうに剣心」を無料で見る方法と
アニメ「るろうに剣心」を無料で見る方法も話していきます。

 

 

今回取り上げる漫画は

「るろうに剣心」

です。

 

「るろうに剣心」は1994年から1999年まで連載された漫画です。

連載が始まったのはもう25年以上前になるので
普通であれば、若い世代は知らない漫画なんですが

層の厚い週刊少年ジャンプで看板漫画としてずっと
第一線で活躍していた漫画だけあって
今でも幅広い世代に読まれているレジェンド的な漫画です。

 

幅広い世代に愛されている理由は映画化にもあります。

2019年の4月に映画化されおり
2020年にも「るろうに剣心 最終章」が上映される予定なんですよね~

まあ、2019年の映画がヒットしたからこその続編なので
漫画での連載が終了した20年間、ひたすら愛されていた事が分かります。

知名度の高い漫画なので、ご存知の方が多いと思いますが

当然「るろうに剣心」を知らない人もいるので
最初に、この漫画のジャンルを説明しておきましょう。

この漫画のジャンルは「アクション漫画」です。

アクション漫画と言うとパッとイメージが沸かないかもしれませんが

簡単にいうと「格闘漫画」のテイストがある冒険漫画ですかね~。

 

冒険漫画の代表作と言えば
日本を代表する漫画「ドラゴンボール」です。


(不朽の名作 ドラゴンボール)

 

ただ同じ週刊少年ジャンプの漫画でいうと
ドラゴンボールよりも「BLEACH(ブリーチ)」という感じですね。
(BLEACHの方が後に連載された漫画なんですが…)


(週刊少年ジャンプの人気漫画 BLEACH)

 

という事で激戦の週刊少年ジャンプで一線を張り続けてきた
「るろうに剣心」がどんな漫画なのか?
そして、どんなところが面白いのか?

そういったところを伝えられたらいいなぁと思っているので

「るろうに剣心」の魅力について存分に語っていきましょう。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「るろうに剣心」はどんな作品?

「るろうに剣心」は週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画です。
ジャンルはアクション漫画(格闘漫画)
作者は和月伸宏
コミックスは全28巻が発刊されています。

 

作者:和月伸宏
出版社:集英社
掲載誌:週刊少年ジャンプ
掲載期間:1994年19号~1999年43号
巻数 全28巻

 

 

「るろうに剣心」を無料で読むには

「るろうに剣心」をすぐ読みたい方は
「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで
アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。

もちろん「るろうに剣心」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!
※ タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

マンガBANG!-人気漫画が全巻無料対象読み放題-

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

※1日に無料で読める話数には上限があります。

 

 

「るろうに剣心」の概要とあらすじ

時は江戸時代、黒船来航から始まった「幕末」の動乱期

動乱の渦中であった京都に「人斬り抜刀斎」と呼ばれる志士がいました。

人を斬りまり、明治時代への道を切り拓いた抜刀斎でしたが
動乱の終焉と共に「最強」の名を残し、人々の前から姿を消しました。

 

そして、舞台は明治11年

「人斬り抜刀斎」と名乗る人物が街を荒らしていました

抜刀斎と名乗る人物は神谷活心流を謳い、街で暴れていましたが、

本家の神谷活心流である神谷薫(かみや かおる)は
自分の流派を名乗られた事で人斬り抜刀斎を捕まえようとしていました。

 

そこに現れたのが流浪人である緋村剣心(ひむら けんしん)

剣心は抜刀斎を名乗る辻斬りは薫よりも強い事を伝え
捕まえる事を断念させようとします。

そして、裏で「鬼平館」という道場を訪問し
神谷活心流を名乗っている真犯人である事を突き止めます。

 

しかし、その真犯人は神谷道場へ訪れ
薫から道場を明け渡すように脅しをかけてきます。

辻斬りに力の違いを見せつけられた薫は
絶体絶命のピンチに追い込まれますが
ここに剣心が駆けつけます。

 

自分が飛天御剣流を使う人斬り抜刀斎である事を告白した剣心は
あっという間に辻斬りを倒し、薫を救い出します。

 

かつては最強の名をほしいままにしていた緋村剣心

果たして「最強」人斬り抜刀斎は平穏に過ごすことが出来るのか?

多くの暴力を振るってきた緋村剣心が行く末とは?

「明治維新の志士」というキャラクターをベースに
迫力満点のバトルを見せてくれる本格派アクション物語

 

全体の概要・あらすじはこんな感じです。

 

と、ストーリーを話してみましたが

「やっぱり少年漫画の王道」です。

最初はアクション漫画というよりも
ヒューマンドラマ的な要素が強いんですが

志々雄編になってからは、完全なるバトル漫画になります。

 

まあ、少年漫画の王道パターンなので
誰が見ても楽しめる漫画に仕上がっているのが
「るろうに剣心」の特徴ですね。

 

という事で、そんな「るろうに剣心」の素晴らしさとを語っていこうかなと思います。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧

 

 

「BLEACH(ブリーチ)」のここが凄い!

バトルシーンは必見!とにかく格好いい技の数々!!

「るろうに剣心」の最大の魅力と言えば

「バトルシーン」です。

 

ドラゴンボール以降、アクション漫画の定番パターンになっていますが

最初は色々なキャラクターを出して
ちょっと温い感じの展開で少しずつ人気を落としながら

バトルシーンで一気にストーリーを盛り上げて
読者からの人気を獲得する。

 

これが週刊少年ジャンプのスタイルです。

ドラゴンボールが天下一武道会で一気に人気爆発させ
このスタイルを発明して以降

幽遊白書、ブリーチ、ジャングルの王者たーちゃん

などなど、様々な漫画がこのスタイルでヒットしてきました。

 

「るろうに剣心」も爆発的な人気漫画に押し上げたのが

”志々雄編” に入ってからです。

志々雄編で出てきたキャラクターはとにかく魅力的で
カッコいい必殺技を持っているんですよね。

剣心サイドよりも志々雄サイドのキャラクターがとにかく良いんです。

 

という事で私が好きな技(キャラ含む)を3つ紹介します。

 

悠久山安慈(ゆうきゅうざん あんじ)

志々雄の戦闘部隊である「十本刀」の中でも
上位の戦闘能力を誇る実力者

私が大好きなのは、このキャラクターというよりも
安慈が使う必殺技「二重の極み」です。

この技が超カッコいいんですよね~

当時は学校で真似する人が続出するくらいに
シンプルであり、インパクトの強い必殺技でした。

安慈が使う「二重の極み」は大注目ですよ。

 

 

瀬田宗次郎

志々雄が持つ精鋭部隊である「十本刀」の中でも
リーダー格の実力を持っているキャラクター

見た目は「かわいい」の一言ですが、幼少期に虐待を受けた事で
感情的な障害を抱えており、「喜怒哀楽」の楽以外の感情を持たない
という、ちょっと影のある設定です。

ただ、ひとたび戦闘となると「天剣」「縮地」など
超絶の戦闘能力を発揮してくれるんですが

天才剣士である顔と悲しき青年の顔を持つ

というこのギャップが際立っていて
吸い込まれるような魅力に溢れたキャラクターになっています。

 

 

志々雄真実

志々雄はとにかく見た目がカッコイイんです。

はたから見るとただのミイラ男なんですが「とにかく強い!!」

相楽左之助をから「二重の極み」を喰らってもびくともせず
逆に一撃でのしてしまうほどの超強烈な実力

そして、その野心。
体から放つ熱気、その反面抱える弱点

長所も短所もとにかく魅力的なんですよね~

”るろうに剣心は志々雄編で終了”

と言っても過言ではないくらいに物語を盛り上げてくれた
カッコいいキャラクターです。

 

うーん、みんな敵キャラばかり…

 

敵キャラが輝いて見えるくらいに
面白いバトルが繰り広げられる

という事ですね。

 



 

「罪を憎んで人を憎まず」を実践しよう。

「るろうに剣心」は週刊少年ジャンプが誇る
正統派アクション漫画(バトル漫画)ですが

この漫画の作者の和月伸宏さんが書類送検されているんですよね。

 

で、それに伴って映画とか、「るろうに剣心」絡みの作品が
世に出る事に対してちょっとケチがついてしまったんですよね。

書類送検されたと言う事は

もちろん理由があってのことなので
それ自身は悪い事だと思いますが

作品自体を封印させようとする意味ってよく分からないんですよね。

 

作品と人柄って別じゃないですか…

この考え方がおかしいんですかね。

 

仮にこの考え方がおかしいとしたら
なぜ他の犯罪をした人の作品が世の中に出ているんでしょう??

そして、同じ人でも時間が経ったら作品解禁みたいな事もあるし
こういった逮捕などに伴う自粛って無秩序の中に決められているんですよね。

 

これって凄くおかしいですよね。

 

大きな権力を持っている人はすぐに解放されて
力が無い人ばかりが虐げられる

と言うこともよくある事です。

 

しかも、権力の無い人が、権力の無い人を
必要以上に叩いてしまうのが、すごく残念です。

 

「罪を憎んで人を憎まず」

という言葉がありますが、和月伸宏さんのやったことは悪いとしても

和月伸宏さんが必死の思いで作った
「るろうに剣心」に罪はないと思うんですよね。

 

芸能界などでも、こういった事件はありますが

果たして作品までもが罪になるのか??

という点については考えたいですね。

 

 

アニメ「るろうに剣心」を無料で見るには

アニメ「るろうに剣心」を無料で見たい方は
FOD(フジテレビオンデマンド)というサイトで見る事が出来ます。

FODはamazonアカウントを使って登録をすると
1ヶ月間無料でアニメを見放題見る事が出来ます。
(amazonアカウント以外で申込みをすると無料期間がなくなるのでご注意下さい)

アニメ「るろうに剣心」が全話配信されていますが

これらを1ヶ月以内に見て
その後、解約をしてしまえば全てのアニメを無料で見られます。
※ 解約はすぐにする事が出来ます。

2ヶ月目からは月額888円(税別)となるので
ゆっくりと見たい方はこちらを利用して下さい。

FOD1ヶ月間無料体験はこちらから
※ タイトルによっては期間限定で見られない可能性がありますのでご了承ください。

 

 

「るろうに剣心」の全体評

「るろうに剣心」はバトルシーンが魅力の
本格派アクション漫画です。

最初はちょっとウダウダしますが
志々雄編になってくると、急に熱くなります。

特に敵に魅力的なキャラクターが多いので
迫力のバトルシーンを楽しんで下さい。

 

作者は残念なことになってしまいましたが
「るろうに剣心」は色あせることのない名作です。

是非、一度読んでみて下さい。

 

 

「漫画を全巻揃えて楽しみたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。

綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。