漫画「お~い!竜馬」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、人気漫画の最後・結末はこうなった!

Pocket

少年ビックコミック(後にヤングサンデー)で1986年から1996年まで連載されていた
人気漫画「お~い!竜馬」(原作:武田鉄矢、作画:小山ゆう)について
最終回のあらすじを語っていきたいと思います(ネタバレがあります)

坂本竜馬の最後はどうなったのか?

江戸時代が終わった後の日本、そして英雄達はどうなったのか?

などなど「お~い!竜馬」最終回のあらすじ・ストーリーを
最初から最後まで話していきたいと思います。

 

 

今回、取り上げたのは

武田鉄矢さんが監修を務めた事でも知られる人気漫画

「お~い!竜馬」

です。

この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて
ネタバレありで話しています。

もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」

という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので
こっちを見てください。

「お~い!竜馬」武田鉄矢の坂本竜馬愛が凄すぎる!

 

あと、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

それでは「お~い!竜馬」の最終回(ネタバレ)について話していきます。

 

1.最終回までの流れ

土佐に生まれた英雄坂本竜馬(さかもと りょうま)は
黒船来襲により、瀬戸際に追い込まれた日本を救うため奔走していました。

圧倒的な軍事力を持つ外国と戦おうとする「尊王攘夷派」が大多数を占める
日本にあって竜馬は冷静でクレバーな目線を持っていました。

 

外国とまともに戦えば、あっという間に負けてしまう。

そんな現状をしっかりと受け止めて

竜馬は外国と手を取りながら、その技術を盗んでいき
日本という国を強化させようと考えていましたが

当時の日本人には冷静な目を持つ者がおらず
竜馬の意見は弱気な負け犬の考えとして、相手にされませんでした。

 

その行くべき道に向かうためには
平和ボケした徳川幕府では難しいと判断した竜馬は

同じ考えを持つ勝海舟などと開国に向けて奔走

 

長年の仇敵だった薩摩藩を長州藩の同盟を実現させたり

日本初の株式会社となる「亀山社中」を設立するなど

日本という国の向かう方向を大きく変える原動力となりました。

 

しかし、武士としての文化が根付いている日本人

竜馬の先進的な考え方についていけない日本人

にとって竜馬は疎まれる存在でした。

 

そして、竜馬に凶刃が降りかかります。

竜馬が身を隠していた近江屋に刺客が向かいます。

竜馬は盟友である中岡慎太郎と抵抗しますが
不意打ちに加えて、多勢に無勢で致命的な重症を負うのでした。

 

 

マンガを無料で読めるアプリをまとめました。

「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から
白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで
紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

MOTOがおすすめする無料漫画アプリ一覧

 

 

2.最終回のストーリー

近江屋で襲われた竜馬は「残念だった」という言葉を残し、死を悟ります。

竜馬は剣の達人としても知られていましたが
ただの一度も人を切り殺したことがない

と言われており、そのアイディアと行動力で幕末の世の中を駆け抜けました。

 

同じく、襲われた中岡慎太郎を助けようとする竜馬

医者を呼ぶために、ほふく前進で人のいるところにいこうとしますが
声が出ずに、助けを呼ぶことが出来ません。

 

坂本竜馬を崇拝する陸奥宗光は竜馬の事をこう語ります。

坂本竜馬は薩摩藩、長州藩、土佐藩の感情的なわだかまりを解消し
幕府に対抗するべく一大勢力を築き上げた

同時に、幕府に対しても戦争をすることがなく、
穏便に政権を朝廷に返還するように奔走

見事にそれを実現して見せた。

血を流さずに、平和のうちに大政奉還を成し遂げようとしたものは
土佐藩の一浪士である坂本竜馬、ただ一人だ。

(現代風に解釈しています)

 

舞台は竜馬の死をまだ知らない勝海舟の場面に向かい

次に同じく竜馬の死を知らない竜馬の姉である乙女の場面へ移ります。

竜馬の成した偉業に対して、

乙女は小さい頃からの竜馬への思い出にふけり
もうすぐ竜馬の誕生日である事を感じ始めます。

竜馬は天狗星の下に生まれてきた子供

そんな天狗星が夜空に輝いているシーンで
物語は終焉を迎えるのでした。

 




 

「お~い!竜馬」最終回の感想

「お~い!竜馬」の最終回は坂本竜馬の死を描いて終了となります。

「めちゃくちゃ、切ない結末…」

と、ブルーになるようなエンディングですが

歴史とは常にドラマティックでありながらも非常のものなのだ

と感じる内容だったと思っています。

 

現代の日本では考えられないほどに
差別社会が横行しており、多くの人が血と涙を流した幕末時代

こういった理不尽で、辛い時代を先人たちが乗り越えてきた
いや、戦ってきたからこそ、今の平和な日本があるんだなぁ

と、実感できる充実の内容でした。

 

学校で歴史(江戸末期)の授業を受けた時は
まったく興味がなかった私が夢中になって読んだ本なので

歴史に興味がない人にこそ見てほしい名作漫画ですね。

 

 

「お~い!竜馬」をすぐ読みたい方は
無料漫画アプリ「マンガワン」を読んで下さい。

マンガワンは日本最大級のWebマンガサイト
過去の名作、有名作家の新連載など超人気コミックが集結!! 毎日無料で楽しめます!
(iOS・Android双方で使えるアプリになっています)

もちろん「お~い!竜馬」も無料で見られますよ。

是非、ダウンロードして下さいね!

【iOS専用】ーマンガワンー人気漫画が毎日更新!!無料漫画アプリ

【Android専用】ーマンガワンー人気漫画が毎日更新!!無料漫画アプリ

※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの
配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。

また、配信期間が終了している場合がありますので、その際はご了承下さい。