サッカー漫画で一番感動できる漫画ジャイアントキリングが最高な理由!椿大介が凄すぎ

Pocket

モーニングで2007年から連載されている
人気漫画「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」(原作:綱本将也、作者:ツジトモ)について
感想(レビュー)を語ると同時に
「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の素晴らしさや
人生の教訓
などを話していきたいと思います。
(極力ネタバレのない形で話をしていますが、紹介する上で若干のネタバレがある点はご容赦下さい)

日本にあまたあるサッカー漫画について
「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」
はどのあたりが特徴的なのか?どのあたりが面白いところなのか?

という点についても語っていきたいと思います。

 

 

今回取り上げる漫画は

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」

です。

 

実はジャイアントキリングがどんな漫画家という事は
以前ブログで紹介したことがありますので
ジャイアントキリングがどんな漫画なのか?
そしてあらすじなどは以下のブログ記事からご覧ください。

ジャイアントキリングはサラリーマンが読むべき愛読書だ!

 

以前、“ジャイキリ”ことGIANT KILLING(ジャイアントキリング)の
レビューを書いたときは、

「サラリーマンの必読書である」

という話をしました。

なぜサラリーマンの必読書なのかというと
ジャイアントキリングに出てくる

「今までの古い慣習を乗り越える事の重要性」

「サッカーと向き合う人間が織りなす苦悩」

などが、サラリーマンとして過ごす人達にピッタリとマッチしていたからです。

なので、割と堅い感じでジャイアントキリングの魅力を
実生活と結び付けてジャイキリを紹介したんですが
漫画を読み返していると

それだけじゃ物足りない!
もっとジャイキリの魅力を語りたい!

という思いが溢れてしまいまして…

筆ならぬキーボードを執る次第になったわけでございます。

 

という事で

私が「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」を読んで
面白いと思った魅力を追加版として語っていきたいと思います。

 

と、その前に今、漫画好きの私がオススメな漫画を3作品紹介しています

歴史物でオススメの漫画は? → 人気ブログランキングへ

スポーツ物でオススメの漫画は? → FC2 ブログランキング

サスペンス物でオススメの漫画は? → にほんブログ村 漫画ブログ

 

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」はどんな作品?

最初の方に話をしたんですが

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」がどんな作品なのか?

そして

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」のあらすじなどを
知りたい方は以前私が書いたブログを参照してください。

ジャイアントキリングはどんな作品?あらすじは?

 

ちなみに最初に書いたレビューもかなり熱いレビューなので
そっちも見ていて面白いと思いますよ。

という事でジャイアントキリングへの溢れ出る思いを
伝えていきたいと思います。




 

続・「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」のここが凄い!

たって一人の選手が試合に出てくるだけで泣ける

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の
主人公は達海猛というかつての名プレイヤーだった監督なんですが

影の主人公はこの人

「椿 大介」

です。

椿大介は達海猛率いるETU(イーストトウキョウユナイテッド)のエースなんですが
とてつもない才能を秘めながら、控えめな性格と蚤の心臓で
ずっと目立たたない存在だったんですよね。

この椿が達海監督の元、少しずつ才能を開花させて
精神的にもたくましくなっていて素晴らしいプレイを見せるようになるんですが
この椿の挫折、苦悩、そして成長がめちゃくちゃ心を動かされてしまうんですよ。

そんな椿大介で一番泣かされたシーンは
ちょっとネタバレが含まれる形にはなってしまいますが

日本代表に選ばれた椿大介が
途中出場で試合に出場するシーン。

毎年降格争いをしていた弱小チームETUから
久しぶりに出た日本代表

日本を代表すると共にETUのチームメイトの想いを抱え
ETUサポーターの想いを抱え

そして、今までお世話になった人たちの想いを抱えて
椿は日本代表の試合に出場してくる訳です。

外から見れば、ただの途中出場なんですけれども

一人の人間が日本代表として試合に出る事の重みとか想いとか
お世話になった人への感謝とか

そんな事を見せられると

“ただただ号泣するしかありません”

たった1秒も椿の試合シーンは描かれていないのに
感動で涙が止まらないってどういうことよ?

と感じずにはいられませんが
それだけジャイアントキリングでは
選手一人一人のドラマを丁寧に描いているんですよね~

昔、ワールドカップで成績を出せなかった日本代表イレブンに
卵とか投げつけていた輩がいましたが
そいつにジャイアントキリングを読ませてやりたいくらいです。

試合のところだけ見れば、

やれ、あの選手がダメだったとか

やれ、あそこのシーンがダメだったとか

簡単に言いますけどね。

そこに辿り着くまでの苦労や苦悩とか
周囲の期待とか、恩人への感謝とか
とてつもなく重いものを抱えて選手は頑張っているんですよね~

ちょっと考えてみればわかることだけれども
なかなか気づくことじゃないんですよ。

ちょっと話はそれましたが

“たった一人の人間が途中出場しただけで号泣させるジャイアントキリング”

恐ろしい漫画です。




 

おいおい!サポーターのエピソードで泣かすんじゃないよ!

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」で
描いているのは選手や監督だけではありません。

サポーターやフロントの人間模様な人間ドラマも描いています。

これがまた泣かせてくれるんですよね。

おいおい、サポーターのエピソードで泣かすんじゃないよ!

と言わずにはいられません。

かなり偏見が入っているかもしれませんが
私的にサポーターって自己中心的だなぁ

とか思っていたんですよね~。

だって、戦っているは選手なのに
成績が出なかっただけで、選手が乗るバスを囲んだりしてさ。

いやいや、あんた達応援する立場の人達でしょ?
あんたのイライラを選手にぶつけてどうすんだよ

とか思っていた訳です。

まあ、そういう思いが全く無くなったわけではないですが
チームを愛する気持ち、選手を愛する気持ち

そして何より、地元を愛する気持ち

こういった気持ちを持っているのがサポーターなんですよね。

ジャイアントキリングではサポーター同士での
いざこざとか、派閥とか、リーダー争いとか、

そういった人間模様をめちゃくちゃ上手く描いています。

サポーターはチームに自分の人生を乗せて真剣に応援する。
チームはサポーターの声援を力に変えて頑張る。

この相乗効果が強いサッカーチームを生むんだろうなぁ、と思います。

めっちゃ深いところまで描きすぎでしょ、ジャイアントキリング!

「ふけぇ~、深海よりもふけぇ~」

と感嘆のため息が連発してしまうのが
ジャイアントキリングの凄さです。




 

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の全体評

勝手に続編として「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」の
素晴らしいところを語ってみましたが
ジャイキリの素晴らしさが少しでも伝わっていれば幸いです。

この漫画が心に響かない人っているのかな?

というくらいに深みがあって、学びがあるのが

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」

という漫画です。

四の五の言わずに読んでほしいなぁ

私、MOTOが今一番オススメする漫画です。

ジャイキリを超える漫画って出てくるのかな?

でも、出てきてほしいな。

 

 

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」をすぐ読みたい方は
電子書籍書店である【eBookJapan】がオススメです。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan!

eBookJapanは本を買う毎にポイントがつくので、割引で本を買う事が出来るのが特徴です。
特にまとめ買いするとポイント5倍なのであっという間に
1000円分以上のポイントが貯まるのでオススメです。



「電子書籍ではなくて、本で読みたい」という人は
【漫画全巻ドットコム】がオススメです。

日本最大のコミック全巻セットショップ【漫画全巻ドットコム】

漫画全巻を新品でも中古でも販売している書店です。
綺麗な状態で全巻揃えたいしたい人も安い価格で全巻揃えたい人も
どちらの要望も受け入れてくれるので希望に沿って購入できます。




ちなみに電子書籍も売っていますが、電子書籍を買うなら
【eBookJapan】の方が安く手に入りますよ。